ファン
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
最新コメント
カテゴリアーカイブ
電子書籍 コミック

2021年01月02日

【コンダクトレス近況 20/12/24】

出資馬コンダクトレスの近況です。

20/12/24  小島厩舎

23日は美浦坂路で追い切りました

(54秒0−39秒4−25秒6−12秒7)。

24日は軽めの調整を行いました。

「先週木曜日の追い切りを終えて

その後もスムーズに行ければと思っていましたが、

週末の調教ではちょっと上手く行きませんでした。

申し訳ありません。

土曜日はそこまで出すつもりはなかったのですが、

普段担当しているスタッフではなく

別のスタッフを背にして動かしたところ、

前の馬たちについていくような格好になって

時計が思ったよりも速くなってしまいました。

ただし、暴走したというわけではありませんでしたし、

時計的にも半マイル54秒程度で

ダメージを受けるほどのものではありませんでした。

乗っている側の時計が狂うというのは時々あって、

特に上級クラスとなると起こりがちですよね…。

ウチの馬で言えばアストラエンブレムなどもそうで、

コンダクトレスも3勝馬とあって

そういう状況になってきているのだと思います。

ズレが生じてしまったのは誠に申し訳ありませんが、

そういった経緯があったこともあり、

翌日の日曜日は僕が跨るようにし、

ウッドチップコース1000mと

坂路を軽く走らせてと整えました。

その時に、放牧を挟んだことで馬体に少し緩みが出て

バランスが微妙に崩れているかなと感じることもできたので、

今週の追い切りにも自分で乗ることにしました。

同じ3勝クラスの馬と併せましたが、

6分くらいの力でスーッと走れていて、

まとまった綺麗な追い切りができたかなと感じていました。

それを表すように体にはちょっと張りが出ていると

担当者も言っていますので、しっかりとケアをしていきます。

これまでだと、辛そうかな、

加減したほうがいいかなと思えたら

調教を抑えめにするところですが、

このクラスとなると

もうひと押ししなければいけないとも思いますし、

おそらく最後になるだろうと思える今回ですから、

馬には少し耐えてもらって

もうワンランクあげていけるように調整を進めていければ

理想的と考えています」

(小島師)

1月11日の中山競馬(迎春S・芝2200m)

に戸崎騎手で出走を予定しています。





おそらくラストランとなる今回は戸崎騎手です。

勝利に導いて欲しいですね。

【アヌラーダプラ近況 20/12/24】

出資馬アヌラーダプラの近況です。

20/12/24  NF天栄

24日にNF天栄へ放牧に出しました。

【シュヴァリエローズ近況 20/12/24、26】

出資馬シュヴァリエローズの近況です。

20/12/24  清水久厩舎

26日の中山競馬(ホープフルS・芝2000m)

に北村友騎手で出走いたします。



20/12/26  清水久厩舎

26日の中山競馬では道中は中団あたりでレースを進める。

直線に向いたところではまだ後方だったが、

追い出されてからはジワジワと脚を伸ばして5着。

「中山競馬場への輸送も特に問題なく、

落ち着きがあっていい状態で臨めました。

ジョッキーの話では、『前半のペースが遅かったこともあり、

道中はゴチャゴチャとして

あまりリズム良く運ぶことができませんでした。

スムーズならもっとやれたと思います』とのことでした。

勝つことができず申し訳ありませんでしたが、

それでも終いまでいい脚を使って5着と、

決して悪いレースではありませんでしたし、

また来年は頑張りたいと思います」

(清水久師)

残念ながら5着に敗れてしまいましたが、

中山への輸送を経てもプラス体重で臨むことができましたし、

今後につながるいい経験になったのではないでしょうか。

まだ心身ともにこれから成長してくる馬でしょうから、

来年の飛躍に期待したいと思います。





レースは5着でした。

中山の芝2000mは枠の有利不利がありますので、

外枠に入ったこの馬が5着に来たのは能力だと思ってます。

クラシック出走までに成長してくれると思いますし、

来年の春に期待したいと思います。

【レガーメダモーレ近況 20/12/24】

出資馬レガーメダモーレの近況です。

20/12/24  NF空港

この中間はトレッドミルか

ウォーキングマシンでの調整を行っています。

「引き続き、キャンターペースで動かすことで

経過を見ながら対応しています。

年内はこのままトレッドミルでのメニューで進めていく考えです。

馬体重は588キロです」

(空港担当者)

【フォーヴィスム近況 20/12/24】

出資馬フォーヴィスムの近況です。

20/12/24  NF空港

この中間は厩舎内で曳き運動を行っています。

「この中間から無理のない程度に体を動かすようにしています。

引き続き、経過を見ながら

次のステップへ進める時期を模索していきます。

馬体重は544キロです」

(空港担当者)

【メイレンシュタイン近況 20/12/24、26】

出資馬メイレンシュタインの近況です。

20/12/24  勢司厩舎

23日は美浦南Bコースで追い切りました

(53秒3−38秒8−12秒9)。

24日は軽めの調整を行いました。

「天栄での状況を踏まえて先週連れてきて

年明けの競馬を目指して進め出しています。

現地の話はもちろんしっかりと頭に入れてありますが、

環境が変わって様子が違うこともあり得ることなので、

こちらでも改めて探るように動かしています。

課題の口向きは悪くなってはいなそうですし、

精神状態もまずまずかなという状況にありますよ。

調教はウッドチップコースとダートコースを

併用する形で行っていて、馬場状態にもよりますが、

よりしっかりとしたペースで動かしたいときは

ダートを選択していて、水曜日の追い切りはBコースで行い、

悪くない動きを見せてくれています。

おそらく週末はウッドに入れて15−14のような形で

適度に動かして負荷をかけ、

来週以降の調整につなげていく予定です。

今の感触だけで言えば次開催の前半から行けると思いますが、

相手関係、出走間隔の兼ね合いあるので、

状況を見て考えていくつもりです。

ハミがかりが良いときもあり、前回はマイルへ向かいましたが、

チグハグになった部分があったとはいえ

本質的にはマイルのスピード勝負となると

ちょっと分が悪いのかなと感じるところもありました。

口向きが本当に難しく、

競馬を簡単に考えることができない馬ですが、

急かさずじっくりと入れるようにするには

少しゆとりを持たせたほうがいいかなと感じます。

本当なら1800mくらいがいいのですが

その番組は組まれていないので、

それならば2000mという形で今のところ検討しています」

(勢司師)



20/12/26  勢司厩舎

「年明けの競馬を目指して調整していますが、

今週の想定を見ていると年明けだと節が微妙かもしれませんね。

それに優先出走権を持つ馬が多く、

2000mはあまりいい条件とは言いにくいのかもしれません。

走りから芝のほうがベターではないかと思うものの、

いずれどこかで試すことにもなるかもしれないということ、

あと距離が理想とする1800mということから

今回はダートも含めて検討することにしました。

芝もダートも初日に組まれていますが、

2週目のほうが鞍数が多く分散しやすいでしょうし、

基本的には2週目を目標に年末年始の調整を行っていくようにします」

(勢司師)





年明け後の出走になりそうです。

なんとか前進するところを見せて欲しいところです。

2020年12月24日

【クルーガー近況 20/12/22】

出資馬クルーガーの近況です。

20/12/22  引退

「年齢的にもなかなかコンディションが上がらず

慎重に進めてきたところ、

残念ながら屈腱炎を発症したとのことで

この後のことを心配していました。

もちろん復帰を待つつもりでいましたが、

このたびトルコレーシングクラブで種牡馬入りが決まったとのこと。

世界中で産駒が活躍する可能性が生まれたというのは何よりの朗報です。

若い頃は故障に悩まされクラシックでは活躍できませんでしたが、

古馬になって徐々に才能が開花し、

7歳になった昨年はオーストラリアに遠征。

特に春、ドンカスターマイル4着の直後に

連闘を決めたクイーンエリザベスSで、

あの女傑ウィンクスの2着に入ったことはかけがえのない経験でした。

初めての海外遠征ですっかり気持ちが若返ったのか、

今年4月ダービー卿CTの勝ちっぷりは鮮やかでしたね…。

クルーガーとの思い出はいいことも悪いことも

たくさんあって語り尽くせませんが、

長い間一線級で走り続けて厩舎を支え続けてくれた

クルーガーには心からありがとうと言いたいです。

ここまで声援をいただきました会員の皆様にも感謝しております」

(高野師)

屈腱炎を発症したということで、

年齢的に現役を続けることは厳しいかもしれないという考えの下、

血を繋ぐ可能性がないか水面下で交渉を行ってきた結果、

このたびトルコレーシングクラブからのオファーを受ける形で

トルコで種牡馬生活に入ることが決まりました。

世界に血脈を広げる可能性を秘めた第二の馬生は、

オーストラリアでの活躍も記憶に新しいクルーガーに

ふさわしいと言えるでしょう。

長らくの活躍の陰には、高野厩舎の力はもちろん、

何度も怪我に悩まされながらも

復帰のために尽くしてくださったNF空港、NFしがらきの

スタッフの努力があったことも忘れてはなりません。

そして、不屈の闘志で戦い続けてくれたクルーガーに、

心からの感謝を伝えたいと思います。

現役を引退するにあたり、会員の皆様には残念なことと存じますが、

何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

トルコへの出国につきましては、

検疫を経たうえで来年1月を予定しております。

なお、本馬に出資されています会員の方へは、

後日書面をもってご案内いたします。





残念ながら引退です。

私の出資馬人生の中で1番心に残る馬になりました。

親父の介護を続け、ストレスのたまる生活の中、

趣味の一口出資馬生活の中で

この馬がいなければここまで続けてこれなかったでしょうし、

海外遠征も親父の介護が無ければ行きたかったです。

あっと驚く、ウィンクスの2着も現地で見たかったですね。

今年もダービー卿CT、安田記念と驚く事ばかりの馬でした。

トルコレーシングクラブで種牡馬入り出来たのは朗報ですし、

血が残せていける環境になったのは本当に良かったです。

安田記念後は種牡馬入りは諦めていましたからね。

こういう楽しみがある一口出資馬生活をやってて良かったです。

今年は残念ながら、

私の勘違いで1歳馬募集の出資に間に合いませんでしたが、

クルーガーが今後も続けていきたくなる活躍を見せてくれました。

目標のGT勝利も後輩のシュヴァリエローズが

叶えてくれると信じてますし、

(本当は全弟のヴェルナーに叶えて欲しいですが)

これからも一口出資馬生活を続けていきたいですね。

ありがとう。クルーガー、本当にお疲れ様でした。

【アヌラーダプラ近況 20/12/20、23】

出資馬アヌラーダプラの近況です。

20/12/20  萩原厩舎

20日の中山競馬ではいいスタートを切り好位から進める。

手応えよく直線へ向かうことができたが

進路を確保するのに時間を要し、前2頭と離れてしまい3着。

「直前に修正点もあって、

攻めるというよりは確認していくような状況でもありましたし、

無事に、そしてスムーズに走ることができれば

という思いがありました。

ジョッキーからは詰まってしまったことから

皆さんに“申し訳ありません”と伝えてほしいとのことでした。

確かにそういうところはありましたがカラ馬もいましたからね。

それに、スピードのある馬だけに

外目の枠のほうが良いかなと思えるので、

今日は枠の影響もあったでしょう。

結果はいいものにはなりませんでしたけれど、

前走がこのクラスは厳しいのかな…思ってしまうような

内容だったことを考えると

今日は持ち直してくれたように思いますし、

このクラスでもやれると思わせてくれたのは良かったです」

(萩原師)

物足りなさが残った前走後からは入念に乗り込んできました。

1週前段階でモタれが見られたことから

直前で修正を行ったうえで臨んだところ

真っすぐに走れてはいましたが、

カラ馬が近くにいたことも相まって

十分な進路を確保することができませんでした。

前2頭と離れたこともあり

最後は無理をしない形になりましたが、

それでいて3着ですから、

まともであればと違ったのではないかとも思え、

そういう点では

前走から変わってくれていたのではないかとも思えます。

レース後の状態を慎重に確認してから

今後のことを考えていきますが、

またいい走りをしてくれることに期待しています。



20/12/23  萩原厩舎

23日は軽めの調整を行いました。

「やや余すような形になったので消化不良感は残ったものの、

前走の“もしかしたらこのクラスは厳しいかも…”

と感じさせるようなことはなく、

“やれる。大丈夫”と思わせてくれるような

走りを見せてくれたのは良かったです。

それに、レース後の様子を見ていると前走後の状態よりも

今回の競馬のあとのほうが心身ともに良さそうなのも好印象です。

鼻血持ちの馬なので続けて使うことはしませんが、

程よい間隔で使っていくことができればという思いも持っています。

今のところ明日か明後日あたりに一度天栄へ放牧に出して、現

地で改めてチェックして、

動かしていった感じを見ながらどうしていくか検討、

相談していきたいと考えています」

(萩原師)





レースは3着でした。

人気は最終的に2番人気になりましたが、直前まで1番人気でした。

状態も良く突き抜けてくれると思ってましたが、

から馬や前がつまるという不運もあり、3着でした。

無理して追ってなかったのは次走を考えれば良かったと思いますし、

それでも3着なのはやはりこの馬は能力あると思いますね。

続けて使えない馬なので残念ですが、

このクラス突破は出来る事が分かったのはいい事でしょう。

【ヴェルナー近況 20/12/22】

出資馬ヴェルナーの近況です。

20/12/22  NFしがらき

坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。

「この中間も坂路では

普通キャンターペースでの乗り込みを行っています。

坂路入りの回数は先週までよりも増やしましたので、

これをきっかけに少しずつ負荷を上げて行ければと思います。

馬体重は544キロです」

(NFしがらき担当者)

【シュヴァリエローズ近況 20/12/23】

出資馬シュヴァリエローズの近況です。

20/12/23  清水久厩舎

23日は栗東CWコースで追い切りました。

「今朝も北村友騎手に乗ってもらって追い切りを行いました。

CWコースで併せたのですが、最後はきっちりと先着し、

『先週同様に落ち着きがありますし、

仕掛けてからの反応、切れ味も良かったです』

と引き続きいい感触を伝えてくれました。

カイバ食いが落ちるようなこともなく体調は良好ですし、

ここでもいい競馬を見せてもらいたいですね」

(清水久師)

26日の中山競馬(ホープフルS・芝2000m)

に北村友騎手で出走を予定しています。





さぁGTです。

人気は4、5番人気くらいかな。

調教も申し分ないですし、あっと驚く

一日遅いクリスマスプレゼントが欲しいところです。

プロフィール
当ブログで公開している情報、写真、文章等は キャロットクラブから許可を得て掲載しています。 転載等は遠慮願います。
リンク集