2017年07月02日

ノルディ・ウーバーリ(Nordine Oubaali)

ノルディ・ウーバーリ(Nordine Oubaali)(仏)



本名:ノルディ・ウーバーリ
生年月日:1986年8月4日
国籍:仏
戦績:17戦17勝(12KO)




【獲得タイトル】
フランスバンタム級王座
WBAインターコンチネンタルバンタム級王座
WBCバンタム級シルバー王座
第31代WBC世界バンタム級王座



【戦歴】
2014/03/20 ○4R判定 3-0(採点不明) セルゲイ・タジモフ(ロシア)
2014/10/24 ○1RTKO ノルディン・ダホウ(仏)
2014/11/15 ○6R判定 3-0(採点不明) フェイカル・メッサウーディーン(仏)
2015/01/23 ○5RTKO ナグザー・チャフチャバズ(仏)

■フランスバンタム級王座決定戦
2015/05/02 ○1RKO アッサン・アザウーアー(仏)
※フランスバンタム級王座獲得(のちに返上)

2015/06/13 ○1RTKO アルツール・モセシアン(ジョージア)
2015/10/30 ○1RKO ミハーイ・テレキ(ハンガリー)
2015/12/05 ○1RTKO ガギ・エディシャーラシュビリ(ジョージア)
2016/02/19 ○6R判定 3-0(採点不明) レイナルド・カヒーニャ(ニカラグア)
2016/05/27 ○7RKO イラン・ディアス(メキシコ)

■WBAインターコンチネンタルバンタム級王座決定戦
2016/12/17 ○12RTKO フリオ・セサール・ミランダ(メキシコ)
※WBAインターコンチネンタルバンタム級王座獲得

■WBCバンタム級シルバー王座決定戦
2017/06/02 ○10RTKO アレハンドロ・エルナンデス(メキシコ)
※WBCバンタム級シルバー王座獲得

■WBCバンタム級シルバータイトルマッチ
2017/12/16 ○7RKO マーク・アンソニー・ヘラルド(比)
※WBCバンタム級シルバー王座防衛@

2017/04/07 ○2RKO ルイス・メレンデス(コロンビア)

■WBC世界バンタム級王座決定戦
2019/01/19 ○12R判定 3-0(115-113、116-112、117-111) ルーシー・ウォーレン(米)
※WBC世界バンタム級王座獲得

■WBC世界バンタム級タイトルマッチ
2019/07/06 ○6R棄権 アーサー・ビリヤヌエバ(比)
※WBC世界バンタム級王座防衛@

■WBC世界バンタム級王座統一戦
2019/11/07 ○12R判定 3-0(115-112、120-107、117-110) 井上 拓真(大橋)
※WBC世界バンタム級王座防衛A



【補足情報】
・モロッコ出身。
・仏セーヌ=サン=ドニ県バニョレを拠点に活動。
・アマチュア時代には北京五輪、ロンドン五輪に出場。2007年の欧州選手権と世界選手権ではいずれも
 銅メダルを獲得している。
・アマチュア時代にはのちに第16代WBO世界フライ級王者となるゾウ・シミン(中)に敗北している。
・日本語表記ではノーディーン・オウバアリ、ノルディー・オウバアリ、ノルディ・オウバアリ
 ノーディーン・ウーバーリ、ノルディー・ウーバーリ、ナルディーヌ・ウバーリ、ノルディ・ウバーリ、
 ノルディー・ウバーリ、ノーディーン・ウバーリ、ナルディーヌ・オウバアリ、
 ナルディーヌ・ウーバーリ、ノルディン・ウバーリ等と表記されることもある。



※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。




索引に戻る
索引-の-に戻る
索引-N-に戻る



【このカテゴリーの最新記事】
posted by boxingmeikan at 14:59| Comment(4) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
通りすがりさん

この件に対して、表記の揺れに関しての追及はいたしません。
WOWOWを正規と捉えることもいたしません。

メールで別の表記が正しいとのご指摘がありました。
こっちが正しい!いや、こっちが正しい!の度に修正を行う時間を鑑みたとき、
多分、このサイトが維持できなくなります。
時代が変わればジョー・メデルもホセ・メデルになります。

工数の限界を超えてしまいますのでご理解ください。


補足に記載することで、ノルディンでも引っかかること。
また、現在検索でこのサイトに辿り着く方の検索文字列はノルディの方が多いこと。
この二つで期待する要件は満たせますし、「ローマ字っぽい読み方したらって感じで馴染みがあるように感じてるだけだ」で充分です。

ご希望に添えず申し訳ありません。
Posted by せきちゃん@mos at 2019年11月01日 21:48
尚更、ノルディン・ウバーリにするべきだと思いますよ。
専門誌の表記には揺れがあります。サッカーでも日韓ワールドカップが開催されるまではデビッド・ベッカム選手なら「ベッカム」を「ベックハム」と表記していた雑誌も有りましたしね。「ゴンザレス」表記も「ゴンザレス」表記が主流だったのが、原音に近い発音は「ゴンサーレス」になることだとの指摘から「ゴンザレス」表記が主流になったわけですし。「ノルディー・ウーバーリ」に馴染みがあるわけではなく、「こう読むのかな?」の1つの読み方に過ぎませんから。WOWOWでも「ノルディン」表記なので、「ノルディー」よりは「ノルディン」のほうが馴染みのある読み方と言えると思います。「ウーバーリ」は英語風の読み方だし、ローマ字っぽい読み方したらって感じで馴染みがあるように感じてるだけだと思いますよ。
Posted by 通りすがり at 2019年11月01日 18:41
通りすがりさん

教えていただいてありがとうございます。
フランス語は正直全くわかりません。
また、その他の言語でもかろうじてスペイン語の
カナ表記がようやく解るようになってきた程度です。

ただし、全世界の言語を網羅することは現実的ではありません。
また、「より正確に」を追及することで、煩雑なカナ表記になります。

例えば、ジョニー・ゴンサレスは米国式寄りの読み方であり、
メキシコ人である彼の名前を、メキシコの公用語であるスペイン語の
カナ表記に厳密に照らし合わせると、ホニー・ゴンサレスとなります。
また、タイ人のシーサケットも、厳密にはシーサケーッが正しいそうです。

日本人のボクシングファンで、ジョニー・ゴンサレスの戦績を知りたいと
思ったときに、ホニー・ゴンサレスと検索したり、
シーサケットをシーサケーッで検索をかける人はほぼいないと思います。

そこで、選手名の表記は厳密さを求めず、可能であれば、
専門誌やウィキペディアなどから拾うことで
一般的な日本人ボクシングファンが認識できるカナ表記に寄せ、
正確な表記が判明した場合には補足等で補う方針としています。

わざわざご指摘いただきありがとうございます。
また何か気になる点がありましたらお知らせください。
Posted by せきちゃん@mos at 2019年10月20日 23:10
この選手の名前はノルディン・ウバーリですよ。
Posted by 通りすがり at 2019年10月20日 07:27
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6430541

この記事へのトラックバック
検索
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
さんの画像

気軽にメッセージ等、飛ばしてくれてOKです。 アドレスはプロフィールに…。
プロフィール
最新コメント