2019年04月29日

ルナベル(ジェネリック)は生理痛やPMS治療に

ルナベルといえば、月経困難症治療薬として健康保険適用になっている低用量ピルです。
低用量ピルは一般的に、月経困難症、子宮内膜症、過多月経、PMSなどの治療に使用されます。

しかし、ルナベルの治療効果は、生理痛改善、子宮内膜症改善、月経量の軽減が主です。
個人差はありますが、生理前のイライラなどのPMS症状の改善には、イマイチのような気がします。

また、頭痛や吐き気が起こる場合もあり、
ルナベルLDよりULDの方が、それらの症状は少ないといわれています。

実際、どれが体質に合うかは個人差があり、飲み続けてみないことには何とも言えません。

低用量ピルとひとくくりで言うと、月経困難症、子宮内膜症、過多月経、PMSなどの治療となるのですが、
ルナベルは、月経困難症、子宮内膜症
ヤーズは、月経困難症、PMS
という風に用途がちょっとだけ違うように思います。

しかし、あくまでも個人差がありますので、実際に服用して確かめるのが一番かと思います。

▼詳細はこちらから▼
ルナベル(ジェネリック)の通販(効果と成分)





























ルナベルLD・ULDの違い

ルナベルLD(ジェネリック)の避妊効果
posted by タラコ at 15:16| 低用量ピル
検索
<< 2019年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
ファン