2017年09月20日

松尾 佳彦(Yoshihiko Matsuo)

松尾 佳彦(Yoshihiko Matsuo)(YANAGIHARA)



本名:松尾 佳彦
生年月日:1984年11月7日
国籍:日本
戦績:32戦18勝(3KO)8敗6分



【獲得タイトル】
なし



【戦歴】
2004/10/17 ○4R判定 3-0(40-37、40-38、39-38) 岩田 功(久留米櫛間)
2005/12/03 △4R判定 0-1(38-39、38-38、38-38) 宮崎 隆晴(福岡帝拳)
2006/01/29 ○4R判定 3-0(40-37、40-37、39-38) 大浦勝(ウエストJ)

■2006年度西部日本バンタム級新人王決勝戦
2006/07/02 ●1RKO 大舘 法久(フジタ)
※西部日本新人王敗退

2006/11/13 ○4R判定 3-0(40-37、40-37、40-37) 白石 孝祐(ヤマカワS)
2007/02/24 ○4R判定 3-0(40-37、40-37、39-38) 関戸 祐介(博多協栄)
2007/05/27 ○4R判定 3-0(40-37、39-37、39-37) 関戸 祐介(博多協栄)

■2007年度西部日本バンタム級新人王決勝戦
2007/09/02 △5R判定 0-0(48-48、48-48、48-48) 吉村 祐紀(関)
※西部日本新人王獲得(規定により吉村の勝者扱い)

2008/03/15 ●6R判定 1-2(56-58、57-58、58-57) 吉村 祐紀(関)
2008/05/11 △6R判定 1-1(57-58、59-55、57-57) ジョーカー 緒方(折尾)
2008/07/28 ●6R判定 1-2(57-58、57-58、59-56 ) 蔦谷 貴法(博多協栄)
2008/11/24 ○6R判定 3-0(58-55、58-55、57-56) ペットグラビー・シットサイトーン(タイ)
2009/08/02 △4R負傷引分 丸山 大輔(筑豊)
2009/11/02 ○8R判定 3-0(79-74、77-76、77-76) ジョーカー 緒方(折尾)
2010/02/07 ●10R判定 1-2(93-98、94-96、96-95) 橋本 力(FUKUOKA)
2010/07/04 ○10R判定 3-0(97-95、96-95、96-95) 橋本 力(FUKUOKA)
2010/10/10 ○8R負傷判定 3-0(78-77、77-75、77-76) 森島 祐介(岐阜ヨコゼキ)
2011/02/13 ○6RTKO コラートレック・オーベンジャマッド(タイ)
2011/07/31 △4R負傷引分 菅能 克彦(ヤマカワS)
2011/12/25 ○2RTKO サンペット・ソーミーペット(タイ)
2012/04/15 ○10R判定 2-0(97-93、96-93、95-95) 菅能 克彦(ヤマカワS)
2012/08/19 ●8R判定 0-2(75-77、75-77、76-76) 小澤 有毅(筑豊)
2012/11/11 ○9R負傷判定 2-0(88-86、87-85、87-87) 仁木 一嘉(FUKUOKA)
2013/04/21 ○8R判定 3-0(79-72、78-73、78-74) ソ・ムンチョル(韓)
2013/06/23 ○8R判定 3-0(78-75、77-74、76-75) ジョン・ミンジュン(韓)
2013/10/20 ○5RTKO アナンタチャイ・チャイヨンジム(タイ)
2014/04/06 ○8R判定 3-0(78-77、77-76、77-76) 松元 雄大(グリーンツダ)
2014/07/06 △6R判定 0-0(58-58、57-57、57-57) 宮本 達矢(平仲BS)
2015/04/05 ○8R判定 2-0(78-76、77-76、77-77) 宮本 達矢(平仲BS)
2015/07/20 ●8R判定 1-2(76-77、76-77、78-75) 小澤 サトシ(真正)
2015/12/26 ●6R負傷判定 1-2(56-59、57-58、58-57) 小澤 サトシ(真正)
2016/04/03 ●8R判定 1-2(76-78、76-77、77-75) 佐々木 勇太(ダッシュ東保)





【補足情報】
・福岡県北九州市出身。
・G16ジムよりプロデビュー。丸山 大輔戦よりYANAGIHARAジム所属となっている。
・2006年3月26日には西部日本バンタム級新人王予選として榊 竜之介(関)と対戦する予定だったが
 榊の棄権により不戦勝となっている。
・2017年4月16日に友人の戎岡 彰(明石)と引退スパーを行い、現役を退いた。
・引退後はYANAGIHARAジムで特別トレーナーを務めている。



※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。



索引に戻る
索引-ま-に戻る
索引-Y-に戻る


【このカテゴリーの最新記事】
posted by boxingmeikan at 11:25| Comment(4) | TrackBack(0) | 日本
この記事へのコメント
chamuyoさん

あ、"吉村が"西部日本バンタム級新人王になっているということですね。
申し訳ありません、読み違えました。
失礼しました。
Posted by せきちゃん@mos at 2017年09月21日 00:44
>>新人王決勝で引分けた場合、両者新人王獲得になるということですか。
恥ずかしながら初めて知りました。

いや、それはないでしょう。
※引き分けで吉村が勝者扱い、西部日本バンタム級新人王になっています。
と書いたはずです。
Posted by chamuyo at 2017年09月20日 20:19
chamuyoさん

西部の情報は手に入れるのに苦戦するので、
映像を手に入れられるのはうらやましいですね。

新人王決勝で引分けた場合、両者新人王獲得になるということですか。
恥ずかしながら初めて知りました。

教えてくれてありがとうございます。
Posted by せきちゃん@mos at 2017年09月20日 12:26
【補足情報】の補充
・戦歴は判明済みのもののみ記載。YANAGIHARAジムHPでは32戦18勝(3KO)8敗6分となっている。 
※自分の記録ノート、年鑑で照合してみましたが、その戦績で合っています。試合の記載漏れはないと思いますが。

・G18ジムよりプロデビュー。丸山 大輔戦よりYANAGIHARAジム所属となっている。
※G16ジムですね。

・2007年度西部日本バンタム級新人王獲得と記載される情報もあるが、同年の全日本新人王が同じ西部日本の吉村 祐紀であることから誤りであると思われる。
※引き分けで吉村が勝者扱い、西部日本バンタム級新人王になっています。

縁あって、松尾選手の試合映像を10枚以上送ってもらいました。
Posted by chamuyo at 2017年09月20日 12:05
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6720467

この記事へのトラックバック
検索
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
さんの画像

気軽にメッセージ等、飛ばしてくれてOKです。 アドレスはプロフィールに…。
プロフィール
最新コメント