2017年02月18日

曽根 和浩(Taiyu Sone)

曽根 和浩(Taiyu Sone)(輪島功一S)



本名:曽根 和浩
生年月日:1970年4月28日
国籍:日本
戦績:18戦12勝(4KO)6敗



【獲得タイトル】
1990年度全日本ウェルター級新人王



【戦歴】
1990/02/19 ○4R判定 (採点不明) 可知 公治(大川)
1990/04/14 ○4R判定 (採点不明) 西山 督(アベ)
1990/06/19 ○2RKO 金子 連也(笹崎)
1990/09/28 ○4R判定 (採点不明) 須田 大(相模原ヨネクラ)
1990/11/02 ○3RKO 篠本 浩二(帝拳)
1990/12/21 ○6R判定 (採点不明) 富樫 修(三迫)

■1990年度全日本ウェルター級新人王決定戦
1991/02/16 ○6R判定 (採点不明) 高階 晃(新日本大阪)
※全日本新人王獲得

1991/05/13 ○8R判定 3-0(79-77、79-76、80-76) 横田 浩一(埼玉中央)
1991/08/12 ○8R判定 3-0(98-96、99-96、99-96) 小山 豊(草加有沢)
1991/12/12 ○5RKO 入江 潤(千里馬神戸)
1992/02/10 ○10R判定 3-0(99-96、98-96、98-97) 宅間 健夫(石橋)

■日本ウェルター級タイトルマッチ
1992/09/09 ●10R判定 0-3(96-99、96-98、97-99) 吉野 弘幸(野口)
※日本ウェルター級王座獲得失敗

■OPBF東洋太平洋ウェルター級タイトルマッチ
1992/11/14 ●12R判定 (採点不明) パク・ジョンオ(韓)
※OPBF東洋太平洋ウェルター級王座獲得失敗

1993/04/12 ●10R判定 0-3(96-99、96-98、97-98) 小松 進一(高崎)
1993/12/23 ○2RTKO 伊地知 直樹(松田)
1994/04/18 ●9RTKO 久弘 達成(マサ伊藤)
1994/08/08 ●8R判定 0-3(75-79、77-79、77-78) 伊藤 辰史(新日本木村)

■日本スーパーウェルター級タイトルマッチ
1994/10/14 ●6RTKO 上山 仁(新日本木村)
※日本スーパーウェルター級王座獲得失敗




【補足情報】
・北海道札幌市出身。
・アマチュア時代にはインターハイ、国体少年の部、国体成年の部、それぞれウェルター級で
 準優勝を飾っている。
・本名でプロデビュー後、横田 浩一戦からリングネームを曽根 大裕とし、伊藤 辰史戦から本名に戻した。
・全日本新人王獲得時には技能賞に選出されている。
・ランキング最高位は日本ランク1位。OPBF東洋太平洋ランク10位。



※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。



索引に戻る
索引-そ-に戻る
索引-T-に戻る



【このカテゴリーの最新記事】
posted by boxingmeikan at 15:53| Comment(10) | TrackBack(0) | 日本
この記事へのコメント
chamuyoさん

http://fanblogs.jp/boxingmeikan/archive/5657/0

ありがとうございます。
ページ作成いたしました。
いつもいつも本当にありがとうございます。
Posted by せきちゃん@mos at 2020年07月31日 00:31
追記です。
伊地知 直樹 アマチュア戦績 6戦 2勝(2KO/RSC)4敗
Posted by chamuyo at 2020年07月30日 00:54
ファンです さん
 
伊地知 直樹の戦歴等調べてみました。急いだのでミスがあるかもしれません。                                       

 伊地知 直樹(Naoki Ijichi)(松田)



本名:不明

生年月日:1971年8月6日

国籍:日本

戦績:16戦11勝(9KO)5敗



【獲得タイトル】
1992年度中日本ウェルター級新人王



【戦歴】
1990/03/04 ●2RTKO 安藤 孝幸(東海)
1990/08/14 ○2RKO 宮本 寿光(平石)

■1990年度中日本スーパーライト級新人王決勝戦
1990/09/08 ●4R判定 1-2(38-40、38-40、39-38) 中里 啓三(岡崎)
※中日本新人王敗退

1990/12/04 ○4RKO 武蔵 高倉(平石)
1991/02/03 ○4R判定 (採点不明) 伊勢 良章(岡崎)
1991/03/23 ○1RKO 樫原 昌義(平和)
1991/06/14 ○1RKO 土居 龍晴(岡崎)

■1991年度中日本ウェルター級新人王決勝戦
1991/09/20 ●2RKO 樫原 昌義(平和)
※中日本新人王敗退

1992/01/18 ○2RKO 田中 新二(新日本大阪)
1992/05/10 ○2RKO 若林 直樹(守安)
1992/06/21 ○1RKO 横手 信祐(風間)

■1992年度中日本ウェルター級新人王決勝戦
1992/09/23 ○1RTKO 坂口 文治(緑)
※中日本新人王獲得

■1992年度中日本―西日本ウェルター級新人王対抗戦
1992/10/25 ○1RKO 横手 信祐(風間)

■1992年度全日本ウェルター級新人王決定戦
1993/02/20 ●3RKO 平野 安夫(ランド)
※全日本新人王敗退 


1993/12/23 ●2RTKO 曽根 大裕(輪島S)
1994/04/16 ○6R判定 3-0(58-57、58-57、58-56) 大原 友則(トコナメ)


【補足情報】
・愛知県春日井市出身
・小学校から高校にかけてサッカーのフォワードとして活躍。その後兄に続いて空手に進んだが、肌に合わないと、松田ジムへ入門。
・新人王に3度挑戦、全日本は獲得できなかったが、中日本新人王に輝いた。182pの長身、右ボクサータイプ。強打の持ち主だが打たれ弱さが惜しまれる。

※中里 啓三戦は1-2のスプリットで敗れたが、伊地知の39−38のスコアは聞き間違えかもしれない。
















Posted by chamuyo at 2020年07月30日 00:20
伊地知 直樹
新人王決勝で敗れた年度5勝5KOで全て2R以内の快進撃でしたね。でも翌年2月の全日本決定戦でコロっと負けて、この年の暮れには、薬師寺の世界奪取前座でもランキング選手にKO負けして、そのあとフェイドアウトとなって行った印象…。この選手も改めて戦績を振り返りたい選手ですね。
Posted by ファンです at 2020年07月29日 02:15
ファンですさん

教えていただいて、ありがとうございます。
先ほど反映いたしました!

またお気づきありましたらよろしくお願いします。
Posted by せきちゃん@mos at 2020年07月29日 01:46
1993/12/23 ○2RTKO 伊地知 直樹(所属ジム不明)

松田ジム所属ですね。サウスポーで、全日本ウェルター級新人王決勝まで行ったけど敗れたような記憶。
Posted by ファンです at 2020年07月29日 01:35
chamuyoさん

僕はchamuyoさんの30倍くらいやってます(笑)
いつも助けてもらってありがとうございます。
Posted by せきちゃん@mos at 2017年02月19日 23:26
すみません。無論「曽根」です。見直しが不十分ですね。いつも反省しながらやっちゃいます。
Posted by chamuyo at 2017年02月19日 12:28
chamuyoさん

すいません、一点。
曽我和浩ではなく、曽根和浩でいいですよね。
本人のものと思わしきfacebookを見つけて補足の情報は
そこから引っ張ったんですが、別人…?とも思っています。

ボクサーって…ほんと沢山いますね。
Posted by せきちゃん@mos at 2017年02月19日 11:54
○リング名、所属ジム名の補充
1990/02/19 ○4R判定 (採点不明) 可知 公治(大川)
1990/04/14 ○4R判定 (採点不明) 西山 督(アベ)
1990/06/19 ○2RKO 金子 連也(笹崎)
1990/09/28 ○4R判定 (採点不明) 須田 大(相模原ヨネクラ)
1990/11/02 ○3RKO 篠本 浩二(帝拳)

■1991年度全日本ウェルター級新人王決定戦
1991/02/16 ○6R判定 (採点不明) 高階 晃(新日本大阪)  高橋 明→高階 晃
※全日本新人王獲得

○スコアの判明した試合
1991/05/13 ○8R判定 (79-77,79-76,80-76) 横田 浩一(埼玉中央)  
1991/08/12 ○8R判定 3-0(98-96,99-96,99-96) 小山 豊(草加有沢)  
1992/02/10 ○10R判定 (99-96,98-96,98-97) 宅間 健夫(石橋)

■日本ウェルター級タイトルマッチ
1992/09/09 ●10R判定 (96-99,96-98,97-99) 吉野 弘幸(野口)
※日本ウェルター級王座獲得失敗

1993/04/12 ●10R判定 (96-99,96-98,97-98) 小松 進一(高崎)
1994/08/08 ●8R判定 (75-79,77-79,77-78) 伊藤 辰史(新日本木村)  

【補足情報】の補充
・リングネームの変遷
本名の曽我和浩でデビューし1991/05/13の横田 浩一(埼玉中央)戦から曽我大裕、1994/08/08の伊藤 辰史(新日本木村)戦から再び本名の曽我和浩に戻った。

・1991年度全日本新人王決定戦では技能賞を獲得した。最優秀賞はJフライ級の玉城信一(帝拳)であった。

Posted by chamuyo at 2017年02月18日 23:43
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/5958858

この記事へのトラックバック
検索
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
さんの画像

気軽にメッセージ等、飛ばしてくれてOKです。 アドレスはプロフィールに…。
プロフィール
最新コメント
ボクシング 選手名鑑 り by Жорин объяснил, почему Петросян решил опубликовать снимок сына (09/19)
ボクシング 選手名鑑 り by Жорин объяснил, почему Петросян решил опубликовать снимок сынаЖорин объяснил, почему Петросян решил опубликовать снимок сына (09/19)
塩見 真司(Shinji Shiomi) by 塩見 藍 (09/19)
文元 春樹(Haruki Fumimoto) by ゴウ (09/18)
文元 春樹(Haruki Fumimoto) by ゴウ (09/18)