2017年04月15日

ゼネシス・カシミ・セルバニア(Genesis Servania)

ゼネシス・カシミ・セルバニア(Genesis Servania)(カシミ)



本名:ゼネシス・エルサス・セルバニア
生年月日:1991年8月15日
国籍:比
戦績:36戦34勝(16KO)2敗




【獲得タイトル】
WBCインターナショナルスーパーバンタム級シルバー王座
WBOアジア太平洋スーパーバンタム級王座
WBOインターコンチネンタルスーパーバンタム級王座
WBOアジア太平洋フェザー級王座



【戦歴】
2009/02/21 ○2RKO マイク・エスパノサ(比)
2009/03/21 ○4R判定 3-0(採点不明) パウエル・バラバ(比)
2009/05/30 ○4R負傷判定 (採点不明) マル・ノンカン(比)
2009/07/11 ○1RTKO ジョセフ・アルティエザ(比)
2009/08/29 ○6R判定 3-0(採点不明) ジョマール・カブサス(比)
2009/11/14 ○6RKO メルチェル・アブシェ(比)
2010/02/05 ○8R判定 3-0(80-72、78-74、77-75) ジュン・ピアシード(比)
2010/04/24 ○8R判定 3-0(採点不明) ジョグ・アリム(比)
2010/07/24 ○8R判定 3-0(採点不明) ジェストーニ・ペピート(比)
2010/08/21 ○10R判定 3-0(採点不明) ダンリル・マルコス(比)
2010/11/20 ○10R判定 3-0(96-94、97-93、97-93) アルバン・マキリング(比)
2011/02/27 ○10R判定 3-0(採点不明) レナン・ブランズエラ(比)
2011/04/08 ○4R棄権 プレール・トゥパズ(比)
2011/06/11 ○2RTKO リチャード・ドネワール(比)
2011/09/10 ○8R判定 3-0(80-72、79-73、78-74) ヘルソン・ゲレーロ(メキシコ)
2011/12/10 ○10R判定 3-0(採点不明) マルコス・カルデナス(メキシコ)
2012/03/03 ○10R判定 3-0(99-91、98-92、98-92) ニック・オティエノ(ケニヤ)

■WBCインターナショナルスーパーバンタム級シルバー王座決定戦
2012/06/02 ○12RTKO ヘナロ・ガルシア(メキシコ)
※WBCインターナショナルスーパーバンタム級シルバー王座獲得

■WBOアジア太平洋スーパーバンタム級王座決定戦
2012/08/18 ○12R判定 3-0(118-107、118-107、118-107) ホルヘ・パソス(メキシコ)
※WBOアジア太平洋スーパーバンタム級王座獲得

■WBOアジア太平洋スーパーバンタム級タイトルマッチ
2013/03/02 ○7RTKO アンキー・アンコッタ(インドネシア)
※WBOアジア太平洋スーパーバンタム級王座防衛@

2013/05/25 ○3RKO イサック・ジュニア(インドネシア)

■WBOアジア太平洋スーパーバンタム級タイトルマッチ
2013/07/27 ○9R負傷判定 2-1(84-85、87-82、86-83) 冨山 浩之介(ワタナベ)
※WBOアジア太平洋スーパーバンタム級王座防衛A

■WBOインターコンチネンタルスーパーバンタム級王座決定戦
2013/10/26 ○2RTKO ラファエル・コンセプシオン(パナマ)
※WBOインターコンチネンタルスーパーバンタム級王座獲得

■WBOインターコンチネンタルスーパーバンタム級タイトルマッチ
2014/03/01 ○12RTKO アレクサンデル・ムニョス(ベネズエラ)
※WBOインターコンチネンタルスーパーバンタム級王座防衛@

■WBOインターコンチネンタルスーパーバンタム級タイトルマッチ
2014/09/05 ○10R棄権 ホセ・カブレラ(メキシコ)
※WBOインターコンチネンタルスーパーバンタム級王座防衛A

■WBOインターコンチネンタルスーパーバンタム級タイトルマッチ
2015/02/07 ○12R判定 3-0(採点不明) フアン・ルイス・エルナンデス(メキシコ)
※WBOインターコンチネンタルスーパーバンタム級王座防衛B

2015/12/31 ○8R判定 3-0(118-110、117-111、119-109) ヘンドリック・バロングサイ(インドネシア)
2016/09/11 ○8R判定 3-0(80-72、80-72、80-72) アレクサンデル・エスピノサ(ベネズエラ)

■WBOアジア太平洋フェザー級王座決定戦
2016/04/29 ○2RTKO ラルフ・ジョン・ルル(比)
※WBOアジア太平洋フェザー級王座獲得

■WBO世界フェザー級タイトルマッチ
2017/09/22 ●12R判定 0-3(110-116、111-115、109-117) オスカル・バルデス(メキシコ)
※WBO世界フェザー級王座獲得失敗

2017/12/17 ○1RKO クロペット・シットジャーチャート(タイ)
2018/05/13 ○5RKO ジェイソン・バタール・バタ(インドネシア)
2018/09/28 ○3RKO カルロス・カールソン(メキシコ)

■WBC米大陸スーパーバンタム級王座決定戦
2019/02/10 ●12R判定 0-3(92-98、91-99、90-100) カルロス・カストロ(米)
※WBC米大陸スーパーバンタム級王座獲得失敗

2019/08/24 ○1RTKO アーマド・ラヒザブ(インドネシア)
2019/12/15 ○6R負傷判定 3-0(70-65、70-64、70-64) プンルアン・ソーシンユー(タイ)



【補足情報】
・比-ネグロス島バコロドシティ出身。
・アーマド・ラヒザブ戦は当初エリック・デストロイヤー(インドネシア)と対戦する予定だったが
 直前にラヒザブとの対戦に変更されている。
・比国でゼネシス・セルバニアとしてプロデビュー。ヘンドリック・バロングサイ戦より日本に拠点を移し、
 カシミジム所属としてゼネシス・カシミ・セルバニアのリングネームで活動。
・比国時代の日本語表記はゼネシス・セルバニア、ジェネシス・セルバニア、ゼネシス・セルバニヤ、
 ジェネシス・セルバニヤ、ゼネシス・セルバニャ、ジェネシス・セルバニャ、ゼネシス・セルバンヤ、
 ジェネシス・セルバンヤ等がある。
・日本語表記ではジェネシス・カシミ・セルバニア、ゼネシス・カシミ・セルバンヤ、
 ジェネシス・カシミ・セルバンヤ、ゼネシス・カシミ・セルバニヤ、ジェネシス・カシミ・セルバニヤ、
 ゼネシス・カシミ・セルバニャ、ジェネシス・カシミ・セルバニャと表記されることもある。



※外国籍の選手ですが日本のジム所属の為、カテゴリは日本としています。




※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。



索引に戻る
索引-せ-に戻る
索引-G-に戻る



【このカテゴリーの最新記事】
posted by boxingmeikan at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6169427

この記事へのトラックバック
検索
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
さんの画像

気軽にメッセージ等、飛ばしてくれてOKです。 アドレスはプロフィールに…。
プロフィール
最新コメント
ロベルト・デュラン(Roberto Duran) by MW (07/08)
ボクシング 選手名鑑 索引 by せきちゃん@mos (07/08)
山本 敏男(Toshio Yamamoto) by せきちゃん@mos (07/07)
越本 隆志(Takashi Koshimoto) by せきちゃん@mos (07/07)
横山 啓介(Keisuke Yokoyama) by せきちゃん@mos (07/07)