2017年02月22日

今里 光男(Mitsuo Imazato)

今里 光男(Mitsuo Imazato)(トーアファイティング)



本名:今里 光男
生年月日:1961年10月25日
国籍:日本
戦績:37戦22勝(12KO)14敗1分



【獲得タイトル】
第38代日本バンタム級王座
第41代日本バンタム級王座



【戦歴】
1979/03/30 ○4R判定 (採点不明) 大久保 英徳(笹崎)
1979/06/12 ○4RKO 樽谷 純弘(ヨネクラ)
1979/09/21 ●4R判定 (採点不明) 渡辺 敬之(金子)
1979/11/20 ●1RKO 中山 隆(角海老)
1980/02/26 ○4R判定 (採点不明) 木内 勲(角海老)
1980/05/05 ○4R判定 (採点不明) 飛井 三郎(柏)
1980/10/21 ○4R判定 (採点不明) 布施 健二(柏)
1980/11/21 ○4R判定 (採点不明) 内田 裕一(野口)

■1980年度東日本フライ級新人王決勝戦
1980/12/28 ●6R判定 (採点不明) 打越 芳幸(斎田)
※東日本新人王敗退

1981/03/03 ○4RKO 内田 裕一(野口)
1981/04/19 ●6R判定 (採点不明) イ・ボンホ(韓)
1981/08/04 ○4RKO 加藤 則哲(角海老)
1981/10/12 ○6RKO 上江洲 隆(角海老)
1981/12/24 ○10R判定 3-0(100-95、98-96、98-95) 大橋 克行(協栄河合)
1982/03/28 ●1RKO アン・イクノ(韓)
1982/06/05 ○10R判定 (採点不明) 霧崎 雅行(松戸平沼)
1982/08/24 ●9RKO 大山 悦(協栄)
1982/10/05 ○10R判定 3-0(97-95、97-95、97-96) 川村 啓治(ヨネクラ)
1982/11/22 ○7RKO 長谷川 善一(キング)

■日本バンタム級タイトルマッチ
1983/04/28 ○4RKO 磯上 修一(辰東)
※日本バンタム級王座獲得

■日本バンタム級タイトルマッチ
1983/08/17 ○9RTKO 磯上 修一(辰東)
※日本バンタム級王座防衛@

■日本バンタム級タイトルマッチ
1983/11/04 ○7RTKO 田口 誠(金子)
※日本バンタム級王座防衛A

■OPBF東洋太平洋バンタム級王座決定戦
1984/03/30 ●9RTKO ネプタリ・アラマグ(比)
※OPBF東洋太平洋バンタム級王座獲得失敗

■日本バンタム級タイトルマッチ
1984/05/19 ○4RTKO 新崎 満(F上原)
※日本バンタム級王座防衛B

■日本バンタム級タイトルマッチ
1984/09/09 ○10R判定 3-0(99-92、100-94、100-93) 長谷川 文人(宍戸)
※日本バンタム級王座防衛C

■日本バンタム級タイトルマッチ
1984/11/08 ●5RKO 西村 貴晴(金子)
※日本バンタム級王座陥落

■日本バンタム級タイトルマッチ
1985/05/02 ○10R判定 3-0(99-95、100-96、98-96) 杉本 光一(グリーンツダ)
※日本バンタム級王座獲得

■日本バンタム級タイトルマッチ
1985/09/05 ○3RTKO 長谷川 則雄(キング)
※日本バンタム級王座防衛@

■日本バンタム級タイトルマッチ
1986/02/06 ○2RKO 島袋 忠司(石川)
※日本バンタム級王座防衛A

1986/07/24 ●6RKO マーク 堀越(八戸帝拳)

■日本バンタム級タイトルマッチ
1986/10/30 ○8RKO 倉八 一人(筑豊)
※日本バンタム級王座防衛B

■日本バンタム級タイトルマッチ
1987/02/01 ●5RKO 高橋 直人(アベ)
※日本バンタム級王座陥落

■日本バンタム級タイトルマッチ
1987/06/06 ●3RKO 高橋 直人(アベ)
※日本バンタム級王座獲得失敗

1987/11/26 △10R判定 0-1(96-96、97-97、96-98) ライオン 有川(ビクトリー)
1988/02/16 ●5RKO ライオン 有川(ビクトリー)
1988/07/11 ●4RTKO 尾崎 恵一(オサム)

■日本バンタム級タイトルマッチ
1988/10/24 ●10R判定 0-3(95-98、94-97、94-98) 田中 小兵太(新和川上)
※日本バンタム級王座獲得失敗





【補足情報】
・長崎県諫早市出身。
・現役時代はステーキパブ「ドミンゴ」に勤めていた。
・トレーナーはファイティング 原田(笹崎)
・高橋 直人1戦目は1987年の日本年間最高試合に選出された。
・高橋 直人のデビュー戦の興業でメインイベンターとして杉本 光一と日本タイトル戦を争っている。のちに
 両者はスパーリングで対戦し、今里が高橋を圧倒していたが、時を経て日本タイトルを争った際は、
 激闘の末、高橋が新王者となった。



※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。



索引に戻る
索引-い-に戻る
索引-M-に戻る



【このカテゴリーの最新記事】
posted by boxingmeikan at 06:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本
この記事へのコメント
chamuyoさん

ありがとうございます。
今里選手って、かなり面白いスタイルだったそうで…。
後楽園で見たかったなぁ…なんて思います。
Posted by せきちゃん@mos at 2017年02月26日 05:58
○所属ジム名の補充
1979/03/30 ○4R判定 (採点不明) 大久保 英徳(笹崎)
1979/06/12 ○4RKO 樽谷 純弘(ヨネクラ)
1979/09/21 ●4R判定 (採点不明) 渡辺 敬之(金子)
1980/02/26 ○4R判定 (採点不明) 木内 勲(角海老)
1980/05/05 ○4R判定 (採点不明) 飛井 三郎(柏)
1980/10/21 ○4R判定 (採点不明) 布施 健二(柏)
1982/11/22 ○7RKO 長谷川 善一(キング)
1987/11/26 △10R判定 (採点不明) ライオン 有川(ビクトリー)

○スコアの判明した試合
1982/10/05 ○10R判定 (97-95,97-95,97-96) 川村 啓治(ヨネクラ)
1987/11/26 △10R判定 (96-96,97-97,96-98) ライオン 有川(ビクトリー)

Posted by chamuyo at 2017年02月25日 18:02
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/5973582

この記事へのトラックバック
検索
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
さんの画像

気軽にメッセージ等、飛ばしてくれてOKです。 アドレスはプロフィールに…。
プロフィール
最新コメント
中山 佳祐(Keisuke Nakayama) by せきちゃん@mos (04/05)
中山 佳祐(Keisuke Nakayama) by ダコタ (04/05)
平安山 太樹(Taiki Heizan) by せきちゃん@mos (04/05)
平安山 太樹(Taiki Heizan) by 平安山太樹 (04/02)
植田 一己(Kazumi Ueda) by せきちゃん@mos (04/02)