プロフィール
BooStudioさんの画像
BooStudio
プロフィール
最新記事

Thermaltake Engine 17 ロープロファイルCPUファン [Intel対応] FN1192 CL-P051-AL06SL-A

レビューはこちら



NZXT E850 電源ユニット 80 Plus Gold 認証 [ 定格 850W 出力 ] NP-1PM-E850A-JP

レビューはこちら



NEOGEO mini【Amazon.co.jp限定】「TWINKLE STAR SPRITES」STEAMコード 配信

レビューはこちら



ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ 週刊少年ジャンプ創刊50周年記念バージョン

レビューはこちら


ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ 【Amazon.co.jp限定】 オリジナルポストカード(30枚セット)付

レビューはこちら


Intel 40周年記念版CPU - 5GHzまで昇圧された最速6コアプロセッサ Core i7-8086K

レビューはこちら


ASUS AMD Ryzen・・プロセッサ用AM4ソケット搭載 マザーボード ROG STRIX X470-I GAMING【Mini-ITX】

レビューはこちら


【GRAN】 GRAN BOARD 3 (GreenType)(グランボード ダーツ グリーンレッド グリーンタイプ 通信対戦 オンライン対戦 無線 Bluetooth)

レビューはこちら


Apple (アップル) iPad 9.7インチ Retinaディスプレイ Wi-Fiモデル MR7G2J/A (32GB・シルバー)

レビューはこちら



AMD CPU Ryzen 7 2700X with Wraith Prism cooler YD270XBGAFBOX

レビューはこちら


ASUS ゲーミングモニター ROG STRIX XG35VQ 35インチ曲面パネル(WLED/100Hz/FreeSync/DP/HDMIx2/昇降/フリッカーフリー/ブルーライト軽減)

レビューはこちら


ASUS ゲーミングモニター 34型 ウルトラワイドディスプレイ ROG SWIFT( フリッカフリー / 3440×1440 / GSYNC /Displayport, HDMI)PG348Q

レビューはこちら


Bose SoundWear Companion speaker ウェアラブルネックスピーカー【国内正規品】

レビューはこちら


【Amazon.co.jp限定】ワコム ペンタブレット Wacom Intuos Smallワイヤレス ピスタチオグリーン オリジナルデータ特典付き TCTL4100WL/E0

レビューはこちら


ASUS AMD B350搭載 マザーボード AMD AM4ソケット対応 TUF B350M-PLUS GAMING 【micro-ATX】

レビューはこちら


Razer Naga Trinity サイドボタンを2/7/12ボタンに付け替え可能 MMO/MOBAゲーミングマウス 【日本正規代理店保証品】 RZ01-02410100-R3M1

レビューはこちら


AMD CPU Ryzen 5 2400G with Wraith Stealth cooler YD2400C5FBBOX

レビューはこちら


AMD CPU Ryzen 3 2200G with Wraith Stealth cooler YD2200C5FBBOX

レビューはこちら


ESSENCORE KLevv D480GAA-N600 SSD 2.5インチ 480GB SATA6Gb/s 7mm TLC Read(MAX)560MB/s Write(MAX)510MB/s 3年保証

レビューはこちら


Intel CPU Core i5-8600K 3.6GHz 9Mキャッシュ 6コア/6スレッド LGA1151 BX80684I58600K 【BOX】

レビューはこちら


NZXT New H-Series H200i White [ Mini-ITX ケース ] CA-H200W-WB

レビューはこちら


Razer Tartarus V2 メカメンブレン 左手用キーパッド  【正規保証品】 RZ07-02270100-R3M1

レビューはこちら


TP-Link WiFi 中継機 PLCアダプター TL-WPA4220 KIT 11n 300Mbps 無線LAN 有線LAN コンセント 2台 キット 総務省指定

レビューはこちら


ASUS AMD X370搭載 マザーボード AMD AM4ソケット対応 STRIX X370-I GAMING【Mini ITX】

レビューはこちら


ASUS Intel Z370搭載 マザーボード LGA1151対応 ROG MAXIMUS X FORMULA 【ATX】

レビューはこちら


Intel CPU Core i7-8700K 3.7GHz 12Mキャッシュ 6コア/12スレッド LGA1151 BX80684I78700K 【BOX】

レビューはこちら


Intel CPU Core i3-8350K 4GHz 8Mキャッシュ 4コア/4スレッド LGA1151 BX80684I38350K【BOX】

レビューはこちら


ASUS Intel Z370搭載 マザーボード LGA1151対応 STRIX Z370-I GAMING【Mini ITX 】

レビューはこちら


ASUS Intel Z370搭載 マザーボード LGA1151対応 ROG STRIX Z370-G GAMING 【mATX】

レビューはこちら


ASUS Intel B250搭載 マザーボード LGA1151対応 STRIX B250I GAMING 【miniITX】

レビューはこちら


Acer Windows Mixed Reality ヘッドセット AH101CV

レビューはこちら


ASUS ゲーミングモニター ROG STRIX XG27VQ 27インチ曲面パネル(フルHD/144Hz/FreeSync/DP/HDMI/DVI/昇降/フリッカーフリー/ブルーライト軽減)

レビューはこちら


Aura SyncのシンクロLEDイルミネーションを自由に拡張できるROGアドレサブルLEDストリップ ROG ADDRESSABLE LED STRIP-60CM

レビューはこちら


NZXT GRID V3 デジタルファンコントローラー ノイズ制御搭載 AC-GRDP3-M1

レビューはこちら


Cynosa Chroma Gaming Keyboar

レビューはこちら


Basilisk 有線ゲーミングマウス【正規保証品】RZ01-02330100-R3A1

レビューはこちら


ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン USB ACアダプター

レビューはこちら


RGB21-HDMI変換アダプタ RGBHDADP ※日本語マニュアル付き  サンコーレアモノショップ

レビューはこちら


Bose SoundLink Micro Bluetooth speaker ポータブルワイヤレススピーカー ブラック【国内正規品】

レビューはこちら


ジェネレーション2 Retro-bit GENERATIONS2

レビューはこちら


CRYORIG 水冷CPUクーラー 240mm/38.5mm厚ラジエーター 120mmファン2基 エアーフローファン搭載 AMD AM4対応版 A40 Ultimate V2 日本正規代理店品

レビューはこちら


ANTEC製 PCケース ゲーミングデバイスメーカーRAZERとのコラボモデル CUBE RAZER

レビューはこちら


HP(ヒューレット・パッカード) HP(ヒューレット・パッカード) シングルモニターアーム BT861AA

レビューはこちら


NZXT 水冷システム [ ラジエータサイズ : 275x123x30mm・120mmファンx2基 ] KRAKEN X52

レビューはこちら


Razer BlackWidow Chroma V2 JP Yellow Switch 日本語配列 黄軸メカニカル ゲーミングキーボード【正規保証品】RZ03-02033100-R3J1

レビューはこちら


ASUS ゲーミングモニター ディスプレイ VA326H 31.5インチ VA カーブ フルHD 144HZ フリッカーフリー ブルーライト軽減 HDMI端子付 スピーカー内蔵 3年保証

レビューはこちら


Razer Lancehead 両手用無線/有線ゲーミングマウス【正規保証品】RZ01-02120100-R3A1

レビューはこちら


Razer Lancehead Tournament Edition 両手用有線ゲーミングマウス【正規保証品】RZ01-02130100-R3A1

レビューはこちら


ASUS R.O.G. STRIXシリーズ NVIDIA GeForce GTX1080Ti搭載ビデオカード ベースクロック1569MHz STRIX-GTX1080TI-O11G-GAMING

レビューはこちら


ZOTAC Geforce GTX 1080 AMP EDITION グラフィックスボード VD6068 ZTGTX1080-8GD5XAMP01

レビューはこちら


ASUS NVIDIA GTX1060搭載ビデオカード GTX1060-O6G-9GBPS

レビューはこちら


ZOTAC GeForce GTX 1060 AMP Edition ZT-P10600B-10M 6GB GDDR5 Super Compact Dual-Fan IceStorm Cooling FREEZE Fan Stop [並行輸入品]

レビューはこちら


ASUS R.O.G. STRIXシリーズ NVIDIA GeForce GTX1060搭載ビデオカード オーバークロック メモリ6GB STRIX-GTX1060-DC2O6G

レビューはこちら


ZOTAC GeForce GTX 1050 Ti 4GB LP グラフィックスボード VD6287 ZTGTX1050TI-4GD5LP

レビューはこちら


ASUS Strixシリーズ AMD Radeon RX580搭載ビデオカード ROG-STRIX-RX580-O8G-GAMING

レビューはこちら


SAPPHIRE PULSE RADEON RX 560 4G GDDR5 OC グラフィックスボード VD6352 SA-RX560-4GD5OC001

レビューはこちら


SAPPHIRE PULSE RADEON RX 550 4G GDDR5 HDMI/DVI-D/DP グラフィックスボード VD6324 SA-RX550-4GD5PL001

レビューはこちら


ASUSTeK Intel Z270搭載 マザーボード LGA1151対応 ROG STRIX Z270F GAMING【ATX】

レビューはこちら


ASUSTeK Intel Z270搭載 マザーボード LGA1151対応 ROG STRIX Z270I GAMING 【Mini-ITX】

レビューはこちら


ASUSTeK Intel Z270搭載 マザーボード LGA1151対応 ROG STRIX Z270G GAMING【microATX】

レビューはこちら


ASUSTeK ゲーミングマウス ROG SPATHA L701-1A

レビューはこちら


MSI CORE FROZR XL [TDP250Wに対応するデュアルファン搭載のサイドフローCPUクーラー] FN1112 CORE FROZR XL

レビューはこちら


(FC/FC互換機用) NEO 平安京エイリアン

レビューはこちら


IN WIN 150W電源搭載 アルミシェルフロント採用 Mini-ITXケース Chopin-Black (型番:IW-BQ696B)

レビューはこちら


Silverstoneテクノロジースリムコンピュータケース( rvz03b )

レビューはこちら


ロジテック エラースキップ機能搭載 SATAIII・10TB対応 2BAY スタンド型デュプリケーター

レビューはこちら


ブラザー工業 ラベルライター P-TOUCH CUBE PT-P300BT

レビューはこちら


mouse 2in1 タブレット ノートパソコン WN892-A Windows10/Office付/8.9インチ

レビューはこちら


Razer Mouse Bungee マウスコード マネジメント システム 【正規保証品】 RZ30-00610100-R3M1

レビューはこちら


Thermaltake SMART PRO RGB 850W PC電源ユニット [80PLUS BRONZE認定 256色発光対応ファン搭載] PS752 PS-SPR-0850FPCBJP-R

レビューはこちら


Corsair VENGENCE RGB PC4-24000 DDR4-3000 16GB 8GBx2 for Desktop MM3626 CMR16GX4M2C3000C15

レビューはこちら


CORSAIR DDR4 メモリモジュール DOMINATOR PLATINUM Series 8GB×2枚キット CMD16GX4M2B3000C15

レビューはこちら


玄人志向 HDDスタンド PCレスでクローン/HDD内データ完全消去機能付 KURO-DACHI/CLONE ERASE/U3

レビューはこちら


パナソニック 衣類スチーマー ダークブルー NI-FS530-DA

レビューはこちら


IN WIN 強化ガラス製サイドパネル採用 ミニタワーPCケース 301 ブラック (型番:IW-CF07B 301-Black)

レビューはこちら


写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ

2018年09月03日

【闘うRazer】Razer社「Razer Mamba Elite」をレビュー

IMG_7040.jpg
今回ご紹介するのは2018年年7月下旬に発売されたRAZER社「Razer Mamba Elite」右手用ゲーミングマウスでございます。

公式ホームページにて輸入しました。
詳細はこちら


価格は税抜き12,480円(送料980円)

現在は店頭販売はおこなっておりません。

「Razer Mamba Elite」のチェックポイント


「Razer Mamba Elite」は既存の「DeathAdder Elite」に「Mamba TE」の要素を融合させた新しいマウスです。

左「DeathAdder Elite」、右「Mamba TE」
manba.te.1.2.3.4.png
そして「DeathAdder Elite」と「Mamba TE」を融合した新しい「Razer Mamba Elite」がこちら!
razer-mamba-elite.1.jpg
外観はほとんど「Mamba TE」と同じです。

それぞれの大きな違いは以下の通り
 
型式Mamba EliteDeathAdder EliteMamba TE
耐クリック回数5,000万回5,000万回未公開
ライティングゾーン20-16
DPI設定16000DPI
本体重量(ケーブル含む)132g105g133g


大きな変更点はライティングゾーンが「16」から「20」に増え、さらに耐クリック回数が「5,000万回」になりタフに仕上がっています。

それでは「Razer Mamba Elite」をレビューしていきます。

「Razer Mamba Elite」の概要と特長


❶ライティングゾーンが「16」から「20」に増え、より滑らかなライティングを演出

❷高解像度の16,000 DPI 5G レーザーセンサーを採用

❸専用ソフトである「Razer Synapse3.0」を使って ボタンの設定や発光パターンなどを変えられる

❹「ティルトクリックスクロールホイール」を始め9 個の個別にプログラムが可能

❺オムロンと共同開発したメカニカルマウススイッチは「耐クリック回数 5,000 万回」と高耐久性を実現

開封の儀


IMG_6832.jpgIMG_6848.jpg
内容物(マウス本体、マニュアル、ステッカー)

外観


IMG_6855.jpgIMG_6883.jpg
IMG_6902.1.jpgIMG_6901.1.jpg

「Razer Mamba Elite」をチェックする


IMG_6910.1.jpg
耐クリック回数が5,000万回を謳う「右、左クリック」のタッチ感は「やや緩め」に感じます。

軽く触れるとクリックするので好みは分かれそうです。

Razerユーザーからしてみれば定評あるタッチ感は、そのまま普段と変わらず使えるので、その点は安心できます。

今回「Razer Mamba Elite」は「DeathAdder Elite」にはなかった「ティルトクリックスクロールホイール」を搭載し「前後」スクロールはもちろん、「左右」もカスタマイズボタンとして認識します。
IMG_6939.3.jpg


「Razer Mamba Elite」と「Razer Mamba」の見比べてみる


左「Razer Mamba Elite」、右「Razer Mamba」
IMG_7022.jpg
IMG_7014.1.jpg
サイドボタン周りもタッチ感も、ほぼ同じで違いは分からない。

ただ左右のラバーシートのテクスチャに違いがあります。
IMG_6991.jpgIMG_6994.jpg
テクスチャを拡大してみます。
IMG_6991.1.jpgIMG_6994.1.jpg
テクスチャは好みですね。

マウスを操作してみる


まず最初にUSB端子をPCに繋ぐと自動的にダウンロードが始まります。
初めての方にはとても親切です。

Razer Synapseのダウンロードはコチラ


基本画面構成
スクリーンショット (860).1.png

次にボタンの配置やマウス感度の設定ができます。
スクリーンショット (862).1.pngスクリーンショット (872).1.png
「標準」と「Hypershift」を使い分けることもできます。
スクリーンショット (864).1.png
感度設定も細かく設定できるので使いながら調整すると良いでしょう。
スクリーンショット (865).1.pngスクリーンショット (871).1.png
LEDイルミネーションを設定出来ます。

ライティングパターンも増えましたので更に細かいカスタマイズが可能になりました。

「Razer Synapse3.3」では一覧画面になるので見やすくなりました。

LED点灯の様子
IMG_7040.jpg
IMG_7051.jpg
IMG_7036.jpg

マウスパッドの表面の状態によってマウスカーソルの精度を最大限に引き出す「マウスマット表面転正」があります。
スクリーンショット (867).1.png
設定方法は簡単です。
スクリーンショット (869).2.pngスクリーンショット (868).1.png
お手持ちのRazerマウスパッドを一覧の中から選んで「調整」ボタンを押すだけです。

効果の違いは何となくカーソルの動きが細かくなった気がしますが正直、違いはよく分かりません。

使ってみた感想


ソフトウェア「Razer Synapse3.3」はバグが気にならなくなりました。

当時は「LED」や「カスタマイズキー」が反映しなかったりしましたが、今では順調に設定を終え快適に使えます。

「Razer Mamba Elite」の用途はゲームだけでなく「WEB制作」や「グラフィックデザイン」など長時間の作業に向いていると思います。

理由として「ティルトクリックスクロールホイール」が搭載されていることです。

例えば・・・
スクリーンショット (874).1.1.png
筆者は「スクロールホイール」の「左右」を「戻る」「進む」に割り当てましたが非常に作業性が上がり、とても便利です。

またマウスの裏側の「プロフィール」ボタンはプロフィールを設定しておけばマウスの裏側のボタンを押すごとに「プロフィール」が順番に切り替わります。
IMG_6883.1.jpg
これも「ゲーム」から「WEB制作」にシーンが変わる時、わざわざ「ソフトウェア」を立ち上げなくてもワンタッチで切り替えが出来るので、これも便利です。

操作性やタッチ感は、いつもの「Razer Mamba」と変わらないのでRazerユーザーの方は、いつものように、お使いいただけますが新規で、ご購入を検討される方は店頭販売されていませんが「Mamba TE」とほぼ同じなので一度、触ってお確かめ下さい。

良かったところ


❶LEDゾーンが「20」に増えたので滑らかなライティングにテンションが上がる。

❷「DeathAdder Elite」と「Mamba TE」の良いところ取りで価格は約13,000円なのでコスパ最高です。

❸オムロン社と共同開発のおかげでスイッチの耐久性も上がり長く愛用できる。

残念な点、注意する点


❶本体がやや大きい為、手が小さい方はサイドボタンが届きにくい。

❷「スクロールホイール」が、やや緩めなので「ホイールクリック」すると「上下」の誤操作してしまう。

総評


「Razer Mamba」シリーズをお持ちの方は、わざわざ買い替えるメリットは少ないと思いますが増えた「LEDゾーン」に興味があればインテリアとして良いと思います。

完全に自己満足ですがライティングの効果は抜群にカッコいいです。

新規ユーザーの方は「Mamba TE」よりも新世代「Razer Mamba Elite」を購入することをオススメします。

主な仕様


(以下、公式ホームページにて引用)
True 16,000 DPI を実現した Razer 5G 高性能オプティカルセンサー
最大毎秒 450 インチ / 50 G の加速度
1,000 Hz ウルトラポーリング
個々に設定可能な 9 個の Hyperesponse ボタン
耐クリック回数 5,000 万回の Razerトレードマーク(TM) メカニカルマウススイッチ
ゲーミンググレードのタクタイルスクロールホイール
人間工学に基づいた右利き用デザイン
1,680万色のカラーオプションを備えた Razer Chromaトレードマーク(TM) ライティング
内蔵メモリーとクラウドのハイブリッドストレージ
Razer Synapse 3 対応
概算寸法:長さ 125.0 mm/4.92 in×幅 69.9 mm/2.75 in×高さ 43.3 mm/1.70 in
概算重量 (ケーブル除く):96 g / 0.211 lbs
ケーブル長:2.1 m / 6.89 ft

お目通し戴き、ありがとうございました。

本日の1票をお願いします。



パソコンランキング

AD: N.K

お時間があれば、こちらも目を通して戴けると幸いでございます


Basilisk 有線ゲーミングマウス【正規保証品】RZ01-02330100-R3A1

レビューはこちら


Razer Tartarus V2 メカメンブレン 左手用キーパッド  【正規保証品】 RZ07-02270100-R3M1

レビューはこちら



Razer Lancehead 両手用無線/有線ゲーミングマウス【正規保証品】RZ01-02120100-R3A1

レビューはこちら


Razer Lancehead Tournament Edition 両手用有線ゲーミングマウス【正規保証品】RZ01-02130100-R3A1

レビューはこちら



ASUSTeK ゲーミングマウス ROG SPATHA L701-1A

レビューはこちら


Razer BlackWidow Chroma V2 JP Yellow Switch 日本語配列 黄軸メカニカル ゲーミングキーボード【正規保証品】RZ03-02033100-R3J1

レビューはこちら



関連商品


Razer DeathAdder Elite エルゴノミック ゲーミングマウス【日本正規代理店保証品】RZ01-02010100-R3A1

新品価格
¥6,399から
(2018/9/2 18:10時点)


Razer Kraken Pro V2 Green Oval ステレオゲーミングヘッドセット【日本正規代理店保証品】RZ04-02050600-R3M1

新品価格
¥8,805から
(2018/9/2 18:11時点)



Razer Hammerhead Pro V2 マイク付きゲーミングイヤフォン 【日本正規代理店保証品】 RZ04-01730100-R3A1

新品価格
¥8,828から
(2018/9/2 18:11時点)


Razer Thresher 7.1 PS4・・対応 Dolby 7.1ch サラウンドサウンド ワイヤレスヘッドセット 【日本正規代理店保証品】 RZ04-02230100-R3M1

新品価格
¥17,122から
(2018/9/2 18:11時点)



Razer Leviathan サブウーハー付デジタルサウンドバー 【日本正規代理店保証品】 RZ05-01260100-R3A1

新品価格
¥20,666から
(2018/9/2 18:11時点)


Razer Hammerhead V2 ゲーミングイヤフォン 【日本正規代理店保証品】 RZ12-01730100-R3A1

新品価格
¥5,896から
(2018/9/2 18:12時点)


Acer.OJO.500.1.jpg

次世代の製品発表イベント「IFA 2018」にてAcer社のWindows Mixed Realityのヘッドセット「Acer OJO 500」が発表されました。

「Acer OJO 500」は2017年10月17日に発売されたacer社「AH101CV」の後継機になります。

「Acer OJO 500」のチェックポイント


❶ディスプレイサイズは旧世代「AH101CV」と同様で2枚の2.89型液晶パネルは2880×1440ピクセル(1枚は1440×1440)を採用しています。

❷視野角は「AH101CV」と比べ「95度」から「100度」のスペックアップしています。

❸リフレッシュレートの最大は「90 Hz」となり「AH101CV」と同様。

❹外部にトラッキングセンサーは不要でデバイス内部のカメラでインサイドアウト方式のトラッキングするため煩わしい配置は不要。
Acer.OJO.500.2.jpg


❻レンズは脱着可能で掃除がしやすくなりました。

❼瞳孔間距離「IPD」の調整がソフトで行わず物理的にレンズを動かすので簡単調整できます。
ojo.500.1.png

❽「Acer OJO 500」は1本のケーブルでPCに接続するだけでセットアップが完了!
Acer OJO 500.2.png

動画はこちら


価格と発売時期


2018年11月に米国と欧州にて発売開始

価格は米国は399ドル(約4万4,000円)、欧州は499ユーロ(約6万5,000円)と国ごとに価格差があります。

日本向けの発売は発売時期も価格も未定のままです。

総評


「Acer OJO 500」は旧世代「AH101CV」と同じくらいの価格なら嬉しい。

リフレッシュレートは最大で「90Hz」とスペックアップしてないのは少し残念ですが視野角は「100度」に上がっているので期待できるかもしれません。

ヘッドホンが一体化になりましたが取り外して、お好きなヘッドホンが使えるのは良いです。

デザインも色もクールに仕上がってカッコ良いです。

日本向けの価格、発売時期の続報が待ち遠しいです。

お目通し戴き、ありがとうございました。

本日の1票をお願いします。



パソコンランキング

AD: N.K

お時間があれば、こちらも目を通して戴けると幸いでございます


Acer Windows Mixed Reality ヘッドセット AH101CV

レビューはこちら



関連商品


Acer Windows Mixed Reality ヘッドセット AH101

新品価格
¥34,800から
(2018/8/31 20:47時点)




Dell ヘッドマウントディスプレイ Dell Visor with Controllers VRP100/Windows MR/VR/AR

新品価格
¥44,980から
(2018/8/31 20:48時点)


Samsung Hmd Odyssey Windows Mixed Reality Headset with 2 Wireless Controllers (XE800ZAA-HC1US) [並行輸入品]

新品価格
¥77,536から
(2018/8/31 20:48時点)



ヒューレット・パッカード ヘッドマウントディスプレイ ブラック 2NL02AA#ABJ

新品価格
¥62,700から
(2018/8/31 20:49時点)



2018年08月25日

【極薄17mm】Thermaltake社「Engine 17」ロープロファイルCPUファン をレビュー

IMG_6656.jpg

Thermaltake Engine 17 ロープロファイルCPUファン [Intel対応] FN1192 CL-P051-AL06SL-A

新品価格
¥5,378から
(2018/8/20 23:14時点)



今回ご紹介するのは2018年7月13日に発売されたThermaltake社「Engine 17」ロープロファイルCPUファンでございます。

なぜ「Engine 17」かというとCPUファンの全高が17mmなのが特長です。


よって全高が「17mm」のCPUファンはロープロファイル向けになります。

2016年12月に発売された上位グレードの「Engine 27」は全高「27mm」のタイプもあります。

「Engine 27」は普通の空冷タイプなのでIntel社「純正ファン」より冷却性能が少し上回ります。

ラインナップは2種類
Engine 17・・・5,378円
Engine 27・・・4,388円 (8/21現在)

この「CPUファン」は 「インテル専用」 なので気を付けて読んでください。


全高「17mm」の「Engine 17」はどのような魅力があるかレビューしていきます。

「Engine 17」の特長


❶40枚の羽が特徴的な冷却ファンは口径「60mm」で上方向から空気を吸い込みながら中心に向かって熱気を排出します。

❷オールアルミ製で熱による歪みや変形は皆無。

❸119枚のラジアルフィンが放熱効率を高めながら優れた冷却性能と静音性を実現します。

❹小型PCなど限られたスペースに余裕もってマウントし冷却性能だけでなくデザイン性も優れます。

開封の儀


IMG_6411.jpg
IMG_6432.jpg
IMG_6421.jpg
内容物(ファン本体、グリス、バックプレート、マニュアル)

外観


IMG_6446.jpgIMG_6453.jpg

「Engine 17」をチェックする


まず全高を確認してみます。

IMG_6489.1.jpg
確かに全高が「17mm」です。

これだけ薄いとマウントできないPCケースは、ほとんどないでしょう。

最近は、やたら小さいPCケースが続々、登場しているので「全高」を気にせずマウントできるのが良いです。

ついでにIntel「純正クーラー」と比較してみます。
IMG_6548.1.jpg
「Engine 17」と「純正クーラー」の背比べをしてみます。
IMG_6564.1.jpg
「純正クーラー」は「47mm」もあるので、その差は「約30mm」です。

かなり薄いことが分かります。

次に組み立ての準備します。

マザーボードへ取付方法は付属のマニュアルを見てみます。
IMG_6500.jpg
取り付け方法が文章でなく図解による説明なので非常に分かりやすい。

マザーボードの裏面に取り付けるプレートに「両面テープ」が付いています。
IMG_6623.1.jpgIMG_6625.jpg
グリス(米2粒ほど)を添付してファンを置き4か所の留めネジを対角線上に締めていきます。
IMG_6635.jpg
取り付け完了!

マザーボードをPCケースに換装します。

PCケースはIN WIN社「CHOPIN」に組み込みます。

PC構成
【CPU】Core i3 8350k
【マザーボード】「ROG STRIX Z370-I GAMING」
【メモリ】Timetec Hynix IC 8GB DDR4 2133MHz

IMG_7557.1.jpg
IMG_6703.1.jpg
無事、組み込み完成!

早速、起動してみる


まずCPU温度測定ソフト「Core Tenp」をダウンロードします。

ダウンロードはこちら


「CPU温度」を確認してみます。

エアコン温度設定は27℃にして「アイドリング時」と「高負荷」の違いはこんな感じです。

左「1時間アイドリング」、右「高負荷」

core temp.1.1.pngcore temp.2.1.png
ファンが薄くて放熱効果が心配でしたが、しっかり冷却できています。

しかし「純正クーラー」の場合はエアコン「27℃」設定時のアイドリング時は「30℃」前半をキープしていたので「純正クーラー」よりは冷却性能は劣るかもしれません。

「純正クーラー」以上の冷却性能を求めるなら「Engine 27」をオススメします。

使ってみた感想


「Engine 17」はロープロファイル用なのでcore i3「8350K」がギリギリ使えそうな感じです。

マザーボードを労わることを考えると下位「Celeron」や「Pentium」がオススメです。

良かったところ


❶とことん小さいPCケースでも干渉することなくマウントします。

❷core i3「8350K」クラスなら問題なく冷却性能は維持できる。

❸デザイン性に優れた「機能美」が、とても美しい

❹熱による歪みや変形など心配ない

残念な点、注意する点


「インテル専用」 なのでAMD社のCPUは取付はできない。


AMDのCPU「AM4」が対応したら完璧でしたが残念です。

❷ミドルクラスのCPU(Core i5」では十分な冷却性能は厳しい。

総評


ロープロファイル用は承知の上で「Core i7」クラスのPCを組み込む予定でしたが冷却不足を感じ断念しました。

あくまでも「ロープロファイル」用としてお使いください。

「純正クーラー」以上の冷却性能を求めるなら「Engine 27」が良いです。

実際に以下のPC構成で組みましたが問題ありませんでした。

【CPU】8600k
【マザーボード】「ROG MAXIMUS X FORMULA」
【メモリ】CORSAIR社「VENGEANCE RGB DDR4 3000MHz 8×4/32GB」
【GPU】「ROG-STRIX-GTX1080TI-O11G-GAMING」

よって「Engine 17」は「Core i3 8350K」まで対応

「Engine 27」は「Core i3 8350K」〜「Core i5 8600K」まで問題なくお使いいただけます。

とことん小さなPCを組むならThermaltake社「Engine 17 / 27」をご検討しては、いかがですか?

主な仕様


インテル対応ソケット
LGA1151
LGA1150
LGA1155
LGA1156
ファンサイズ-60x60x12.6 mm
最大ファン風量-8.9 CFM
最大ファン回転数-2500 rpm
ノイズレベル-11〜23dBA
ロープロファイル対応
材質-アルミニウムファン、銅ベース
幅x高さx奥行-91.5x17x91.5 mm

お目通し戴き、ありがとうございました。

本日の1票をお願いします。



パソコンランキング

AD: N.K

お時間があれば、こちらも目を通して戴けると幸いでございます


CRYORIG 水冷CPUクーラー 240mm/38.5mm厚ラジエーター 120mmファン2基 エアーフローファン搭載 AMD AM4対応版 A40 Ultimate V2 日本正規代理店品

レビューはこちら


MSI CORE FROZR XL [TDP250Wに対応するデュアルファン搭載のサイドフローCPUクーラー] FN1112 CORE FROZR XL

レビューはこちら


関連商品


Thermaltake Engine 17 ロープロファイルCPUファン [Intel対応] FN1192 CL-P051-AL06SL-A

新品価格
¥5,378から
(2018/8/22 20:53時点)



Thermaltake Engine 27 ロープロファイルCPUクーラー FN1059 CL-P032-CA06SL-A

新品価格
¥4,388から
(2018/8/22 20:54時点)


CRYORIG CPUクーラー トップフロー ロープロファイルデザイン 全高47mm AMD AM4対応 C7 V2 日本正規代理店品

新品価格
¥4,789から
(2018/8/22 20:55時点)



SilverStone ARGONシリーズ 高さ47mmロープロファイルCPUクーラー H.D.C構造 SST-AR11

新品価格
¥5,540から
(2018/8/22 20:55時点)


サイズ ロープロファイルCPUクーラー 小太刀 リビジョンB SCKDT-1100

新品価格
¥5,980から
(2018/8/22 20:56時点)



SilverStone CPUクーラー ロープロファイル SST-NT08-115XP

新品価格
¥3,319から
(2018/8/22 20:56時点)


サイズ ロープロファイルCPUクーラー 小太刀 リビジョンB SCKDT-1100

新品価格
¥5,980から
(2018/8/22 20:57時点)


2080TI.jpg
2018年8月20日に次世代GPU NVIDIA社「GeForce RTX 2080 Ti / 2080」を発表しました。

ついに「GeForce RTX 2080 Ti / 2080」のスペックが明らかになりました。

あちこちでスペックを予想していましたが良い意味で外しました。

前回に続き次世代GPU NVIDIA社「GeForce RTX 2080 Ti / 2080」をご紹介します。

急加速する「Turing」世代


「Turing=チューリング世代」は「pascal世代」から「Volta世代」となるはずが一つ世代を飛び越えて「Turing世代」へと世代交代しました。

「pascal世代」→「Volta世代」( TITAN V)→「Turing世代」

「Volta世代」ではNVIDIA 「TITAN V」として登場しましたがASUS、MSIなど各メーカーから「オリジナルファンモデル」として販売されることなく、そのまま「Turing世代」へ。

簡単にスペック表を作成しました。
GPURTX 2080 TIRTX 2080GTX 1080 TiGTX 1080
コア数4352294435842560
ベースクロック1350 MHZ1515 MHz1480 MHz1607 MHz
ブーストクロック1545-1635Mhz1710-1810MhZ1582 MHz1733 MHz
メモリ11 GB GDDR68 GB GDDR611 GB GDDR5X8 GB GDDR5X
バス幅352-bit256-bit352-bit256-bit
メモリ転送レート14 gbps14 gbps11 gbps10 Gbps
Rays/sec10 GB8 GB1.21 GB不明
RTX-OPS78 T60 T不明不明
メモリ帯域幅616 GB/S448 GB/S484 GB/S320 GB/S
TDP225-250W108-210W250W180W


旧世代「1080 Ti」よりも「リアルタイムレイトレーシング=RTX-OPS」が大幅に性能アップしました。

「リアルタイムレイトレーシング」とは・・・


一言で言えば・・・ CG映画の特殊効果 「光線の反射・屈折」のクオリティーが、
そのままゲームで遊べる全く新しい3Dグラフィック技術です。



現世代「pascal世代」でも十分、綺麗に「光線の反射・屈折」は再現していたかのように見えましたが、その差は歴然!
ray.10.png
ray.12.png
ray.13.png

今までの「反射・屈折」はすぐ近くの物体を映していましたが新技術「レイトレーシング」の効果にかかれば反射に 奥行き を描くことができます。


こうして見比べると一目瞭然!

「Rays/sec」は1080Tiの10倍


「Rays/sec」とは・・・1秒間にどのくらい光線を描けるのか、という単位です。


「2080 Ti」の「Rays/sec」は「10 GB」ありますが意外にも「1080 Ti」は「1.21 GB」と少ない。

実際に「レイトレーシング」対応のゲームをしてみないと分かりませんが一度、プレイしたら、もう普通のゲームでは満足できなくなるでしょう。

「レイトレーシング」対応のタイトル


「Shadow of Tomb Raider」
STR.png
「Battlefield V」
Battlefield-V.jpg
「Metro Exodus」
metro_exodus.jpg

「Battlefield V」の「RTX」による効果


ゲームによる「レイトレーシング」の違いは明らかです!

左「OFF」、右「ON」
B5.off.jpgB5.on.jpg
車のボディーに火炎が反射しています。
b5.off.5.pngb5.on.6.png
アスファルトには炎が映りますが水面に兵士の服装の模様も映っています。
b5.off.4.pngb5.on.4.1.png
窓にも銃口にも炎が映ってます。

とにかく演出が細かいです。
b5.off.3.pngb5.on.3.png
b5.off.1.pngb5.on.7.png
「CG映画並みの特殊効果」を駆使した3Dグラフィックで「VR」で遊べるのもあと少しの辛抱です。

考えるだけでワクワクしてしまいます。

総評


既存のゲームタイトルも「レイトレ対応」も増えていくので、一味違った雰囲気を再度、楽しめるので「RTXシリーズ」を導入するメリットはあるはずです。

また9月より順に「Shadow of Tomb Raider」や「Battlefield V」など新技術「レイトレ」を駆使したゲームをご堪能あれ!

お目通し戴き、ありがとうございました。

本日の1票をお願いします。



パソコンランキング

AD: N.K

2018年08月19日

【GTXからRTXへ】次世代GPU NVIDIA社「GeForce RTX 2080 Ti / 2080」を発表

NVIDIAロゴ.png
2018年8月20日はついに次世代GPU NVIDIA社「GeForce RTX 2080 Ti / 2080」を発表します。

2017年6月上旬に「GTX 1080」が発売して約1年3か月ぶりに「グラフィックボード」が全て新しくなります。

最近まで各ニュースでは「GTX 1180」や「GTX 2080」など色々な呼び名を予想されました。

そして次世代GPUは「GTX」の頭文字が「RTX」へ生まれ変わります。

「RTX 20xx」シリーズの第一弾は「GeForce RTX 2080」に決定しました。

もしかするとサプライズで「2080Ti」も発表されるのでは・・・と噂されています。

次世代「GeForce RTX 2080」とは・・・


なぜ頭文字が「GTX」から「RTX」へ変わるのか?

NVIDIAが新しく推進する3Dグラフィック技術の一つである「Raytracing=以下(レイトレーシング)」が大いに関わります。

「レイトレーシング」とは・・・


3Dグラフィックにおいて物体のすべての面に対して、視点から見えない面を画面に表示しないようにするレンダリング方法を言います。

もっと簡単に言えば「光線の反射・屈折」などシミュレーションして、よりリアルに表現する手法です。



百聞は一見に如かず・・・動画をご覧いただけると分かりやすいと思います。「 NVIDIA社より引用」
ray.1.png
動画ははこちら


パッと見は最近の3Dグラフィックは現在でも十分、綺麗なので、そんなに変わらないと思っている方も少なくないと思いますが「反射や屈折」の表現を注視していただきたいです。

例えば・・・
ray.2.1.png
光源となっている、この辺りの反射や屈折がどのような効果をもたらしているのか見てみます。
ray.3.pngray.4.png
プロジェクターから放すビームが天井から降り注ぎます。

テーブルの上にある物体が自然に「反射・屈折」しています。

ちょっと拡大してみます。
ray.9.2.png
さらに天井の様子が映っています。
ray.6.1.png
天井にプロジェクターの真上に「白い照明」があることがわかり「白い照明」による反射がソファーの表面に光が届いています。

ここで一言・・・。

レイトレーシングとは物体のすべての面に対して視点から「見えないはず」の反射や屈折をシミュレーションして表現します。

ray.8.1.png
一枚の画像からガラスの反射に「透過」や「反射」されて上から光が物体に遮られ影になっています。

物体表面の反射や映り込みや半透明における透過が見事に表現しています。
ray.9.1.png
水たまりの反射も見事ですが椅子の脚の金属の質感が素晴らしい!

脚部分が周辺を反射することで形状と質感がわかりやすい。

リアルに冷たさが伝わる質感を表現しています。

「レイトレーシング」ON・OFFの効果


左「OFF」、右「ON」
ray.10.png
ray.12.png
ray.13.png
こんなにも違い過ぎます!

新技術「レイトレーシング」は凄まじい技術でした!

既存の「GTX10XX」シリーズのグラフィックボードがまともに動いてくれるのか心配になってきます。

以上「レイトレーシング」の効果でした。

次は旧世代「GTX 1080 / 80Ti」のスペックを簡単に比較してみます。

GPURTX 2080 TIRTX 2080GTX 1080 TiGTX 1080
コア数4352294435842560
ベースクロック不明不明1480 MHz1607 MHz
ブーストクロック1500 Mhz ?1700 Mhz ?1582 MHz1733 MHz
メモリ11 GB GDDR68 GB GDDR611 GB GDDR5X8 GB GDDR5X
バス幅352-bit256-bit352-bit256-bit
メモリ転送レート14 gbps14 gbps11 gbps10 Gbps
メモリ帯域幅616 GB/S448 GB/S484 GB/S320 GB/S
TDP225-250W108-210W250W180W


「RTX 2080 TI / 80」は「コア数」は明記しているものの「クロックスピード」は不明のままです。

メモリの規格が「GDDR5X」から「GDDR6」に変わり転送レートが「14 gbps」になり、かなりスピードが速くなるでしょう。

さらに「2080Ti」ではメモリ帯域幅が「616 GB/S」と大幅に広がります。

これは大いに期待したいです。

色々とスペックや新技術を知りたいところですが8月20日にてNVIDIA公式発表の続報を待て、とのことでしょう。

総評


「RTX20XX」シリーズの3Dグラフィックの新技術である「レイトレーシング」の今後は、どのように発展していくのか、とても楽しみです。

明日(20日)の発表に備え今のうちに寝ておきます。

お目通し戴き、ありがとうございました。

本日の1票をお願いします。



パソコンランキング

AD: N.K

お時間があれば、こちらも目を通して戴けると幸いでございます


ASUS R.O.G. STRIXシリーズ NVIDIA GeForce GTX1080Ti搭載ビデオカード ベースクロック1569MHz STRIX-GTX1080TI-O11G-GAMING

レビューはこちら


ZOTAC Geforce GTX 1080 AMP EDITION グラフィックスボード VD6068 ZTGTX1080-8GD5XAMP01

レビューはこちら



ASUS NVIDIA GTX1060搭載ビデオカード GTX1060-O6G-9GBPS

レビューはこちら



ZOTAC GeForce GTX 1060 AMP Edition ZT-P10600B-10M 6GB GDDR5 Super Compact Dual-Fan IceStorm Cooling FREEZE Fan Stop [並行輸入品]

レビューはこちら



ASUS R.O.G. STRIXシリーズ NVIDIA GeForce GTX1060搭載ビデオカード オーバークロック メモリ6GB STRIX-GTX1060-DC2O6G

レビューはこちら


ZOTAC GeForce GTX 1050 Ti 4GB LP グラフィックスボード VD6287 ZTGTX1050TI-4GD5LP

レビューはこちら



ASUS Strixシリーズ AMD Radeon RX580搭載ビデオカード ROG-STRIX-RX580-O8G-GAMING

レビューはこちら


SAPPHIRE PULSE RADEON RX 560 4G GDDR5 OC グラフィックスボード VD6352 SA-RX560-4GD5OC001

レビューはこちら



SAPPHIRE PULSE RADEON RX 550 4G GDDR5 HDMI/DVI-D/DP グラフィックスボード VD6324 SA-RX550-4GD5PL001

レビューはこちら



関連商品


ASUS R.O.G. STRIXシリーズ NVIDIA GeForce GTX1080搭載ビデオカード ベースクロック1670MHz STRIX-GTX1080-A8G-GAMING

新品価格
¥70,964から
(2018/8/19 12:43時点)


MSI GeForce GTX 1080 GAMING X 8G 『Twin Frozr VI/OCモデル』 グラフィックスボード VD6060

新品価格
¥69,542から
(2018/8/19 12:43時点)



GIGABYTE ビデオカード NVIDIA GeForce GTX 1080搭載 オーバークロック ゲーミングモデル GV-N1080G1 GAMING-8GD

新品価格
¥42,618から
(2018/8/19 12:44時点)


玄人志向 ビデオカード 新シリーズGALAKURO Whiteモデル GEFORCE GTX 1080搭載 GK-GTX1080-E8GB/WHITE

新品価格
¥64,770から
(2018/8/19 12:44時点)



ASUS NVIDIA GeForce GTX1080搭載ビデオカード メモリ8GB TURBO-GTX1080-8G

新品価格
¥71,880から
(2018/8/19 12:44時点)


MSI TWINFROZR VI クーリングシステム搭載 グラフィックボード GeForce GTX 1080 GAMING X 8G

新品価格
¥62,800から
(2018/8/19 12:45時点)