2020年06月19日

ガラス製作と読書は神聖な空間と時間

20200619_top.jpg

毎日があっという間に過ぎてしまうので、なかなかゆっくりする時間をとることができなくて困っています。1日24時間と限られた時間で、自分のやりたいことをする時間と、休む時間のバランスをもう少し上手くできればと思っています。

毎日寝る前に読書をする時間を作って、夢中になってしまうと、ワインを飲みながら一気に本を読んでしまいます。本の中の世界、次のページを開くたびに新しい世界へ引きずりこまれ、夢中になってしまいます。眉間にシワを寄せたり、笑ったり、泣いたり、時間が経つのを忘れて寝不足の時もあります。読書とガラス製作の時間は、自分の聖域なので、至福の時間、くつろぎの時間なので本当に大切にしています。

ガラス工芸の技法の1つ、ガラスの粉末を型の中で熔融して成型するパート・ド・ヴェール( Pâte de verre)をやっています。パート・ド・ヴェールは、粘土で作品の原型となるものを作り、それをもとに耐火石膏で鋳型を作って、様々な色のガラスの粉に糊を加えて練ったもの(ヴェール)を詰め、そのまま窯の中で焼成して、冷えたあと鋳型から取り出し、表面を研磨して仕上げます。

今作品の磨きの途中なんですが、何年もかかっています。時間があれば体力のあるまでずっとガラス磨きをしていたいと思っています。ものを作ることは、祈ること、感謝すること、感じること、その瞬間の感情が作品に出るので、一つの作品を作り上げることに年月や様々な思いが重なります。

仕事や家事をしないでガラス製作をして生活をしたいのが本音です。読書もガラス製作も無心になり、心がどこか違う世界にいってしまった感じになります。眠気と目と手の疲れで現実に戻り、目薬をさしています。

目が悪く、できるだけ裸眼で過ごしていますが、遠く用、デスクワーク用、ガラス製作でもっとしっかり見たいと思い、ハズキルーペをかけています。パソコン作業もブルーライトを浴びるので、少し目を保護する対策を考えています。

毎日の積み重ね、努力、復習、予習をいろいろ頑張ろうと思います。一つの作品が出来上がるまでまだ時間はかかりそうです。

20200619_01.jpg
20200619_02.jpg
20200619_03.jpg
20200619_04.jpg

Every day passes suddenly, so I'm in trouble because it isn't possible to take time to do slowly easily. I think when time to rest for 1 day with time to do to want to send oneself in 24 hours and limited time can be balanced a little better.

When I make time to read and get rapturous before sleeping every day, a book is read quickly while drinking wine. Every time the world in the book opens the next page, I'm drawn into the new world and get rapturous. Informing the middle of the forehead about wrinkles, laughing and crying, and when forgetting that time has passed and not having enough sleep, I have that. Time between the reading and the glass work is the sacred precinct, so they're time and time of the relaxation of the paradise, so it's made important.

The part where 1 powder of glass is fused and formed in the style and a DO veil of a technique of glass arts and crafts (Pate de verre) are being done. The one which becomes a prototype of a work is made with clay for a part-time DO veil, that, and, the one which made the mold with fire proof gypsum, added glue to powder of glass with the various colors and built up, (veil) is stuffed and it's calcined in the kiln just as it is, and after getting cold, it's taken out from the mold, the surface is ground and it's completed.

It's while it's polish of a work now, it takes for many years. It's physical strength when there is time, I'd like to do glass polish all the while until I have that. The thing which feels that it's hoped to make a thing and that I thank and the moment's feeling go out to a work, so years and various expectation are piled up to complete one work. Work and the one which would like to keep house and do a glass work and live are real feelings. Reading and a glass work will be innocently and be the feeling that a heart has been necessary for some different worlds. I'm returning actually by sleepiness and fatigue of an eye and a hand and am putting eye drops.

I have bad eye sight and have time by a naked eye as much as possible, but I'd like to judge from for far place, for desk works and a glass work more tightly, and HAZUKIRUPE is hung. PC work is also bathed in blue light, so the measure from which an eye is protected a little is considered.

Daily, I think it's piled up, an effort is made and it's reviewed and perseveres in preparation variously. It seems still to take time until one work is finished.


↓ ランキングに参加中なので、ポチっと押していただけたら励みになります



にほんブログ村 OL日記ブログ アラフィフOLへ

2020年01月28日

ガラスアートに魅力を感じて日常を楽しむアラフィフの生活

20200128_top.jpg

10代、20代、30代、40代に入り、自分らしく生きるために、人生の目標を30代までに作り上げてきました。歳を重ねるごとに時間の速度が早くなり、自分の時間や趣味を楽しむ体力もなくなりますが、人生に自分の生き甲斐を持つことで、未来へ向けてどんなことでも学び、これからの目標や、ライフスタイルを楽しんでいきたいと思っています。

幼少の頃からモノをつくり、創作していくことが好きだったので、仕事や趣味も「創作していくこと」が自分の軸になっています。沢山の視野を持つことで、楽しみや喜びを感じています。趣味でピアノやバイオリンを楽しんだり、スクールに通い、趣味を勉強している人も多いと思います。私は10 代の頃に陶芸教室に通い始めました。陶芸の魅力にはまり骨董市や、焼き物を集めるようになり、京都や鎌倉へ行き、和菓子やお茶を楽しみ、自分で作った陶器のお皿に手作りの和菓子をのせて、お茶をたてて楽しむこともありました。

就職をして、自分のキャリアアップのために20代、30代で資格のスクールに通い、取得したもので転職や、自分の仕事の幅が増え、ライフスタイルも大きく変わりました。30代からは40代、50代、老後、どんな自分でいたいかを想像して、今も自分ができることを学んでいます。どんなことでも見過ごしていたらおしまいですが、気づいた発見を自分のものにしようと努力すると毎日が充実します。

イタリアが好きで、ベネチアンガラスに出会ったことが、次のステップに繋がるようになりました。ガラスの体験教室を5ヶ所程度まわり、自分にあったスクールを2ヶ所選びました。ガラスの基礎が学べる、自分の時間に合わせられるスクールと、自分がやりたいガラス技法のスクールです。「ガラス」「陶芸」「フラワーアレンジメント」が楽しめるスクールは、東京(新宿)にあり、仕事帰りや、友達と会う前に行ける、自分の時間に合わせたスクールです。

"Glass" "ceramics" "flower arrangement" but the schools which can enjoy themselves are the work way back and the school which made do at itself who can go before meeting a friend, in Tokyo (Shinjuku).

Propsアートスクール公式サイト

↑上の画像が、このスクールで作った作品の一部です。

ウェディング・プレゼントコースなどあり、両親や友達への贈り物、結婚式で飾るウェルカムボードやブーケ、自宅で使う器やグラスを作れます。体験コースは1回2時間です。このスクールの特徴は、フリータイム制であることがとても魅力的です。

小さな頃に今の自分を想像し、夢が叶った人も、まだ叶っていない人もいると思います。子育て中の人、子育てがひと段落した人、実業家としてキャリアを積みたい人、人生の正解はなに一つありません。自分の人生を楽しむことが一番です。

ガラスアートに魅力を感じて、ガラスに関わる仕事をしていきたいと思っているので、まだまだアラフィフになっても勉強中です。ガラスを好きになり、ガラスには色や光で無限の美しさがあること、七色に見える虹のように、その瞬間で色が変わること、光の反射で心が弾むことが楽しいです。

イタリアへガラスの旅に出てから、自分の将来の目標や夢を叶えるために、つまずいても学びながら少しづづ進んでいきたいと思っています。イタリア料理やイタリアワイン、ファッションと趣味が広がり、ワイングラスに好みのワインを入れて、イタリア料理を作って楽しんだりしています。毎日辛いことは誰しもあると思いますが、心を前向きに、健康に気をつけて生活していきたいです。

アラフィフ世代のみなさん、ブログを読んでくれているみなさん、毎日笑顔で幸せな日にしていきましょう。

【エントリーP5倍 マラソン中】送料無料 満点イタリア赤入り!高評価づくし!極上イタリアワイン6本セット 6弾 イタリアワイン 辛口 赤ワインセット 白 ビオ 長S

価格:8,250円
(2020/1/27 01:32時点)
感想(39件)



A target in a life was being completed by thirties I entered in teens, twenties, thirties and forties, and it seemed to be itself and to live. Every time the year is repeated, the rate of time will be early, and the physical strength which enjoys its time and hobby also disappears, but I'd like to learn every kind of thing for the future and enjoy a future target and a lifestyle by having the worth living in a life.I liked to be making and be creating a thing from time of the infancy, so work and a hobby are also their axis to be creating. The pleasure and delight are felt by having the view of much.

I think there are a lot of people who are enjoying a piano and a violin by a hobby, go to a school and are studying a hobby, too. When I'm in teens, I have begun to go to a ceramics classroom. I came to fall into charm of ceramics and collect an antique city and pottery, and went to Kyoto and Kamakura, enjoyed a Japanese confection and green tea, put a homemade Japanese confection on a dish of the pottery made with oneself, made tea from green powder and enjoyed oneself.

The width of the change of occupation and its work got a job and went to a school of qualification by twenties and thirties for the improvement of the career, and acquired it and increased, and a lifestyle also turned big. It's imagined by what kind of oneself forties, fifties and the old age are painful from thirties, and one is also learning to be made now. If every kind of thing is overlooked, it's an end, but when an effort is made in order to take oneself's, every day enriches the discovery I noticed.

That I liked Italy and met Venetian glass started to connect with the next step. I went around about 5 experience classrooms of glass and chose 2 schools which fit themselves. Bases of glass are the school which can make do at itself who can learn and the school of a glass technique which would like to send itself.

You can have a wedding present course and make a present for my parents and a friend, the welcome board decorated with a wedding, a bouquet, the container used at home and a glass. An experience course is 2 hours for once. It's very attractive that the feature of this school is a free time system.

When it's small, one now is imagined, and thinks the person who materialized and the person who doesn't materialize yet need a dream. One correct answer nose in a life doesn't have the person rearing children, the person child rearing settled for the time being and the person who would like to accumulate experience as a businessman. It's most to enjoy the life.

I'd like to feel charm in glass art and do work of glass, so even if it'll be still ARAFIFU, I'm studying. That the color changes with the moment like the case that glass has infinite beauty by the color and light and a rainbow seen as the seven colors and that the heart becomes lively by reflection of light comes to like glass and is fun.Even if I fail, ZUZU would like to advance a little while learning to grant the future target and dream after I go out to travel of glass to Italy.

They feel like having a lot of interests and hobbies with Italian food, Italian wine and fashion, and Italian food is being made and enjoyed including favorite wine in a wine glass. I think everyone has a spicy thing every day, a heart, positively, I'd like to take care of myself and live.

Everyone in ARAFIFU generation and everyone reading a blog will do on a happy day by a smiling face every day.


↓ ランキングに参加中なので、ポチっと押していただけたら励みになります



にほんブログ村 OL日記ブログ アラフィフOLへ



プロフィール
 Blueknockさんの画像
Blueknock
最新記事
記事ランキング
  1. 1. ギフトにもおすすめのお肉屋さんのローストビーフ
  2. 2. 自宅飲みやギフトにおすすめのソムリエが選んだワインセット
  3. 3. 自宅でたっぷり楽しむためのおすすめお取り寄せ牛肉6選
  4. 4. 簡単にスマホ対応ホームページが構築できるWordPressテーマテンプレート
  5. 5. 横浜元町のレース使いがおしゃれな近沢レース店のバック3選

↑ 海外ファッション通販 ↑
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
カテゴリーアーカイブ
ファン
リンク集
precios.jpg
DONO.jpg
traveloco.jpg
タグクラウド
検索
最新コメント
QRコード