ファン
検索
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール
taki13さんの画像
taki13
赤ちゃんが産まれた瞬間から、ママは母子同室で一緒に過ごします。 肌を密着させて過ごす事により、一生の信頼関係を築く為です。 24時間子供が2歳になるまで、母乳を欲しがるたびに何度でも与え続けます。 それは、赤ちゃんの心と、身体と、知能指数アップを極限までバージョンアップさせる為でした。 その後、心優しきオリンピック選手の大学院教授が誕生します。 世界はそんな孤高の侍を待ち望んでいました。 それが、その人あなたの子供です。 当ブログは、お母さんと子供を応援します。 その為に、子供達がスムーズに学問の階段を駆け上がっていけますように、その情報を日々配信し応援させて頂いております。 Taikyou-Eng.
プロフィール
にほんブログ村 マタニティーブログ 胎教へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

2019年08月15日

【母乳は生きた白い血液】自然脳業で脳地に愛を蒔き天才児を大収穫!






[b.glen]細胞レベルで甦るエイジングケア




母乳育児をすれば、全員が天才になるのでしょうか?


普通の人間の方の脳の重量は、大体1300〜1500gと言われております。

では世界の偉人達の脳は、さぞかし重かったのでしょうね。

と思いがちですが、アインシュタインさんは意外にも1230gだったそうです。


「では、母乳育児をする意味は?・・」


母乳育児で脳が大きくなる事に越したことはありません。

体積が大きい方が余裕をもって脳神経細胞を作れます。

大事なのは脳神経の密度の方のようです。


脳神経の密度 × 幼少期の体験の数 = 頭の良さ+α


子供が3歳になるまでは、毎日違う体験を五感にさせてあげて脳神経細胞の密度を高めてあげます。


「でも結局は、頭の良さは遺伝なのではないですか?」


そんな事はありません。

ドイツの心理学者ラインエールさんが3600人の子供達と、その両親を調査しました。

すると、ご両親が普通の家庭であろうと、なかろうと天才が産まれている事が分かりました。

更にそのご両親達の知能指数も調べてみました。

すると、ご両親のIQがあまり高くない方々同士でも全く関係なく天才が育っている事も分かりました。


これは遺伝子の機能が変化を起こした訳です。

どんな人と一緒にいて、どう育てられたかによって、子供の能力が変わって来るようです。


赤ちゃんが産まれてからは、まだ脳は未熟な状態です。

それから、3歳ぐらいまでに脳神経のネットワークが作られます。

大自然の力は、しっかり母乳に脳が最大限に発達出来るように必要栄養素をふんだんに盛り込みます。


<母乳育児の利点>

・母乳育児 → IQが高い子が育ちます。

・母乳育児を長く → 長ければ長いほどIQが高くなります。

・お母さんの常在菌が赤ちゃんに移り感染症予防やアレルギー発症を減少させます。

・初乳成分には赤ちゃんを病気から守る抗体や、生きた血液中の100倍もの白血球が含まれています。

・母乳は、赤ちゃんの発達段階に応じて毎日違った成分が出てくる完全食品です。

・母乳は、人間の赤ちゃんに消化吸収されやすく出来ています。


※ ハーバード大学とボストン小児病院の共同研究で、母乳育児に関する調査が行われました。
研究に協力してくれたのは、無作為に選んだ1300人以上のお母さんと子供さんでした。
その結果は、母乳を与える期間が1カ月を超え増えるごとに知能指数のポイントが上昇しました。
さらに、母乳育児を長期に行っている方々を分析してみました。
すると、3歳までの語彙力(ごいりょく:覚えてる言葉の数)のスコアが高くなっていたり、7歳で行われたIQテストでは高得点でした。


<初乳>

・赤ちゃんが産まれてから母乳を与え続ける為に、母子同室(24時間一緒)を選択し信頼関係を強化します。
・赤ちゃんが産まれてか早急に(30分以内)に初乳を与えます。
(赤ちゃんが寝てしまわないように)


<授乳>

・満腹中枢が出来るまで3〜4カ月かかります。
それまでは「くれーくれー」とせがんできます。
24時間フリードリンク制で、赤ちゃんの脳を育てるチャンスです。


<搾乳>

母乳が出すぎて困ったときは搾乳をします。
搾乳した母乳は、常温で12時間、冷蔵庫では5日間くらい保存出来ます。
冷凍したり、電子レンジで温めたりすると、母乳の中の抗体や白血球は死んでしまいます。


<母乳を増やすハーブ>

・ビール酵母
・ボリジ
・アルファルファ
・フェヌグリーク
・ラズベリーの葉
・フェンネル(ウイキョウ)
・ブレスドシスル(マリアアザミ)
・ゴーツルー(フレンチライラック)

※ フェヌグリークとマリアアザミは母乳を増やし流れをよくするようです。
飲んでからの効果は、1日から1週間ぐらいで出るようです。


<母乳の詰まり>

・レシチンのサプリで改善する方もおられます。
・イブニングプリムローズオイル(月見草オイル)が効いた例もあります。


<母乳育児の支援団体など>

★ラ・レーチェ・リーグ
世界65カ国で、母乳育児をしたいお母さんを支援するボランティア団体です。

★ラクテーション・コンサルタント
国際資格母乳育児相談員がいます。

★産後ドゥーラ
家に来てくれて、産前産後のケアをしてくれる専門家です。

★母乳ママ友
母乳のママ友サークルや、市や国の相談室などで知り合ったママ友の輪をつくりましょう。
お互いに支え合って頑張り合える仲間と共に完全母乳を目指します。

★日本母乳の会
母乳に関しての情報です。

★赤ちゃんにやさしい病院
ユニセフ & WHO推奨は、母乳育児を成功させる為の10か条を発表しています。
その基準を満たした施設を「赤ちゃんにやさしい病院」として認定しています。
日本では、全国で58カ所ぐらいあります。

★母乳バンク(銀行)
訳があってお母さんと暮らせない赤ちゃん達に、献血のような感じで免疫物質を届けてあげられる施設です。



ウォーターサーバーが貰える!【シンプルウォーター】






この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9075027
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック