2020年04月06日

伝える力=お客さんを集める力

お客が集まるオンライン・コンテンツの作り方

僕たち事業家にとって、

絶対に欠かせないものが1つある…

としたら、

それは何だと思いますか?

・諦めない気持ち、、
・重要な判断をする能力、、
・素晴らしい商品やサービス、、

もちろん様々な答えがあると思いますが、

今日取り上げたいのは、

「伝える力」

です。

伝える力=お客さんを集める力

なぜ伝える力が大事かといえば、

「伝える力=お客さんを集める力」

だからです。

もしあなたが、

・ブログを書いている
・メルマガを書いている
・チラシや広告を出している

のであれば、
それはきっと、

「多くの人に知ってもらうために」

「その人にファンになってもらうために」

「お客さんをもっと集めるために」

やっているはずです。

そう、ブログなどの
情報発信を続けていれば
関係性が深まりファンが増えて、
お客さんが集まり売上が伸びます。

でも一方で大変なこともあります。

それは、【継続すること】

どれだけ疲れていても
面倒でも、何も思いつかなくても、

情報発信を続けるためには、
継続して習慣にしないといけません。

僕らも毎日発信しているので、
その苦しみはよくわかります。

そして、

苦しむ中で、いつもたどり着く
1つの結論が、、

型(テンプレ)を使う

ということ。

WEBで情報発信する人のための
ちょっとズルい簡単テクニック集、

『御社のサイトが
キャッシュマシンに変わる
お客が集まるオンライン・コンテンツの作り方』

には、
売上に直結する記事を書く簡単な方法
が載っています。

例えば
特製
「超簡単なブログ投稿テンプレート」


投稿の見出し:

読者に、なぜその投稿が
役立つのかを知ってもらい、
その心をつかむ要素を加える。

試行錯誤の末に確立した
成功の方程式は、
「__________の仕方」
「__________のための9つの方法」
「__________の秘密」
「__________についてあなたが知っておくべきこと」

「これまでで最も奇妙な
(または最高の最悪の、
最も笑える、最もばかばかしい)
__________の経験」

などの見出しだ。

冒頭の段落:

あなたの目標は
読者の注意を引くことだ。

そのために何か質問してみよう。

少し議論になりそうなこと、
読者の誰もがおもしろいと思うことなど、
好奇心をそそる内容が望ましい。

「1日だけ誰かと仕事を交換できると
したら、どんな気分だろうと
考えてみたことはありませんか?

その仕事が高速道路の料金係のような
本当に退屈なものだとしたら?」

などでもいい。

シンプルにすることが重要だ。

ひとつの投稿にひとつのアイデア。

目標は、読者に何かひとつ、
心に残るものを与えることである。

次の段落:

冒頭の段落で尋ねた質問への答え、
あるいは最初の文について説明を書く。

最初の文や質問に関連した内容を
少し詳しく書き込む。

なぜその質問をしたかを明らかにし、
そう思った根拠を説明する。

他の執筆者のサイトや記事について
言及するときには、必ずそれへの
リンクを載せるようにしよう。

箇条書きまたは連番を振ったリスト:

重要ポイントをリストにする。

例えば、もし高速道路の料金係と
一日だけ仕事を取り替えることについて
書いているのなら、

次のようなポイントが含まれるかもしれない。

・この仕事は驚くほど人との交わりが多い。
・しかし、排気ガスをかなり吸い込む。

こうしたポイントはいくつかでかまわない。





画像を加える:

画像があると個性が出て
読者の関心も増すこともできる。

投稿には関連写真や図表を含めよう。

質問で締めくくる:

投稿の下にあるコメント欄への
書き込みを誘うような締めくくりを考える。

「どう思いますか?」のような
シンプルな問いかけでもかまわないが
読者がシェアしたくなるような
具体的な内容であればもっといい。

この投稿の例では、

「ところで、あなたがいつも1日だけ
でいいからやってみたかった仕事は?」

「あなたがこれまで経験した中で
最悪の(最高の)仕事は?」

などが考えられる。

(『オンライン・コンテンツの作り方』より)

いかがでしょうか。

もしあなたが、

・ブログが継続できない、、
・記事のネタが浮かばない、、
・文章がまとまらない、、

などで困っているなら、

まずはこのような、
型(テンプレ)を使うことから
始めてみてください。

きっと伝えることが
今の数倍ラクになるはずです^^

価値のあるブログ記事や
コンテンツを作成するための
型、テンプレ、具体的な手順を
詳しく知りたい方はこちら
↓↓

『オンライン・コンテンツの作り方』の詳細はこちら
posted by sroffice at 17:00 | マーケティング
ファン
検索
<< 2020年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
マネーゲーマーという生き方 トレンドに乗れない人が相場に勝つための秘密の投資法 30代で大富豪になったマークの告白