2015年11月15日

チャン・ジョング(Jung Koo Chang)

チャン・ジョング(Jung Koo Chang)(韓)



本名:張 正九
生年月日:1963年2月4日
国籍:韓
戦績:42戦38勝(17KO)4敗



【獲得タイトル】
第11代WBC世界ライトフライ級王座



【戦歴】
1980/11/17 ○3RKO チョン・ユルソ(韓)
1980/11/19 ○3RKO パク・ジンヒョ(韓)
1980/11/22 ○4R判定 (採点不明) イ・ヒークワン(韓)
1980/11/23 ○4R判定 (採点不明) ピョン・チョルホ(韓)
1980/11/29 ○4R判定 (採点不明) シン・ヒスプ(韓)
1980/12/07 ○6R判定 (採点不明) カン・ナムグン(韓)
1981/01/11 ○2RKO パク・ジンヒョン(韓)
1981/01/23 ○8R判定 (採点不明) ホン・チャンンピョ(韓)
1981/03/29 ○6R判定 (採点不明) キム・ヨドン(韓)
1981/04/25 ○10R判定 (採点不明) ミゲール・レアル(メキシコ)
1981/06/07 ○10R判定 (採点不明) オスカル・ボリバル(コロンビア)
1981/09/04 ○10R判定 3-0(採点不明) ロード・エスマロ(比)
1981/10/11 ○6RKO レオナルド・パレデス(パナマ)
1981/11/18 ○2RKO チャトモンコル・サイランリアン(タイ)
1981/12/26 ○3RKO アルフォンソ・ロペス(パナマ)
1982/02/10 ○6R棄権 チョン・ジョンクワン(韓)
1982/04/04 ○5RKO リューコッド・フィティポーン(タイ)
1982/07/10 ○10R判定 3-0(99-95、100-94、100-93) アマド・ウルスア(メキシコ)

■WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ
1982/09/18 ●15R判定 1-2(142-144、144-147、148-145) イラリオ・サパタ(パナマ)
※WBC世界ライトフライ級王座獲得失敗

1982/12/05 ○10R判定 (採点不明) ロドリゴ・サオノイ(比)
1983/02/06 ○2RKO ティト・アベラ(比)

■WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ
1983/03/26 ○3RTKO イラリオ・サパタ(パナマ)
※WBC世界ライトフライ級王座獲得

■WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ
1983/06/11 ○2RTKO 伊波 政春(東海カワイ)
※WBC世界ライトフライ級王座防衛@

■WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ
1983/09/10 ○12R判定 3-0(119-108、118-111、118-108) 協栄 トーレス(協栄)
※WBC世界ライトフライ級王座防衛A

■WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ
1984/03/31 ○12R判定 3-0(116-112、115-113、119-112) ソット・チタラダ(タイ)
※WBC世界ライトフライ級王座防衛B

■WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ
1984/08/18 ○9RTKO 渡嘉敷 勝男(協栄)
※WBC世界ライトフライ級王座防衛C

■WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ
1984/12/15 ○12R判定 3-0(120-105、120-103、120-109) 倉持 正(角海老宝石)
※WBC世界ライトフライ級王座防衛D

■WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ
1985/04/27 ○12R判定 2-0(114-114、115-114、116-114) 大関 トーレス(協栄)
※WBC世界ライトフライ級王座防衛E

■WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ
1985/08/04 ○12R判定 3-0(117-113、116-113、114-113) センダイ・モンティエル(新日本仙台)
※WBC世界ライトフライ級王座防衛F

■WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ
1985/11/10 ○12R判定 3-0(116-112、116-111、 119-112) ホルヘ・カノ(メキシコ)
※WBC世界ライトフライ級王座防衛G

■WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ
1986/04/13 ○12R判定 3-0(118-113、117-112、118-110) 大関 トーレス(協栄)
※WBC世界ライトフライ級王座防衛H

■WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ
1986/09/13 ○12R判定 3-0(119-110、118-111、116-113) センダイ・モンティエル(新日本仙台)
※WBC世界ライトフライ級王座防衛I

■WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ
1986/12/14 ○5RTKO 大橋 秀行(ヨネクラ)
※WBC世界ライトフライ級王座防衛J

■WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ
1987/04/19 ○6RTKO 伊達 ピント(新日本仙台)
※WBC世界ライトフライ級王座防衛K

■WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ
1987/06/28 ○10RTKO アグスティン・ガルシア(コロンビア)
※WBC世界ライトフライ級王座防衛L

■WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ
1987/12/13 ○12R判定 3-0(117-113、114-113、115-113) イシドロ・ペレス(メキシコ)
※WBC世界ライトフライ級王座防衛M

■WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ
1988/06/27 ○8RTKO 大橋 秀行(ヨネクラ)
※WBC世界ライトフライ級王座防衛N

1989/08/27 ○10R判定 3-0(採点不明) アルマンド・ベラスコ(メキシコ)

■WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ
1989/12/09 ●12R判定 3-0(111-118、110-118、109-119) ウンベルト・ゴンサレス(メキシコ)
※WBC世界ライトフライ級王座獲得失敗

1990/09/15 ○8RTKO リコ・シオドラ(比)

■WBC世界フライ級タイトルマッチ
1990/11/24 ●12R判定 2-0(113-114、114-114、114-115) ソット・チタラダ(タイ)
※WBC世界フライ級王座獲得失敗

■WBC世界フライ級タイトルマッチ
1991/05/18 ●12RTKO ムアンチャイ・キティカセム(タイ)
※WBC世界フライ級王座獲得失敗



【補足情報】
・釜山広域市出身。
・異名は「韓国の鷹」
・韓国では試合の度に1 - 2万人の大観衆を集める国民的スポーツ・ヒーローとして知られた。
・当時ライトフライ級15度防衛は歴代最多記録。
・キティカセム戦では合計3度のダウンを奪っていたが、最終回に逆転TKOで敗北した。



※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。



索引に戻る
索引-ち-に戻る
索引-J-に戻る





【このカテゴリーの最新記事】
posted by boxingmeikan at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/4408727

この記事へのトラックバック
検索
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
さんの画像

気軽にメッセージ等、飛ばしてくれてOKです。 アドレスはプロフィールに…。
プロフィール
最新コメント
安田 正七(Shoshichi Yasuda) by せきちゃん@mos (02/29)
安田 正七(Shoshichi Yasuda) by もなかひめ (02/27)
安田 正七(Shoshichi Yasuda) by せきちゃん@mos (02/23)
安田 正七(Shoshichi Yasuda) by もなかひめ (02/22)
阿久井 一彦(Kazuhiko Akui) by みるる (02/22)