2017年02月27日

ポーン・キングピッチ(Pone Kingpetch)

ポーン・キングピッチ(Pone Kingpetch)(タイ)



本名:マナ・スリドクブブ
生年月日:1935年2月12日
国籍:タイ
戦績:35戦28勝(9KO)7敗



【獲得タイトル】
タイ国フライ級王座
第5代OBF東洋(OPBF東洋太平洋前身)フライ級王座
第20代世界フライ級王座
第2代WBA世界フライ級王座
第4代WBA世界フライ級王座
初代WBC世界フライ級王座
第3代WBC世界フライ級王座




【戦歴】
1954/05/01 ○2RKO ノキニド・ソーソー(タイ)
1954/07/01 ○6R判定 (採点不明) サオトン・トーソー(タイ)
1955/02/01 ●6R判定 (採点不明) スワン・ナパポーン(タイ)
1955/03/27 ○6R判定 (採点不明) ユタポーン・ラク(タイ)
1955/08/11 ○6R判定 (採点不明) デイノイ・ソーソー(タイ)
1955/09/29 ○6R判定 (採点不明) オーパス・ローソーポー(タイ)
1956/02/05 ○6R判定 (採点不明) ブーンタム・ビテーチャイ(タイ)

■タイ国フライ級タイトルマッチ
1956/04/15 ●7RTKO クノイ・ピチチャイ(タイ)
※タイ国フライ級王座獲得失敗

1956/06/03 ○6R判定 (採点不明) プラユース・ヨンタラキット(タイ)
1956/06/28 ○3RKO ポーン・パントゥキャット(タイ)
1956/07/14 ○6RKO クノイ・ピチチャイ(タイ)
1956/07/22 ○4RKO ミーンタン・カンプッチ(タイ)

■タイ国フライ級タイトルマッチ
1956/10/14 ○10R判定 (採点不明) クノイ・ピチチャイ(タイ)
※タイ国フライ級王座獲得(のちに返上)

■OBF東洋(OPBF東洋太平洋前身)フライ級王座決定戦
1957/01/06 ○12R判定 (採点不明) ダニー・キッド(比)
※OBF東洋(OPBF東洋太平洋前身)フライ級王座獲得

■OBF東洋(OPBF東洋太平洋前身)バンタム級タイトルマッチ
1957/07/07 ●12R判定 (採点不明) レオ・エスピノサ(比)
※OBF東洋(OPBF東洋太平洋前身)バンタム級王座獲得失敗

■OBF東洋(OPBF東洋太平洋前身)フライ級タイトルマッチ
1957/09/14 ○12R判定 (採点不明) 三迫 仁志(野口)
※OBF東洋(OPBF東洋太平洋前身)フライ級王座防衛@(のちに返上)

1958/01/11 ○5R負傷判定 (採点不明) ドミー・ウルスア(比)
1958/03/15 ○10R判定 (採点不明) 岩本 正治(平安)
1958/06/28 ○5RKO ソモド・シンモラコット(タイ)
1958/11/04 ○8R判定 (採点不明) ダントーイ・シンモラコット(タイ)
1959/02/17 ○10R判定 (採点不明) マヌエル・アルメンテロス(キューバ)
1960/01/31 ○4RKO ベビー・ロス(比)

■世界フライ級タイトルマッチ
1960/04/16 ○15R判定 2-1(143-145、148-137、146-140) パスカル・ペレス(亜)
※世界フライ級王座獲得

■世界フライ級タイトルマッチ
1960/09/22 ○8RTKO パスカル・ペレス(亜)
※世界フライ級王座防衛@

1961/03/02 ○10R判定 (採点不明) ホセ・ルイス・マルティネス(スペイン)

■世界フライ級タイトルマッチ
1961/06/27 ○15R判定 2-1(147-139、147-138、144-145) 関 光徳(新和)
※世界フライ級王座防衛A

1962/02/19 ○8RTKO ベビー・デミロンネーズ(比)

■世界フライ級タイトルマッチ
1962/05/30 ○15R判定 3-0(148-136、146-138、146-138) 野口 恭(野口)
※世界フライ級王座防衛B

■WBA世界フライ級王座決定戦
1962/10/10 ●11RKO ファイティング 原田(笹崎)
※WBA世界フライ級王座獲得失敗
※世界フライ級王座剥奪

■WBA世界フライ級タイトルマッチ
1963/01/12 ○15R判定 2-0(72-67、71-67、69-69) ファイティング 原田(笹崎)
※WBA世界フライ級王座獲得

■WBA/WBC世界フライ級タイトルマッチ
1963/09/18 ●1RKO 海老原 博幸(金平)
※WBA世界フライ級王座陥落
※WBC世界フライ級王座陥落

■WBA/WBC世界フライ級タイトルマッチ
1964/01/23 ○15R判定 2-1(72-68、73-67、71-73) 海老原 博幸(金平)
※WBA世界フライ級王座獲得
※WBC世界フライ級王座獲得

■WBA/WBC世界フライ級タイトルマッチ
1965/04/23 ●15R判定 0-3(63-74、68-72、53-74) サルバトーレ・ブルニ(伊)
※WBA世界フライ級王座陥落
※WBC世界フライ級王座陥落

1966/02/17 ●10R判定 1-2(45-56、44-50、46-45) ベビー・ロロナ(比)
1966/04/13 ○4RKO クマントーン・ヨンタラキット(タイ)





【補足情報】
・タイ-プラチュワップキーリーカン県フワヒン郡出身。同地を拠点に活動。
・タイ初の世界王者。
・フワヒン郡にはキングピッチ公園があり、キングピッチの銅像が飾られている。
・ファイティング 原田との対戦時、本来は矢尾板 貞雄(中村)との対戦が予定されていたが、
 矢尾板の突然の引退に伴い、代役として原田が挑戦した。その際、世界タイトルマッチとして
 試合を成立させる為、ランキング外だった原田が急遽10位にランキングされている。
・WBA/WBC分裂により、WBA王座はファイティング 原田1戦目の勝者が初代王者となることとなり敗北。
 WBC王者にはファイティング原田2戦目後に認定されている。





※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。




索引に戻る
索引-ほ-に戻る
索引-P-に戻る



【このカテゴリーの最新記事】
posted by boxingmeikan at 05:53| Comment(2) | TrackBack(0) | タイ
この記事へのコメント
上ちゃんさん

ありがとうございます。
励みにします。

ただの戦績の羅列ですが、戦ったボクサーたちのドラマが1行1行にあると思っています。
どうぞ楽しんでいただければと思います。

本当にありがとうございます。
Posted by せきちゃん@mos at 2020年05月19日 22:29
選手名鑑、拝見しました。
作成は大変だったと思います。
これからも利用させていただきます。
Posted by 上ちゃん at 2020年05月16日 15:13
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/5993374

この記事へのトラックバック
検索
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
さんの画像

気軽にメッセージ等、飛ばしてくれてOKです。 アドレスはプロフィールに…。
プロフィール
最新コメント
宮田 穣(Minoru Miyata) by �ソス�ソス�ソスC�ソス�ソス�ソスB�ソスg�ソス�ソス �ソス�ソス�ソスz �ソスX�ソス[�ソスp�ソス[�ソスR�ソスs�ソス[ �ソス�ソス�ソス�ソス�ソス (10/26)
天満 博貴(Hiroki Tenman) by 天満博貴 (10/22)
上原 攻仁(Kojin Uehara) by 上原千広 (10/20)
カルロス・ブイトラゴ(Carlos Buitrago) by せきちゃん@mos (10/19)
中野 猛仁(Takehito Nakano) by せきちゃん@mos (10/19)