2020年07月29日

熱狂的なファンを生み出す3つの質問

人の感情を動かすには
ストーリーが重要だ



という話をあなたも
聞いたことがあるかもしれません。


が、


「じゃあストーリーを使えば
 なんでもいいのかな」

という風に勘違いしたら
痛い目に合います。


確かに、

スタンフォード大学のある研究によると、
事実や数字を並べるよりも
ストーリーがあることで

最大「22倍」も
人の記憶に残りやすいことが
わかっています。


しかし、これは


・物事を時系列に並べる、
 ということではありません。

・何かすごい話をしなければいけない、
 ということでもありません。


「よし、自分もストーリーを使ってみよう!」と
颯爽と自社の創業についてダラダラと
話してしまう人がいますが、


絶対に押さえておかないと
いけないポイントがあるんです。


それは

~~~~~~~~~~~~~~~~~
“自分ごと” に感じるか?
~~~~~~~~~~~~~~~~~


つまり、共感できるかです。


人は、自分が主人公で
在りたい生き物です。


だから、お客さんを主人公にして
読者の脳みそに「自分の物語だ!」と
感じてもらう必要があります。

(“企業の”自己満足ストーリーではなく!)


では、そのためには
どうすればいいのでしょうか?


米国アマゾンレビュー
星4.8のベストセラー、
『ストーリーブランド戦略』によると、


会社が発信する物語をわかりやすくして、
顧客に「自分の物語だ!」と
感じさせるためには、


あなたの作る物語(メッセージ)が
以下の3つの質問に
答えられなければいけないと言います。


あなたは答えられますか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1 顧客(主人公)は何を求めているのか?

2 顧客(主人公)の望みを妨げているものは何か?

3 望みを叶えた場合(もしくは、叶わなかった場合)、顧客(主人公)はどうなるか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


この3つです。

もし、あなたが映画を見ていて、
主人公の願望もわからない、
敵もいない、ピンチもなかったら

つまらない…どころか
途中で映画館から退出すると
思います。


ビジネスも同じなんですね。


あなたが早い段階で、
この質問を顧客に示して
あげられなければ…

メッセージは読者に届かず、
すぐに飽きて忘れ去られてしまいます。


そして、
このストーリーをうまく利用した
有名な例がAppleです。

たとえば、Appleの場合は、
それぞれこんなメッセージを
発信しました。


・・・


【1】 顧客(主人公)は何を求めているのか?

→人生を楽しみ、自分を表現したい


【2】 顧客(主人公)の望みを妨げているもの(敵)は何か?

→コンピューターに対しての苦手意識、複雑さ


【3】 望みを叶えた場合、顧客(主人公)はどうなるか?

→自分を表現するためのツールを手に入れることができる。


・・・



といったような感じです。

このように、
顧客を主人公にしたからこそ、

Appleはここまで、
熱狂的な信者を生み出し、
成功を収めました。


しかし、多くの商品は、
どれだけ機能が優れているかとか
“自分”ばかりに目が向いてしまいます。

それではお客さんに
振り向いてもらうことは
できませんよね。


「お客さんを主人公にする」

それはストーリーに関わらず、

どんな場面においても
重要な視点です。


ぜひ、あなたも一度
今回の3つの質問について
考えてみてはいかがでしょうか?



もし、あなたがAppleのように、
熱狂的なファンを作りたいなら、

事業を成長させる7大要素、
ストーリーブランドスクリプトを
使ってみてください…
 ↓ ↓ ↓

商品やサービスの伝え方が180°変わる…
他者がマネできない
”競争優位性”を手に入れる


posted by sroffice at 18:00 | 起業・経営
ファン
検索
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
マネーゲーマーという生き方 トレンドに乗れない人が相場に勝つための秘密の投資法 30代で大富豪になったマークの告白