2017年02月18日

キム・ボンジュン(Bong Jun Kim)

キム・ボンジュン(Bong Jun Kim)(韓)



本名:金 奉準
生年月日:1964年5月13日
国籍:韓
戦績:37戦24勝(10KO)10敗3分



【獲得タイトル】
第2代WBA世界ミニマム級王座



【戦歴】
1983/07/23 ○4R判定 (採点不明) オ・ヤンチョン(韓)
1983/12/10 ○4R判定 (採点不明) キム・ビョンカプ(韓)
1983/12/12 ○4R判定 (採点不明) キム・サンドク(韓)
1983/12/14 ●4RKO キム・スンジェ(韓)
1984/02/12 △4R判定 (採点不明) チョ・キュシク(韓)
1984/04/06 ○4R判定 (採点不明) チョ・キュシク(韓)
1984/06/17 ●6R判定 (採点不明) チャン・ギョンジェ(韓)
1984/10/28 ○6R判定 (採点不明) キム・イルファン(韓)
1984/11/24 △6R判定 (採点不明) チュン・ビョングァン(韓)
1985/02/16 ●3RKO ハウ・チョンジュン(韓)
1985/04/27 ○6R判定 (採点不明) キム・ヒョンマン(韓)
1985/10/20 ○2RKO チャン・チャニョン(韓)
1986/01/11 ○4RKO イ・ヨンサン(韓)
1986/03/20 ○10R判定 (採点不明) 大橋 秀行(ヨネクラ)
1986/06/28 ○8R負傷判定 (採点不明) キム・スンキュ(韓)

■韓国ライトフライ級タイトルマッチ
1986/10/25 ●4R負傷判定 (採点不明) イム・ハシク(韓)
※韓国ライトフライ級王座獲得失敗

1986/12/20 ○3RKO キム・ドクヒョン(韓)
1987/01/24 ○5R負傷判定 (採点不明) カン・スンヨプ(韓)
1987/03/14 ○4RTKO パク・チュンボク(韓)
1987/06/14 △8R判定 (採点不明) チュン・ウルチュル(韓)
1987/09/13 ○3RKO ノ・ヒチョン(韓)

■WBA世界ミニマム級王座決定戦
1988/01/10 ●12R判定 0-3(115-116、115-116、114-115) レオ・ガメス(ベネズエラ)
※WBA世界ミニマム級王座獲得失敗

1988/04/09 ○10R判定 (採点不明) ナナ・スハナ(インドネシア)
1988/10/29 ○1RKO イ・スンゴン(韓)
1989/01/29 ○2RKO アルマンド・テノリア(比)

■WBA世界ミニマム級王座決定戦
1989/04/16 ○7RTKO アグスティン・ガルシア(コロンビア)
※WBA世界ミニマム級王座獲得

■WBA世界ミニマム級タイトルマッチ
1989/08/06 ○12R判定 2-0(120-113、118-114、115-115) イ・サムジュン(韓)
※WBA世界ミニマム級王座防衛@

■WBA世界ミニマム級タイトルマッチ
1989/10/22 ○9RTKO ジョン・アウフリー(インドネシア)
※WBA世界ミニマム級王座防衛A

■WBA世界ミニマム級タイトルマッチ
1990/02/10 ○4RKO ペッチチャイ・チュワタナ(タイ)
※WBA世界ミニマム級王座防衛B

■WBA世界ミニマム級タイトルマッチ
1990/05/13 ○5R負傷判定 (39-37、39-38、38-39) シルベリオ・バルセナス(パナマ)
※WBA世界ミニマム級王座防衛C

■WBA世界ミニマム級タイトルマッチ
1990/11/03 ○12R判定 2-0(116-113、117-111、114-114) シルベリオ・バルセナス(パナマ)
※WBA世界ミニマム級王座防衛D

■WBA世界ミニマム級タイトルマッチ
1991/02/02 ●12R判定 0-3(113-116、113-116、113-115) チェ・ヒヨン(韓)
※WBA世界ミニマム級王座陥落

■WBA世界ミニマム級タイトルマッチ
1991/10/26 ●12R判定 0-3(111-118、112-117、111-118) チェ・ヒヨン(韓)
※WBA世界ミニマム級王座陥落

■WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ
1992/06/15 ●12R判定 0-3(112-116、114-116、112-117) 井岡 弘樹(グリーンツダ)
※WBA世界ライトフライ級王座獲得失敗

1993/07/17 ●10R判定 0-3(92-97、91-98、92-98) メルチョール・コブ・カストロ(メキシコ)
1994/10/14 ○10R判定 (採点不明) マキシモ・バーロ(比)
1994/11/14 ●4RTKO 大場 貴志(姫路木下)




【補足情報】
・ 異名は「スリーピングボーイ」
・ のちに二団体で世界ミニマム級王座を獲得する大橋 秀行と対戦し、判定で勝利している。
・ のちに5階級制覇王者となるレオ・ガメスと対戦し、判定で敗れている。
・ レオ・ガメス戦ではジョー小泉氏から採点を疑問視する記事が出ている。
・ 二階級制覇王者の井岡 弘樹に挑戦したが、判定で敗れている。



※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。



索引に戻る
索引-き-に戻る
索引-B-に戻る



【このカテゴリーの最新記事】
posted by boxingmeikan at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/5958022

この記事へのトラックバック
検索
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
さんの画像

気軽にメッセージ等、飛ばしてくれてOKです。 アドレスはプロフィールに…。
プロフィール
最新コメント
竹内 竜介(Ryusuke Takeuchi) by もなかひめ (11/25)
森島 祐介(Yusuke Morishima) by ファンです (11/25)
平山 武章(Takeaki Hirayama) by せきちゃん@mos (11/25)
竹内 竜介(Ryusuke Takeuchi) by chamuyo (11/24)
ホエル・カサマヨール(Joel Casamayor) by せきちゃん@mos (11/24)