2019年06月05日

生理をずらすピルの値段

旅行や予定と生理が重なりそうな時、ピルを飲むことで生理をずらすことが出来ます。

日常生活を快適に過ごすために、どうしても生理を避けたいときってありますよね。

そんなときはピルを飲むことで生理の日を移動させることができるのです。
ほとんどの場合、生理を1週間ほどずらすことは簡単に行えます。

遅らせたり早めたりと、どちらでも可能ですが、どちらの方がいいのでしょうか?

前にずらす方・・・つまり早める方が旅行中や何かの予定時にお薬をのまなくていいので楽だと思います。
でも、そのためには早めにお薬をもらいに行かないといけません。
どちらでもあまり違いはありませんが、個人的には早める方がおススメです。

値段は病院にもよりますが、自費扱いになり4000〜5000円くらいはかかります。

通常は中容量ピルですが、低用量ピルでも同様にできますし、中容量ピルより低用量ピルの方が吐き気や頭痛が起きにくいともいわれています。

個人輸入通販でも購入できますが、ピルを飲んだことがない人なら、病院で処方してもらう方がいいでしょう。
飲んだことがある人であれば、個人輸入通販で買う方がお得です。

▼詳細はこちらから▼
生理をずらす(遅らせる・早める)ピルの飲み方と副作用




















生理を遅らせるピルの値段

生理をずらす(遅らせる・早める)ピルはいつから飲む?
posted by タラコ at 15:10| 低用量ピル
検索
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
ファン