2020年05月06日

自分の時間を確保するための時間の使い方

GW最終日ですね。

今年のGWは、
どんなことをして過ごしましたか?

仕事は休みだけど、
コロナでどこにもいけないから、
かなりゆっくりした時間を
過ごした人も多いと思います。

強制的にではありますが、
こうやって落ち着いた時間を
確保できるっていうのも良いですよね。

リラックスしたり、読書したり、
今後の戦略や方針を考えたり、、、

などなど、
自分がしたいことだけに
集中できた人も多いと思います。

でも、
明日から仕事が再スタートするので、
こんなに自分の時間を確保することは
難しくなると思うんですが、、、

1つ、
明日からも自分の時間を
確保するためのヒントになる
ある考え方をシェアしたいと思います。


タイムマネジメントの分野では、
「タスクに優先順位をつけなさい」
というものが多いですよね。

名著「7つの習慣」でも語られていますが、
重要なことだけにフォーカスして、
重要でないことをやらないために、
タスクに優先順位をつける

というのが、主流の考え方です。


でも、実は、この考え方だけだと、
自分の時間を確保できないんです。

というのも、
基本的にあなたが抱える仕事は
全部重要なものなので、、、、
いくら優先順位をつけても、
あなたの時間を使い切るまで
タスクに追われることになるんです...

なので、
どれだけ優先順位をつけて、
素早くタスクを消化していっても、
自分の時間を確保することはできません。


じゃあ、どうしたらいいか?


それは、
タスクの優先順位をつけるときに、

「明日の時間を節約するタスクはどれか?」

という質問をしながら
優先順位をつけていくんです。

通常は、

■重要なことは何か?
■緊急性のあることは何か?
■重要じゃないことは何か?

という3つの指標で考えますが、

「明日以降の自分の時間を
 確保するために役立つこと」

に、今日の時間を使うんです。

例えば、、、

・自分がしている仕事の1つを部下に引き継ぐ

これは、引き継ぐのに
今日の貴重な時間を使いますが、
長期的には、あなたの時間を
かなり節約してくれることになります。

もし、
月〜金の毎日30分かかっているタスクを
引き継ぐことに成功すれば、
月に600分(10時間)の時間を
節約することができます。

もし、 あなたの時間が月10時間も増えたら、
もっと仕事の成果を高めることが できますよね。

こんな感じで、
「明日以降の自分の時間を節約するタスク」を
1日1つでも意識的に実践していくことで、
徐々に自分の時間を増やしていくことができるんです。

個人的に、
とても新しい考え方だったので、
シェアさせて頂きました^ ^

この『時間投資思考』という本には、
自分の時間を増殖させるための、
より具体的な考え方やメソッドが
たくさん詰め込まれています。
よかったらこの機会に読んでみてください。

『時間投資思考』の詳細はこちら

時間投資思考

posted by sroffice at 18:00 | 起業・経営

たったこれだけで売上が増える?

「値付けは経営」と言われます。

つまり、商品の値段の決め方によって
あなたのビジネスに影響を与えて、
販売数、売上や利益が大きく変わるということです。


極端な話で言えば、

同じような機能の商品やサービスを売っていても、
価格設定の仕方で結果が全く違うということです。

なので、
価格設定は非常に重要です。

そしてちょっとした価格設定の違いが
売上や利益の面で
大きな違いを生む可能性があるのです。


例えば、
こんな価格設定の方法で売上や利益を
増やすことができます。


マーケターが企業の商品提供方法について
計画を立てる場合、

最も論理的な方法で提供しようとするのが常だ。
1つの商品をいくつかのレベルに分けて
提供することもあるだろう。


必要最小限の装備しかついていないバージョン、
標準バージョン、より機能を充実させたバーション、

さらに上を行く「ベスト」バーションが
あるかもしれない。

これらの商品の価格設定は通常、
レベルによってかなり違いがあり、

おそらく一部、相対的な製造原価に
基づいて決められている。

<中略>

ハイエンドの最新モデルは、
それ自体の売れ行きは悪くとも、
製品ラインナップ上2番手のモデルの売り上げを
伸ばせる可能性があるという例だ。

あるとき、
小売業者のウィリアムズソノマ社が
275ドルのパン焼き器を売り出した。

その後、同社は製品ラインに1.5倍の価格で
大型モデルを追加投入した。

値が張る大型モデルはあまり売れなかったが、
安いほうのモデルの売り上げは倍増した。

いったい何が起きたのか?簡単に言えば、
高価格のモデルを投入したことで、
それまで最も高価だったモデルが妥協案、

すなわち極端に高くもなく低くもない
中道の選択と定義されたのだ。

もはや買う側は製品ライン上の
「最高級品」にお金をかけすぎている状態ではなくなり、
むしろ賢く現実的な選択をしていることになる。

小売業者がより高価なパン焼き器を
追加投入する前だったら、
顧客はもっと価格の低い商品を買って
妥協していたかもしれないし、

ことによると
何も買わずに済ませてしまった可能性さえある。

二番手価格の商品が選ばれる

スタンフォード大学が、

消費者のグループに購入するカメラを
選ばせる実験を行った。

第1グループはフル装備のカメラと
そうではないカメラの2つから1つを選択する。

第2グループは前述の2つのカメラと、
さらに高性能のモデルを加えた3つから1つを選択する。

第1グループでは、2つのモデルの間で選択が
約半々に分かれた。

しかし第2グループでは、最も安いモデルはほとんど売れず、
2番目のカメラのほうが売れ行きがよかった。

とても高価なモデルを追加したことで、
2番目のカメラが合理的な妥協案と映ったのだ。

(『脳科学マーケティング100の心理技術』より)

脳科学マーケティング 100の心理技術

このように最上位モデルに安定した商品が
すでにある場合、
より高価格の商品をラインナップに加えることで、
既存の商品の売り上げがいっそう伸びるのです。

もちろん、新たに加えた高級アイテムは
品質のよさそのものによって市場から
支持されるかもしれません。

そうなった場合、さらに高価な、
超高級モデルを導入することで収益が増加する
可能性もあります。

また、たとえハイエンドの新商品が目覚ましい
売り上げをもたらさなくとも、
2番手や中価格帯の商品の売り上げを伸ばすこと
になるかもしれません。


なので、あなたも自分の商品に
ハイエンド商品の追加してみてください。

そうすればより短期間で全体の売上を
伸ばすことができるようになる、
ということです。



今日紹介したのは
効果が実証済みの脳科学に基づいた
100個のマーケティング手法のうち、
10個ある価格設定の方法のたった1つです。

賢い経営者やマーケターは意識的に
そんな手法を使っているので、
競合が多い状況の中でも、
自社の商品やサービスを見込み客に
選んでもえるのです。

あなたもそんな賢い経営者やマーケターの
仲間入りをしたいなら、

ぜひ脳科学マーケティングを使った
100個のテクニックを学んでみてください。

『脳科学マーケティング100の心理技術』の詳細はこちら

脳科学マーケティング100の心理技術

posted by sroffice at 12:00 | マーケティング
ファン
検索
<< 2020年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
マネーゲーマーという生き方 トレンドに乗れない人が相場に勝つための秘密の投資法 30代で大富豪になったマークの告白