2020年04月30日

売れない商品で売上アップ?

想像してください。

あなたは紳士服店を経営しています。

シャツを1万円
シャツとジャケットのセットを3万円
で販売しています。

さて、あなたなら
どんな方法で
売上を上げますか?

例えば、
値下げしてみますか?

シャツをを7000円に値下げする。
そうすることで、
シャツをもっとたくさん買ってもらう。

あるいは、

セットを2万5000円に値下げする。
そうすることで、
セットをもっとたくさん買ってもらう。

もしかしたら、
これらの方法も
うまくいくかもしれません。

でも、
価格を変更するリスクをとらず、
売上を上げる方法があるんです。

それは、、

”ジャケットを3万円で販売すること”

です。

これは、
シャツとジャケットのセットと
全く同じ値段です。

セットと同じ値段なのに、
ジャケット単品を買うという
お客さんなんていないですよね。

お客さんは、
ジャケット単品の3万と
シャツとジャケットのセットの3万を
無意識に比較して、
後者をお得だと感じてしまうのです。

『脳科学マーケティング100の心理技術』には
こう書いています。
ある商品やサービスの
売上を伸ばすには、
「おとり商品」を用意することだ。

人間の脳は、1つの商品だけで、
その価値を判断するのは苦手だが、
常に価値や利益を比較するのは得意である。

実際に、
ある雑誌購読では、
「紙媒体と電子版セット3000円」を売るために、
全く同じ値段で3000円紙媒体だけで、
販売したところ、
43%も収益が増えた。

やったことは、
紙媒体を「おとり」にしただけである。

(『脳科学マーケティング100の心理技術』より)

脳科学マーケティング 100の心理技術

このようにリスクを取らず
売上を上げるちょっとした方法があるんです。

これは
『脳科学マーケティング100の心理技術』で紹介している
100のアイデアのうち1つです。

他の99のアイデアもすべて、
リスクもお金もかからないものばかりです。

しかも、
すぐ簡単に実践できるものしかのっていません。

知っていると知らないとで
売上に大きく影響するかもしれません。

『脳科学マーケティング100の心理技術』の他のアイデアはこちら

通常3700円の書籍が
期間限定で2980円

脳科学マーケティング100の心理技術



posted by sroffice at 11:00 | マーケティング

2020年04月29日

お金に好かれる人が「絶対」言わないこと

あなたは不思議に
思ったことはありませんか?


世の中には、

同じような知識を持ち、
同じような能力を持ち、
同じような仕事をしている

人がたくさんいます。


しかし、
彼らが同じ収入を
得ているわけでもなければ、

彼らが同じように
富を築いているわけでもありません。


一体、なぜでしょう?


その理由は、、





実はお金は
人を「好き嫌い」します。

類は友を呼ぶ
という言葉があるように

お金はお金持ちの元に集まり

お金は貧乏人を遠ざけます。


なので、

お金に好かれる人は
自然とお金が手元に流れ込み、

お金に嫌われる人は、
日に日にお金が消えていきます。


では、

お金に好かれる人、嫌われる人の違い

とは何でしょうか?



「億万長者メーカー」
「21世紀のナポレオン・ヒル」

と呼ばれるダン・ケネディは

お金に好かれる人は、
ある言葉を「絶対に口にしない」と言います。


==========================

「お金をどう語るかが重要な理由」

不足や貧困、
欠点、疑念、恐怖について
語る人は大勢いる。

だが、言葉選びは十分に
気をつけたほうが良い。

自分の価値観に基づいて
発せられた言葉や思想は、

潜在意識にプログラミングされ、
行動を決定するからだ。

つまり、
あなたがお金に好かれるには、

お金についてどう考え、
どのような言葉を発するかを
考えなくてはならない。

なぜなら、
言葉や思想で潜在意識をプログラミング
してしまうのであれば、

その思考や言葉をうまく使うだけで、
あなたを億万長者にするのだから。

なので、
億万長者になる人物は、

「苦労して稼いだお金」
「汗水垂らして得たお金」

などの言葉を使わないのだ。

(『億万長者のお金を生み出す26の行動原則』より要約・引用)
=====================

億万長者のお金を生み出す26の行動原則

収入を増やしたいけど
お金儲けにブレーキを感じる

と感じているなら、

その原因はおそらく
お金に対する考え方です。

人のおおよその価値観は
19歳までに決まるので、

若い頃に、両親や知人、
日本の政治から植え付けられた
お金への悪しき考えが

あなたのお金儲けを
邪魔している可能性があります。





また日本では、


「お金は汚いもの」

「お金を稼いでいる人は
 悪いことをしている」

と言われることあります。


なぜなら、
日本では正しいお金の教育が
されていないからで、

結局、お金について学ぶのは、
家族や近所の身近な人になります。


身近な人がお金持ちであれば、
金持ち父さんのような
金持ちマインドになるでしょうが、

多くの場合はそうではなく、
下手をすると「貧乏マインド」を
刷り込まれている可能性もあります。

(そして今の環境も、
お金のマインドに強く影響します)


なので、

富を引き寄せて
幸せな人生を送るために

今の自分がいる環境の見直し、

そして、
自粛とGWの時間を利用して、
正しいお金の知識を学びなおすのは
いいかもしれませんね。

『億万長者のお金を生み出す26の行動原則』

億万長者のお金を生み出す26の行動原則

posted by sroffice at 18:00 | 起業・経営

2020年04月28日

コロナ危機の今、ネット広告をするならFacebookがよい理由

ある広告会社によると
Facebook広告の単価が3月から激減し、
世界的に過去最低水準になっているそうです。

image-33.png
(出典:Media Innovation)

広告費が下がったおかげで
広告の投資対効果が7割上がった
会社があるとも言われています。

なので、コロナ危機の今、
ネット広告にチャンスあり
と言えます。

ネット広告には、
Facebook以外にもGoogleやYoutubeなど色々あります。
それらの広告費が全体的に安くなっているそうです。

一方で
広告を出す会社は大手をはじめとして減ってきています。
不況になると広告費が削られるのはよくあることです。

TwitterやFacebookは
利用自体は増えているにもかかわらず
広告収入が減少していることを明らかにしています。
Youtuberの中には収益激減で
悲鳴を上げている人もいるそうです。

Facebook CEOのマーク・ザッカーバーグ氏も
ここ最近は新型コロナウイルスの影響で、
Facebookへのトラフィックが
一番多い水準にあると明かしています。

利用者が増えて広告を出す人が減っている今が、
Facebook広告を始めるチャンスと言えるのでは
ないでしょうか。

ネットで広告を出している会社は
コロナの影響をあまり受けていない
という声もあります。

このコロナ危機を機会に
Facebook広告を始めれば、
このコロナ危機を乗り越えた後には、
あなたのビジネスがオフラインとオンラインの両方で
うまく回るようになっているかもしれません。

そうなれば、
安全性が高くて強いビジネスになるかもしれません。

Facebook広告をやってみようかなと思った方は、
こちらをのぞいてみてください。
効果的なFacebook広告のやり方が分かります。

効果的なFacebook広告のやり方はこちら
posted by sroffice at 20:00 | 起業・経営

商品の数は増やすな!

今日は面白い研究結果の話をしたいと思います。

あなたはご存知でしょうか?

実は、、、

選択肢が多すぎると商品が売れなくなります。

実際『脳科学マーケティング100の心理技術』には
こんな研究結果が載っています。

コロンビア大学では、
ジャム6種類、ジャム24種類から
選択を迫られた場合の
消費者行動を比較する研究を行った。

この研究結果では
ジャム6種類の場合は60%の顧客が、
ジャム24種類の場合は40%の顧客が、
立ち止まって商品をチェックした。

しかし、
この研究の興味深い部分は購買行動の方だ。

ジャム6種類の場合は30%の顧客が商品を購入した
のに対し
ジャム24種類の場合はわずか3%の顧客しか商品を
購入しなかった。

これはかなり驚くべき結果だ。
選択肢が少ないほうが
選択肢が多い場合よりも
10倍も売れたのだから。

(『脳科学マーケティング100の心理技術』より)


脳科学マーケティング 100の心理技術

もしあなたが
消費者は選択肢がたくさんあることを好むはずだ。
そう思っていたとしたら、
これはちょっと意外な事実かもしれません。

さらに『脳科学マーケティング100の心理技術』には
こうも書いてあります。




これが本当だとしたら
商品の数を減らすとなぜ売上が伸びるのでしょう?
これには

選択肢が多いと脳が疲弊し
そのあとの意思決定が困難になる


という脳の働きが関係しています。

つまり選択肢が多すぎると

さんざん悩んだあげく、どれを買っていいか分からず、どれも買わない

可能性があるということです。

なので、今あなたが扱ってる商品が少し多ければ
試しにいくつか商品の選択肢を削ってみてください。
実はそれだけで簡単に会社の売上が上がるかもしれません、、、

P.S.

今回は『脳科学マーケティング100の心理技術』に載っている
ヒトの脳の働きを理解して
お客さんの「欲しい」「買いたい」という感情を
引き出す方法のうちの1つを紹介しました。
もし、ビジネスでより大きな成果を出すために
効果実証済みの心理技術、残り99個も手に入れたい!
そう思うならこちらをクリックしてください。

『脳科学マーケティング100の心理技術』の詳細はこちら

通常3700円の書籍が
期間限定で2980円

脳科学マーケティング100の心理技術

posted by sroffice at 10:00 | マーケティング

2020年04月27日

説得と信頼の技術の裏側

今日はあなたに
特別な一冊をご紹介します。

信頼と説得の心理学

この本は、
詐欺師について書かれた本です。

ですが、誰がどのような詐欺を行ったか
その「歴史」について
書かれたものではありません。

また彼らを逐一紹介するだけの
本でもありません。

では一体、何が得られる本なのでしょうか?

それは、、、
あらゆる詐欺行為の根底にある
「人を動かし、信頼させる」ための

“人間心理の本質”を理解することが
できるようになります。

これを理解していないで、
小手先の心理テクニックだけを使っても
一時的にはうまくいっても、

相手があなたを心から信頼することは
ほとんどないでしょう。

この本質を理解し、
究極の人の動かし方を手に入れれば、

もっと多くの人に商品や
会社の魅力を理解してもらったり。

どんどん売上を伸ばしてたり。

さらには部下や社員にもっと
積極的に仕事に取り組んでもらったり。

ビジネスの場においても
とても有効に働かせることができます。

こちらでチェックできるので
ぜひ今すぐ目次だけでも
確認してみてください。
↓↓
今すぐ確認する

posted by sroffice at 16:07 | 起業・経営

日本人が裕福になれない決定的な理由

あなたは知っていましたか?

・株や債券に投資しても
 裕福にはなれないという事実・・・
(事実、裕福な人は株や債券に投資して
 裕福になったわけではない。)

・投資対象として見た時、
 日本株市場が10年以上前から
 すでに魅力を失ってしまっているという事実…

・住宅ローンという
 “金融商品”を買ってしまう事が
 金融奴隷の始まりであるという事実・・・


このような
銀行員や総合証券会社の営業マンが
あまり口にしたがらない不都合な真実



このような"金融の真実"を知らなければ
経済的に豊かになる可能性が
低くなってしまいます。

日本を経済だけでなく
金融でも強い国にするために

金融リテラシーを高めて
経済的に豊かになるための書籍
『大富豪の投資術』が、

通常5000円のところ
今なら無料!で手に入ります。

『大富豪の投資術』の詳細はこちら

大富豪の投資術



経済力は強い我々日本人ですが、
金融力や投資力が他国に比べて著しく弱いのは
この真実を知らされていないことが
大きく影響しています。

ぜひあなたも
知らないうちに資産が減ってる、、、
なんてことがないように

これから先何十年も変わらない
ちょっとした金融リテラシーを
知っておいてくださいね。

『大富豪の投資術』の詳細はこちら

通常5000円のところ
今なら無料!

日本人が知らない投資に関する大嘘
posted by sroffice at 11:00 | 投資術

2020年04月26日

成約率を4倍にするひと手間

突然ですがお願いがあります。

あなたの庭に穴を掘らせてくれませんか?

そしてそこに「安全運転を心がけよう」
という看板を立てたいんです!
もちろん作業は全部こちらでやります。





嫌ですよね?ww

実はこれはある高級住宅街で
行われた実験で、
最終的に驚くべき結果になりました。

なぜこんな話をしたのか?

この話には成果を4倍にする
ヒントが隠されていて
シェアしたかったからです。

続きを見てみて下さい↓
住宅街の人たちに
「安全運転を心がけよう」という
立て看板を掲げてくださいと
頼むという実験が行われた。

すると、リクエストに
応じた人はわずか17%た。

ところが、同じ住宅地、
同じリクエストでも、
その2週間前に

「私はセーフドライバーです」
という小さなシールを
窓に貼ってほしいと頼んでいた場合は、

なんと76%が
立て看板も承諾したのだ。

シールの方は、
小さな面倒ということで、
ほぼすべての人が応じていた。

自宅の庭に穴を掘り
大きな立て看板を立てることを、
4分の3が承諾したとはかなり驚きである。

私には、最初の17%の承諾率でさえ
ちょっと意外に思えたので、

2番目の、
あらかじめ小さなお願いをしておけば
成功率が4倍以上になるという結果は、
実に驚くべきものだ。

(『脳科学マーケティング100の心理技術』P182より抜粋)

脳科学マーケティング 100の心理技術

どうでしょうか?

最初に小さなお願いをすることで
次の大きなお願いの成功率がグンとあがります。

これは「フット・イン・ザ・ドア」という
営業手法で結構知っている人も
多いかもしれません。

でも、ただの小さな
お願いではいけません。

2回目のお願いと
関連しなければ効果は弱いです。

というのも、
上記の1回目のシールを貼るお願い
を受け入れた時点で、
「自分は社会に貢献する人間だ」
という意識が芽生えています。

そこに同じような
「あなたは社会に貢献する人ですよね?」
というお願いをすると、
人はNOと言えなくなるということです。

ここがポイントです。

毎日起きている身の回りのことで
このテクニックを使えないかどうか
考えてみると結構いろいろ使えると思います。

例えば、
募金してもらいたい時。

1分程度の貧困に関する簡単な
アンケートに答えてもらう。

その後、
数十円、数百円の募金をお願いする。

というように、
何かお願いする時、
それより小さいお願いができないか?
と考えるとより使いやすいかもしれません。

とはいえこれは脳科学を
利用したテクニックなので

悪用して使い方を誤れば
お願いの成功率は高まるかもしれませんが

信頼を損ねるという事態にも
なりかねないので使い方に注意が必要です^^;

これは
『脳科学マーケティング100の心理技術』
P182より抜粋したものです。

この続きに、
さらに脳科学に基づいた
接客スキルやセールステクニックが
あるのでぜひチェックしてみて下さい。

クリックして詳細を確認する


P.S.

別の実験では、人々のクローゼットに
どんなものがあるかを分類する調査のために、
5人の研究者が家に入り込み、2時間にわたる
捜索をしたいという大胆なリクエストが試された。

依頼を受けたうちの
22%の世帯が個人スペースの侵害を受け入れた。

次に研究者らは、
別の世帯グループに電話をし、
同じような内容をアンケート質問した。

この小さなお願いにはほぼ全世帯が応じた。
3日後、同じ世帯にまた電話をし、
例の時間のかかる訪問調査を
させてくれるかと尋ねたところ、

なんと承諾率は、
一方のグループの倍以上の56%に達した。

最初のシンプルなアンケート調査が布石となって、
より多くの世帯がずうずうしい調査員に
自宅の門戸を開放したのは明らかである。

ここででてきたアンケートはいろいろ応用ができそうですね。
ぜひ使ってみて下さい^^

クリックして詳細を確認する

通常3700円の書籍が
期間限定で2980円

脳科学マーケティング100の心理技術

posted by sroffice at 11:00 | マーケティング

2020年04月25日

コロナをチャンスに変える方法

ある広告会社によると
Facebook広告の単価が3月から激減し、
世界的に過去最低水準になっているそうです。

image-33.png
(出典:Media Innovation)

逆に、広告費が下がったおかげで
広告の投資対効果が7割上がった
会社があるそうです。

なので、コロナ危機の今、
ネット広告にチャンスありと言えそうです。

ネット広告には、Facebook以外にも
GoogleやYoutubeなど色々あります。
それらの広告費が全体的に安くなっているそうです。

でも、広告を出す会社は大手をはじめとして減ってきています。
不況になると広告費が削られるのはよくあることです。

TwitterやFacebookは
SNSの利用自体は増えているにもかかわらず
広告収入が減少していることを明らかにしています。

Youtuberの中には収益激減で
悲鳴を上げている人もいるそうです。


ネット広告をするならFacebookがよい理由


Facebook CEOのマーク・ザッカーバーグ氏も
ここ最近は新型コロナウイルスの影響で、
Facebookへのトラフィックが
一番多い水準にあると明かしています。


利用者が増えて広告を出す人が減っている今が、
Facebook広告を始めるチャンスと言えます。


今は、ネットで広告を出している会社は
コロナの影響をあまり受けていないという声もあります。

あなたも、これを機会に
Facebook広告を始めてはいかがでしょうか。

そうすれば、
このコロナ危機を乗り越えた後には、
あなたのビジネスがオフラインとオンラインの
両方でうまく回るようになっているかもしれません。

そうなれば、安全性が高くて強いビジネスになるかもしれません。
是非、あなたもこの危機をチャンスに変えてください。

Facebook広告をやってみようかなと思った方は、
こちらをのぞいてみてください。
効果的なFacebook広告のやり方が分かります。

詳しくはこちら

posted by sroffice at 18:30 | 起業・経営

おとり商品で売上1.42倍

もしあなたが、
複数の商品・サービスを販売していて
それらを効果的に
売りたい…


というのであれば、
脳科学を利用した
ある方法がおすすめです。


それは、
「おとり商品を作る」
というものです。


すこし聞こえは悪いですが、
正しく使えば
お客さんがその商品・サービスの価値を
はっきりと理解することができる
方法です。



脳は比較するのが得意


==============
脳は比較するのが得意


おとりをつかったマーケティングでは、
「相対性」が重要な要素となる。


私たちの脳は
絶対的価値を判断するのは
苦手だが、


常に価値や利益を比較できる
状態にある。


マーケターによって
積極的に利用された場合、
おとり商品やサービスは
別の商品を
よりお買い得に見せることが
できる。

(『脳科学マーケティング100の心理技術』より)
==============

脳科学マーケティング 100の心理技術


すこし抽象的でわかりづらいので、
例を挙げて説明しますね。


例えば、
旅行に行く時


「パリがいいか、ハワイがいいか?」


と聞かれると、
人は迷ってしまいます。
(どちらかが相当好きじゃなければですが…)


これは、
パリとハワイという行き先が
単純に比較できるものでは
ないからです。


「りんごとみかんどっちを食べるか」
みたいなものですね。


でも、


「無料朝食ビュッフェ付き」
のパリの旅と


「朝食なし」
のパリの旅


では、
朝食付きの方が
より魅力的に見えると思います。


同じパリの旅で、
朝食があるかないか
という比較対象が
はっきりしているので、


脳は瞬時に
価値を判断できるんです。


そして、
この脳の特性を使った
面白い実験があります。


脳の特性を使った面白い実験



週刊誌のオファーを
上の画像の案内AとBのように
した場合、


それぞれの案内を見た人が
どれを買うかという実験です。


予想される収益を見ると、
案内Bの方が圧倒的に
多くなってますね。


案内Aの方は
・ウェブ版だけの購読
・ウェブ版と印刷版のセット購読
の2つの選択肢があります。


案内Bの方は
・ウェブ版だけの購読
・ウェブ版と印刷版のセット購読
に加えて
・印刷版だけの購読

という選択肢です。


ここでのポイントは
「価格」。


案内Bの方では、
「印刷版のみの購読」と
「ウェブ版と印刷版のセット購読」が
同じ値段なんです。


つまり、
「印刷版のみの購読」のオファーが
おとり商品になるわけですね。


先程言ったように、
脳は比較をするのが得意です。


なので、
同じ値段なら
「印刷版のみの購読」よりも
「ウェブ版と印刷版のセット購読」
の方がお得だと


脳が(勝手に)判断してしまう
ということが実証された実験でした。


これは、どんなビジネスでも
応用できます。


例えば美容院なら、


・カット 3000円
・トータル地肌ケアパック 10,000円
・カットとトータル地肌ケアパック 10,000円


という風に、
低価格のサービスと
高価格のサービスを組み合わせ、
価格を同じにすることで、


「トータル地肌ケアパック」を
頼んでくれるお客さんが
増えると思います。


ぜひあなたのビジネスでも
この「おとり商品」を
使ってみてください。


P.S.

この本
『脳科学マーケティング100の心理技術』では、

今日紹介した「おとり商品」のような
すぐに実践できて効果が出る
テクニックが100個掲載されています。

もしあなたが
脳科学に裏付けられた
効果的なマーケティングを
実践していきたいなら

是非読んでみてください。

『脳科学マーケティング100の心理技術』の詳細を確認する

「脳科学マーケティングのエッセンスが1冊に凝縮!」

通販の仕事をしており、
ニューロンマーケティングに関しては、
もう10冊以上
いろいろな本を読んできたが、
そのいろいろな本のエッセンスが
1冊に凝縮されている感じでした。

それでも、
アンカー価格、
キラーフレーズを持つ、
かわいそうな子供の話をする
等は、新しい発見で
とても勉強になりました。

もっと、早くに
この本を読みたかったです。

段階をおって勉強したい人には、
あまりおすすめできません。

1冊で脳科学マーケティングの全貌が
分かってしまうといって過言ではないと思います。

これは
『脳科学マーケティング100の心理技術』の
読者 KANATAさんの感想です。

『脳科学マーケティング100の心理技術』の詳細はこちら

通常3700円の書籍が
期間限定で2980円

脳科学マーケティング100の心理技術

posted by sroffice at 11:00 | マーケティング

2020年04月24日

1/3

『大富豪の投資術』という本 に
こんなことが書いてあります。

>経済的な鎖を断ち切る方法その1
>支出を減らす。それも大幅に

これがマーク・フォードの言う
7年で経済的自立を手に入れるための
最初の提案です。


今、武漢発新型コロナの影響で、
仕事が減ったり収入が減ったり、
先行きの不透明感の中で、

「支出を減らさないと、、」


考えている方も多いかもしれません。
お金って本当にしっかりチェックしておかないと、
どんどん減ってしまいますもんね。


なので、、、この機会に
自分が(家族が)何にお金を使っているのか?
と、支出を書き出して、

「(不要な)支出を減らす」

ことに着手する
良いタイミングではないでしょうか?


ただし、、この本の続きを読むと、
ビックリするのが、

>あなたに必要なのは、大きな、大きな鉄槌である。
>私のアドバイスは、支出を30~50%削減することだ。

と書かれていることです。
さすがに生活費をそんなに削減するなんて難しい
って思いますよね。

とはいえ、たとえ10%でも20%でも
支出額を把握して、
支出を減らすことに着手できれば、

1年、2年、5年と長い期間で見れば、
かなり大きな差になってきます。

(資産を)増やすことも
(支出を)減らすことも

短期的にみれば、
劇的に生活を変えてくれるわけではないかもしれませんが、

長期で取り組むことで
きっと大きな差になると思います!


具体的な方法は、
『大富豪の投資術』に書いてあります。
ぜひ読んでみてください^^

『大富豪の投資術』

ファン
検索
<< 2020年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
マネーゲーマーという生き方 トレンドに乗れない人が相場に勝つための秘密の投資法 30代で大富豪になったマークの告白