2020年07月07日

「生活費は月8000円でいい」

少し前、東洋経済ONLINEに

『40代男性「生活費8000円」
田舎暮らしで得た快感』

という記事がありました。


この男性は、
東京都内の新聞配達会社で
20年間働く中で、


外食やコンビニ弁当、
友人との飲み代などで
月の支出が15万から20万円。


給料も高くはなく、
時間を切り売りするような生活に
嫌気が差して、


昔からの夢だった
田舎暮らしを始めることにしました。


・食事はコメ以外家庭菜園
・移動は自転車
・水道光熱費は月々1000円未満
・携帯はソーラーパネルで充電


などなど、
できるだけお金を使わない生活を
心がけることで


月々の生活費が8000円で
収まる生活を送っていて、


年間5000円で
入りたい放題の温泉や
ギター、料理などを趣味に
ゆったりとした暮らしを
しているそうです。


この40代男性にとっての
お金に困らない幸せな暮らしは
たった8000円で手に入る
ものだったんです。


家の修繕費や健康のことなど、
懸念がないわけではないのですが、


自分が満足できる暮らしを
しっかりと把握できている方だな
という印象を受けましたね。


大富豪の考え方に
照らし合わせてみると


「資産や収入の額ではなく、
収支が健全かどうか」が
何よりも大切ですが、


この方は支出をほとんど
なくすことで、
お金の心配をしない暮らしを
手に入れています。


あなたも、
「自分や家族が得たい
本当の幸せとはなにか?」を
考えることで、


お金を浪費しないスマートな暮らしを
手に入れることができるかも
しれませんね^^


もしお金についてしっかりと
考えてみたいということであれば、
『大富豪の投資術』という本を
読んでみてください。


『大富豪の投資術』

大富豪の投資術

posted by sroffice at 21:00 | 投資術

1冊を10分で読み切る秘密の読書メソッド

「もっと早く  本が読めたらなぁ」
そう思う時ってありませんか?

特に、「読みたい!」と思って
買った本が読めてない時って
そう思いますよね…。

こんな時は
「書籍代を無駄にしてしまった…」 と
凄く残念な気持ちになりませんか?

それとは反対に、

本の内容がサッと理解できて、
1冊10分で本が読めるような人って
いませんか?

彼らと私たちは
一体、何が違うのでしょうか?

それは、本を早く読む
“速読技術”を知っているか
どうかでした…
↓↓
1冊を10分で読み切る
秘密の読書メソッドとは?


フォーカス・リーディング習得ハンドブック


posted by sroffice at 17:00 | 速読

臆病な起業家「6つの戦略」

「自分のビジネスをもちたい、でも
 最初の一歩を踏み出すのが怖い」


コロナの影響に伴い、

起業への関心が増える一方で、
起業へのリスクと不安で手が止まる人も
少なくありません。

しかし、

なぜ、ビジネスを始めることは
怖いと感じるのでしょうか?

それは、

ビジネスで成功するためには、

・画期的なテクノロジー…
・ビジョンあふれる革新的商品…
・リスクを恐れない覚悟…

が、必要だと『勘違い』し、
自分でハードルを上げてしまっている人が
あまりにも多いからです。

そして、

真実はまったく”逆”なのです。

・時代に先駆ける者は報われず
・革新的すぎる商品は受け入れられず
・リスクを恐れない心は失敗する確率を
 引き上げます…


実は、多くの成功者は
無鉄砲でリスクを無闇にとる…
ようなタイプではありません。

一般的な起業家のイメージと
真の成功者の姿には、
多くのズレが存在しています。


たとえば、、、


================
ビジネスを成功させる上で、
最も安全で確実な方法
================

起業で成功する方法は、
前代未聞のビジネスアイデアを思いつき、
全財産を注ぎ込むこと…ではありません。

むしろ、ゆっくりと進めること。

ビジネスに必要となる資金や人材などの
リソース を少しずつ集め、人脈を作り、

ビジネスプランを練り上げて、
立ち上げたビジネスが十分利益をあげ、
給料がなくてもやっていけるようになるまで

『本業を辞めない』ことなのです。

そして、

================
仕事を続けながら、新ビジネスを
成功させるために必要なこと
================

ダン・ケネディ含め100万人以上の
起業家に影響を与えてきた大物起業家、
マイケル・マスターソンは、


================
“自分がよく知っている業種に
関係したビジネスを始めること。

そして、その分野について
時間を惜しまず徹底的に勉強すること。”
================

と言っています。


つまり、

自分が過去に時間やお金を使ってきたこと、
経験してきたことを土台にして
ビジネスを構築せよと言っているのです。


しかし、多くの人は

5年、10年と、
自分が今までやってきた経験とは
まったく関係のない、

面白そうな分野、興味のある分野に
手を出してしまいます。

自分が知らない分野で
ビジネスを立ち上げたら、

当然、成功する確率は、
下がってしまいますよね。

“過去の延長線上で、
自分のビジネスを構築する。”
これが勝率を上げる鉄則になります。


ここに挙げたのは、
多くの人が一番最初に犯す
間違いの典型例ですが、


もし、あなたが


不要なリスクに手をかけることなく
安全、着実に自分のビジネスを
立ち上げたいのなら、


数多くの起業をゼロから成功に導いた
一級ビジネスマンの起業術を
こちらからチェックしてみてください…

 ↓ ↓ ↓
臆病な起業家が、
土台をつくる6つの戦略


posted by sroffice at 10:00 | 起業・経営
ファン
検索
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
マネーゲーマーという生き方 トレンドに乗れない人が相場に勝つための秘密の投資法 30代で大富豪になったマークの告白