2015年11月17日

細川 貴之(Takayuki Hosokawa)

細川 貴之(Takayuki Hosokawa)(六島)



本名:細川 貴之
生年月日:1984年12月14日
国籍:日本
戦績:45戦29勝(9KO)11敗5分



【獲得タイトル】
2005年度西日本ウェルター級新人王
第35代日本スーパーウェルター級王座
IBFアジアスーパーウェルター級王座
第32代OPBF東洋太平洋スーパーウェルター級王座



【戦歴】
2002/12/20 ○4R判定 2-0(40-37、39-37、38-38) 藤本 和義(八尾)

■2003年度西日本ライト級新人王1回戦
2003/05/11 ●1RKO 中西 陵(大鵬)
※西日本新人王戦敗退

2003/09/28 ●4R判定 0-2(37-39、38-39、38-38) 高木 章裕(大阪帝拳)
2003/12/21 ○4RTKO 古田 勲(進光)

■2004年度西日本ライト級新人王1回戦
2004/04/25 ●4RTKO 礒道 鉄平(ウォズ)
※西日本新人王戦敗退

2004/09/05 ○2RKO 丸山 博(SFマキ)
2004/12/26 ○4R判定 3-0(採点不明) 好川 大智(大阪帝拳)
2005/05/01 ○4R判定 3-0(40-35、39-36、39-36) 浜田 よしのり(ハラダ)
2005/06/05 ○4R判定 3-0(40-36、40-36、40-36) 鈴木 純(アポロ)
2005/07/09 ○4R判定 3-0(39-37、39-37、39-37) 丸野 琢哉(守口東郷)

■2005年度西日本ウェルター級新人王決勝戦
2005/09/03 ○4R判定 3-0(40-36、39-37、39-37) 好川 大智(大阪帝拳)
※西日本新人王獲得

2005/10/29 ○4R判定 2-0(39-37、39-37、38-38) 甲斐斗 志広(宮崎ワールド)

■2005年度全日本ウェルター級新人王決定戦
2005/12/18 ●2RKO 渡部 信宣(協栄)
※全日本新人王戦敗退

2006/05/28 ●6R判定 0-2(56-58、57-58、57-57) チャールズ・ベラミー(八王子中屋)
2006/10/09 ●6R判定 0-2(55-57、56-57、56-56) 丸野 琢哉(守口東郷)
2006/12/02 ○6R判定 2-0(58-56、58-57、57-57) バーヌン・サコームシルパ(タイ)
2007/08/07 △5R判定 1-1(48-47、48-49、48-48) 田中 慎吾(ナカハマ)

■2007年度B級トーナメント決勝
2007/10/30 △6R判定 1-1(57-58、59-57、57-57) 和田 直樹(花形)
※B級トーナメント敗退(規定により和田の勝者扱い)

2008/03/16 ○8R判定 3-0(79-73、79-74、79-74) 高江 良昌(久留米櫛間)
2008/05/25 △8R判定 1-1(75-78、78-75、76-76) チャールズ・ベラミー(八王子中屋)
2008/12/23 ○10R判定 3-0(99-92、98-93、97-93) 松元 慎介(進光)
2009/03/08 ○4RTKO 巴山 宏知(正拳)

■2009年度最強後楽園スーパーウェルター級準決勝
2009/07/03 ●6RTKO チャールズ・ベラミー(八王子中屋)
※最強後楽園敗退

2009/12/13 ○6R負傷判定 2-0(59-56、58-56、58-58) 松元 慎介(進光)
2010/04/11 ○8R負傷判定 3-0(80-73、80-74、79-74) 二見 広信(泰栄)
2010/08/07 ○8R判定 3-0(80-72、80-73、80-73) 赤澤 慎司(神拳阪神)
2010/10/11 ○7RTKO 津田 修吾(仲里・ATSUMI)
2011/01/08 ●8R判定 0-3(75-79、75-77、75-77) 湯場 忠志(都城レオS)
2011/05/28 ○6R判定 3-0(59-55、59-56、58-56) 下野 喜道(JM・加古川)

■日本ミドル級タイトルマッチ
2011/08/08 ●6RTKO 淵上 誠(八王子中屋)
※日本ミドル級王座獲得失敗

2011/11/13 ○6RKO エーガポップ・モークルンテープトンブリ(タイ)
2012/04/15 ○10R判定 2-0(96-95、96-95、95-95) ランディ・スイコ(比)
2012/06/10 ○3RTKO ペッチチャプーンレック・ニヨムジム(タイ)
2012/11/03 ○7R棄権 キム・ヨンビン(韓)

■日本スーパーウェルター級タイトルマッチ
2013/01/12 ●8RTKO 柴田 明雄(ワタナベ)
※日本スーパーウェルター級王座獲得失敗

2013/05/26 ○8RKO トーンピタック・パタウィコンジム(タイ)
2013/10/14 ○8R判定 2-1(100-91、97-96、95-97) パトンサック・パトンポートン(タイ)

■日本スーパーウェルター級タイトルマッチ
2014/03/04 ○10R判定 2-0(97-93、96-94、95-95) 湯場 忠志(都城レオS)
※日本スーパーウェルター級王座獲得(のちに返上)

■IBFアジアスーパーウェルター級王座決定戦
2014/12/12 ○1RTKO モセス・セラン(インドネシア)
※IBFアジアスーパーウェルター級王座獲得

■日本スーパーウェルター級タイトルマッチ
2015/04/19 △10R判定 1-1(95-96、96-95、96-96) 野中 悠樹(渥美)
※日本スーパーウェルター級獲得失敗

2015/08/02 ○8R判定 3-0(78-75、78-76、77-76) ヤン・ジュンフン(韓)

■OPBF東洋太平洋スーパーウェルター級タイトルマッチ
2015/11/22 ○12R判定 2-1(115-113、115-114、110-118) デニス・ローレンテ(比)
※OPBF東洋太平洋スーパーウェルター級王座獲得

■OPBF東洋太平洋スーパーウェルター級タイトルマッチ
2016/07/31 △12R判定 0-1(111-115、113-113、113-113) 斉藤 幸伸丸(輪島功一S)
※OPBF東洋太平洋スーパーウェルター級王座防衛@

■OPBF東洋太平洋スーパーウェルター級タイトルマッチ
2016/11/23 ●11R負傷判定 1-2(104-106、104-105、106-103) 大石 豊(井岡弘樹)
※OPBF東洋太平洋スーパーウェルター級王座陥落

2017/04/09 ○8R判定 3-0(80-73、79-73、79-75) ティーラサック・ケーマックスジム(タイ)



【補足情報】
・愛称はほっそん
・大阪府大阪市出身。 大阪市立北巽小学校卒業。 大阪市立巽中学校卒業。 大阪府立阪南高等学校卒業。
・高校在学中にプロテスト合格。卒業後に実家の板金屋に勤務しながらプロボクサーデビュー。
・2007年度B級トーナメント1回戦で戦った田中 慎吾戦では引分だったが、
 規定により細川の勝者扱いとなっている。
・日本王座は網膜裂肛が見つかった為、返上した。



※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。




索引に戻る
索引-ほ-に戻る
索引-T-に戻る




【このカテゴリーの最新記事】
posted by boxingmeikan at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/4417741

この記事へのトラックバック
検索
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
さんの画像

気軽にメッセージ等、飛ばしてくれてOKです。 アドレスはプロフィールに…。
プロフィール
最新コメント