2017年05月15日

ペルシャ絨緞の魔力



IMG_2291.JPG





幼い頃、毛布が大好きで


よく晴れた日、

バルコニーの竿に毛布が掛けて干してあるのを見つけると


その二つ折りになった毛布の間に入り込んで

じっと至福の時間を過ごしたものだ。




横になって掛けられる毛布とは違い、


竿に掛けられた毛布というのは


不思議な柔らかさがあった。





少し強めの風が吹くと

毛布の間からも風が入り込み



洗って少し濡れた毛布が


ひやっと肌に触れる。



それが、何とも心地よかった。















数年前、ペルシャ絨緞の展示会に招待される機会があった。






毛布が最高のものだと、


私の脳内にはインプットされてしまっていたため



絨緞というものに

魅力を感じていなかった。






せっかくなら、見てこようか。



その程度の気持ちでいた。







しかし、そこで出逢った絨緞が


今も忘れられないほど


脳裏に焼き付いて離れない。












そこには、たくさんの絨緞があった。



産地や工房も様々で、


模様も、見慣れないものも数多くあった。












そこで知ったのは


絨緞は素材がシルクで、サイズの大きいものが高級


というだけではない、ということ。





「ノット」や「ラージ」という単位で、目の細かさを計る。


1cm四方に結び目がいくつあるか、で


仕上がりの細かさや柄の美しさが決まる。




oriki-01.jpg


絨毯画像.jpg




細かいマス目の図面を見ながら



織子さんが、一本の糸を織り込んでいく。




一本の糸、といっても、失礼な言い方だが


部屋に落ちていたら、糸くずにしか見えないような短いものである。




これを決められた縦糸に通していき、



何本か通したら

クシのようなものでトントンと叩き、


糸を切りそろえて、「目」となっていく。





当然ながら、目が細かいほどに

仕上がるスピードは遅くなる。



1cm四方に100目程度で、

一日に数mm の絨緞ができる。





だから部屋に敷くようなサイズであれば

数年はかかるのである。






気の遠くなるような作業だ。





それを、間違いなく進めていく。







カッコよすぎて、言葉が出ない。











このあたりまでの説明を聞いた時点で




毛布っ子は、もう、絨緞の虜である。













艶.png







品質の良い絨緞は


薄くて柔らかいのに、丈夫である。




そして、シルクの反射が美しく


織った方向から見るか、逆から見るかで




淡い色に見えたり、


落ち着いた深い色に見えたりする。







一枚の写真かと思うほどに


光沢があって、



緻密で



繊細で



華やかなのだ。














私はヘレケ絨緞の、「生命の樹」という模様が好きだ。



IMG_2289.JPG



「来世では、こんな樹があって、動物たちが集まるような所で暮らしたい」


そんな願いが込められた模様である。






どこか仏教的というか、


日本人の私にとっても「いいな」と感じる模様だ。







ここに載せたのは単なる一例だが



中東だとか、ヨーロッパだとか、アジアだとか、


そういう文化圏を超えて



どの建築様式にも調和してしまう。















そんな「生命の樹」の中で



最も魅惑的で


魔力をもった絨緞があった。











いま、どんなに探しても


どこに売っているのか見つけることができない。





画像さえも見つからないから



ブログに載せて皆さんにお見せできないのが



本当に残念だ。











何が、どう、素晴らしいのか



わからない。







これまで、シルクだの、目の細かさだの書いたが



そんな次元を遥かに超えて




なぜ、存在しているかさえも


わからないほどに





魅惑的だった。









横長に描かれた模様で



120cm×150cm ほどのサイズだっただろうか。





いや、存在感が実際より大きく見せていただけかもしれない。






中央に横長に枝を広げた樹があり


その下にはシカなどの動物たち、


樹の上には小鳥が何羽もとまっていた。






「子孫繁栄」という


すべての生命の「幸せ」が


描かれていた。









それは

双子の女性の織子さんが6年くらいかけた、と説明されていた。










絨緞はサイズに合わせて、複数人が並んで織っていくのだが



みんな力加減も癖も違うから



必ずどこかで目に見えないほどの


ズレや狂いが生じる。







しかし双子で織っていく場合、


体格も似ているだろうから


力加減も左右で狂いが少ない。









そして、二人の呼吸がぴったり合うのだろう。






美しすぎて




込められた職人の魂が



恐ろしいほどの魔力をもっている、と感じた。




















『本物』とは、そういうものだ。










素材が良く、輸送量がかかっていて、職人の技術を要する技法で…という


「高価」なものをいうのではない。









文化も人種もすべて超越し、



在りえないものが実在する不思議。









人の心に



癒しと、興奮とを与え



その前で動けなくなって



惚けてしまうモノのことをいうのである。


















私は


その場で


確かに「惚けて」いた。
















価格は「¥100,000,000」 とあった。










その価格に何の違和感も抱かなかったし





価格を見てもなお





「欲しい」という思いが消えなかった。











当然ながら買えるはずもなく


今に至るのだが








あの絨緞はいま、どこにいるのだろうか。








時折、ふと思い出して探してみるのだが



やはり見つからない。










もう日本にはないのかもしれない。









もう一生出逢えないかもしれない。








そう思うと、






どうか大切に扱ってくれる


私のように「惚けて」くれる人の元で




あの魔力を放っていてほしい。







そう願うばかりである。






----------


いいな、と感じたら
↓クリックで応援お願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ













































この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6264450

この記事へのトラックバック
忘れられない景色
ジャマ・エル・フナ広場の熱気
フナ広場.jpg
写真ギャラリー
検索
プロフィール
ミトさんの画像
ミト
生きることを本気で考えれば、 日々、洗練されてゆく。 その先には、必ず 人生の絶景がある。
プロフィール
<< 2017年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ