2020年07月31日

コロナ後の新時代の王道マーケティング手法とは?

もしあなたが


・新時代にインターネットを活用して
 ビジネスを大きくしたい

・これまでの集客法の効果が落ち
 費用対効果が合わなくなってきた

・新しい時代のインターネット集客の
 戦略と戦術を作りたい


このような気持ちが
少しでもあるならば、


新時代のインターネット活用を実践して
成果を上げ続ける方法があります。


コロナの影響で

「2020年は時代の変わり目」

ということをほとんどの人が
認識していると思います。

実際に、ビジネスにおいても

・店舗ビジネスから、デリバリー中心

・リアル店舗へのお買い物から、
 ECサイトでのお買い物

・セミナーやスクール講座形式から、
 オンライン講座中心

・広告でアクセスを買う時代から、
 SNSでファンを育てる時代

など、あらゆる業種で
変革が求められるようになりました。

もしあなたがビジネスをしているなら

広告費でアクセスを集める集客法から
SNSを使ってファンを育てる集客法

に変わってきていると
感じているかもしれません。

実際に、ここ数年では
ダイレクトレスポンスマーケティングという
広告集客から

ファンレスポンスマーケティングという
SNSを使ってファンを育てる

マーケティング手法になってきました。


それが、

『DRMからFRMへ
 新時代のインターネット集客法』

です。


「新時代のインターネット集客法」
を実践することで、

・ファンを獲得することで、
 売り込まないでも売れる状態

・無料でリスクなくスタートして
 毎月1000万円以上の収益

・集客し続けなくても
 継続的に売り上げが上がる仕組み


を手に入れることができます。


それだけでなく

・各SNSのアルゴリズムを理解し
 効果的に活用していく方法

・facebook、Twitter、Instagram、
 YouTubeなどそれぞれのコンテンツ投稿のポイント

・新時代のファンレスポンスマーケティング戦略

などをしっかりと
学ぶことができます。



もしあなたが
新時代にインターネットを活用して
ビジネスを成功させたいなら

インターネット集客の専門家が教える
『DRMからFRMへ
 新時代のインターネット活用法』を
学んでみることをおすすめします。


早めにチェックしてみてください。


『DRMからFRMへ
 新時代のインターネット活用法』
の詳細はこちら


※8月4日(火)23:59まで特別価格
posted by sroffice at 12:00 | 起業・経営

2020年07月29日

お金を増やす人、減らす人

年収300万円で3億円の資産…??
貯金ゼロから始める大富豪の投資術

詳細を確認する

_________________________________



不思議に思ったことはありませんか?


世の中には、

同じような能力を持ち、
同じような仕事をして、
同じような収入を得ている、

人がたくさんいます。

しかし、彼らが
同じような家に住み、
同じような老後の生活を送っている
わけではありません。

一方は、お金を増やし、
他方は、お金を減らします。


一体、なぜでしょう?

お金を増やす人、減らす人

posted by sroffice at 22:00 | 投資術

熱狂的なファンを生み出す3つの質問

人の感情を動かすには
ストーリーが重要だ



という話をあなたも
聞いたことがあるかもしれません。


が、


「じゃあストーリーを使えば
 なんでもいいのかな」

という風に勘違いしたら
痛い目に合います。


確かに、

スタンフォード大学のある研究によると、
事実や数字を並べるよりも
ストーリーがあることで

最大「22倍」も
人の記憶に残りやすいことが
わかっています。


しかし、これは


・物事を時系列に並べる、
 ということではありません。

・何かすごい話をしなければいけない、
 ということでもありません。


「よし、自分もストーリーを使ってみよう!」と
颯爽と自社の創業についてダラダラと
話してしまう人がいますが、


絶対に押さえておかないと
いけないポイントがあるんです。


それは

~~~~~~~~~~~~~~~~~
“自分ごと” に感じるか?
~~~~~~~~~~~~~~~~~


つまり、共感できるかです。


人は、自分が主人公で
在りたい生き物です。


だから、お客さんを主人公にして
読者の脳みそに「自分の物語だ!」と
感じてもらう必要があります。

(“企業の”自己満足ストーリーではなく!)


では、そのためには
どうすればいいのでしょうか?


米国アマゾンレビュー
星4.8のベストセラー、
『ストーリーブランド戦略』によると、


会社が発信する物語をわかりやすくして、
顧客に「自分の物語だ!」と
感じさせるためには、


あなたの作る物語(メッセージ)が
以下の3つの質問に
答えられなければいけないと言います。


あなたは答えられますか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1 顧客(主人公)は何を求めているのか?

2 顧客(主人公)の望みを妨げているものは何か?

3 望みを叶えた場合(もしくは、叶わなかった場合)、顧客(主人公)はどうなるか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


この3つです。

もし、あなたが映画を見ていて、
主人公の願望もわからない、
敵もいない、ピンチもなかったら

つまらない…どころか
途中で映画館から退出すると
思います。


ビジネスも同じなんですね。


あなたが早い段階で、
この質問を顧客に示して
あげられなければ…

メッセージは読者に届かず、
すぐに飽きて忘れ去られてしまいます。


そして、
このストーリーをうまく利用した
有名な例がAppleです。

たとえば、Appleの場合は、
それぞれこんなメッセージを
発信しました。


・・・


【1】 顧客(主人公)は何を求めているのか?

→人生を楽しみ、自分を表現したい


【2】 顧客(主人公)の望みを妨げているもの(敵)は何か?

→コンピューターに対しての苦手意識、複雑さ


【3】 望みを叶えた場合、顧客(主人公)はどうなるか?

→自分を表現するためのツールを手に入れることができる。


・・・



といったような感じです。

このように、
顧客を主人公にしたからこそ、

Appleはここまで、
熱狂的な信者を生み出し、
成功を収めました。


しかし、多くの商品は、
どれだけ機能が優れているかとか
“自分”ばかりに目が向いてしまいます。

それではお客さんに
振り向いてもらうことは
できませんよね。


「お客さんを主人公にする」

それはストーリーに関わらず、

どんな場面においても
重要な視点です。


ぜひ、あなたも一度
今回の3つの質問について
考えてみてはいかがでしょうか?



もし、あなたがAppleのように、
熱狂的なファンを作りたいなら、

事業を成長させる7大要素、
ストーリーブランドスクリプトを
使ってみてください…
 ↓ ↓ ↓

商品やサービスの伝え方が180°変わる…
他者がマネできない
”競争優位性”を手に入れる


posted by sroffice at 18:00 | 起業・経営

2020年07月25日

これは最悪!とある営業マンの悲劇…

営業で一番大事な
ポイントって何だろう?


僕は以前
3年間営業の仕事をしていました。


しかも、ジャンルは飛び込み営業…

一般のお客様のお家に行って
インターホンを押し、
「ごめんくださーい!」と言う…

今思うとかなり体育会系の
スタイルで営業をやっていました笑

その経験から営業について
考える機会が多かったのですが、

その中で僕がよく考えていたのが
売れる営業とそうでない営業の違い
このテーマです。


もちろん、商品やお客様の
タイプによって違いはあります。

ただ、僕が当時の経験から
すごく感じていたのが、、

クロージングで
取りこぼしている
営業マンが本当に多い
ということなんです。


例えばあるとき
僕が同僚の営業マンに同行して
彼の営業を聞いていた時のこと…

同僚の身なりは清潔感が
あって感じがいい。

お客様へのご挨拶も
元気があって好印象!

話も上手だし
商品説明もいい感じ、
お客さんもかなり前向きで
いろいろ質問しています。

これは契約決まりそうだな〜って
思って安心して聞いていました。


でも、悲劇が起きたんです...

それはクロージングに入った瞬間

その営業マンが急に
自信なさげに話しだして
恐る恐るお客さんに
「いかがですか?どうですか?」と
聞きはじめたんです。


いや〜これはアカン!

せっかくいい感じに
商談が進んでいたのに
こんな弱気にクロージングしたら
絶対にダメ!ですよね。

案の定、お客さんから
「やっぱりやめとくわ」と
言われて失注に終わりました。

ほんまにもったいないよ。
心の声がドバッと漏れそうでしたが...

このようにクロージングで
失敗してしまうと本当に契約が
取れないんですよね。


お客さんはどれだけ
商品やサービスがいいと
思っていても、、

最後、商品を買う前は
迷われることが多いです。


だからこそ、
クロージングで絶対に
意識しておかないといけないことは
お客さんの迷いを断ち切って
あげることなんです。


逆にクロージングでお客さんの迷いを
断ち切ってあげることができれば、
もちろん成約率はあがります!


あなたが扱っている商品は
きっとお客さんの役に立つ
良いものなはずです。

だったらその商品を
確実にお客さんに買ってもらった方が
絶対にいいですよね?

そのためにも
このクロージングの技術を
学んでおくことは大きな
プラスになるはずです!
↓↓↓
詳細はこちら

posted by sroffice at 20:00 | セールス

2020年07月24日

商品に幻滅しました…でも…

約50年ほど前、
マジックスタットと言われる

温度計を販売する広告を、
ある男が打ち出しました。


この温度計の広告は、
雑誌の1ページ広告。

これを書いた男は、
伝説の広告マンと呼ばれるような人物で、

1つの広告で、サングラスを
2000万本売ったことで
非常に有名な男です。

そして、この広告も
大ヒットを記録しました。


その秘密は、


読み手の予想を裏切る
"告白" にありました。


それは、こんな文章で始まります...


「私自身、初めて
マジックスタットを見た時、

商品のカッコ悪さと
変なネーミングに幻滅しました…」


そしてそのまましばらく、
デザインがダサいだの、

名前が覚えにくいだの、
商品の欠点を彼は伝え続けたのです。

そう、その商品の欠点を
言いまくったんですよね。

驚きじゃないですか?
だって、普通は、
広告って商品のセールスなので、

商品の良いことばっかり
書いてあるものだと
思うじゃないですか。

こんな自分の首を絞めるような行為、
普通なら考えられませんよね。

でもこの広告は、
最初にお客さんが感じそうな
欠点を先に明かしたのです。


==================
欠点を明かし"あなた"
という人間を信じてもらう
==================


その結果、
彼の広告は全く売れず.....ではなく、

<<大ヒット>>を記録しました。


一体、なぜでしょうか?


それは、欠点を明かしたことで、

「この人は私を騙して売りつけようと
 してるわけではないんだ」

とお客さんに信じてもらうことができ、
その後のセールストークを

しっかりと聞いてもらうことに
成功したからです。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
▷欠点を出すこと。そして、
それをなるべくセールスの
最初の段階で伝えること。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


これをすることで、
お客さんからの信頼は増して、

あなたの話を聞いてもらえる
確率はグッと上がるでしょう。


※ただ、この方法には注意が必要です。※


もちろん、欠点だけを伝えていては、
商品が売れることはありません。

欠点を伝えた後に、しっかりと
商品の本当に優れた特徴やメリットを
アピールしていく必要があります。


このように、実は、
欠点を明かすということは、
上手に活かすことができれば、

一気に読み手の信頼を獲得し、
セールスの成功確率を
上げることができるのです。


======================
メリットしか言わない営業マン
======================


しかし、多くのセールスマンは、、、

「この商品を見られるなんて、
お目が高いですね。この商品は
こんなメリットがありまして…」

「あっ、こちらの商品は、
こんな良いところがあるんですよね、
他にもこんな機能もついてまして…」


と、これでもかってくらい
「商品の良さ」をアピールしてきます。

もちろん、それは商品を
売るためには必要なことなので、
悪いことだとは言いません。

でも、そういう話を聞いて、
あなたはきっとこう思うんじゃ
ないでしょうか?


「それ、本当なの?」
「そりゃ、良いところしか言わないよね…。
「何か隠してるんじゃないか」


きっと、そんな風に、
常に疑いながら聞いていると思うんです。

それはなぜかっていうと、
私たち消費者は、みんな

「営業マンは良いことしか言わない」

っていう認識があるわけです。

「営業マンが話しかけてきたら、
何かを売られる…。
自分のお金を守らないと…」


そんな風に思うんですね。


だからこそ、
欠点を最初に曝け出すことで、
一気に信頼を獲得できるのです。


======================
【真実】人間心理を知ることが、
売上をあげる最大の秘訣
======================


このように、売れる人たちって
人間心理を知っているから
売れるんですね。

実際、一流のマーケターや
コピーライターは人間心理を
深く勉強しています。


もし、あなたも
こう言った心理テクニックを
自分のビジネスに活かして、

もっと売上や反応を上げたいなら、

下のリンクをクリックしてみてください。
 ↓ ↓

歴史的大ヒット広告に学ぶ、
人を動かすセールス心理の秘密


posted by sroffice at 20:00 | 起業・経営

人生を切り拓く最高の武器

ある時、森の中で、
必死に木を切り倒そうとしている人に出会った。

「何をしているんです?」

あなたが聞くと、男は投げやりに答える。

「見ればわかるだろう!
 この木を切っているんだ!!」

「疲れているみたいですね。
 いつからやっているんですか?」

あなたは大声で尋ねる。

「もう五時間だ。くたくただよ。
 大変な仕事だ」

「それなら、少し休んで、
 ノコギリの刃を研いだらどうです?
 そうすれば、もっとはかどりますよ」

すると男は、はき出すように言った。

「切るのに忙しくて、
 刃を研ぐ時間なんかあるもんか!」


* * *


名著『7つの習慣』には、
このような話があります。


もちろんこれは
木こりのアドバイスではなく(^^;

人生における自己研鑽の重要性を
思い出させてくれる話。


【いやぁ、仕事と家庭とで忙しくて、なかなかね、、、】


その気持ちは、よく分かります。。


とかく僕たちは時間がありません。

仕事、子育て、介護に人付き合い…


でも一方で、


もっと忙しいはずの世界のトップたちは、

時間がない中でもノコギリの刃を
研ぎ続けています。


その最たる例が【読書】。


ソフトバンクの孫正義は、
病室で3000冊を読んだと言われており、

他にも、

→ビル・ゲイツは毎晩、
 就寝前に1時間読書をする

→投資家ウォーレン・バフェットは
 1日の8割を読み物に使う

→アマゾンのCEOは、読書の学びを
 ビジネスに応用して世界最大の企業を作り上げた


そして、実はこの3人、
2018年フォーブス世界長者番付の
1位から3位に入っている、
正真正銘の億万長者。


【僕たちは、そこから何を学ぶのか?】


億万長者だってノコギリの刃を研ぎ続けている。

いや、刃を研ぎ続けてきたからこそ、
億万長者になっている。

だからこそ、考えてみましょう。


自分は、

「木を切るのに忙しくて、
 刃を研ぐ時間なんかあるもんか!」

と言う、木こりのようになってはいないか。


…もし、そうだとしても、大丈夫。


なぜなら、遅いと思った瞬間が、

何かを始めるベストタイミングだから。

今から刃を研ぎ始めればいい。

木こりの寓話を肝に銘じて、
今からスタートすればいい。


さぁ、あなたは今日、何を始めますか?



PS

今年こそは読書をもっと頑張りたい?

だったら、この本で、
日本で初めて大学教育に採用された
速読メソッドがオススメ。

本は、あなたの人生を切り拓く最高の武器になる。

大学教育にも採用「1冊10分で読む方法」

1冊10分の読書スピードを手に入れる方法


2020年07月18日

誰も言わなかったお金儲けのツボ

ビジネスで儲けを出すには
どうすればいいのでしょうか?


・お客さんの数をもっと増やす
・購入頻度を上げてもらう
・経費を節約してコストを削減する


どれも正しいですが儲けを出すために
一番大事なことはそこではありません。


では一体何が大事かと言うと、
それはできるだけ高く商品を売ることです。


もしあなたの商品を今の価格よりも、
高い価格で売ることができれば、
ビジネスは生まれかわります。


利益は何倍にもなるでしょう。

それを自分の収入としてもいいし、
その分、広告費などにも投資して
もっと事業を拡大してもいいでしょう。


しかし、単に価格を高くするだけでは
売れにくくなってしまうだけです。


では高く売るにはどうすればいいのでしょうか?

それがこの本
『世界一ずる賢い価格戦略』のテーマです。


この本には、

・商品を高く売る秘訣
・割引するときの見せ方
・無料の使い方
・不況下での価格戦略


などなど、
買う側の価格に対する心理を鋭く突いた
誰も言わなかったお金儲けのツボが書いてあります。


そして実はこの本には
もっと大事なことが書いてあります。


それは価格を間違えると
商品は「売れない」ということ。


人は缶ジュースに1万円も出して
買ったりはしないように

どれだけ付加価値を付けても
商品の価格を間違えてしまうと
さっぱり売れないのです。


つまり価格ひとつでせっかくの商品を
ダメにしてしまうことが多々あるわけです。


もし、自分の商品・サービスを
もっと高い価格、本来の価値の分の価格
で売りたいと思うなら、この本は必読です。

『世界一ずる賢い価格戦略』の詳細はこちら

世界一ずる賢い価格戦略

どういう商品がいくらで売れるのかを
事前に知っていれば利益を最大化するのも
そう難しい話ではありません。


もしあなたが、 何かを売る仕事をしているなら、、
何か新しいビジネスを考えているなら、、
売っても売っても利益が出なくて困っているなら、、

オススメなので
是非チェックしてみてください。

『世界一ずる賢い価格戦略』の詳細はこちら


『世界一ずる賢い価格戦略』の目次


Preface 価格、利益、力、富の関係
-この本を読めば億万長者も夢ではないワケ

Part1 世界一ずる賢い価格戦略(理論編)


Chapter1 価格戦略の落とし穴に落っこちるな
Chapter2 その値下げ、ほんとに必要?
Chapter3 その値下げ、見返りはある?
Chapter4 「無料」というガン細胞
Chapter5 さあ、無料との戦いに乗り出そう
Chapter6 「無料」で戦うときの3つのステップ
Chapter7 「ありふれた考え」を捨て去ろう
Chapter8「差別化」の持つ力
Chapter9 BtoBにおける価格戦争-最後に笑うのは誰?
Chapter10 価格と製品の鎖を断ち切る
Chapter11 「買わずして買っている」の持つ力
Chapter12 価格弾力性のヒミツに迫る
Chapter13 効果的な5つの価格提示メソッド
Chapter14 狙うはニッチとサブカルチャー
Chapter15 「連想の原理」が成功を生む
Chapter16 不況という落とし穴から抜け出すために

Part2 世界一ずる賢い価格戦略(実践編)


Chapter17 さあ、実際に値決めをしてみよう
Chapter18 前払い制のすすめ
Chapter19 悪徳まがいの儲け術-こんなのあり?
Chapter20 値下げ中毒社員に気をつけろ!
Chapter21 誰の意見を採用する?-価格戦略の4人の審判
Chapter22 不況下での価格戦略

Part3 世界一ずる賢い価格戦略(サンプル編)


Chapter 23効果的な広告サンプル
- マーズ夫婦に学ぶ、価格戦略の上手なアピール方法とは?

『世界一ずる賢い価格戦略』の詳細はこちら




posted by sroffice at 20:00 | 起業・経営

日本人が裕福になれない決定的な理由

あなたは知っていましたか?

・株や債券に投資しても
 裕福にはなれないという事実・・・
(事実、裕福な人は株や債券に投資して
 裕福になったわけではない。)

・投資対象として見た時、
 日本株市場が10年以上前から
 すでに魅力を失ってしまっているという事実…

・住宅ローンという
 “金融商品”を買ってしまう事が
 金融奴隷の始まりであるという事実・・・


このような
銀行員や総合証券会社の営業マンが
あまり口にしたがらない不都合な真実



このような"金融の真実"を知らなければ
経済的に豊かになる可能性が
低くなってしまいます。

日本を経済だけでなく
金融でも強い国にするために

金融リテラシーを高めて
経済的に豊かになるための書籍
『大富豪の投資術』が、

通常5000円のところ
今なら無料!で手に入ります。

『大富豪の投資術』の詳細はこちら

大富豪の投資術



経済力は強い我々日本人ですが、
金融力や投資力が他国に比べて著しく弱いのは
この真実を知らされていないことが
大きく影響しています。

ぜひあなたも
知らないうちに資産が減ってる、、、
なんてことがないように

これから先何十年も変わらない
ちょっとした金融リテラシーを
知っておいてくださいね。

『大富豪の投資術』の詳細はこちら

通常5000円のところ
今なら無料!

日本人が知らない投資に関する大嘘
posted by sroffice at 16:30 | 投資術

売上が伸びない時に読む本


今、あなたに死の危険が迫っています。

残された猶予はあと1時間。

この1時間で助かる方法を
考え出さなければなりません。

さて、どうしますか?






かの有名な物理学者
アインシュタインはこう答えました。

「私なら最初の55分は
 適切な質問を探すのに費やすだろう。
 重要なことは質問するのを止めないことだ」


そう。
問題を解決するのに必要なのは、
ただ、適切な質問をするだけです。


あなたは日々たくさんの問題や
トラブルに遭遇していることでしょう…。

例えば、、、

・ここ最近売上が伸びずに行き詰まっている…
・本当に今コレをやっていていいんだろうか?と迷いがある…
・新しい方法を試しているけど、効果がでているかわからない…

しかし、この問題。

全て、正しい質問を投げかけることで、
解決することができるといったら、、、
どうしますか?

本書『売上が伸びない時に読む本』では
あなたのビジネスの伸び悩みを打破するための
その魔法の質問を公開しています。

『売上が伸びない時に読む本』の詳細はこちら

本書の著者
シェーン・アッチソンとジェイソン・バービーは、
20年以上もの経験をもつデジタル戦略のエキスパート。

マイクロソフト、P&G、コカコーラといった
世界トップグラスの影響力をもつ
ブランド企業に”結果重視”のデジタル戦略を指導しています。

さらに、本書は、Amazoneでも5スター中4.9スターと
非常に高い評価を得ています。

もし売上が伸び悩んでいたり、
今、迷いや不安があるなら、
本書は最高のガイドになってくれるでしょう。

『売上が伸びない時に読む本』の詳細はこちら

『売上が伸びない時に読む本』の目次


はじめに

Chapter1 ビジネスはゴールがすべて
Chapter2 集合的なビジョン
Chapter3 データが創造性を刺激する
Chapter4 ユニコーンを見つける
Chapter5 文化が成功と失敗を予言する
Chapter6 重要なことを計測する
Chapter7 価値を知る
Chapter8 改善の手を止めない
Chapter9 フリーサイズからの脱皮
Chapter10 イノベーションのための枠組み
Chapter11 次のステップ

『売上が伸びない時に読む本』の詳細はこちら

売上が伸びないときに読む本(著者:シェーン・アッチソン、ジェイソン・バービー)

posted by sroffice at 10:33 | 起業・経営

2020年07月17日

「選択」を変えるちから

「毎日つまらない...」


嫌いではないけど、
勉強ばかりの大学生活に
なんとなく不満を抱いていた時、

私はある1冊の本と出会いました。
 
塾の下にある書店で、
なんとなく手に取った黄色の本。
 

そこにあった、「1フレーズ」で

私の人生が180度ひっくり返るなんて

誰が予想できたでしょうか...?
 

立ち読みで本をパラパラめくり、

なんとなく目に止まった1文。

 

「全部YESって答え始めたら、人生が変わった」

 

なぜかその時、やたら
このフレーズが頭に残りました。


ちょっと面白そう。
やってみようかな、と。

 
先輩からNPOの
ボランティアに誘われた時
 


いつもなら面倒だからと
あっさり断るのに
 
ふと、

その本のフレーズが
頭をよぎりました。

 

「ちょっと今回は行ってみようかな」
 


そこで出会ったのは、
 

やる気に満ち溢れている学生だったり


それに協力したい
地域のおじいちゃんだったり


起業家の人だったり、
世界中を旅している人だったり
 

今までの選択だったら
出会ったことがない「人」たち...


今までの選択だったら
するはずのなかった「体験」
...
 
刺激的でした。

こんな生き方をしている人が
いるんだって感動したのを、
今でも良く覚えています。
 

それからいろんな場所に
行くようになりました。


起業家、投資家、フリーランス、
営業マン、医療、金融、
ヒッチハイカー、カメラマン、、、


いろんな職業の人と話して、
いろんな生き方があることを
知りました。
 


話を聞くのが楽しくて、
たくさんの人と会ううちに、
 


いつしか
 

会社立ち上げるから手伝って欲しい 

東京で交流会やるけどくる?
 

なんて誘ってもらえるように。
 



それから数年経ち、今では、
学生までの頃のような周りに
決められたレールではなく、

自分で決めた道を
選ぶことができています。

好きな仲間と、
好きなことを仕事にし、
毎日が刺激的です。
 

たくさんの本に出会ってきましたが、

あの1冊に出会わなければ

私は今ここにいないでしょう。
 

たった1冊の、
たった1フレーズで、

私の人生は変わりました。
 

あなたにも、こんな経験が
あるのではないでしょうか?



========================
本には「選択」を変える力があります。

========================


1日1冊本を読んで

1日1つ選択を変えられたら、


1年で365個も、
変化することになります。
 

そしたら人生が変わるって、
何も不思議なことじゃないんですよね。
 
 


でも、、、今、日本人は、
本を読まなくなっている人が
どんどん増えています。

2019年の調査では、
大学生の「不読率」は53%。

半分以上の大学生は、
1冊も本を読まない。
社会人では60%以上に上るそうです…
 


理由は簡単で、それなりに
「よし、いいことを学んだ!」と
思っても、実際には何も変わらない。

それによってモチベーションを
失ってしまうのです。


「読書なんて必要ない」と。
 


読書で人生が変わって、
なんども助けられた私からしたら

これほどもったいないことは
ありません。
 

私たちはこれまで「本の読み方」に
ついて学ぶ機会がありませんでした。
 

「時間がなくて読めない」

「読んでも頭に残っておらず、生かせない」

「本を読むのが大変」
 

こんな経験ばかりで、
本に抵抗を持ってしまっている人も
たくさん見てきました。
 

(実は先進国の中で、
「読書」の教育を受けないのは、
日本くらいだそう…。)
 

だから日本人に正しい
「読書」の知識を届けたい。
 

「成果と成長に結びつけるために、
フォーカスを明確にした読書」、

ある意味で基本に立ち返った読書
「フォーカス・リーディング」は、
その再現性の高さが認められ、

日本で初めて、そして唯一、
大学教育に採用されました。
 

 
ここにはちまたで言われるような、

「右脳を活性化させて本を読む」
「写真のようにページを読み込む」

みたいな魔法のような話はありませんが、
 

本質的な『読書の技術』を学びたいなら、
きっと新しい発見がたくさんあるはずです。

大学教育に採用された唯一の速読メソッドとは?
posted by sroffice at 20:00 | ビジネススキル
ファン
検索
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
マネーゲーマーという生き方 トレンドに乗れない人が相場に勝つための秘密の投資法 30代で大富豪になったマークの告白