広告

posted by fanblog

ページランクアップの仮説

ページランクが上がってもアクセスが増えないと、ほぼ意味がありません。
昇進したけど、お給料一緒と言うのと同じですね。笑。

でも昇進したほうが、嬉しいです。やってきたことに自信がでますからね。また、昇給の可能性もずっとあがります。

今回、私のブログやサイトは、全体的にランクアップしました。ランク3や4が爆発的に増えました。ランク5はないですけど。。。

アフィリエイトサイトやブログでランク3、4はなかなか取れないものです。それで、参考として、どんなブログ(サイト)がランクアップしたかを仮説としてまとめました。(あくまで仮説であって、実証されていませんので、ご注意下さい。)

1.テーマを絞ったページのほうが高評価されている。
2.トップページの発リンクを減らすと評価が上がる。100以下は当然として、出来れば80以下が望ましい。
3.公式サイトやオーソリティサイトへの外部リンクがあるほうが評価が高い。
4.ペラサイトの評価は特に下がっていないが、1枚ページよりも、別途リンク集ページなどを付帯させたほうがランクが上がっている。
5.購入記事のリライトでも、きっちり書けば、ページランク3までは獲れる。
  ★記事購入なら >>> リッチコンテンツ提供サービス
6.リンク集のページランクはなかなか付かないですが、公式サイトへのリンクを多く張ったリンク集は、ページランク2になった。(3.4とも関連する現象)

上位表示のランキングは、ページランクそのものと合致しません。検索キーワードの種類や、あるワード・フレーズにおける競合サイトの強弱や多寡にも左右されます。

しかし、ページランクも上位表示のランキングも被リンクの質と量に関連付けられますので、相関性はかなりあるというのが、今現在の私の考えです。

この記事へのコメント

   
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。