40代からの白髪染めサプリメントなら黒フサ習慣

白髪が気になるけど白髪染めは苦手…
ツヤのある黒髪に憧れる…
という方に「食べる」ことでケアする、今話題の白髪染めサプリメント「黒フサ習慣」がおススメ!

広告

posted by fanblog

白髪が増える原因

現代医学では、白髪になる原因はまだはっきり解明されていないのですが、白髪の原因を説明するまえに「毛髪と頭皮の構造」について簡単にご紹介します。

「毛髪と頭皮の構造」は次のように成っています。

kurofusa030a.jpg

毛母細胞


頭皮から伸びる髪の根本には「毛母細胞」があります。

「毛母細胞」は毛髪の発生と成長をつかさどる「毛乳頭」から指令を受け、細胞分裂します。

「毛母細胞」が2個に分裂すると、細胞の一方は毛母に留まって次の分裂に備えます。

もう一方の細胞は、毛髪の細胞となって角化していき、次々に分裂してできる新しい細胞によって押し上げられ、血管から酸素や栄養を取りながら成長します。

これが毛髪が伸びる仕組みです。

メラニン色素

「毛母細胞」にはメラノサイトがあり、「メラニン色素」を作り出します。

この「メラニン色素」の量によって髪の毛の色が決まります。

また、「メラニン色素」には

ユウメラニン
フェオメラニン

の2種類ありがあります。

ユウメラニン:黒褐色の色素で、ユウメラニンの量が多いと髪は黒くなり、ユウメラニンの量が少ないとフェオメラニンの色の影響が出ます。

フェオメラニン:黄赤色の色素で、フェオメラニンの量が多いと髪は黄みがかり、少ないと赤く明度が強くなります。

このように髪の色が黒髪、金髪、赤毛など個人差があるのは、「メラニン色素」の種類とその量によって決まります。

メラニンの多い順に髪の色を並べると、

黒・ブラウン・赤・ブロンド・白 になります。

白は白髪で「毛母細胞」内のメラノサイトが消えることによって起こる現象です。

白髪の原因

髪の色はメラニン色素の量によって決まる”という前提で、2つ原因を取り上げてご紹介します。


白髪は熱性の増加によってメラノサイトの働きが衰えるため

kurofusa031.jpg
私たちの髪の色はメラニンの量によって決まります。

メラニンの量が多いほど髪は黒く、体内の何らかの変化によってメラニンの量が少なくなると白髪になるといわれています。

「メラニン色素」はメラノサイトという細胞によって作られますが、何らかの原因で”熱性”の増加により、メラノサイトの働きが衰えてしまうのだそうです。

歳を重ねることと白髪の関係はまだ明らかになっていない一方、加齢によってメラノサイトを生み出す幹細胞の衰えにより、毛根でメラニンが生成されなくなるため黒髪が白髪になる、という説もあります。

栄養素の不足によりメラニン色素が足りなくなるため

「メラニン色素」が足りなくなれば当然、白髪になっていきます。

毛母細胞内のメラノサイトが「メラニン色素」を作り出すためには、さまざまな栄養素が必要になります。

また、メラニン色素を作り出すためには「チロシナーゼ」という酵素を活性化させる栄養素も必要になります。


<メラニンとチロシナーゼに必要な栄養素とは?>
※参考:医師が教える正しいスキンケア大全(スキンケア大学)

メラニンとチロシナーゼに必要な栄養素はおもに次の3つになります。

チロシン
ヨード


kurofusa016.jpgCheck!
黒フサ習慣』の栄養成分は、美しい黒髪になるための成分を配合している理由がここにあります。
また、『黒フサ習慣』には、メラニンを作り出すために欠かせないチロシナーゼという酵素を活性化するための栄養素が含まれています。メラノサイトやチロシナーゼの働きをサポートする成分の一つに「チロシン」があり、『黒フサ習慣』は天然型の「L-チロシン」を配合しています。

>>> 今話題の『黒フサ習慣』はコチラから


「チロシン」について

「チロシン」はメラニン色素の原料のひとつ。

「チロシン」が不足すると、たとえメラノサイトが働こうとしても髪の毛に色をつけることはできません。

また、「チロシン」は抗ストレス作用もあるので、白髪予防にもつながります。

もともとチーズから発見されたため、乳製品に多く含まれています


<チロシンが多く含まれる食べ物>

乳製品(ナチュラルチーズ、脱脂粉乳、プロセスチーズなどのチーズ類)
果物(バナナ、リンゴ、アボカド)
魚介類(まぐろ、かつお、たらこ、ちりめんじゃこ)
糖類(大豆、豆腐、アーモンド)

「ヨード」について

「ヨード」は細胞の成長や代謝を助ける作用があるため、メラノサイトの働きを活性化させ、髪の毛を健康な状態に保ちます。

また、「ヨード」(葉酸)を多く含む海藻類は、白髪予防に効果的ともいわれています。

<ヨードが多く含まれる食べ物>

海藻類(昆布、海苔、ヒジキ、ワカメ)
魚介類(イワシ、カツオ、サバ)

「銅」について

「銅」はチロシナーゼの働きを活性化させるミネラル成分です。

「銅」は体内で作ることができないため、食事をとおしてチロシンと一緒に外部から取り入れることで相乗効果が期待できます。

<銅が多く含まれる食べ物>

穀類(蕎麦、さつまいも、玄米)
果実類(プルーン、アンズ)
魚介類(海老、カニ、、ホタルイカ)


×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。