広告

posted by fanblog
話は試験と関係ないですが……

ここにきて、NHK連続テレビ小説、【純と愛】が面白くなってきた。
賛否両論、むしろ否が多い作品ですが……。今週なかなか面白い展開に。
僕も見るのをやめようかと思っていたんですが、これは見続けるしかないですな。

以下、朝ドラにうるさい私が、えらそうに語ります。。。

にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ
にほんブログ村


LECの書籍が最大10%OFF!

宮古島から大阪に出てホテルに勤務している、思ったことを行動にすぐ移す元気な女性・純と、人の本性が見える(らしい)不審な感じの男・愛のお話。

【純と愛】の魅力について話す前に、連続テレビ小説はまず、
・おもしろい ・おもしろくない
の二つに大別することができます。これは、個人差もあるし、万人が同じ感想をいだくかどうかは個人差があります。

そして、もうワンパターンの分け方があると思います。これが【純と愛】の一番のネックだと思うのですが、
@朝から見れる、さわやかであんまり内容の無い話
A重厚なドラマ
の二つに分けることができると思います。
NHK東京制作だと、@の路線がほとんどです。前作の梅ちゃん先生、近年のおひさま、ゲゲゲ、瞳……。主人公に、誰からも好かれるようなアクの無い女性を据えて、女優も手堅く清楚な人が配役されます。話に出てくる人も、基本的に善人しかでてきません。前作・梅ちゃん先生は、特に、朝からさらっと見れる作品でした。
一方、NHK大阪制作だと、Aの路線です。カーネーション、だんだん。あと、ちりとてちん、など。
ちりとてちんは、作品の内容満足度が高く、ネットでの評判も高く、DVDの売上が朝ドラ史上で最も売れました。一方、平均視聴率は過去最低でした。
前作・カーネーションもとても面白かったです。題材がよかったです。

【純と愛】はNHK大阪制作ともあって、Aの路線です。この路線は、内容が濃くて、朝から見るのがつらい、という弱点があります。特にこのドラマは、毎日何かしら事件が起きてドタバタした感じ、そもそも愛の人の本性が見えるという設定もNHK朝ドラらしくないし、また、純の目をひんむいた演技を朝から見るのはつらい……といった感想が聞こえます。私もそう思ってました。

しかし、【きたかぜとたいよう】と題打った今週の話はだいぶ好転した気がします。純と愛は付き合いだし、一緒に生活を始めるのですが、純は行き詰まりを感じだし……みたいな話です。
今までのドタバタした事件が前フリとして効き、二人の関係性も新たな局面を迎え、純にも変化があり……
加えて、【純と愛】の非常に優れた点が二つあります。
ひとつは俳優陣。特に愛を演じる風間瞬介さんはだいぶいい感じですねー。ほかにも適材適所で、ホテル社長である館ひろしや職員の城田優もいい感じですし、純の母親である森下愛子さんも魅力的。
もうひとつはやはり脚本。【家政婦のミタ】をヒットさせた遊川和彦さんが脚本ということですが、僕はこの人の作品はGTO(反町の)しか見たことなかったです。しかし、こんだけ事件を重ねる発想力、そしてストーリーの展開力、それらを収集して帰結させる能力、すごいですねー。すごい脚本家なんだなぁと実感しました。

以上、私の中では【純と愛】、これからがだいぶ注目です。
もし、今週見ていないひととかがいれば、土曜日にまとめて放送しているので、見てみてくださいな。
別にNHKのまわしものでもなんでもありませんから( ´∀`)






この記事へのコメント

   
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。