40代からの白髪染めサプリメントなら黒フサ習慣

白髪が気になるけど白髪染めは苦手…
ツヤのある黒髪に憧れる…
という方に「食べる」ことでケアする、今話題の白髪染めサプリメント「黒フサ習慣」がおススメ!

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

黒フサ習慣の効果的な飲み方

kurofusa067.jpg

黒フサ習慣』は健康補助食品のサプリメント。

摂取目安量は1日2〜4錠 です。

飲むときはたくさんのお水かぬるま湯と一緒に飲みましょう。

もしうっかり飲み忘れてしまった場合は、次の日に昨日の分と一緒に飲めば大丈夫!

”最近、特に白髪が目立ってきたな・・・”という方は、1日4粒を目安に摂取されると良いそうです。

いつ効果が出るの?

頭皮や毛髪は、体の細胞と同じように3ヶ月を1つのサイクルとして代謝しています。

そのサイクルに合わせてどのくらい効果があったかを実感するために、『黒フサ習慣』を
最低でも3ヶ月間継続することをオススメします。

あらかじめスマホなどで頭髪の様子をアップで撮影し、3ヶ月の状態をBefore & Afterで比べてみると実感できるそうです。

また、人によっては3ヶ月経たないうちに1ヶ月程度で、髪の毛や指の爪が伸びるのが早くなったり、髪の毛にボリュームが出たりするそうです。

目に見える効果が表れるのは、やっぱり嬉しいですよね♪

もしかしたらいつの間にか見た目が変わってくるかもしれませんが、最初の3ヶ月間、注意深く観察して変化していく様子をチェックしてみましょう!

気長に待ってみるのも、ちょっとした楽しみになるかもしれません♪

生活習慣や食生活に気を付ける

kurofusa068.jpg

せっかく『黒フサ習慣』で白髪対策を始めるのなら、今までの悪い生活習慣を見直し、これをきっかけに体をいたわり色々改善すると、白髪の改善も早くなるかもしれません。

なるべくストレスを受けないような生活を心がけて、特に食生活には気をつけてみましょう。
”髪だけに栄養を与よう!”なんてのは無理なので、心身ともに健康的な生活を送れるように努力することも大切だと思います。

少しずつコツコツ続けていけば、きっと髪も体も生き生きと若返りますよ!


>>> 今話題の『黒フサ習慣』はコチラから


白髪対策サプリ『黒フサ習慣』の効果とは?

白髪に悩むすべての方に生まれた『黒フサ習慣』の白髪対策サプリメント。

今、とっても話題になっていて、実際販売元による発送数もグングン伸びているそうです!

でも、サプリメントを飲むだけで本当に効果があるのでしょうか?

もしかして、白髪になる前に飲まなければ意味がないモノ?

そんな素朴な疑問に答えてくれるのが、実際に『黒フサ習慣』を試されている体験者の方々の感想です。

初めて『黒フサ習慣』を注文したときに同梱されている
”『黒フサ習慣』(ブラックマックスS)を使った感想を書いて下さい!”
という往復ハガキがあります。

そのハガキに感想を書いて健幸生活研究者に宛てられた内容が、まさに黒フサ習慣』の効果が数多く語られていました。

とても参考になる体験談ですので、その一部をご紹介します。


kurofusa062.jpgYさん(女性)47歳 「お値段以上の価値がある」

つむじから白髪が多くなり、2週間に一度白髪染めをしても追いつかなくなってきたので、藁にもすがる思いでこちらを試してみました。
1ヶ月半続けて、少しずつ白髪が目立たなくなってきただけでなく、ハリが出たように思います。少しお高めですが、毎月の白髪染めを考えればお値段以上の価値があると思います。


kurofusa064.jpgKさん(女性)63歳 「根元の色が変わってきた気がする」

50代になり、白髪が目立ちはじめてきました。
今まで何度か市販の白髪染めを使用してきましたが、肌荒れをしてしまい合いませんでした。この商品を使い始めて1ヶ月たちましたが、肌荒れもなく、根元の色が変わってきたような気がします。


kurofusa061.jpgDさん(女性)41歳 「白髪が生えなくなった!」

サプリメントで黒くなるって信じられなかったけど、面白そうなので試しました。
飲んでいたら、いつも生える場所に白髪が生えなくなった!
スゴイです!主人にもお裾分け?



kurofusa063.jpgSさん(女性)50歳 「友人から”髪がキレイになったね”」

広告を見て半信半疑で購入してみました。
ずっと白髪が気になっていたのですが、一ヶ月飲んでみて久しぶりに会った友人に「髪がきれいになったね」と言われて自分の変化を感じました。
私のように白髪で悩んでる方がいらしたらぜひお薦めしたいです。




毛髪のシスチンについて

毛髪のほぼ全ては、約18種類のアミノ酸が結合して作られたケラチンというたんぱく質からできています。

そしてケラチンの構造の基礎はシスチン

シスチン
が化学反応によって生成される前の段階はメチニオンといいますが、メチニオンは毛髪の健康に深い関わりがあります。

メチニオンの不足が続くと、抜け毛や薄毛の原因になるといわれています。

『黒フサ習慣』にはアミノ酸が変質することを前提に、さまざまなアミノ酸をたっぷり配合しています!


ご参考までに、毛髪の内部の構造はこんなふうになっています。

kurofusa032.jpg

キューティクル(毛表皮)

キューティクルは毛髪の3重構造の再表層にあたり、保護層でもあります。
キューティクルは、20枚ほどの層になって重なり、厚さは0.005mmで毛髪に占める割合は10〜15%。

でもキューティクルはしっかりと固く角化しており、油にはなじみやすく水をはじきます。

コルテックス(毛皮質)

コルテックスは、ケラチン細胞が互いにねじれた形に成って、髪のしなやかさや自然のウェーブになっています。

また、コルテックスにはメラニン色素が含まれています。


メデュラ(毛髄質)

メデュラは毛髪の中心にあり、まだ角化していない空気を含む柔らかな細胞です。

そしてキューティクル(毛表皮)、コルテックス(毛皮質)、メデュラ(毛髄質)の3層の構造は
毛髪の3重構造」と呼ばれています。

白髪を予防するサプリ『黒フサ習慣』のポイントとは?

黒フサ習慣』には、白髪を予防する栄養成分と美しい黒髪を健やかに保つ素材が1粒300mgのカプセルにぎっしり詰まっています。

さまざまな成分が配合されている多種調合のサプリメントです。

ここでは『黒フサ習慣』の代表的な成分のポイントをご紹介いたします。


メラニン色素の原料の一つ「チロシン」は天然型のみを使用

kurofusa033.jpg

黒フサ習慣』は、メラニン色素やチロシナーゼに必要な栄養素の一つ「チロシン」に天然型の「L-チロシン」を使用しています。

白髪を予防するなら「チロシン」の栄養素は欠かせないといっても過言ではないでしょう。
「チロシン」について詳しくは『白髪が増える原因』をお読みください。

L-チロシン」は化学合成品を選ばず、自然の力を重視して天然型の「L-チロシン」を1粒あたり、たっぷり50mg配合しています。

※「L-チロシン」は国内生産品の中でもグレードの高い品種のみが使われています。

白髪予防を食生活面でサポートする「黒」の栄養素を配合

kurofusa034.jpg

黒フサ習慣』は白髪を予防するアプローチ方法として、黒い食材の栄養素にこだわっています。

具体的にはミネラルやアミノ酸などの黒髪に必要不可欠な栄養素をに注目し、自然の食材(5種類以上の穀物系)を原料にしています。

例えば、黒豆・黒米・黒胡麻・黒カリン・黒松の実など、穀物系の黒素材を使用しています。

これらの食材は、黒い色素やポリフェノールを多く含むみ、『黒フサ習慣』にたっぷり配合されています。

ケラチンというアミノ酸に含まれるシスチンをたっぷり配合

毛髪の主成分はケラチンという繊維製のタンパク質です。

このたんぱく質は10数種類のアミノ酸の結合によってできています。

ケラチンにはシスチンが含まれていますが、皮膚の場合3%を含むのに対し、毛髪には16%〜18%もシスチンが含まれており、毛髪の弾力性や強さが保たれています。

黒フサ習慣』のシスチンは、天然型シスチンを1粒あたり、たっぷり100mg配合しています。

ミレットエキスと海の黒素材をたっぷり配合

kurofusa036.jpg

黒フサ習慣』は、ミレットというケラチンの合成を助けるアミノ酸が豊富に含まれ、亜鉛や銅のような食事からは摂取しづらいミネラル群を配合しています。

また、ミレットのミネラル群はチロシナーゼの働きを活性化させるので、白髪予防対策に使われる代表的な原料のひとつです。

黒フサ習慣』は海のミネラル成分として

根昆布の粉末
ヒジキ
イカスミ


などの黒い栄養素材も配合しています。

和漢素材のタカサブロウ&ナルコユリ抽出物を配合

kurofusa035.jpg

黒フサ習慣』はタカサブロウとナルコユリという植物から抽出したエキスを、粉末化にして配合しています。

<タカサブロウ>
熱帯アメリカ原産で、インドのアーユルヴェーダではタカサブロウの葉のエキスが使われることがあります。

<ナルコユリ>
和漢植物の一つで多年草植物です。

黒フサ習慣』はタカサブロウ&ナルコユリ抽出物を1粒あたり、たっぷり50mg配合しています。

黒酢のアミノ酸とミネラルを配合

kurofusa037.jpg

黒フサ習慣』では、多くの種類のアミノ酸が含まれている黒酢のエキスを配合しています。

またミネラル成分として、

亜鉛酵母
ヘム鉄
牡蠣
黒にんにく
肝臓分解物(レバー)
プルーン

なども配合しています。


>>> 今話題の『黒フサ習慣』はコチラから


白髪が増える原因

現代医学では、白髪になる原因はまだはっきり解明されていないのですが、白髪の原因を説明するまえに「毛髪と頭皮の構造」について簡単にご紹介します。

「毛髪と頭皮の構造」は次のように成っています。

kurofusa030a.jpg

毛母細胞


頭皮から伸びる髪の根本には「毛母細胞」があります。

「毛母細胞」は毛髪の発生と成長をつかさどる「毛乳頭」から指令を受け、細胞分裂します。

「毛母細胞」が2個に分裂すると、細胞の一方は毛母に留まって次の分裂に備えます。

もう一方の細胞は、毛髪の細胞となって角化していき、次々に分裂してできる新しい細胞によって押し上げられ、血管から酸素や栄養を取りながら成長します。

これが毛髪が伸びる仕組みです。

メラニン色素

「毛母細胞」にはメラノサイトがあり、「メラニン色素」を作り出します。

この「メラニン色素」の量によって髪の毛の色が決まります。

また、「メラニン色素」には

ユウメラニン
フェオメラニン

の2種類ありがあります。

ユウメラニン:黒褐色の色素で、ユウメラニンの量が多いと髪は黒くなり、ユウメラニンの量が少ないとフェオメラニンの色の影響が出ます。

フェオメラニン:黄赤色の色素で、フェオメラニンの量が多いと髪は黄みがかり、少ないと赤く明度が強くなります。

このように髪の色が黒髪、金髪、赤毛など個人差があるのは、「メラニン色素」の種類とその量によって決まります。

メラニンの多い順に髪の色を並べると、

黒・ブラウン・赤・ブロンド・白 になります。

白は白髪で「毛母細胞」内のメラノサイトが消えることによって起こる現象です。

白髪の原因

髪の色はメラニン色素の量によって決まる”という前提で、2つ原因を取り上げてご紹介します。


白髪は熱性の増加によってメラノサイトの働きが衰えるため

kurofusa031.jpg
私たちの髪の色はメラニンの量によって決まります。

メラニンの量が多いほど髪は黒く、体内の何らかの変化によってメラニンの量が少なくなると白髪になるといわれています。

「メラニン色素」はメラノサイトという細胞によって作られますが、何らかの原因で”熱性”の増加により、メラノサイトの働きが衰えてしまうのだそうです。

歳を重ねることと白髪の関係はまだ明らかになっていない一方、加齢によってメラノサイトを生み出す幹細胞の衰えにより、毛根でメラニンが生成されなくなるため黒髪が白髪になる、という説もあります。

栄養素の不足によりメラニン色素が足りなくなるため

「メラニン色素」が足りなくなれば当然、白髪になっていきます。

毛母細胞内のメラノサイトが「メラニン色素」を作り出すためには、さまざまな栄養素が必要になります。

また、メラニン色素を作り出すためには「チロシナーゼ」という酵素を活性化させる栄養素も必要になります。


<メラニンとチロシナーゼに必要な栄養素とは?>
※参考:医師が教える正しいスキンケア大全(スキンケア大学)

メラニンとチロシナーゼに必要な栄養素はおもに次の3つになります。

チロシン
ヨード


kurofusa016.jpgCheck!
黒フサ習慣』の栄養成分は、美しい黒髪になるための成分を配合している理由がここにあります。
また、『黒フサ習慣』には、メラニンを作り出すために欠かせないチロシナーゼという酵素を活性化するための栄養素が含まれています。メラノサイトやチロシナーゼの働きをサポートする成分の一つに「チロシン」があり、『黒フサ習慣』は天然型の「L-チロシン」を配合しています。

>>> 今話題の『黒フサ習慣』はコチラから


「チロシン」について

「チロシン」はメラニン色素の原料のひとつ。

「チロシン」が不足すると、たとえメラノサイトが働こうとしても髪の毛に色をつけることはできません。

また、「チロシン」は抗ストレス作用もあるので、白髪予防にもつながります。

もともとチーズから発見されたため、乳製品に多く含まれています


<チロシンが多く含まれる食べ物>

乳製品(ナチュラルチーズ、脱脂粉乳、プロセスチーズなどのチーズ類)
果物(バナナ、リンゴ、アボカド)
魚介類(まぐろ、かつお、たらこ、ちりめんじゃこ)
糖類(大豆、豆腐、アーモンド)

「ヨード」について

「ヨード」は細胞の成長や代謝を助ける作用があるため、メラノサイトの働きを活性化させ、髪の毛を健康な状態に保ちます。

また、「ヨード」(葉酸)を多く含む海藻類は、白髪予防に効果的ともいわれています。

<ヨードが多く含まれる食べ物>

海藻類(昆布、海苔、ヒジキ、ワカメ)
魚介類(イワシ、カツオ、サバ)

「銅」について

「銅」はチロシナーゼの働きを活性化させるミネラル成分です。

「銅」は体内で作ることができないため、食事をとおしてチロシンと一緒に外部から取り入れることで相乗効果が期待できます。

<銅が多く含まれる食べ物>

穀類(蕎麦、さつまいも、玄米)
果実類(プルーン、アンズ)
魚介類(海老、カニ、、ホタルイカ)


×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。