2017年07月02日

カルロ・マガレ(Carlo Magali)

カルロ・マガレ(Carlo Magali)(比)



本名:カルロ・オートチェコ・マガレ
生年月日:1986年9月25日
国籍:比
戦績:41戦25勝(13KO)13敗3分




【獲得タイトル】
GAB比国スーパーフェザー級王座
IBF環太平洋スーパーフェザー級王座
OPBF東洋太平洋スーパーフェザー級シルバー王座
OPBF東洋太平洋スーパーフェザー級暫定王座
第43代OPBF東洋太平洋スーパーフェザー級王座



【戦歴】
2006/04/07 ○3RKO タタ・ラデラ(比)
2006/05/24 ○3RTKO ニッキー・バクラヨ(比)
2006/07/28 ○4RTKO ジュジス・アレディドン(比)
2006/08/19 ○6R判定 3-0(採点不明) アルフレド・バラバット(比)
2006/09/06 ○8R判定 2-1(採点不明) ロイ・ラナサ(比)
2006/10/21 ●7R負傷判定 (採点不明) ジョジョ・エント(比)
2006/12/15 ○8R判定 3-0(採点不明) ジャペス・オロン(比)
2007/01/20 ●6R判定 0-3(採点不明) ジョセフ・オマーナ(比)
2007/03/28 ○10R判定 3-0(採点不明) リコ・ジェノン(比)
2007/07/10 ○1R棄権 ジョジョ・エント(比)
2007/08/10 ●4RTKO ジュンディ・マラオン(比)
2007/12/16 ○2RTKO ダリウス・ダグマン(比)
2008/01/26 ●8R判定 0-3(採点不明) マーク・ギル・メリゲン(比)
2008/05/12 ○10R判定 2-0(採点不明) マーク・ジョン・ヤップ(比)
2008/07/20 ○10R判定 3-0(採点不明) マーク・ジョン・ヤップ(比)
2008/11/15 △1R負傷判定 (採点不明) ロバート・アラニック(比)
2008/12/14 ○10R判定 2-1(採点不明) マーク・ギル・メリゲン(比)
2009/01/18 △2R負傷判定 (採点不明) ジョセフ・オマーナ(比)
2009/05/03 ○1RTKO 竜 宮城(BMB)
2009/07/16 ○6RTKO 笛木 亮(ジャパンS)

■WBCインターナショナルバンタム級王座決定戦
2009/09/12 ●12R判定 0-3(112-116、112-116、112-116) ビンセント・パリクテ(比)
※WBCインターナショナルバンタム級王座獲得失敗

2012/11/10 ●8R判定 0-3(74-78、73-79、73-79) ランディ・ブラガ(比)
2012/12/22 ○2RTKO ジェラルド・ウバタイ(比)
2013/02/05 ○4RTKO チャールズ・デルダ(比)

■WBOオリエンタルフェザー級王座決定戦
2013/04/27 ●12R判定 0-3(110-120、110-117、110-120) アンドレイ・ボグダノフ(ロシア)
※WBOオリエンタルフェザー級王座獲得失敗

2013/12/07 ○12R判定 2-1(117-111、120-108、113-115) レックス・オリサ(比)
2014/06/25 ○12R判定 3-0(115-113、117-113、116-112) レイ・ペレス(比)

■WBCインターナショナルフェザー級王座決定戦
2014/12/28 △12R判定 0-1(113-115、114-114、114-114) デニス・トゥビエロン(比)
※WBCインターナショナルフェザー級王座獲得失敗

■IBF環太平洋スーパーフェザー級王座決定戦
2015/09/11 ○12RKO デビッド・ブラウン・ジュニア(豪)
※IBF環太平洋スーパーフェザー級王座獲得

■OPBF東洋太平洋スーパーフェザー級シルバー王座決定戦
2016/04/01 ○10R負傷判定 2-1(96-92、95-93、93-95) マーク・エコー・メリゲン(カシミ)
※OPBF東洋太平洋スーパーフェザー級シルバー王座獲得(のちに返上)

■WBAインターナショナルライト級タイトルマッチ
2016/07/15 ●9RTKO エマヌエル・タゴー(ガーナ)
※WBAインターナショナルライト級王座獲得失敗

■ABCO(WBCアジア)ライト級シルバータイトルマッチ
2016/11/18 ●8R棄権 パベル・マリコフ(ロシア)
※ABCO(WBCアジア)ライト級シルバー王座獲得失敗

2017/03/05 ○6R判定 2-0(58-56、58-56、57-57) マイケル・エスコビア(比)

■OPBF東洋太平洋スーパーフェザー級暫定王座決定戦
2017/07/09 ○10RTKO サンディープ・バルハラ(インド)
※OPBF東洋太平洋スーパーフェザー級暫定王座獲得(のちに正規王座に認定)

■OPBF東洋太平洋スーパーフェザー級タイトルマッチ
2018/01/13 ○10RTKO 小谷 将寿(平仲BS)
※OPBF東洋太平洋スーパーフェザー級防衛@

■OPBF東洋太平洋スーパーフェザー級タイトルマッチ
2018/06/20 ●12R判定 1-2(113-115、113-115、115-113) 三代 大訓(ワタナベ)
※OPBF東洋太平洋スーパーフェザー級王座陥落

■WBOアジア太平洋スーパーフェザー級王座決定戦
2018/12/01 ●10RTKO 仲村 正男(渥美)
※WBOアジア太平洋スーパーフェザー級王座獲得失敗

2019/04/20 ●6R判定 0-3(56-58、56-58、56-58) プンルアン・ソーシンユー(タイ)
2019/08/03 ○1RTKO ネイサン・ボルシオ(比)

■WBAオセアニアスーパーフェザー級タイトルマッチ
2019/09/14 ●10R判定 0-3(採点不明) ビレル・ディブ(豪)
※WBAオセアニアスーパーフェザー級王座獲得失敗

■GAB比国スーパーフェザー級王座決定戦
2019/12/21 ○10R判定 3-0(111-116、115-112、115-112) アル・トヨゴン(比)
※GAB比国スーパーフェザー級王座獲得



【補足情報】
・比国-ボホール州タリボン出身。同地を拠点に活動。
・異名は「ザ・フェロシウス」。「獰猛」の意。
・デビッド・ブラウン・ジュニア戦では、試合後にブラウンが意識を失い死去。
・OPBF東洋太平洋シルバー王座は、当初はOPBF東洋太平洋暫定王座戦として開催されたが
 のちに名称変更され、シルバー王座となった。
・日本語表記では、カルロ・マガリ、チャーロ・マガレ、チャーロ・マガリ等とも表記される。




※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。




索引に戻る
索引-か-に戻る
索引-C-に戻る



【このカテゴリーの最新記事】
posted by boxingmeikan at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6429926

この記事へのトラックバック
検索
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
さんの画像

気軽にメッセージ等、飛ばしてくれてOKです。 アドレスはプロフィールに…。
プロフィール
最新コメント
安田 正七(Shoshichi Yasuda) by せきちゃん@mos (02/23)
安田 正七(Shoshichi Yasuda) by もなかひめ (02/22)
阿久井 一彦(Kazuhiko Akui) by みるる (02/22)
斉藤 司(Tsukasa Saito) by せきちゃん@mos (02/20)
小山内 幹(Motoki Osanai) by せきちゃん@mos (02/20)