広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2016年11月03日

日本を貶めた10人の売国政治家-小林よしのり-日本の売国政治家10人を痛烈に批判した問題作




015.JPG

日本を貶めた10人の売国政治家-小林よしのり-日本の売国政治家10人を痛烈に批判した問題作

戦後70年以上経過して、今だに批判される先の大戦の事。

先の大戦を知らない世代が何故いまだに批判されつづけないといけないのか?

その理由を知りたい方→「日本を貶めた10人の売国政治家」を読めば理由が分かる。

売国奴とは日本を売り渡す行為の事。

誰が売国奴なのか、また、どのような行為が売国奴なのかが分かる。

知りたい方は→「日本を貶めた10人の売国政治家」をお読みください。


「内容」
ランキング形式で、1位から10位までの売国政治家を検証していく。作者が10人の政治家を痛烈に批判する内容になっています。


「個人的見解」
1995年阪神淡路大震災が日本を襲った。その時、あまりに遅かった政府の対応、特に自衛隊が直ぐに被災地に行く事が出来ずに、被害が拡大した。

なぜ、あの時自衛隊が直ぐに動く事が出来なかったのか?

この疑問が自分の中で長い間くすぶっていた。

「日本を貶めた10人の売国政治家」を読んでその疑問を解く事ができた。

どの政党やどの政治家を支持するかは個人の自由にゆだねられている。もちろん、自分とは相反する考え方の団体や政治家に嫌悪感を抱くのは自然の流れである。

この本を読んで、作者の自分とは違う考え方を受けれない硬い姿勢が見えた。また、相手を痛烈に批判する若干行きすぎる表現も見られた。

しかし、日本の国を思う熱い気持ちは伝わってきた。日本の国を愛す気持ちが強く存在しているから、国を売る行為が絶対に許せないのだろうと感じた。

真実は何か、何が正しくて間違いなのか、そんな素朴な疑問を哲学的に感じていた。

作者の小林よしのり氏の漫画「おぼっちゃまくん」は私自身よくテレビで見ていた。この漫画をよく見ていた頃には分からなかった、小林よしのり氏が唱える、思想、歴史認識の世界。その世界の事がもっと知りたくなった。


購入はここから
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日本を貶めた10人の売国政治家
価格:821円(税込、送料別) (2016/10/6時点)




記事を読まれた方はクリックをお願いします。











2016年10月04日

大統領を殺す国〜現代韓国史の謎が解明される一冊〜

大統領を殺す国〜現代韓国史の謎が解明される一冊〜


圧倒的な権力を手にする韓国の大統領。

韓国初代大統領、李承晩(イ・スンマン)から朴槿恵までの大統領を1人づつ紹介、その大統領期の治世と末路を記述しています。大統領の圧倒的な権力と次の大統領の就任、そこに謎の答えが隠されている。

タイトルの通り韓国歴代大統領の末路は哀れである。

『なぜ韓国では大統領がころされるのか』

その理由が知りたい方はこの本をお読み下さい。


(見解)

知っているようで知らない国、近いようで遠い国、仲が悪いようで仲が良い国、それが韓国だと思う。

報道の断片で、韓国の元大統領の悲報。なぜ韓国の大統領の悲報が続くのか、なんとなく疑問に思っていた。本を読んで、疑問が解けた。

人間は権力を握ると人が変わる。権力者には甘い蜜を吸おうと人が群がり、権力を失うと人は去っていく。権力を握ったものは、前政権を批判して、自分の正当性を証明する。負けたものは、その後反撃に出る。人間の根源的な性質を体現している。人間の汚さが伝わってくる。韓国の大統領にはなりたくない。


戦後から2014年までの韓国史がよく分かった。日本とは根本的に違う民族性。現代韓国史がこの一冊に集約されていると思った。

この一冊を読まずして韓国は語れない。

購入は下記から
電子書籍



一般書籍
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

大統領を殺す国韓国 [ 辺真一 ]
価格:864円(税込、送料無料) (2016/10/4時点)




記事を読まれた方はクリックをお願いします。











2016年09月29日

これを読めば現代史の謎が分かる「本当は憲法より大切な日米地位協定入門」


IMGa


これを読めば現代史の謎が分かる「本当は憲法より大切な日米地位協定入門」


 

日本はなぜアメリカにNOと言えないのか。


米軍の兵隊たちはなぜ、日本で犯罪を犯すのか


米軍基地がなぜ日本から無くならないのか


米軍基地が市街地にある理由


米軍機が日本国内で墜落しても、日本が捜査できない理由


思いやり予算がなぜ、他国に比べて、高額なのか


オスプレイが配備される理由


米軍機が日本を飛び回る理由


鳩山首相が解任に追い込まれた本当の理由


原発と米軍基地の共通点


米軍が尖閣諸島を防衛しない理由


 

などなど、現代史の謎について、この一冊を読めば、戦後史の疑問が分かる。



 

個人的見解


 私自身、現在、社会科の現役教師として働いているが、本当に大事な事を何も知らなかったと感じている。もう少し早くこの本に出合っていればと思う。

 この本を読むことによって、これまで、何となく疑問に思っていたことがつながり、問題意識が生まれた。

米軍基地の問題、これが解決しない事には日本は前に進めない。そんな気がしてきた。日本人として、今何を優先してすべきなのか、そんな当たり前の事を再確認できた。今後の学校での授業だけでなく、私自身の人生にも大きな意味を持つ一冊となった。


記事に共感を感じた方はクリックをよろしくお願いします。
 
posted by bookshoplookfor at 21:29| Comment(0) | 政治
真田マサオのサイト特集
★倒産、無一文、闘病生活から高校教師になった真田マサオの総合案内サイト
★高校教師の仕事や日常をレポートします。
★現代社会に異論を唱える
★写真集‐職業適性検査でカメラマンが向いているとの診断
★一年中本ばかり読んでいる真田マサオの本屋さん
★天皇に関する特集
★茶道‐お茶を点てる行為が芸術にまでなった謎を探っていこう
★卒業率10%未満の難関通信制大学を4年で卒業、教員免許も同時に取得する方法
★「教科書に載らない歴史の真相に迫る教育実践」サイト案内ページ
★株式や投資信託など1日100円からの投資生活1千万円貯める方法!
★世界史の秘話!5分で読め感動して心温まる歴史物語ばかり集めた♪



検索
<< 2018年03月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
リンク集
ファン
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。