2020年06月27日

企業の存続は「個性」にあり

「今では、組織の存続は
『個性』にかかっている。

顔のない無個性な企業でも
存続できたのは、遠い昔の話だ。」


…そう語るのは、業界の第一人者であり、
世界トップクラスの起業家である
ダニエル・プリーストリー。


たしかに、

最近の消費者は、
創業者はどんな人なのか、

CEOはどんなバックグラウンドを
持っているのか、

経営陣はどんな哲学を
持っているのかを知りたがります。


つまり、人(パーソナルブランド)への
関心が、いっそう強くなってきている
ということです。


しかし、そもそも


なぜ、パーソナルブランドが重要なのでしょうか?


それには、ある2つの強力な理由があります。


===================
私たちの脳は『人間』に親近感を覚える
===================

大手ブランドは、数億円を投じて、
消費者に会社のロゴを
覚えてもらおうとしますが、

ロゴよりも、人の顔を
覚えてもらう方がずっと早いです。

人間にとっては、顔や声、
ボディランゲージ、言葉の方が、
信頼しやすく、身近に感じやすいのです。

人が受け入れやすく、
話題にしやすいのは、
やはり人なのですね。

そしてもう一つの理由が、


===================
自分のブランドは死ぬまで
(場合によっては死んだ後も)生き続ける
===================

会社を売却するにしても、
転職するにしても、
強いパーソナルブランドがあれば、

次の挑戦を有利な状態で
始めることができますよね。

もし、お客さんが会社のロゴにだけ
信頼を置いていたとしたら、
これは不可能です。


そして、

実際にこのパーソナルブランドを
うまく使いこなし、

会社を急成長させ、
独占市場を築いた、
こんな事例があります…


==================
 
ある男性は、
収入こそ高給取りだったものの、
会社では「駒」の一つとして

「会社のブランド」を築くことを
期待されていました。

しかし、彼は発展途上国での
年金の問題を解決したいという夢ができ、
仕事を辞めて企業を立ち上げました。

そこでは、今まで働いていた会社とは
“真逆”の戦略を立てました。

それは、

「個人のブランド」を築き上げ、
影響力を持つ人材が大勢いる会社を作る、
という新しい試みでした。

彼は会社のブログを立ち上げ、
社員にアイデアを紹介する署名記事を
毎月書かせました。

社員には他にも、
ビジョンを伝える方法を学ばせ、
インターネットで人脈をつくらせました。

そして、

“多彩な個性が集まる会社”が
出来上がったのです…

そして、会社は急成長し、
ライバルを制して、
契約を獲得し続けています…

==================


、、このように、
パーソナルブランドというのは
何も個人でビジネスをしている人の
ためのものだけではありません。


もちろん、企業にとっても、
重要な要素になりつつあります。


もし、あなたも
あなた自身や、社員の知名度、
高感度、信頼度を高めて、


独占市場を築き上げたいのなら、
この一冊は、あなたのための本です。

 ↓ ↓ ↓

「一生お客に困らない」
『個性』で市場を独占する
7つの方法

posted by sroffice at 20:00 | 起業・経営
ファン
検索
<< 2020年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
マネーゲーマーという生き方 トレンドに乗れない人が相場に勝つための秘密の投資法 30代で大富豪になったマークの告白