2015年10月27日

粟生 隆寛(Takahiro Ao)

粟生 隆寛(Takahiro Ao)(帝拳)



本名:粟生 隆寛
生年月日:1984年4月6日
国籍:日本
戦績:33戦28勝(12KO)3敗1分1無効試合



【獲得タイトル】
2000年度高校選抜バンタム級優勝(アマチュア)
2001年度インターハイバンタム級優勝(アマチュア)
2001年度国体少年の部バンタム級優勝(アマチュア)
2001年度高校選抜フェザー級優勝(アマチュア)
2002年度インターハイフェザー級優勝(アマチュア)
2002年度国体少年の部フェザー級優勝(アマチュア)
第54代日本フェザー級王座
第40代WBC世界フェザー級王座
第31代WBC世界スーパーフェザー級王座




【戦歴】
2003/09/06 ○2RTKO 柏原 広(ヨネクラ)
2003/12/06 ○1RKO 佐梁 孝志(広島三栄)
2004/01/31 ○3RKO ニリョン・ヌニェス(ベネズエラ)
2004/05/01 ○5RTKO 北原 久己(進光)
2004/10/02 ○8R判定 3-0(78-74、78-75、78-76) 佐藤 要介(ヨネクラ)
2005/02/05 ○1RKO ナ・サンチャン(韓)
2005/04/16 ○6R判定 3-0(60-52、60-54、60-54) マリオ・ロドリゲス(メキシコ)
2005/07/02 ○10R判定 3-0(99-94、98-93、98-95) 宮田 芳憲(角海老宝石)
2005/09/25 ○1RTKO ムン・ジェチュン(韓)
2006/01/07 ○10R判定 3-0(100-89、99-89、99-88) リカルド・カリージョ(ベネズエラ)
2006/03/25 ○2RKO オスワルド・フアレス(メキシコ)
2006/06/03 ○10R判定 3-0(99-92、98-94、98-95) フランシスコ・ディアンソ(メキシコ)
2006/11/13 ○6RTKO カブリエル・ペレス(メキシコ)

■日本フェザー級タイトルマッチ
2007/03/03 ○10R判定 3-0(98-94、97-94、96-95) 梅津 宏治(ワタナベ)
※日本フェザー級王座獲得

■日本フェザー級タイトルマッチ
2007/07/07 ○10R判定 3-0(97-93、97-94、97-95) 秋葉 慶介(角海老宝石)
※日本フェザー級王座防衛@

■日本フェザー級タイトルマッチ
2007/11/03 ○10R判定 3-0(99-93、99-94、98-93) 上野 則之(ワタナベ)
※日本フェザー級王座防衛A

■日本/OPBF東洋太平洋フェザー級王座統一戦/WBA世界フェザー級挑戦者決定戦
2008/04/05 △12R判定 0-0(114-114、114-114、115-115) 榎 洋之(角海老宝石)
※日本フェザー級王座防衛B
※OPBF東洋太平洋フェザー級王座獲得失敗
※WBA世界フェザー級挑戦権獲得失敗

■WBC世界フェザー級タイトルマッチ
2008/10/16 ●12R判定 1-2(111-115、112-114、114-112) オスカル・ラリオス(メキシコ)
※WBC世界フェザー級王座獲得失敗

■WBC世界フェザー級タイトルマッチ
2009/03/12 ○12R判定 3-0(119-107、118-109、116-111) オスカル・ラリオス(メキシコ)
※WBC世界フェザー級王座獲得

■WBC世界フェザー級タイトルマッチ
2009/07/14 ●12R判定 0-3(110-118、111-117、113-116) エリオ・ロハス(ドミニカ共和国)
※WBC世界フェザー級王座陥落


2009/12/18 ○10R判定 3-0(100-90、98-92、97-93) フェイデル・ビロリア(コロンビア)
2010/04/30 ○8RTKO ワイベル・ガルシア(パナマ)

■WBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチ
2010/11/26 ○12R判定 3-0(115-112、117-112、116-110) ビタリ・タイベルト(独)
※WBC世界スーパーフェザー級王座獲得

■WBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチ
2011/04/08 ○4RKO ウンベルト・グティエレス(メキシコ)
※WBC世界スーパーフェザー級王座防衛@

■WBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチ
2011/11/06 ○12R判定 2-1(115-113、115-113、113-116) デビス・ボスキエロ(伊)
※WBC世界スーパーフェザー級王座防衛A

■WBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチ
2012/04/06 ○12R判定 3-0( 116-112、116-112、118-110) ターサク・ゴーキャットジム(タイ)
※WBC世界スーパーフェザー級王座防衛B

■WBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチ
2012/10/27 ●12R判定 0-3(111-115、112-114、112-114) ガマリエル・ディアス(メキシコ)
※WBC世界スーパーフェザー級王座陥落

2013/07/13 ○2RKO ハーディ・パレデス(チリ)
2013/11/10 ○1RKO エドガル・ロメリ(メキシコ)
2014/04/23 ○10R判定 3-0(99-91、98-94、96-95) マルコ・アントニオ・ロペス(メキシコ)
2014/10/22 ○10R判定 3-0(98-92、97-93、97-94) フアン・カルロス・サルガド(メキシコ)

■WBO世界ライト級王座決定戦
2015/05/01 ×2R無効試合 ライムンド・ベルトラン(メキシコ)
※WBO世界ライト級王座獲得失敗

2018/03/01 ○8R判定 3-0(77-76、77-74、79-74) ガマリエル・ディアス(メキシコ)



【補足情報】
・元ボクサーだった父広幸の指導の下、3歳からボクシングを始める。
・アマチュア戦績:79戦76勝(27KO・RSC)3敗。史上初のアマチュア高校6冠を達成。
・実弟の粟生 竜太(帝拳)もプロボクサー。
・トレーナーは田中繊大。
・WBO世界ライト級王座決定戦では元世界ライト級3団体統一王者のフアン・ディアス(米)
 対戦の予定だったが、ディアスの左肩の故障によりベルトランに変更になった。
 また、対戦相手のベルトランに体重超過があり、2RTKOで敗戦した為、王座は空位となり、その後、
 ベルトランに違反薬物の陽性反応が出た為、試合結果も無効試合へと変更された。



※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。



【グッズ関連】

【ボクシング専門誌】アイアンマン増刊『BOXING BEAT』(ボクシング・ビート)2012年2月号[西岡利晃&粟生隆寛&山中慎介/ポスター付!]

価格:946円
(2015/10/27 22:56時点)
感想(0件)




【ボクシング専門誌】アイアンマン増刊『BOXING BEAT』(ボクシング・ビート)2011年8月号

価格:946円
(2015/10/27 22:57時点)
感想(0件)






索引に戻る
索引-あ-に戻る
索引-T-に戻る




【このカテゴリーの最新記事】
posted by boxingmeikan at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/4339803

この記事へのトラックバック
検索
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
さんの画像

気軽にメッセージ等、飛ばしてくれてOKです。 アドレスはプロフィールに…。
プロフィール
最新コメント
天満 博貴(Hiroki Tenman) by 天満博貴 (10/22)
上原 攻仁(Kojin Uehara) by 上原千広 (10/20)
カルロス・ブイトラゴ(Carlos Buitrago) by せきちゃん@mos (10/19)
中野 猛仁(Takehito Nakano) by せきちゃん@mos (10/19)
塩濱 崇(Takashi Shiohama) by せきちゃん@mos (10/19)