広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2017年08月30日

『3000円投資生活』横山光昭‐これ読んで投資をはじめました


投資にはほとんど興味無かった自分だか、はじめての投資「3000円投資生活」を読んで、投資をはじめようと決意しました。

これまでの投資に関する悪いイメージをくつがえし、投資は方法によっては安全で確実な資産形成には欠かせないことが分かりました。

本屋で手にとってページをめくってみると、その内容に引き込まれ本を購入してしまい、月に3000円なら、試してみようと思いました。

本をじっくりと読んでみると、タイトルにあるように、はじめての人でも手軽に投資をはじめる事が出来ると感じました。

内容は、とても読みやすく、一気に全ページを読むことが出来ます。

具体的に商品名をあげて、解説しているので投資生活をはじめるにあたっての教科書になると思います。

さっそく、私自身もこの本に買いている内容通りに投資生活をはじめて、その魅力にはまり現在にいたっています。

私自身この本に買いていることを実践して見ました。その内容の一部が(★初心者の投資生活1日100円からスタート)になります。

購入かここから出来ます。

電子書籍




書籍

タグ:投資信託

2016年12月02日

へんな生き物‐せいぞろい‐早川いくを

よく考えたら自分もへんな生き物だった!


へんな生き物‐せいぞろい‐早川いくを


地球上には、へんないきのがたくさん生息している。

地球上に生息してするへんないきもの、その生態を知る方法

それがこの一冊である。

「感想」
この本を初めて、本屋で立ち読みした時、夢中で読んだ事を思い出す。面白すぎて時間を忘れて読みあさった。
ただひとつ後悔は、この頃の私はお金が無くこの本を買わなかった事である。事あるごとにこの本の事が頭から離れなかった。お金にある程度余裕が出た頃、本屋を探してみたがこの本は見つからなかった。あの時無理してでも買っておくべきだったと後悔をした。教訓として、どうしても欲しいものは早めに買っておく、後回しにはしないであった。
そして、その後、たまたま、古本屋でこの本を発見した。やっと再開を果たし、すぐに購入した。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

せいぞろいへんないきもの [ 早川いくを ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2016/11/1時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

へんないきもの [ 早川いくを ]
価格:594円(税込、送料無料) (2016/11/1時点)










2016年11月09日

高松空襲と本土空襲‐市民から見た大東亜戦争とアメリカの戦争犯罪(著書紹介)

IMG_0001as.jpg


高松空襲と本土空襲‐市民から見た大東亜戦争とアメリカの戦争犯罪(著書紹介)

大東亜戦争末期、アメリカ軍は日本の本土を無差別に空襲した。

空襲を実際に体験した人達の生の声を集めて、真実の歴史を紹介します。日本全土が空襲の対象になった本土空襲。その中で特に高松をピックアップして詳しく検証していく。そこから、他地域との違いや共通点を見つける事によって、本土空襲の全貌が明らかになってくる。

空襲体験者の生の声を拾い集めるたびに、アメリカ軍の許すことのできない蛮行が明らかになってくる。一昔前よく言われていた俗説、米軍は文化財を避けて空襲したとか、日本を早期に降伏させるために仕方なく空襲をしたなど、アメリカを擁護する説を一蹴する事ができる。アメリ軍の空襲はそんなに甘いものではない。文化財、病院、学校、民家の区別なく、全てを破壊する恐ろしい行為であることが分かる。

地方の一都市高松を襲った悲劇、一夜にして町は廃墟とかした。空襲中市民はどのような行動をとったのか、また、その後はどうなったのか。

空襲経験者の生の声をもとに、市民から見た大東亜戦争その真実を知りたくはないですか?

購入はここから


2016年11月08日

めぞん一刻 その人生ドラマとは?‐著者のバイブル的マンガ

IMG_3300.JPG


めぞん一刻 その人生ドラマとは?‐著者のバイブル的マンガ

私のバイブルと言えばこのめぞん一刻。五代裕作の生活を通じて、大学生活に憧れを抱いた。不器用な人間でも頑張れば夢はかなう、しかし、努力しても夢はかなわない事がある事を知った。


| 内容
・主人公を取り巻く、音無響子や七尾こずえとの恋の物語り。
・恋のライバル三鷹俊との対決。1番印象に残ったシーンはテニスの大会で準優勝になった時の哀しい笑顔のストーリー。
・一ノ瀬のおばさん、六本アケミ、四谷さんなど、不思議な住人達とのアパート生活。
・少し不器用な主人公の生き方。

私自身これまで、めぞん一刻を三回読破した。読破した年代によって、マンガのイメージや感情を移入する場面が変わってくるから不思議である。


(読む年代による作品のイメージ変化)

幼少期
めぞん一刻を通じて大学生活や恋愛、20代の大人の人生ドラマに、憧れや期待を抱く。きっと自分にも同じような楽しい人生が待っていると心をときめかせた。

20代前半
人生はそんなに甘くはない。五代裕作の不器用な生き方に、自分自身を投影して感情を移入した。今は全てが上手くいかないが、真面目にコツコツと努力を重ねたら、自分の思いはかなうと感じた。

30歳
努力だけではどうすることもできない問題が存在する事が分かる年代。しかし、人生は思い通りにいかないが、なんとかなるものである。主人公の恋のライバル三鷹俊、思い通りにならない人生、妥協の中にも他者への思いやりと幸せを見つけようとするその姿に涙する。

大学生活ってきっとこんなにも楽しい。人生ってこんなにも面白い。
涙あり、笑いありの人生ドラマ。


購入はここから

全巻




電子書籍 1巻


2巻


3巻


4巻


5巻


6巻


7巻


8巻


9巻


10巻


11巻


12巻


13巻


14巻


15巻











2016年11月03日

日本を貶めた10人の売国政治家-小林よしのり-日本の売国政治家10人を痛烈に批判した問題作




015.JPG

日本を貶めた10人の売国政治家-小林よしのり-日本の売国政治家10人を痛烈に批判した問題作

戦後70年以上経過して、今だに批判される先の大戦の事。

先の大戦を知らない世代が何故いまだに批判されつづけないといけないのか?

その理由を知りたい方→「日本を貶めた10人の売国政治家」を読めば理由が分かる。

売国奴とは日本を売り渡す行為の事。

誰が売国奴なのか、また、どのような行為が売国奴なのかが分かる。

知りたい方は→「日本を貶めた10人の売国政治家」をお読みください。


「内容」
ランキング形式で、1位から10位までの売国政治家を検証していく。作者が10人の政治家を痛烈に批判する内容になっています。


「個人的見解」
1995年阪神淡路大震災が日本を襲った。その時、あまりに遅かった政府の対応、特に自衛隊が直ぐに被災地に行く事が出来ずに、被害が拡大した。

なぜ、あの時自衛隊が直ぐに動く事が出来なかったのか?

この疑問が自分の中で長い間くすぶっていた。

「日本を貶めた10人の売国政治家」を読んでその疑問を解く事ができた。

どの政党やどの政治家を支持するかは個人の自由にゆだねられている。もちろん、自分とは相反する考え方の団体や政治家に嫌悪感を抱くのは自然の流れである。

この本を読んで、作者の自分とは違う考え方を受けれない硬い姿勢が見えた。また、相手を痛烈に批判する若干行きすぎる表現も見られた。

しかし、日本の国を思う熱い気持ちは伝わってきた。日本の国を愛す気持ちが強く存在しているから、国を売る行為が絶対に許せないのだろうと感じた。

真実は何か、何が正しくて間違いなのか、そんな素朴な疑問を哲学的に感じていた。

作者の小林よしのり氏の漫画「おぼっちゃまくん」は私自身よくテレビで見ていた。この漫画をよく見ていた頃には分からなかった、小林よしのり氏が唱える、思想、歴史認識の世界。その世界の事がもっと知りたくなった。


購入はここから
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日本を貶めた10人の売国政治家
価格:821円(税込、送料別) (2016/10/6時点)




記事を読まれた方はクリックをお願いします。











2016年10月15日

「はじめての茶の湯」‐表千家家元‐千宗左‐学校の本屋

049a


「はじめての茶の湯」‐表千家家元‐千宗左‐学校の本屋

 

日本を代表する文化であり、芸術にまで昇華された茶の湯。

 


なぜ、お茶を点てるだけの行為が、茶道として芸術にまで昇華されたのか?

その理由が知りたい。

 


その理由は茶の湯を知る所から始めないといけない。

手っ取り早く茶の湯を始める方法

 


→「はじめての茶の湯」この本で茶の湯を始めてみませんか?

 

 


「内容」

点前の基本から茶事までを写真付き資料で解説しています。また、茶の湯の歴史や専門用語にも触れている。

 

 


「個人的見解」

私自身、茶の湯は初心者で、実際にこの本を読んで勉強をした。写真付き資料で分かりやすく解説されているので、初心者にも理解しやすい内容であった。しかし、茶の湯の作法は複雑で、本を読んで練習するだけで、習得できるようなものではない。技術を習得するには、やはり、それなりの指導者について修業をしないといけないだろう。

 だが、簡単な作法や基本的な知識を習得するのが目的であれば、この本を読めば十分に目的は達成できる。また、茶道の指導者について修業をする場合でも、補助的な教材として重宝できる。私自身、練習の予習や復習でこの本を使って勉強をした。

 

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

送料無料/はじめての茶の湯 決定版/千宗左
価格:1944円(税込、送料無料) (2016/9/1時点)



記事を読まれた方はクリック


posted by bookshoplookfor at 07:00| Comment(0) | 文化

2016年10月04日

大統領を殺す国〜現代韓国史の謎が解明される一冊〜

大統領を殺す国〜現代韓国史の謎が解明される一冊〜


圧倒的な権力を手にする韓国の大統領。

韓国初代大統領、李承晩(イ・スンマン)から朴槿恵までの大統領を1人づつ紹介、その大統領期の治世と末路を記述しています。大統領の圧倒的な権力と次の大統領の就任、そこに謎の答えが隠されている。

タイトルの通り韓国歴代大統領の末路は哀れである。

『なぜ韓国では大統領がころされるのか』

その理由が知りたい方はこの本をお読み下さい。


(見解)

知っているようで知らない国、近いようで遠い国、仲が悪いようで仲が良い国、それが韓国だと思う。

報道の断片で、韓国の元大統領の悲報。なぜ韓国の大統領の悲報が続くのか、なんとなく疑問に思っていた。本を読んで、疑問が解けた。

人間は権力を握ると人が変わる。権力者には甘い蜜を吸おうと人が群がり、権力を失うと人は去っていく。権力を握ったものは、前政権を批判して、自分の正当性を証明する。負けたものは、その後反撃に出る。人間の根源的な性質を体現している。人間の汚さが伝わってくる。韓国の大統領にはなりたくない。


戦後から2014年までの韓国史がよく分かった。日本とは根本的に違う民族性。現代韓国史がこの一冊に集約されていると思った。

この一冊を読まずして韓国は語れない。

購入は下記から
電子書籍



一般書籍
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

大統領を殺す国韓国 [ 辺真一 ]
価格:864円(税込、送料無料) (2016/10/4時点)




記事を読まれた方はクリックをお願いします。











2016年10月01日

これが「帝国日本」の戦争だ‐和賀正樹‐美談などないリアルな先の大戦を知りたい方必見

これが「帝国日本」の戦争だ‐和賀正樹‐美談などないリアルな先の大戦を知りたい方必見

 

先の大戦(大東亜戦争、太平洋戦争、第二次世界大戦)、戦いの最前線を写真付き資料でリアルに知りたい方

 

→ではどうすれば、リアルな最前線での様子を知る事ができるのか?

 

→(これが「帝国日本」の戦争だ)を読めば、リアルな最前線の戦争を知ることが出来る。

 

 

「内容」

大東亜戦争(太平洋戦争)の末期は、直接日本の国土が戦場になった。沖縄戦、各島々での激戦、本土空襲などリアルな写真付き資料で解説していく。そこには、かつて語られていたような美談など1つもない、あるのは凄惨な殺戮劇のみ、リアルな大東亜戦争(太平洋戦争)が語られている

 

 

「個人的見解」

 戦争、それは人の命だけでなく、すべてを破壊してしまう恐ろしい行為。この本を読めば最前線の戦場には屍と破壊しか残さていない事が分かる。

 あまりにもリアルな写真なので、そういうのが苦手な方にはお勧めできない。

 本土空襲は計画的に行わていた。本に記載されている資料に空襲すべき180の都市がリストアップされている。私が生まれ育った町も、その180の都市にリストアップされていた。この事実に驚きを隠せなかった。

もし、戦争がもう少し延びて、私が生まれ育った町が空襲されていたら、今見ている景色もきっと違うものだったのだろう。そうなると、きっと私の人生も大きく変わっていたかもしれない。そう考えると、心が動揺してしまい、戦争を知らない世代の私がリアルに戦争を意識した瞬間であった。

 

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

これが「帝国日本」の戦争だ
価格:1296円(税込、送料別) (2016/8/29時点)






 ↓クリックにてサイト運営にご協力をお願いします。




img149a


2016年09月29日

これを読めば現代史の謎が分かる「本当は憲法より大切な日米地位協定入門」


IMGa


これを読めば現代史の謎が分かる「本当は憲法より大切な日米地位協定入門」


 

日本はなぜアメリカにNOと言えないのか。


米軍の兵隊たちはなぜ、日本で犯罪を犯すのか


米軍基地がなぜ日本から無くならないのか


米軍基地が市街地にある理由


米軍機が日本国内で墜落しても、日本が捜査できない理由


思いやり予算がなぜ、他国に比べて、高額なのか


オスプレイが配備される理由


米軍機が日本を飛び回る理由


鳩山首相が解任に追い込まれた本当の理由


原発と米軍基地の共通点


米軍が尖閣諸島を防衛しない理由


 

などなど、現代史の謎について、この一冊を読めば、戦後史の疑問が分かる。



 

個人的見解


 私自身、現在、社会科の現役教師として働いているが、本当に大事な事を何も知らなかったと感じている。もう少し早くこの本に出合っていればと思う。

 この本を読むことによって、これまで、何となく疑問に思っていたことがつながり、問題意識が生まれた。

米軍基地の問題、これが解決しない事には日本は前に進めない。そんな気がしてきた。日本人として、今何を優先してすべきなのか、そんな当たり前の事を再確認できた。今後の学校での授業だけでなく、私自身の人生にも大きな意味を持つ一冊となった。


記事に共感を感じた方はクリックをよろしくお願いします。
 
posted by bookshoplookfor at 21:29| Comment(0) | 政治

2016年09月18日

真田幸村‐知識ゼロから、入門‐小和田哲男〜真田幸村について短時間で簡単に知る方法〜


真田幸村‐知識ゼロから、入門‐小和田哲男〜真田幸村について短時間で簡単に知る方法〜

 

真田幸村について、短時間で簡単に知る方法

 

→真田幸村について、短時間で簡単に知りたい方は

 

→「知識ゼロから真田幸村入門」を読んでください。

 

 

内容

とても、人気の高い戦国武将真田幸村についての入門書

 

真田幸村について、絵入の資料で解説しています。

 

題名通りに初心者にも分かりやすく読みやすい作りになっています。

 

 

個人的見解

 私自身、真田幸村の存在が、戦国時代に興味を持つきっかけの1つである。しかし、この本を読むまでは、上田城決戦や大坂の陣で活躍した程度の知識しかなく、詳しくは知らなかった。この本を読み、真田幸村について大まかな事が知れた。

 丁度2016年度の大河ドラマは「真田丸」だったので、大河ドラマを見るうえでの予備知識になった。また、大河ドラマを見ながら、不明なところはこの本を見て調べる事ができた。

 初心者向けの一冊なので、詳しく知りたい方はこの本を購読したのちに、専門的な書を求める必要があると思う。

 真田幸村の魅力がたっぷりと詰まったそんな一冊と言える。
 
 



信州への旅はここから







posted by bookshoplookfor at 08:00| Comment(2) | 戦国時代
ファン
検索
<< 2017年08月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
日別アーカイブ



にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
リンク集
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。