ファン
<< 2018年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ

2018年07月29日

ギャランGTO-MR No.47 プラモデル

500-1.jpg

ギャランGTO-MR No.47 プラモデル
ギャランGTOは、三菱自動車工業が製造・販売していたファストバックスタイルの2ドアハードトップクーペ。コルトギャランの基本設計を流用しつつ、新たにスポーティーなハードトップクーペとして登場した。「ダイナウェッジライン」と呼ばれるスタイリッシュなフォルムをまとっており(『絶版日本車カタログ』三推社・講談社 64頁参照)、トランクリッド後端の跳ね上がったデザインはダックテールと呼ばれ、当時の米国製「マッスルカー」のトレンドを、小型車のサイズに巧みに反映させた精悍なスタイリングを誇っていた。

田中貴金属ゴールドバー 100g 田中貴金属発行 100gの純金 24金 ゴールド インゴット

新品価格
¥582,944から
(2018/7/29 15:42時点)


2018年07月25日

ホンダT360 ROOF TYPE No.46 プラモデル

500-1.jpg

ホンダT360 ROOF TYPE No.46 プラモデル
T360は、本田技研工業がかつて生産、販売していた軽トラックである。本項ではT360の小型普通トラック版にあたるT500(ティーごひゃく)についても記述する。1963年8月1日に発売された。日本初のDOHCエンジン(2バルブ)搭載車であり、ホンダ初の4輪自動車でもある。当時のホンダの4輪開発担当責任者は、中村良夫。また、本田宗一郎がまるまる一台関与した唯一の車でもある。当初ホンダはS360(ショーモデルのみで発売されず)やS500といったスポーツカーの開発を進めていたが、専務の藤沢武夫が「(当時の)4輪車の需要は商用車の方が多いこと」「まだオートバイの販売網しかないホンダ販売店で売るための車」という点を考慮し「冬にバイクの代わりに売れるもの」「オートバイ店でも扱えるもの」として軽トラックの発売を進言したことからT360の開発は進められた。

ゼニス遺産自動ブラウンダイヤルレディース時計22.2310.692?/ 75.c709

新品価格
¥29,723,760から
(2018/7/25 08:13時点)


2018年07月24日

マツダ K360 ROOF TYPE No.45 プラモデル

500-1.jpg

マツダ K360 ROOF TYPE No.45 プラモデル
マツダ・K360は東洋工業(現マツダ)が、かつて生産・販売していた軽三輪トラック(オート三輪)である。 けさぶろうの愛称で知られる。東洋工業初の軽三輪トラックとなり、同社のT600とは共通設計の姉妹車でもある。小杉次郎によるスタイリングと明るいツートーンカラーにより、商用車とは思えないスマートさで人気となった。K360が登場した1959年は、ダイハツ・ミゼットの2代目となるMP型発売と同じ年であり、真っ向から比較される対象であったが、マツダ・K360の方が静粛性は優れていた。メカニズムでは、エンジン自体とその搭載方法が特徴となっている。

ignition model × TOMYTEC 1/18 T-IG1804 西部警察 マシンX (メーカー初回受注限定生産) 完成品

新品価格
¥43,960から
(2018/7/24 10:35時点)


2018年07月22日

マツダ R360 レーシング No.44 プラモデル

500-1.jpg

マツダ R360 レーシング No.44 プラモデル
マツダ・R360クーペは、マツダ(当時は東洋工業)の製造した軽自動車。1960年に発売された。この車で、マツダは4輪乗用車市場に参入した。戦後の日本車として、初めて「クーペ」を名乗った車である(戦前ではダットサンにクーペモデルが存在した)。価格は30万円で、当時のスバル360より安く設定された。開発リーダーは、後にロータリーエンジンの実用化に成功し、「ミスター・ロータリー」として知られた技術者の山本健一である。ドアは2つで4人乗りだが、後部は非常に狭く、子供向けだった。このパッケージングは、このクラスであれば1人か2人での乗車が多く、本格的な4座に拘らず軽量化を優先するために2+2と割り切ったものである。

ロッソモデロ (rossomodello) GTD-RSシミュレーター T500RS、T300RS、G27、ポルコン、CSR 対応 ハンドルコントローラー固定シート GT5 プレステ3

新品価格
¥55,000から
(2018/7/22 11:27時点)


2018年07月21日

スバル360 レーシング No.43 プラモデル

500-1.jpg

スバル360 レーシング No.43 プラモデル
スバル360は、富士重工業(スバル)が開発した軽自動車である。1958年から1970年までのべ12年間に渡り、約39万2,000台が生産された。航空機技術を応用した超軽量構造を採用し、また限られたスペースで必要な居住性を確保するための斬新なアイデアが数多く導入された。その結果、量産型の軽自動車としては史上初めて大人4人の乗車を可能とするとともに、当時の水準を超える走行性能を実現した。比較的廉価で、十分な実用性を備え、1960年代の日本において一般大衆に広く歓迎されて、モータリゼーション推進の一翼を担った。

ロジェ・デュブイ オマージュ フライングトゥールビヨン ラージデイト RDDBHO0561 ホワイトシェル文字盤 メンズ 腕時計 新品 [並行輸入品]

新品価格
¥21,600,000から
(2018/7/21 11:19時点)


2018年07月19日

マツダキャロル レーシング No.42 プラモデル

500-1.jpg

マツダキャロル レーシング No.42 プラモデル
キャロルは、マツダが販売する軽自動車。初代モデルはマツダの前身の東洋工業により1962年(昭和37年)に発売された360cc車で、軽自動車初の4ドアセダンタイプのモデルとなったことでも知られ、1970年(昭和45年)まで生産された。派生型として排気量の大きなエンジンを搭載した小型乗用車規格のキャロル600も販売された。その後、車名の長い中断期間があったが、1989年(平成元年)にマツダが立ち上げた軽自動車中心のオートザムブランドの中心車種として復活した。

東方ソフビシリーズ12 なかよし空

新品価格
¥142,893から
(2018/7/19 11:01時点)


2018年07月18日

ホンダN360 レーシング No.41 プラモデル

500-1.jpg

ホンダN360 レーシング No.41 プラモデル
前輪駆動(FF)方式を採用して広い車室空間を確保すると共に1967年時点での軽乗用車としては突出した高出力のエンジンを搭載。当時の軽自動車業界における「馬力競争」の火付け役になった。高性能と低廉な価格が相まってベストセラーモデルとなった。愛称Nコロ。1966年の第13回東京モーターショーで発表。1967年3月に販売開始。それ以前の同社はスポーツカーのSシリーズや商用車を製造販売していたが台数が限られており本モデルが同社初の本格的量産型乗用車である。車名の「N」は一説に「乗り物(Norimono)」の略とされ、本田宗一郎社長がミニマム・トランスポーテーションとしての普及を目的にしたとされる。

タミヤ RCフルセットシリーズ 1/14 電動RC トレーラーヘッド キングハウラー ブラックエディション フルセット 57070

新品価格
¥89,640から
(2018/7/18 11:06時点)


2018年07月16日

日野コンテッサ1300 No.40 プラモデル

500-1.jpg

日野コンテッサ1300 No.40 プラモデル
コンテッサは、日野自動車がルノー・4CVのライセンス生産で得た経験をもとに開発し、1961年から1967年まで生産した、リアエンジン・リアドライブの乗用車である。Contessaとは、イタリア語で「伯爵夫人」の意味。同社が自社開発した唯一の乗用車である。1961年に総排気量893cc、出力35psのガソリンエンジンを搭載する「コンテッサ900」として登場した。4ドアセダンのみの設定で、フロントグリルレス、丸型2灯ヘッドランプ、サイドのエアインテーク、テールフィンなどがスタイル上の特徴である。車格はルノー・ドーフィンよりやや小さいものとなった。

ブレゲ 5317PT/12/9V6 グランド コンプリケーション トゥールビヨン 5デイ パワーリザーブ[メーカー保証付][並行輸入品]

新品価格
¥14,061,600から
(2018/7/16 13:29時点)


2018年07月15日

トヨタ・セルシオ(改)No.39 プラモデル

500-1.jpg

トヨタ・セルシオ(改)No.39 プラモデル
セルシオは、トヨタ自動車が1989年から2006年にかけて販売した高級セダン(Fセグメント)である。日本国外では同社が展開する高級車ブランド「レクサス」のフラグシップモデル「LS」として販売される一方、日本では国内向けの仕様変更等のうえ、日本名「セルシオ」としてトヨタブランド(販売チャネルはトヨタ店とトヨペット店)で販売された。2005年からは日本国内でもレクサスブランドの展開が開始され、2006年9月にはセルシオ(3代目)の後継車種にあたる新型LS(4代目)を発売。取扱店もレクサス店に完全に移行され、セルシオの名称は消滅した。

タミヤ 1/14 電動RCビッグトラックシリーズ No.43 トレーラーヘッド グランドハウラー フルオペレーションセット (4チャンネルプロポ、バッテリー、充電器付き) ラジコン 56343

新品価格
¥78,800から
(2018/7/15 10:53時点)


2018年07月13日

スカイライン R33 GT-R(改)No.38 プラモデル

500-1.jpg

スカイライン R33 GT-R(改)No.38 プラモデル
スカイラインGT-Rは、かつて日産自動車がスカイラインの最上級グレードとして生産・販売を行っていたスポーツカーである。“GT-R”の歴史は、ツーリングカーレースで活躍した先代プリンス・スカイライン2000GT-B(S54B-II型)の後継車として、1968年10月開催の第15回東京モーターショーへ「スカイラインGTレーシング仕様」を出品したことに始まる。これはスカイライン2000GT(GC10型)の車体へ、GTプロトタイプレーシングカーである日産・R380のエンジン・GR8型をベースに開発された直列6気筒DOHCエンジンを搭載したものである。

IWCポルトフィーノシルバーダイヤルダイヤモンド自動レディース時計4581???09

新品価格
¥30,996,000から
(2018/7/13 19:29時点)


検索
最新コメント
ユンハンス 置時計 JNGHANS ドイツ製 by スーパーコピー日本時計 (07/08)
桐鳳凰図屏風 狩野探幽 切手趣味週間 by スーパーコピールイヴィトン (06/11)
桐鳳凰図屏風 狩野探幽 切手趣味週間 by グッチスーパーコピー (06/05)
ナルニア国物語 3Dペーパープラフト by ロレックス新作 (05/25)
D51形蒸気機関車 プラモデル by UGG靴 カンコク コピー (04/02)
タグクラウド
プロフィール
マルコボーンいちひろ情報局さんの画像
マルコボーンいちひろ情報局
楽しいことが大好きです。仕事は楽しく成果を出す。遊びはとことん遊び笑い転げる、特にお酒が大好きでみんなからお酒が入ると、ま〜良く笑うな〜と言われます。 笑いは健康の秘訣です。
プロフィール
リンク集