みんなのすごい!奪い合いから分かち合う社会へ
<< 2019年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最新記事
運営者プロフィール
blackcoffee11さんの画像
blackcoffee11
会社共同経営。 広報が仕事です。 趣味ははっきりいって多いです。 が…、どれも浅いです。 それでも楽しくやってます! コーヒーとJAZZと読書 カメラ・パソコンいじり
プロフィール
運営しているサイト

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2019年06月21日

米無人機撃墜は「大きな過ち」 トランプ氏、イランに警告

米無人機撃墜は「大きな過ち」 トランプ氏、イランに警告

https://www.afpbb.com/articles/-/3231186

【6月21日 AFP】イランが米国の無人偵察機を撃墜した問題について、ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は20日、イランは「大きな過ち」を犯したと述べた。無人機撃墜により、世界で最も交通量の多い石油輸送路で米・イラン両国が全面衝突する恐れが一層高まっている。

 戦略上の要衝であるホルムズ海峡(Strait of Hormuz)付近で起きた無人機撃墜を受け、トランプ氏はホワイトハウス(White House)で記者団に対し「イランは非常に大きな過ちを犯した」と表明。「この国(米国)はこれを容認しない。それは言える」と語った。

 トランプ氏に近い共和党の重鎮リンゼー・グラム(Lindsey Graham)上院議員は、無人機撃墜により両国が開戦に「一歩近づいた」との見解を表明しているが、トランプ氏は一方で、撃墜は意図的ではなかったかもしれないと述べ、この問題を重要視しないかのような姿勢も示した。

 イランのイスラム革命防衛隊(Islamic Revolutionary Guard Corps)は、同国南部ホルモズガン(Hormozgan)州の沖合で「イラン領空を侵犯」していた無人偵察機グローバルホーク(Global Hawk)を撃墜したと発表。

 一方の米国防総省は、攻撃は国際空域内で「正当な理由なく」行われたと非難し、無人機はイラン領空から約34キロ離れた地点で地対空ミサイルにより撃墜されたと主張した。これに対しイランは、国連(UN)で米国が「うそをついている」ことを証明すると表明した。(c)AFP/Sebastian SMITH with Marc JOURDIER in Tehran

AFP

via AFPBB News アクセスランキング http://www.afpbb.com/

June 21, 2019 at 11:19AM
posted by blackcoffee11 at 11:28| Comment(0) | AFPBBNEWS
カテゴリアーカイブ

アクセスアップのために
1.内部リンクは張りましたか?
2.外部リンクは張りましたか?
3.キーワードは入れましたか?
4.タイトルは魅力的ですか?
5.画像は入れましたか?
6.twitterで拡散しましたか?
7.Facebookに通知しましたか?
8.pingは送りましたか?
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。