2020年07月10日

反応を取る広告を作るための本


現代広告の心理技術101

この本『現代広告の心理技術101』を読めば、
広告をより効果的にするための
以下のことを学ぶことができます。

1. 人が何を求めているのか。
2. 人は自分の求めているものをどう思っているのか。
3. なぜ人はそういう行動をとるのか。

それがわかれば、次のことが可能になります。

1. 顧客を満足させる方法がさらにわかる。
2. より多くの人にモノを買いたいと思わせることができる。
3. 良質な製品をより多くの人々のもとに届けられる。
4. 人々の生活により多くの満足感をもたらす手助けができる。

著者のドルー・エリック・ホイットマンは、
長年の経験と広告データから

人が広告を見るときにどういう心理が働くか
という広告行動心理を徹底的に研究し、それを

相手の頭の中に入る消費者心理の17原則
買わずにいられなくする41のテクニック

にまとめました。

この本は、その広告の心理学を追求した一冊です。

ビジネスやマーケティングで
お金を稼ぐ人には非常にためになる内容です。

『現代広告の心理技術101』の詳細はこちら

現代広告の心理技術101


posted by sroffice at 10:00 | 広告

2020年07月09日

チラシでお金を失うなんてもううんざり?

ちょっと想像してみてください。

あなたは美容院の社長です。
集客は主にチラシと紹介。
1人で美容院を運営しています。


4カ月前
あるチラシを打ちました。

ポスティングに5000枚。

自信満々。
「これならお客さんが殺到するだろう」
と思い作成。


チラシを出した日
電話が鳴り止まずに
仕事の邪魔になるんじゃないか?


予約が入りすぎて
1人では回せなくなってしまい
せっかくチラシで来てくれた人を
断らないといけなくなってしまうんじゃないか。


お客さんがたくさん来ることを
想像して楽しみにしていたが



一カ月たっても電話は来ない。
新規のお客さんも
今のお客さんからの紹介だけ。


貴重なお金を捨ててしまった。

次のチラシも失敗したらどうしよう。。。



でも、今は違います。

チラシを打てば
チラシの費用を回収できるくらいの
お客さんが新規で来店。


リピートもしてくれるので
次回来店時から利益に直結。


お金にも余裕が少しずつできて
休みの日にセミナーに行ったり
ちょっと良いレストランに行ったり。


今日のあなたは4カ月前の、
「チラシでお金を失うのが怖い」
という気持ちとは違います。


チラシを打つと新規客が
ある程度来ることがわかっているので
安心してチラシを打つことができます。


さて、
この4カ月の間で何があったのでしょうか?

チラシをどんなふうに変更したのでしょうか?
何を書いたのでしょうか?
どんな「心理」を突いたのでしょうか?



それは、、、

続きはこちらへどうぞ

posted by sroffice at 10:00 | 広告

2020年07月08日

一瞬で信頼される心理技術

時間をかけてコツコツ
信頼を築いては損をしてませんか?

この心理テクニックを使えば
一瞬で信頼を持たせることができます、、

もしかするとこの方法を
ちょっとずるいと思う方も
いるかもしれないので、
その点は注意して下さい、、

通常、信頼というのは
時間をかけてじっくりと、

小さなことの積み重ねで
苦労して作り上げていくもの
と思われています。

しかし、
心理学を応用した
ちょっとしたテクニックを使えば
「強制的」に信頼を
もたせることができます。

しかも、今すぐ。一瞬で、、

いったい、
どうすればいいのでしょうか?


見込み客を感動させた101人の証言

「101のサクセスストーリー」
というフルカラー 4ページの
パンフレッ トを見込み客に送った。

ご想像どおり、
同社のサービスに満足した
101人の証言と写真を
紹介したものだ。

(中略)

あまりにたくさんの
賞賛コメントが載っているので、
パンフレットを読み終える頃には
(あるいは、単に目を通し終える頃には)、
読者の頭はクラクラ になっている!

(『現代広告の心理技術101』より)


現代広告の心理技術101

これを見た見込み客は、
「うわっ、情報が豊富だ。」

と感じ、
そして本人も意識していない内に
思ってしまいます、、

「きっと正しい情報に違いない。
信頼できる!」と、、

資料をすべて読む人なんて
ほとんどいません。

ここで重要なのは
質ではなく「量」です。

これは心理学用語でいう
「ヒューリスティックス」
というものです。

これ自体は全く
覚える必要はありませんが、
こういう心理効果が働いています。

だから食べログでも
コメントが多い店に
興味を惹かれますし

Amazonでも
よりレビュー数が多い商品を
選んでしまいます。

その中身を全部見ている人は
おそらく0.1%もいないでしょう、、

あなたのビジネスでどうやって使えるか?
ぜひ考えてみて下さい。

これは『現代広告の心理技術101』の
「原則17 ヒューリスティック」
から引用した一部です。

さらにこの本ではヒューリスティック以外にも
ビジネスで使える100個の心理技術があります。

『現代広告の心理技術101』の詳細はこちら

現代広告の心理技術101


posted by sroffice at 10:00 | 広告

2020年06月21日

ユニクロ"夏"マスクに学ぶ販売戦略

ユニクロが6月19日に販売開始した
エアリズムマスクですが、、、

販売開始した直後から
購入希望者がサイトに殺到して、
あっという間に完売になったと!


4月の決算発表会では、
「服を売るのが本業でマスクの製造は考えてない」
と発言していて他社よりも遅れていたにも関わらず、
これだけの大ヒットを生み出せたのは流石ですよね。


すぐに全国展開できる体制と、
「エアリズム」というユニクロにしかない強力な強み
があるからこそ出来たやり方かなと思うんですが、


僕たちでも真似できる
シンプルだけど強力な販売戦略も使ってたので
シェアさせてください。


それは、、、
オンライン販売ページにあるこのお詫び文

「6月19日(金)発売の
 エアリズムマスクの店頭販売において、
 欠品が相次いで、ご迷惑をおかけしておりますことを
 深くお詫び申し上げます。

 またオンラインストアにおいても
 6月19日(金)分は完売いたしました。
 ご期待くださったお客様には
 ご迷惑をおかけしておりますこと、
 重ねてお詫び申し上げます。

 現在、継続的に増産しておりますので、
 入荷次第、順次販売いたします。
 今、しばらくお待ちくださいませ。」


普通のお詫び文に見えますが、
ある強力な心理トリガーを使って
メッセージを発信してるなと思いました。


これは「希少性」という
心理トリガーを使っていて、、、


「人はいつでも簡単に手に入る商品よりも
 中々手に入らない状況にある珍しい商品の方が
 欲しくなってしまう、、、」


という人間の特性を利用しています。


お詫び文として掲載しているので、
全く売り込みをされているように感じませんが、
買えない状況だと知ると
ますます欲しくなってしまいます...


さらに柳井社長は、

「今日からリリースするマスクは、
 全国で50万点しかありません。
 ただし、毎週50万点ずつ入ってきます。
 ぜひ、お買い求めいただければ。」

と、リリース当日にメディアに発言していました。


社長自らアピールしているあたり、
狙ってやってる感じがしますよね(笑)


これは、僕の予想ですが、
本当はもっと生産できるけど、
敢えてなくなるギリギリくらいの生産数に
抑えてるんじゃないかと、、、


それで意図的に売り切れ状態にすることで、
希少性の心理トリガーを使えるようにしてる
と思うんです。
(あくまでも僕の個人的な推測です)


こういう裏側を想像すると、
ちょっと冷めてしまう感じもしますが、、、

もし個数が限られている商品を販売するなら
それをアピールするだけでもかなり効果的なので、
是非、使ってみてください^ ^


セールスで使える心理トリガーは、
この本が学びやすいです。
まだ持ってない方は、
こちらから入手してみてください。

詳細はこちら

posted by sroffice at 11:00 | 広告

2020年06月07日

意図的に衝動買いさせる魔法の技術

「つい、買ってしまうんだよな…」

あなたもこんな
衝動買いをしたことが
一度や二度はあるのでは
ないでしょうか?

実は僕もよく衝動買いを
してしまうタイプで、、

先日もAmazonで本を
一気に10冊近く購入
してしまいました…

もともと買う予定なんか
全く無かったのに、、

なんか急に欲しくなって
買ってしまうんですよね…


ところで、、
本の売り上げを
一番左右するものは何か?

あなたはわかりますか?

書籍の価格?
それとも中身?
あるいは表紙のデザイン?

実は、、、

本のタイトルです。


これはある本屋で、
行われた実験なのですが、

内容が全く同じ本なのに
片方は、5000冊、

もう片方は、、、

なんと10倍の
5万冊も売れたんです。

書かれている内容は全く同じ。

なのに、、
タイトルが違うだけで、
10倍の売り上げの違いが
生まれたんです。


では、ここで
あなたにクイズです。

次のうち、、、

5万冊売れた本は
どっちだと思いますか?
A、ふさふさの金髪
B、ブロンドの恋人を探して

、、、、

、、、

、、



答えは、、、

Bの
”ブロンドの恋人を探して”です。

このタイトルの本が、
売上5万冊を超えたんです。


もしAのタイトルにしていたら
10分の1しか売れなかった
ということを考えると、、

タイトルが与える影響は
本当に大きいですよね。


でも、なぜ本のタイトルを変えただけで
このような違いが生まれたのでしょうか?


その秘密は、
『現代広告の心理技術101』にも
書かれている”LF8(Life force 8)”
にあります。

================

【LF8とは、、、】

これは、人間が生来持っている
8つの基本欲求のこと。

1、生き残り人生を味わい、長生きしたい。
2、食べ物、飲み物を味わいたい。
3、恐怖、痛み、危険を免れたい。
4、性的に交わりたい。
5、快適に暮らしたい。
6、他人に勝り、世の中に後れを取りたくない。
7、愛する人を気遣い、守りたい、
8、社会的に認められたい。

================

この8つの基本的欲求に
訴えかけることで、
商品の売れ行きが10倍も
20倍も変わるんです。

そうです。

5万冊売れた本にも、
このLF8が使われていました。

今回使われていた心理技術は、
4の欲求に訴えかけていたんです。

これらの8つの心理技術を
具体的にどのように自社の商品に
適応すれば商品を10倍、20倍
売り上げを増やすことができるのか?

その一例が、
こちらのページに書かれています。
↓ ↓ ↓
LF8の使い方の一例はこちらをクリック



このLF8のうち、
どれか一つだけでも、
あなたの商品に使うだけで、
あなたのお客さんに、

意識しなくても商品を好きなったり、
無意識のうちにあなたの商品が欲しい!
そう思わせてくれるようになります。

ですが、この方法は、
人を無意識のうちに、
操ってしまう効果があるので、
絶対に悪用しないと誓う方だけ、
こちらのページをご覧ください。
↓ ↓ ↓
悪用厳禁の心理技術はこちら


PS.
僕もこのLF8のせいで
本を衝動買いしていました。
これは本当に強力ですね笑
↓ ↓ ↓
意図的に衝動買いさせる魔法の技術


posted by sroffice at 17:00 | 広告

2020年03月09日

人手が足りない...このままじゃ、、、

深刻な人手不足…


人が足りないから、
仕事が大変になる、、、


仕事が大変だから、
従業員が辞めていく、、、


さらに仕事が大変に、、、


人手不足の問題は、
本当にヤバイですよね...


帝国データバンクの調査によると
人手不足で倒産する企業が、
過去5年で2.5倍にも
増加しているそうです。


かといって、
求人広告に何十万円もかけても、


・全然人が来ない
・賃金を上げても来ない
・来ても変な人ばかり


いったいどうすればいいのでしょうか?


実は、
求人広告も普通の広告と同じで、
ちょっとしたテクニックで
効果を上げることができるんです。


それは、、、


本能的な欲求を刺激する


ということです。


例えば、
飲食店や小売の求人を書くなら、


「自分の店を持ちたいと思いませんか?」
「一生仕事に困らないスキルを身につけたいと
思いませんか?」


と、欲求に訴えかけるんです。


他の求人広告が、
「社員募集。月給25万円」
みたいな、ありきたりな広告しか
出さない中で、


人が持つ欲求に訴えかける
求人広告を出せば、
ものすごく惹かれますよね。


さらにそこで、
あなたがどんな人材を求めているのか
あなたの会社で働けば、
その人はどんな環境が待っているのかを
具体的に書くだけで、


優秀な人材、価値観の合う人材が
どんどん入ってくるようになるでしょう。


求人広告でうまくいかないと
感じているなら、ぜひ今日からでも
実践してみてくださね。


PS.
求人広告の反応を劇的にあげるなら、
『現代広告の心理技術101』が
おすすめです。


余計なお金がかからない
すぐに使える101のテクニックを使えば、
きっと優秀な人材が
どんどん集まってくると思います。

『現代広告の心理技術101』の詳細はこちら

3月9日までの特別価格
通常3700円の本が解説動画と合わせて1980円


現代広告の心理技術101


posted by sroffice at 16:00 | 広告

2020年03月08日

呪いのテナント

マンション・公団の1階に、
焼肉屋さんや
歯医者さんなどの

テナントが入っているのを
見たことがありますか?


僕の住んでいる
マンションにも
そういったテナントが
いくつかあります。


その1つに、、、


「絶対に潰れる
呪いのテナント」が
あるんです…


まわりのテナントは
結構長く続いているんですが、


マンションの一角、
しかも見晴らしも
人通りも一番いい一角に
ひとつだけ。


いろんなお店が
できては消え、
できては消え…


僕はそのテナントを勝手に
「呪いのテナント」と
名付けています(笑


そして最近、
そのテナントに新しく
鍼灸整骨院が入りました。


プレオープンの日に
整骨院の前で、


従業員の方が
チラシを配っているのを
受け取って


家で眺めていると、
結構よくできたチラシだなと
感心しました。


その鍼灸整骨院は
「足専門」を謳っていて、


チラシの中央にはでかでかと
「無料施術体験会」
の文字。


しかも、
各日30名様限定で
希少性の原則も
きっちり押さえています。


「どんな施術体験会なんだろう?」


と、気になって
その下に書いてある
体験会の中身を見ると、


思わず声を上げてツッコんで
しまいました(笑


その内容は、、、


「歪みチェックと背骨矯正治療を
無料で体験できます」


、、、
、、



「足の治療と違うんかーい!!」


体の歪みは
もちろんちょっと気になるんですが、


それよりも
足の治療と関係のなさそうな
背骨矯正治療をなぜやるのか


気になって仕方なくなってしまって
早速電話をかけました。


そして、
整骨院に行って
問診が終わった瞬間に
整体師さんに


「なんで足専門なのに
背骨矯正なんですか?」
と聞いたところ、


おもしろい答えが
返ってきました。


「普通足が痛いとか
腰が痛いっていうのは、
痛みの箇所に問題があると
思われがちなんですが、


実は体全体の
骨や筋肉の歪みが
原因なことが多いんです。


だから、
僕らは足の専門家ですけど、
体全体を見てるんです。」


なるほどなーと
感心する一方で、


「チラシに書けばいいのに」
とも思いました。


というのも、
『現代広告の心理技術101』という本に

現代広告の心理技術101

「恐怖を使って売る」という
方法があるんですが、


それをそのまま使えそうだなと
思ったからです。


そこで今回のメールでは、
この整体院を例に


「恐怖を使って売る」方法を
ご紹介しますね。

==============
恐怖を誘導する4つのステップ


1.恐怖を覚えさせる


僕はチラシを読んだ時
全く恐怖を感じていませんでした。

(ちょっと姿勢の悪さを
気にしていたくらいです)


なので、僕みたいな
今問題を抱えていない人に
アプローチするには


もうちょっと高度な
技術が必要になるのですが、


もし「現在すでに足に
問題を抱えている人」を
ターゲットにするなら、


「今、足に痛みを
感じていませんか?


それを我慢して放っておくと
満足に歩けなくなるかも
しれません」


と、
問題を放置すると
こんなにひどいことになると
読み手の頭のなかで
イメージを膨らませます。



2.何をすればいいのか行動案を提示する


「まずは当院の
無料施術会にお越しください」


はっきり提案をすることで、
読み手が何をすればいいか
明確に伝えます。



3.行動案が脅威を軽減するのに
効果的であると認めさせる


4.メッセージの受け手が
その行動案を実行できると
信じさせる


3と4は一気にいきます。


「実は、
足の痛みの本当の原因は、
足だけにあるのでは
ありません…


身体全体の歪みが
足や腰の痛みを引き起こして
いるんです。


無料施術会で、
あなたの痛みの
本当の原因を探り出し
痛みのない生活を
取り戻します」


ここでは、
読み手が知らなかった
「本当の原因」を伝えることで
信頼性を作り出しています。


そして、
無料施術会に来れば
何をしてもらえるのかを
伝えることで、


読み手は今感じている恐怖を
軽減できると思うでしょう。
==============


このように、
「恐怖を使って売る」という方法を
取ることで、


読み手が
「なぜこの整骨院に
こなければならないのか」
ということを
感情的に伝えることが
できます。


あなたのビジネスでも
お客さんが感じている恐怖を
トリガーにして売ることができれば


きっと、
かなり反応がよくなると思うので、
ぜひ試してみてくださいね。


P.S.


今回行った整体院、
かなり信頼できそうだったので、
「呪いのテナント」伝説は
この整体院が覆してくれる
ことでしょう(笑


P.P.S.


『現代広告の心理技術101』では
今日紹介したような
心理テクニックが


101個載っています。


まだ持っていない人は、
手元に1冊あると何度でも
使い続けられるので


ぜひ試してみてください。

『現代広告の心理技術101』

現代広告の心理技術101



posted by sroffice at 11:00 | 広告

2020年03月07日

ブロンドの恋人を探して

本の売り上げを
一番左右するものは何か?

あなたはわかりますか?

書籍のタイトル?
中身?
表紙のデザイン?

実は、、、

本のタイトルです。

ある本屋さんで、
実験が行われたのですが、
結果、全く同じ内容が書かれいる本で、
片方は、5000冊、

もう片方は、、、

なんと10倍の5万冊売れました。

書かれている内容は全く同じ。
タイトルが違うだけで、
10倍の売り上げの違いを
生み出すことに成功したんです。


では、あなたにもクイズです。

次のうち、、、

5万冊売れた本はどちらでしょう?

A、ふさふさの金髪
B、ブロンドの恋人を探して

、、、、

、、、

、、



もしタイトルを変更していなければ、
10分の1しか売れなかったということなので、
タイトルが与える影響は非常に大きいですね。

あなたはどちらが、
5万冊売れた本かわかりましたか?

答えは、、、

Bの
”ブロンドの恋人を探して”です。

このタイトルの本が、
売上5万冊を超えたんです。


でも、このような違いが
本のタイトルを変えただけで
なぜ生まれたのでしょうか?


その秘密は、
『現代広告の心理技術101』にも
書かれている”LF8(Life force 8)”
にあります。

【LF8とは、、、】

これは、人間が生来持っている
8つの基本欲求のこと。

1、生き残り人生を味わい、長生きしたい。
2、食べ物、飲み物を味わいたい。
3、恐怖、痛み、危険を免れたい。
4、性的に交わりたい。
5、快適に暮らしたい。
6、他人に勝り、世の中に後れを取りたくない。
7、愛する人を気遣い、守りたい、
8、社会的に認められたい。

(『現代広告の心理技術101』より)

現代広告の心理技術101

この8つの基本的欲求に
訴えかけることで、
商品の売れ行きが10倍も
20倍も変わるのです。

そうです。

5万冊売れた本にも、
このLF8が使われていました。

今回使われていた心理技術は、
4の”ロマンスを求める”欲求です。

これらの8つの心理技術を
具体的にどのように自社の商品に
適応すれば商品を10倍、20倍
売り上げを増やすことができるのか?

その一例が、
こちらのページに書かれています。
↓ ↓ ↓
『現代広告の心理技術101』の詳細はこちら



PS
このLF8のうち、
どれか一つだけでも、
あなたの商品に使うだけで、
あなたのお客さんに、

意識しなくても商品を好きなったり、
無意識のうちにあなたの商品が欲しい!
そう思わせてくれるようになります。

ですが、この方法は、
人を無意識のうちに、
操ってしまう効果があるので、
絶対に悪用しないと誓う方だけ、
こちらのページをご覧ください。
↓ ↓ ↓
『現代広告の心理技術101』の詳細はこちら


PPS
実は僕も、このLF8を知らないうちに
使われていて、実際に商品を買ったりしました。

買ったりした…というより、
気づいたら、これがないとダメだ!
という具合にまんまと
ハメられていたわけです。。。
そのぐらい、この本の中で出てくる
心理技術は危険なものです。

なので、”絶対に”悪用しない!と誓える方だけ
こちらをご覧ください。
↓ ↓ ↓
『現代広告の心理技術101』の詳細はこちら

現代広告の心理技術101


posted by sroffice at 18:00 | 広告

2020年03月06日

[Quiz]どっちが売れた広告?

ハンドラベラー

ハンドラベラー2

2つの広告の画像を載せました。

これは、2つとも同じ商品を売っている広告です。
商品は、ハンドラベラー。

スーパーの店員さんが特売シールなんかを
貼るときに使う、あれです。

この2つの広告で、売上に大きな差が出たのですが、
どちらの広告が良かったか、あなたは分かりますか?

(ぱっと見で判断してください。
中の文章とかは、読む必要ありませんw)

・・・
・・・
・・・

どちらか決めましたか?
それでは、答え合わせです。

正解は、、、



下の方の広告が、売れました。

しかも、10倍以上の差が出たんです…

商品は何も変えていません。
広告を変えただけで10倍の差…
信じられませんよね…



なぜ今日、この2つの広告を
あなたにお見せしたかと言うと、
実は上の広告、広告マンの多くが
やってしまっている決定的な間違いをしているのです。

それを伝えるために、この例を挙げました。



ほとんどの人がどうしてもやってしまう
決定的な間違い。それは、、、

受け狙いの広告を作ってしまう
という間違いです。

実は、上の広告は、
プロのアートディレクターが作った広告だそうです。

きっとこのアートディレクターは、
これまでに何本も広告を作っていて、
今回の広告を作るにあたって、

「普通の写真を載せても面白くない」
「もっと独創性にあふれたものにしよう…」

とでも思ったのでしょうか?

そして結果的に、
一目見ただけでは何かわからない
イラストが採用され、

ヘッドラインには、

「角に入りー
そこから出てくるガン」

という、とても独創的で ^^;
よくわからない文言が使われました。



もしあなたも広告を作ったり、
チラシを作ったりしたことがあるなら、
これ、心当たりありませんか?

●ちょっとオリジナリティを出してみよう
●もう少しひねった言葉を使ってみよう
●クスッと笑うような言い回しを使ってみよう

これは、もしかしたら、
先の例のような間違いをしている
合図かも知れません。



今度、広告やチラシを作る前、
自分にこう言い聞かせてください。

広告の目的は、
「気が利いてるな」と思わせることではなく、
「欲しい!」と思わせること。

これ、言葉で言われたら、
すぐ納得できるんですが、

いざ広告を作ろうとすると、
「上手いと思われたい」
というエゴがついつい出てしまうんですよね…



広告の目的は、
「気が利いてるな」と思わせることではなく、
「欲しい!」と思わせること

「売れる広告」が「素晴らしい広告」なんです”

これを押さえておけば、大きく外れる広告やチラシを
作ってしまうことはかなり少なくなるでしょう。

・・・

これは、『現代広告の心理秘術101』
という本のp.319に書かれている内容です。

現代広告の心理技術101
3月9日までの特別価格
通常3700円の本が解説動画と合わせて1980円


この本には、こういった
広告やチラシを作るときのマインドセットの部分から、
実際に今すぐ使って効果を実感できる
テクニックが101個載っています。



そのテクニックの一部を紹介すると、、、

●人が買いたくなるような色の使い方
●ついつい安いと思わせる価格の見せ方
●消費者心理学から明らかになった、
●”驚異的な”ヘッドラインの書き方

とても具体的にまとめられているので、
すぐに実践に移すことができると思います。



まぁぶっちゃけ、101個のアイディア
全部使う必要はありません(笑)

この中から、2つか3つ、
良さそうなものを選んで
実際に使って見てください。

その効果を実感できると思います。

『現代広告の心理秘術101』の詳細はこちら



P.S.
僕のオススメは、p.329にある
驚異的な広告にする46のチェックリスト
ですね。

このチェックリストにチェックしていくだけで、
いつの間にか、反応が取れる広告になっているんですから…

これは、永久保存版です!

『現代広告の心理秘術101』の詳細はこちら

現代広告の心理技術101
3月9日までの特別価格
通常3700円の本が解説動画と合わせて1980円



posted by sroffice at 21:00 | 広告

2020年03月05日

チラシでお金を失うのはもううんざり

ちょっと想像してみてください。

あなたは美容院の社長です。
集客は主にチラシと紹介。
1人で美容院を運営しています。

4ヶ月前
あるチラシを打ちました。

ポスティングに5000枚。

自信満々。
「これならお客さんが殺到するだろう」
と思い作成。

チラシを出した日
電話が鳴り止まずに
仕事の邪魔になるんじゃないか?

予約が入りすぎて
1人では回せなくなってしまい
せっかくチラシで来てくれた人を
断らないと行けなくなってしまうんじゃないか。

お客さんがたくさん来ることを
想像して楽しみにしていたが

一ヶ月たっても電話は来ない。
新規のお客さんも
今のお客さんからの紹介だけ。

貴重なお金を捨ててしまった。

次のチラシも失敗したらどうしよう。。。

でも、今は違います。

チラシを打てば
チラシの費用を回収できるくらいの
お客さんが新規で来店。

リピートもしてくれるので
次回来店時から利益に直結。

お金にも余裕が少しずつできて
休みの日にセミナーに行ったり
ちょっと良いレストランに行ったり。

今日のあなたは4ヶ月前の、
「チラシでお金を失うのが怖い」
という気持ちとは違います。

チラシを打つと新規客が
ある程度来ることがわかっているので
安心してチラシを打つことができます。

さて、
この4ヶ月の間で何があったのでしょうか?

チラシをどんなふうに変更したのでしょうか?
何を書いたのでしょうか?
どんな「心理」を突いたのでしょうか?

それは、、、

クリックして詳細を確認する

3月9日までの特別価格
通常3700円の本が解説動画と合わせて1980円


クロージングの心理技術21


posted by sroffice at 21:30 | 広告
ファン
検索
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
マネーゲーマーという生き方 トレンドに乗れない人が相場に勝つための秘密の投資法 30代で大富豪になったマークの告白