広告

posted by fanblog

2016年10月04日

大統領を殺す国〜現代韓国史の謎が解明される一冊〜

大統領を殺す国〜現代韓国史の謎が解明される一冊〜


圧倒的な権力を手にする韓国の大統領。

韓国初代大統領、李承晩(イ・スンマン)から朴槿恵までの大統領を1人づつ紹介、その大統領期の治世と末路を記述しています。大統領の圧倒的な権力と次の大統領の就任、そこに謎の答えが隠されている。

タイトルの通り韓国歴代大統領の末路は哀れである。

『なぜ韓国では大統領がころされるのか』

その理由が知りたい方はこの本をお読み下さい。


(見解)

知っているようで知らない国、近いようで遠い国、仲が悪いようで仲が良い国、それが韓国だと思う。

報道の断片で、韓国の元大統領の悲報。なぜ韓国の大統領の悲報が続くのか、なんとなく疑問に思っていた。本を読んで、疑問が解けた。

人間は権力を握ると人が変わる。権力者には甘い蜜を吸おうと人が群がり、権力を失うと人は去っていく。権力を握ったものは、前政権を批判して、自分の正当性を証明する。負けたものは、その後反撃に出る。人間の根源的な性質を体現している。人間の汚さが伝わってくる。韓国の大統領にはなりたくない。


戦後から2014年までの韓国史がよく分かった。日本とは根本的に違う民族性。現代韓国史がこの一冊に集約されていると思った。

この一冊を読まずして韓国は語れない。

購入は下記から
電子書籍



一般書籍
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

大統領を殺す国韓国 [ 辺真一 ]
価格:864円(税込、送料無料) (2016/10/4時点)




記事を読まれた方はクリックをお願いします。











この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/5499120
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
真田マサオのサイト特集
★倒産、無一文、闘病生活から高校教師になった真田マサオの総合案内サイト
★高校教師の仕事や日常をレポートします。
★現代社会に異論を唱える
★写真集‐職業適性検査でカメラマンが向いているとの診断
★一年中本ばかり読んでいる真田マサオの本屋さん
★天皇に関する特集
★茶道‐お茶を点てる行為が芸術にまでなった謎を探っていこう
★卒業率10%未満の難関通信制大学を4年で卒業、教員免許も同時に取得する方法
★「教科書に載らない歴史の真相に迫る教育実践」サイト案内ページ
★株式や投資信託など1日100円からの投資生活1千万円貯める方法!
★世界史の秘話!5分で読め感動して心温まる歴史物語ばかり集めた♪



検索
<< 2018年03月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
リンク集
ファン
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。