ファン
<< 2018年04月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
カテゴリアーカイブ

2018年04月19日

トヨペットクラウン No.06 プラモデル

500-1.jpg

トヨペットクラウン No.06 プラモデル
1952年から開発着手され、1953年から発足したトヨタ独特の「主査制度」でマネージャー的立場に置かれた技術者の中村健也を主査として開発されたものである。国外メーカーとは提携せず、米国車の各コンポーネントを手本としながらではあるが、純国産設計で開発された。スタイリングはトヨタの社内デザインで、戦後に高級車の象徴となったアメリカ車の影響が濃厚であった。後部座席の乗り降りしやすさを重視した、観音開きのサイドドアが車体構造上の特徴である。エンジンは1953年に先行登場したトヨペット・スーパーから流用された水冷直列4気筒OHVのR型を採用し、排気量は1453cc、出力は48psであった。

ハリー・ウィンストン オーシャン トゥールビヨン ビッグデイト世界限5本 OCEMTD45RR003 シルバー文字盤 メンズ 腕時計 新品 [並行輸入品]

新品価格
¥40,230,000から
(2018/4/19 21:46時点)


2018年04月16日

ホンダN360 No.05 プラモデル

500-1.jpg

ホンダN360 No.05 プラモデル
N360は、本田技研工業がかつて生産、販売していた軽自動車である。合わせて、日本国外向けのN400・N600。および日本向けに販売された普通自動車N600Eについても取り上げる。前輪駆動(FF)方式を採用して、広い車室空間を確保すると共に、1967年時点の軽乗用車としては、突出した高出力のエンジンを搭載し、当時の軽自動車業界における「馬力競争」の火付け役になった。

ミュージアムマスターライン/ トランスフォーマー: EX版 アイアンハイド ポリストーン スタチュー MMTFM-11EX

新品価格
¥409,697から
(2018/4/16 21:24時点)


2018年04月08日

スバル360 No.04 プラモデル

500-1.jpg

スバル360 No.04 プラモデル
スバル360(Subaru 360 )は、富士重工業(スバル)が開発した軽自動車である。1958年から1970年までのべ12年間に渡り、約39万2,000台が生産された。航空機技術を応用した超軽量構造を採用し、また限られたスペースで必要な居住性を確保するための斬新なアイデアが数多く導入された。その結果、量産型の軽自動車としては史上初めて大人4人の乗車を可能とするとともに、当時の水準を超える走行性能を実現した。比較的廉価で、十分な実用性を備え、1960年代の日本において一般大衆に広く歓迎されて、モータリゼーション推進の一翼を担った。

ダークソウル/ 深淵歩き アルトリウス スタチュー

中古価格
¥144,000から
(2018/4/8 11:18時点)


2018年04月06日

フェアレディ2000 No.01 ハードトップ プラモデル

500-1.jpg

ダットサン・フェアレディは、日産自動車が製造し、ダットサンブランドで販売したスポーツカー。フェアレディZの源流である。本稿では前身モデルであるダットサン・スポーツ DC-3、ダットサン・スポーツ1000についても述べる。1960年1月 - 「フェアレデー1200」発表。フェアレディの名を冠した(ただし当時の表記は「フェアレデー」であった)最初の車は、このSPL212型である。車名はミュージカル「マイ・フェア・レディ」に由来するもので、当時の日産の社長、川又克二が前年に渡米した際、ブロードウェーでの同ミュージカルの観覧で感銘を受けたことからの命名。型式記号はそれぞれ、「S」が「スポーツ」、「P」が「パワーアップ版」、「L」が「レフトハンドドライブ(左ハンドル)」を表す。

DX超合金魂 マジンガーZ 初回限定特典「永井豪先生新規描き下ろしマンガ」付き

新品価格
¥99,999から
(2018/4/6 11:28時点)


2018年04月02日

ホンダ・S600 プラモデル No.03

500-1.jpg

ホンダ・S600 プラモデル No.03
初代 AS285/AS285C型(1964-1965年)S600(エスろっぴゃく)は、本田技研工業がかつて生産、販売していた小型スポーツカーである。 略称は「S6(エスロク)」S500に続き、1964年3月〜1965年12月に生産したFR・2シーターのオープンスポーツである。現在でもビンテージカーとして、一定の人気を保っている。また、西ドイツ(当時)へ輸出した初めてのアジア製四輪車でもあった。S500同様の水冷直4 DOHCエンジンで、ボア、ストロークともに拡大(Φ54.5mm×65mm)し、606ccとしたAS285E型[2]へ変更された。同社の一連の4ストローク2輪グランプリマシンやF2、F1のエンジンと同じ設計を取り入れた超高回転型エンジンを採用している。

ダル / Sooni (スニ)

新品価格
¥226,920から
(2018/4/2 20:50時点)


2018年04月01日

HONDA Z GSS No.02 プラモデル

500-1.jpg

初代(Z360)は1970年代に発売したスペシャルティカーで、デザインは日本人が行ったものであり、360ccでクーペスタイルを目指したものである。とはいえ、大人4人が乗るだけの居住空間は確保されていた。当時のホンダ車に共通する飛行機風の計器類のデザインは印象的である。また4速と5速ではシフトパターンおよびシフトノブの取り付け位置に違いがある。デザイン段階で後方までルーフを伸ばしたため、後部を斜めにカットしガラスハッチを持ち、その黒くて太い樹脂製枠から「水中メガネ」の愛称で親しまれた。2代目(Z660)は1998年に発売したSUVタイプの4WD車で、アクティの基本構造を踏襲してエンジンはミッドシップに搭載し、トールワゴンとライトSUVの折衷のようなスタイルをしている。

『アイアンマン3 : アイアンマン マーク42 等身大フィギュア(LEDギミック付)』

新品価格
¥855,500から
(2018/4/1 12:14時点)


2018年03月30日

1967年 トヨタ・2000GT プラモデル

500-1.jpg

1967年 トヨタ・2000GT プラモデル
2000GTは、トヨタ自動車とヤマハ発動機が共同開発し、ヤマハへの生産委託で1967年から1970年までトヨタブランドで限定生産されたスポーツタイプの乗用車である。型式は「MF10」。1960年代前半の日本におけるモータリゼーション勃興期、トヨタ自動車にとって最大の競合メーカーである日産自動車はフェアレディ、また四輪車メーカーとしては新興の本田技研工業はSシリーズをそれぞれ市場に送り出し、いずれも軽快なオープンボディのスポーツカーとして日本国内外で人気を集めた。これらのスポーツカーは自動車レースなどでもメーカーの技術力をアピールし、メーカーのイメージアップに大きく貢献する存在であった。

ウブロ ビッグバン ウニコ マジックサファイア 世界限定500本 411.JX.1170.RX[新品]メンズ [並行輸入品]

新品価格
¥5,696,000から
(2018/3/30 10:43時点)


2018年03月21日

ホンダS500 プラモデル

500-1.jpg

ホンダS500 プラモデル
1962年10月の第9回全日本自動車ショーにS360とS500が展示され、2台とも”来春発売”と発表された。しかし、S360は早期に断念されS500のみが1963年10月に発売された。発売価格は45万9,000円(1963年6月16日の新聞紙面で価格クイズとして市場調査され、応募数の最も多かった48万5,000円を3万円ほど下回って設定された)。

PATEK PHILIPPE パテック・フィリップ パーペチュアルカレンダー 5140R-011 [並行輸入品] [新品] [PP317]

新品価格
¥8,680,000から
(2018/3/21 12:04時点)


2018年03月19日

ホンダ・S800 プラモデル

500-1.jpg

ホンダ・S800 プラモデル
ホンダ・S500、ホンダ・S600に引き続き、Sシリーズの第3弾として1966年1月から1970年5月の間に生産され、それまでと同様に京浜精機製作所製の4連CVキャブレターと、等長エキゾーストマニホールドを装備している。縦置きされた水冷直列4気筒DOHCエンジンをフロントに積み、デフから先の動力伝達に2本のローラーチェーンを用いる後輪独立懸架が主な特徴である。シリーズ3作目となるエンジンは、ボア×ストロークがφ60.0mm×70.0mmまで拡大され、排気量は791cc、圧縮比は9.2:1となり、最高出力は70PS/8,000rpm、最大トルクは6.7kgf・m/6,000rpmまで向上し、0 - 400m加速は16.9秒、最高速度は160km/hと発表された。

大人の超合金 アポロ11号&サターンV型ロケット

新品価格
¥108,276から
(2018/3/19 10:39時点)


2018年03月17日

トヨタ・スポーツ800 プラモデル

500-1.jpg

トヨタ・スポーツ800(トヨタ・スポーツはっぴゃく)とは、トヨタ自動車が1965年から1969年にかけて製造した小型のスポーツカーである。車体型式はUP15。超軽量構造と空気抵抗の少なさで、非力ながら優れた性能を発揮したことで知られる。愛好者からはヨタハチの通称で呼ばれる。当時トヨタが生産していた最小のモデルである大衆車パブリカのエンジンとシャシを流用することを前提に、トヨタの系列会社となっていた関東自動車工業で1962年から開発に着手した。開発には、パブリカ開発時の主査で、後に初代カローラの開発でも主査を務めた長谷川龍雄が携わっている。

[ブチアーニ] BIG SQUARE WHITE GOLD FULL DIAMOND TOURBILLON ビッグスクエア 18Kホワイトゴールド フルダイヤモンド 25カラット トゥールビヨン スイス高級腕時計 日本正規代理店 [正規輸入品]

新品価格
¥80,028,000から
(2018/3/18 00:00時点)


検索
最新コメント
正倉院宝物 密陀彩絵箱 絵はがき by フランクミュラー時計コピー (02/08)
ミニカー ミニクーパー SS 5701 by IWC時計 スーパーコピー (01/01)
ファミコン 麻雀 by スーパーコピー時計 (12/27)
G.V.de CROISMARE ミューラー シャンデリア by ルイヴィトン 財布 スーパーコピー (12/10)
ストリートファイターU エドモンド・本田 by スーパーコピールイヴィトンバック (12/07)
タグクラウド
プロフィール
ボーンいちひろ情報局さんの画像
ボーンいちひろ情報局
楽しいことが大好きです。仕事は楽しく成果を出す。遊びはとことん遊び笑い転げる、特にお酒が大好きでみんなからお酒が入ると、ま〜良く笑うな〜と言われます。 笑いは健康の秘訣です。
プロフィール
リンク集