2017年01月29日

ルペ・ピントール(Lupe Pintor)

ルペ・ピントール(Lupe Pintor)(メキシコ)



本名:ホセ・グアダルーペ・ピントール・グスマン
生年月日:1955年4月13日
国籍:メキシコ
戦績:72戦56勝(42KO)14敗2分



【獲得タイトル】
第12代WBC世界バンタム級王座
第7代WBC世界スーパーバンタム級王座




【戦歴】
1974/03/26 ○2RKO マヌエル・バスケス(メキシコ)
1974/05/07 ○10R判定 3-0(採点不明) フランシスコ・ハビエル・ヌニェス(メキシコ)
1974/07/24 ○4RTKO マヌエル・カスタネダス(メキシコ)
1974/09/10 ○10R判定 (採点不明) サルバドール・マルティネス(メキシコ)
1974/10/16 ●4R反則 マガッジョ・ロサダ(メキシコ)
1974/12/21 ○2RKO フアン・ディアス(メキシコ)
1975/02/19 ○6RKO マルティン・バレンシア(メキシコ)
1975/03/10 ○10R判定 (採点不明) アンドレス・レイジェス(メキシコ)
1975/04/16 ○6RTKO ロッキー・ミハレス(メキシコ)
1975/07/25 ○1RKO ロベルト・アルバレス(メキシコ)
1975/09/20 ○7RKO ウィリー・ジェンセン(米)
1975/10/11 ○2RKO アルバロ・ロペス(コロンビア)
1975/12/04 ○2RKO カタルーニャ・フローレス(比)
1976/02/25 ●10R判定 0-3(採点不明) アルベルト・ダビラ(米)
1976/03/29 ○9RKO ホセ・ルイス・クルス(メキシコ)
1976/06/02 ○1RKO ハリート・カストロ(メキシコ)
1976/06/26 ○2RKO マヌエル・キラー(メキシコ)
1976/08/01 ○10R判定 (採点不明) サムエル・モチョロ(メキシコ)
1976/10/02 ○6RTKO ホセ・アントニオ・ロサ(プエルトリコ)
1976/11/13 ○3RKO ナチョ・ベルトラン(メキシコ)
1977/01/01 ○1RKO ホセ・アンヘル・カサレス(メキシコ)
1977/01/29 ○7RKO ベイブ・サンマルティン(メキシコ)
1977/02/26 ○1RKO エベリスト・ペレス(メキシコ)
1977/03/11 ○1RKO オルランド・アモレス(パナマ)
1977/04/12 ○7RKO ギャビー・カンテラ(米)
1977/05/20 ○1RKO トランキタ・ブラウン(パナマ)
1977/06/17 ○1RKO エドゥアルド・リモン(メキシコ)
1977/07/02 ○1RKO ラモン・ギジェン(メキシコ)
1977/08/20 ○4RTKO アンドレス・トーレス(プエルトリコ)
1977/10/08 ○4RKO トニー・ロチャ(米)
1977/11/08 ○2RKO ベビー・キッド・チョコレート(米)
1977/12/18 ○2RKO ホアキン・マルティネス(メキシコ)
1978/01/30 ○2RKO デイビー・バスケス(米)
1978/02/25 ○10R判定 3-0(採点不明) ジェラルド・ヘイズ(米)
1978/03/31 ○10R判定 (採点不明) アントニオ・ベセラ(メキシコ)
1978/04/22 ●10R判定 (採点不明) レオナルド・クルス(ドミニカ共和国)
1978/06/30 ●10R判定 (採点不明) ホセ・ルイス・ソト(米)
1978/07/18 ○5RKO リチャード・ロゼール(米)
1978/09/26 ○2RKO ロジャー・ブチェリ(コロンビア)
1978/11/11 ○3RKO アグスティン・ベガ(メキシコ)
1979/03/10 ○6RTKO リビオ・ノラスコ(ドミニカ共和国)
1979/05/01 ○3RTKO ロドリゴ・ゴンサレス(メキシコ)

■WBC世界バンタム級タイトルマッチ
1979/06/03 ○15R判定 2-1(143-142、143-142、133-145) カルロス・サラテ(メキシコ)
※WBC世界バンタム級王座獲得

1979/10/05 ○1RKO トリト・メレンデス(メキシコ)
1979/10/29 ○10R判定 (採点不明) ホセ・ルイス・ソト(米)
1979/12/29 ●5R棄権 マヌエル・バスケス(メキシコ)

■WBC世界バンタム級タイトルマッチ
1980/02/09 ○12RTKO アルベルト・サンドバル(米)
※WBC世界バンタム級王座防衛@

■WBC世界バンタム級タイトルマッチ
1980/06/11 △15R判定 1-1(144-144、147-142、144-146) 村田 英次郎(金子)
※WBC世界バンタム級王座防衛A

■WBC世界バンタム級タイトルマッチ
1980/09/19 ○12RKO ジョニー・オーウェン(英)
※WBC世界バンタム級王座防衛B

■WBC世界バンタム級タイトルマッチ
1980/12/19 ○15R判定 2-0(143-142、146-142、143-143) アルベルト・ダビラ(米)
※WBC世界バンタム級王座防衛C

■WBC世界バンタム級タイトルマッチ
1981/02/22 ○15R判定 3-0(148-139、150-128、148-136) ホセ・フェリックス・ウシガ(亜)
※WBC世界バンタム級王座防衛D

■WBC世界バンタム級タイトルマッチ
1981/07/26 ○8RTKO ホビト・レンヒフォ(ベネズエラ)
※WBC世界バンタム級王座防衛E

■WBC世界バンタム級タイトルマッチ
1981/09/22 ○15RKO ハリケーン 照(誠和石川)
※WBC世界バンタム級王座防衛F

■WBC世界バンタム級タイトルマッチ
1982/06/03 ○11RTKO イ・スンフン(韓)
※WBC世界バンタム級王座防衛G(のちに返上)

1982/09/23 ○10R判定 3-0(採点不明) ホルヘ・ルハン(パナマ)

■WBC世界スーパーバンタム級タイトルマッチ
1982/12/03 ●14RTKO ウィルフレド・ゴメス(プエルトリコ)
※WBC世界スーパーバンタム級王座獲得失敗

1984/02/16 ○10R判定 3-0(98-94、98-93、99-92) ルーベン・ソロリオ(メキシコ)
1984/04/26 ○1RKO クレオ・ガルシア(ニカラグア)
1985/01/01 ○6RTKO ロニー・ゲーリー(米)
1985/01/17 ●8RTKO アドリアーノ・アルレオラ(米)
1985/04/19 ○2RTKO エウヘニオ・モーガン(メキシコ)
1985/06/10 △10R判定 1-2(94-96、97-96、96-96) ハビエル・マルケス(メキシコ)

■WBC世界スーパーバンタム級タイトルマッチ
1985/08/18 ○12R判定 3-0(115-111、116-110、117-110) フアン・メサ(メキシコ)
※WBC世界スーパーバンタム級王座獲得

1985/12/12 ●10RTKO ビリー・ホワイト(米)

■WBC世界スーパーバンタム級タイトルマッチ
1986/01/18 ●5RKO サーマート・パヤカルン(タイ)
※WBC世界スーパーバンタム級王座陥落

1994/01/14 ○10R判定 (採点不明) カルメロ・ゴメス(メキシコ)
1994/02/25 ●10R判定 (採点不明) ラモン・サンチェス(メキシコ)

■WBC中央アメリカライト級王座決定戦
1994/04/02 ●12R判定 0-3(採点不明) フェルナンド・カイセド(コロンビア)
※WBC中央アメリカライト級王座獲得失敗

■WBC中央アメリカスーパーライト級王座決定戦
1994/08/13 ●8R棄権 レオナルド・マス(プエルトリコ)
※WBC中央アメリカスーパーライト級王座獲得失敗

1994/11/18 ○1RTKO ケビン・セダム(米)
1994/12/02 ●10R判定 (採点不明) ロドリゴ・セルダ(メキシコ)
1995/07/21 ●2RKO ラッセル・モズレー(米)











【補足情報】
・メキシコ-クアヒマルパ・デ・モレロス出身。同国-メキシコシティを拠点に活動。
・弟のエフライン・ピントール(メキシコ)もプロボクサー。
・同門のカルロス・サラテが王者だった為に、世界挑戦まで時間がかかったが、
 サラテがクーヨ門下を離れることとなった為に、サラテへの指名挑戦が実現した。
・カルロス・サラテ戦は議論を呼ぶ判定となり、論争を起こした。
・サーマート・パヤカルン戦では体重超過を犯している。




※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。



索引に戻る
索引-る-に戻る
索引-L-に戻る



【このカテゴリーの最新記事】
この記事へのコメント
ありがとうございます。
作成時に行ずれを起こしていました。
教えていただいて助かりました、また何かあればご指摘ください。
Posted by せきちゃん@mos at 2019年01月23日 00:33
1985/08/18にファン・メサに勝ってSバンタム級の王者になって、初防衛でサーマート・パヤクアルンにKO負けでタイトルを失ったはずですが。
Posted by at 2019年01月22日 21:24
chamuyoさん

まったく失礼なんてあり得ません、本当に助かっています。
ギーエンに関しては、義弟に連絡して聞いてみました。
ギジェンが適切だと思うとのことでした。

おかげで時代によって中南米系の名にも偏りがあることに気付きました。
全体を翻訳に任せて、細かいところを手修正していたのですが
なかなか見慣れない名も多く、気付けなかったものもありました。
ありがとうございました。
Posted by せきちゃん@mos at 2017年02月01日 02:37
○人名の表記について

1976/08/01 ○10R判定 (採点不明) サミュエル・マッコロ(メキシコ)
 Samuel Mochorro サムエル・モチョロ 中南米人ならサミュエル(セラーノ)とは言わないでしょう。Mochorroイタリア人ならモッコロかもしれませんが。

1977/07/02 ○1RKO ラモン・ギーエン(メキシコ)
 Guillen ギジェン、ギリェン、ギイェンでは。ギーエンとする場合が多いですが、アクセント(llenにある)を考慮すれば、ギーエンでは発音が違ってきます。

1977/10/08 ○4RKO トニー・ロシャ(米)  Rocha ロチャ
1981/02/22 ○15R判定 ホセ・フェリックス・ウジガ(亜) Uziga ウシガ
1981/07/26 ○8RTKO ホビト・レンギフォ(ベネズエラ) 
 小林弘も対戦していますが、Rengifo レンヒフォですね。
1994/12/02 ●10R判定 (採点不明) ロドリゴ・チェルダ(メキシコ) Cerda セルダ

ケチばかりつけているように思われるでしょうね。中南米系の音楽に親しんだものには、気になって仕方がないのです。失礼な段お許しください。
Posted by chamuyo at 2017年01月30日 19:01
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/5877253

この記事へのトラックバック
検索
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
さんの画像

気軽にメッセージ等、飛ばしてくれてOKです。 アドレスはプロフィールに…。
プロフィール
最新コメント
ホエル・カサマヨール(Joel Casamayor) by ホエールズ (11/22)
瀬川 設男(Setsuo Segawa) by 90年代ヲタク (11/22)
安藤 有輝(Yuki Ando) by 安藤有輝本人です。 (11/21)
ラミニート・アリアス(Laminite Arias) by 清水おっさん猫 (11/21)
勅使河原 弘晶(Hiroaki Teshigawara) by 清水おっさん猫 (11/21)