2015年11月13日

サウル・アルバレス(Saul Alvarez)

サウル・アルバレス(Saul Alvarez)(メキシコ)



本名:サントス・サウル・アルバレス・バラガン
生年月日:1990年7月18日
国籍:メキシコ
戦績:56戦53勝(36KO)1敗2分



【獲得タイトル】
ハリスコ州ウェルター級王座
WBA中央アメリカウェルター級王座
NABF北米ウェルター級王座
WBOラテンアメリカウェルター級王座
WBC世界ウェルター級ユース王座
WBC世界スーパーウェルター級シルバー王座
リングマガジン世界スーパーウェルター級王座
リングマガジン世界ミドル級王座獲得
IBO世界ミドル級王座
第43代WBC世界スーパーウェルター級王座
第7代WBA世界スーパーウェルター級スーパー王座
第12代WBO世界スーパーウェルター級王座
第35代WBC世界ミドル級王座
第37代WBC世界ミドル級王座
第18代IBF世界ミドル級王座
第6代WBA世界ミドル級スーパー王座
第27代WBA世界スーパーミドル級王座
WBC世界ミドル級フランチャイズ王座
第13代WBO世界ライトヘビー級王座




【戦歴】
2005/10/29 ○4RTKO アブラハム・ゴンサレス(メキシコ)
2005/11/26 ○2RKO パブロ・アルバラド(メキシコ)
2006/01/20 ○4R判定 2-1(39-37、37-39、40-37) ミゲール・バスケス(メキシコ)
2006/02/10 ○1RKO ペドロ・ロペス(メキシコ)
2006/06/17 △4R判定 1-1(39-37、38-38、37-39) ホルヘ・フアレス(メキシコ)
2006/07/21 ○2RKO フアン・エルナンデス(米)
2006/09/15 ○2RKO クリスチャン・エルナンデス(メキシコ)
2006/09/29 ○5RKO フランシスコ・ビジャヌエバ(メキシコ)
2006/12/08 ○2RKO ダニエル・マルティネス(米)
2007/03/02 ○8RTKO ハビエル・マルティネス(メキシコ)
2007/03/30 ○4RKO イバン・イジェスカス(メキシコ)
2007/05/19 ○4RKO ビクトル・マルケス(メキシコ)
2007/06/01 ○2RTKO ヘスス・アベル・エルナンデス(メキシコ)
2007/08/18 ○10R判定 3-0(99-91、98-91、98-92) クリスチャン・ソラノ(メキシコ)

■ハリスコ州ウェルター級タイトルマッチ
2007/08/31 ○12R判定 3-0(採点不明) リカルド・カノ(メキシコ)
※ハリスコ州ウェルター級王座獲得

2007/12/15 ○2RTKO シーン・ホリー(米)
2008/02/22 ○1RKO アクセル・ロドリゴ・ソリス(メキシコ)

■ハリスコ州ウェルター級タイトルマッチ
2008/03/14 ○9RTKO フランシスコ・ビジャヌエバ(メキシコ)
※ハリスコ州ウェルター級王座防衛@(のちに返上)

■WBA中央アメリカウェルター級王座決定戦
2008/04/18 ○12R棄権 ガブリエル・マルティネス(メキシコ)
※WBA中央アメリカウェルター級王座獲得

2008/06/06 ○10R判定 2-1(採点不明) フランシスコ・ビジャヌエバ(メキシコ)
2008/06/28 ○10R判定 3-0(採点不明) ミゲール・バスケス(メキシコ)

■WBA中央アメリカウェルター級タイトルマッチ
2008/08/02 ○10R判定 3-0(採点不明) カルロス・アダン・へレス(亜)
※WBA中央アメリカウェルター級王座防衛@

2008/10/24 ○10R判定 3-0(99-91、97-93、96-94) レリー・モズリー(米)

■WBA中央アメリカウェルター級タイトルマッチ
2008/12/05 ○1RTKO ラウル・ピンソン(コロンビア)
※WBA中央アメリカウェルター級王座防衛A(のちに返上)

■NABF北米ウェルター級王座決定戦
2009/01/17 ○1RTKO アントニオ・フィッチ(メキシコ)
※NABF北米ウェルター級王座獲得

■NABF北米/WBOラテンアメリカウェルター級王座統一戦
2009/02/21 ○11RTKO エウリ・ゴンサレス(ドミニカ共和国)
※WBOラテンアメリカウェルター級王座獲得(のちに返上)
※NABF北米ウェルター級王座防衛@

■NABF北米ウェルター級タイトルマッチ
2009/04/11 ○10RTKO ミチェル・ロサレス(メキシコ)
※NABF北米ウェルター級王座防衛A

■NABF北米ウェルター級タイトルマッチ
2009/06/06 ○9RKO ジェファーソン・ルイス・ゴンカロ(ブラジル)
※NABF北米ウェルター級王座防衛B

■WBC世界ウェルター級ユース王座決定戦
2009/08/08 ○2RKO マラト・クゼエフ(ロシア)
※WBC世界ウェルター級ユース王座獲得

■WBC世界ウェルター級ユースタイトルマッチ
2009/09/15 ○1RTKO カルロス・レオナルド・ヘレラ(亜)
※WBC世界ウェルター級ユース王座防衛@(のちに返上)

■NABF北米ウェルター級タイトルマッチ
2009/12/05 ○12R判定 3-0(120-108、119-110、119-110) ラナード・タイナー(米)
※NABF北米ウェルター級王座防衛C

■NABF北米ウェルター級タイトルマッチ
2010/03/06 ○3RKO ブライアン・カメチス(米)
※NABF北米ウェルター級王座防衛D(のちに返上)

2010/05/01 ○9RTKO ホセ・ミゲール・コット(プエルトリコ)

■WBC世界スーパーウェルター級シルバー王座決定戦
2010/07/10 ○6RTKO ルチアーノ・レオネル・クエージョ(亜)
※WBC世界スーパーウェルター級シルバー王座獲得

■WBC世界スーパーウェルター級シルバータイトルマッチ
2010/09/18 ○6RKO カルロス・マニュエル・バルド・ミール(亜)
※WBC世界スーパーウェルター級シルバー王座防衛@

■WBC世界スーパーウェルター級シルバータイトルマッチ
2010/12/04 ○12R判定 3-0(120-108、120-108、119-109) ラブモア・ヌドゥ(南ア)
※WBC世界スーパーウェルター級シルバー王座防衛A

■WBC世界スーパーウェルター級王座決定戦
2011/03/05 ○12R判定 3-0(119-108、119-108、119-108) マシュー・ハットン(英)
※WBC世界スーパーウェルター級王座獲得

■WBC世界スーパーウェルター級タイトルマッチ
2011/06/18 ○12RTKO ライアン・ローズ(英)
※WBC世界スーパーウェルター級王座防衛@

■WBC世界スーパーウェルター級タイトルマッチ
2011/09/17 ○6RTKO アルフォンソ・ゴメス(メキシコ)
※WBC世界スーパーウェルター級王座防衛A

■WBC世界スーパーウェルター級タイトルマッチ
2011/11/26 ○5RTKO カーミット・シントロン(プエルトリコ)
※WBC世界スーパーウェルター級王座防衛B

■WBC世界スーパーウェルター級タイトルマッチ
2012/05/05 ○12R判定 3-0(119-109、119-109、118-110) シェーン・モズリー(米)
※WBC世界スーパーウェルター級王座防衛C

■WBC世界スーパーウェルター級タイトルマッチ
2012/09/15 ○5RTKO ホセシート・ロペス(米)
※WBC世界スーパーウェルター級王座防衛D

■WBA/WBC世界スーパーウェルター級王座統一戦
2013/04/20 ○12R判定 3-0(115-112、118-109、116-111) オースティン・トラウト(米)
※WBA世界スーパーウェルター級王座獲得(スーパー王座に認定)
※WBC世界スーパーウェルター級王座防衛D
※リングマガジンスーパーウェルター級王座認定

■WBC世界スーパーウェルター級タイトルマッチ/WBA世界スーパーウェルター級スーパー王座統一戦
2013/09/14 ●12R判定 0-2(112-116、114-114、111-117) フロイド・メイウェザーJr(米)
※WBA世界スーパーウェルター級スーパー王座陥落
※WBC世界スーパーウェルター級王座陥落

2014/03/08 ○10RTKO アルフレド・アングロ(メキシコ)
2014/07/12 ○12R判定 2-1(115-113、117-111、113-115) エリスランディ・ララ(米)
2015/05/09 ○3RKO ジェームス・カークランド(米)

■WBC世界ミドル級王座決定戦
2015/11/21 ○12R判定 3-0(118-110、119-109、117-111) ミゲール・コット(プエルトリコ)
※WBC世界ミドル級王座獲得

■WBC世界ミドル級タイトルマッチ
2016/05/07 ○6RKO アミール・カーン(英)
※WBC世界ミドル級王座防衛@(のちに返上)

■WBO世界スーパーウェルター級タイトルマッチ
2016/09/17 ○9RKO リアム・スミス(英)
※WBO世界スーパーウェルター級王座獲得

2017/05/06 ○12R判定 3-0(120-108、120-108、120-108) フリオ・セサール・チャベスJr(メキシコ)

■WBAスーパー/IBF/WBC/IBO世界ミドル級タイトルマッチ
2017/09/16 △12R判定 1-1(118-110、113-115、114-114) ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)
※WBC世界ミドル級王座獲得失敗
※IBO世界ミドル級王座獲得失敗
※IBF世界ミドル級王座獲得失敗
※WBA世界ミドル級スーパー王座獲得失敗

■WBAスーパー/WBC/IBO世界ミドル級タイトルマッチ
2018/09/15 ○12R判定 2-0(115-113、114-114、115-113) ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)
※WBC世界ミドル級王座獲得
※IBO世界ミドル級王座獲得
※WBA世界ミドル級スーパー王座獲得

■WBA世界スーパーミドル級タイトルマッチ
2018/12/15 ○3RTKO ロッキー・フィールディング(英)
※WBA世界スーパーミドル級王座獲得

■WBAスーパー/IBF/WBC世界ミドル級王座統一戦
2019/05/04 ○12R判定 3-0(115-113、115-113、116-112) ダニエル・ジェイコブス(米)
※IBF世界ミドル級王座獲得(のちに剥奪)
※WBA世界ミドル級スーパー王座防衛@
※WBC世界ミドル級王座防衛@(のちにフランチャイズ王座に認定)

■WBO世界ライトヘビー級タイトルマッチ
2019/11/02 ○11RKO セルゲイ・コバレフ(ロシア)
※WBO世界ライトヘビー級王座獲得



【補足情報】
・兄弟にはWBA世界スーパーウェルター級暫定王者のリゴベルト・アルバレス(メキシコ)や北米三冠王者の
 ラモン・アルバレス(メキシコ)がいる。他の兄弟のリカルド・アルバレス(メキシコ)、
 ゴンサロ・アルバレス(メキシコ)、ダニエル・アルバレス(メキシコ)、ビクトル・アルバレス(メキシコ)も
 プロボクサー。
・メキシコ国内でカネロ・プロモーションズを主催している。
・「自分のガールフレンドにちょっかいを出した」として第14代・第18代IBF世界ライトフライ級王者の
 ウリセス・ソリス(メキシコ)をトレーニング中に殴打。顎を骨折させた。ソリスは訴訟を起こしたが、
 メキシコの司法が裁判の手続きに移らなかったため、米・カリフォルニア州でも訴訟を起こした。
・WBA世界スーパーウェルター級王者であったララ戦は、アルバレス側がWBAへのタイトル認定料の
 支払いを拒んだ為、ノンタイトル戦として試合が行われた。
・WBC世界ミドル級王座決定戦はコット側がWBCの認定料を支払わなかった為、コットが王座を剥奪され
 アルバレスが勝てば新王者、コットが勝てば王座空位の条件で行われた。



【グッズ関連】

【送料無料】腕時計 ソールアルバレスlogoスポーツsaul alvarez logo sport metal watch

価格:16,980円
(2018/2/13 21:51時点)
感想(0件)




Under Armour Canelo Dedication Discipline Graphic T-Shirt メンズ White Tシャツ アンダーアーマー サウル・アルバレス

価格:9,980円
(2018/2/13 21:52時点)
感想(0件)






※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。




索引に戻る
索引-さ-に戻る
索引-S-に戻る


【このカテゴリーの最新記事】
この記事へのコメント
名無しさん

誤記載見つけてくださりありがとうございました。
修正いたしました。

また何か見つかりましたらお知らせください。
ありがとうございました。
Posted by せきちゃん@mos at 2019年11月19日 01:57
サウル・アルバレスは今でもWBA世界スーパーミドル級王座を保持しています。返上してません。
WBAスーパー・WBCフランチャイズ世界ミドル級王者でWBA世界スーパーミドル級正規王者でWBO世界ライトヘビー級王者なので、3階級同時王者なのでWBA世界スーパーミドル級王座は返上していません。WBA世界スーパーミドル級王座の防衛戦は行なっていませんが、王座返上もしてませんし、王座剥奪もされてません。
Posted by 名無し at 2019年11月17日 08:41
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/4401852

この記事へのトラックバック
検索
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
さんの画像

気軽にメッセージ等、飛ばしてくれてOKです。 アドレスはプロフィールに…。
プロフィール
最新コメント