みんなのすごい!奪い合いから分かち合う社会へ
<< 2019年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最新記事
運営者プロフィール
blackcoffee11さんの画像
blackcoffee11
会社共同経営。 広報が仕事です。 趣味ははっきりいって多いです。 が…、どれも浅いです。 それでも楽しくやってます! コーヒーとJAZZと読書 カメラ・パソコンいじり
プロフィール
運営しているサイト

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2019年06月16日

香港で新たな大規模デモ、15日夜には抗議活動中の男性1人死亡

香港で新たな大規模デモ、15日夜には抗議活動中の男性1人死亡

https://www.afpbb.com/articles/-/3230242

【6月16日 AFP】デモ隊と警官隊の間で異例の衝突が発生した香港で16日、中国本土への犯罪容疑者の引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」をめぐり、数万人規模の新たなデモが決行された。15日には香港の行政トップが同条例の改正を延期すると譲歩したにもかかわらず、住民たちの怒りは収っていない。

 香港の行政トップである林鄭月娥(キャリー・ラム、Carrie Lam)長官は15日、高まる圧力を受け、市民感情について判断を誤ったとして「逃亡犯条例」改正の延期を発表。

 だが抗議デモの参加者らは16日、同長官にさらなる圧力をかけるべく、「邪悪な条例を破棄せよ!」と声を上げながら街路を行進。

 黒装束に身を包んだ参加者らは、主催者発表で100万人超が参加した1週間前の大規模デモと同様、香港島の公園から立法会(議会)へ向かった。

 香港での1週間にわたる騒動では、警察官22人を含む80人近くが負傷。15日夜には、建物上で数時間にわたり抗議活動を行っていた男性が転落して死亡した。

 この男性は、「中国の逃亡犯条例を完全撤回せよ。われわれは暴徒ではない。学生と負傷者を解放せよ」と書かれた横断幕を掲げていた。

 ショッピングモール「パシフィックプレイス(太古広場、Pacific Place)」前には多くの人が列をつくり、花や追悼メッセージを手向けた。(c)AFP/Jerome Taylor and Elaine Yu

AFP

via AFPBB News アクセスランキング http://www.afpbb.com/

June 16, 2019 at 10:25PM
posted by blackcoffee11 at 22:29| Comment(0) | AFPBBNEWS

セルヒオ・ラモスが結婚式、レアルの新旧スターら豪華ゲスト参列

セルヒオ・ラモスが結婚式、レアルの新旧スターら豪華ゲスト参列

https://www.afpbb.com/articles/-/3230186

セルヒオ・ラモスが結婚式、レアルの新旧スターら豪華ゲスト参列

2019年6月16日 10:14 発信地:セビリア/スペイン

【6月16日 AFP】スペイン1部リーグのレアル・マドリード(Real Madrid)で主将を務めるセルヒオ・ラモス(Sergio Ramos)が15日、テレビキャスターのピラール・ルビオ(Pilar Rubio)さんと同国セビリア(Seville)で結婚式を挙げた。本人が「他とは違う」と語る式には、元レアルの選手や著名人ら豪華な顔ぶれが参列した。

 結婚式はセビリアの有名な16世紀の大聖堂で行われ、デビッド・ベッカム(David Beckham)氏やロベルト・カルロス(Roberto Carlos)氏といった元レアルの選手のほか、ジョルディ・アルバ(Jordi Alba)、ルカ・モドリッチ(Luka Modric)、ケイロール・ナバス(Keylor Navas)、アルバロ・モラタ(Alvaro Morata)ら現在リーグで活躍するスター選手、さらには元闘牛士のエル・コルドベス(El Cordobes)氏まで、集まった見物客を騒然とさせる豪華なゲストが数多く出席した。

 セビリア郊外の出身で、現在33歳のラモスは、チェック柄が目を引く黒のスリーピース・スーツ姿で、アンダルシア(Andalusia)地方伝統のショール「マンティージャ」をかぶった母親のパキ・ガルシア(Paqui Garcia)さんと腕を組んで登場した。41歳の花嫁のルビオさんは、裾の長い白のロングドレスをまとい、少し遅れて登場した。

 ラモスは「忘れられない、特別な日になった。自分が好きになった女性が素晴らしい衣装で入ってくるところを見るのは今までにない気分だったよ」と話している。

 2人は交際7年になる長年のカップルで、3人の子どもをもうけている。(c)AFP


AFP

via AFPBB News アクセスランキング http://www.afpbb.com/

June 16, 2019 at 11:19AM
posted by blackcoffee11 at 11:24| Comment(0) | AFPBBNEWS

次々取り壊されるモスク、新疆で進むイスラム教の「中国化」

次々取り壊されるモスク、新疆で進むイスラム教の「中国化」

https://www.afpbb.com/articles/-/3229289

【6月15日 AFP】中国の新疆ウイグル自治区(Xinjiang Uighur Autonomous Region)のかつてにぎわいを見せていたモスク(イスラム礼拝所)は、今ではコンクリートの駐車場に姿を変え、ドーム型の高い建物は跡形もなくなっている。

 新疆ではここ最近、ウイグル人をはじめとする少数派民族への圧力が強まっており、モスクが次々に取り壊され、厳重な警備が敷かれている。

 新疆南西部ホータン(Hotan)地区の駐車場の後ろにある小学校の壁には、「党のために人民を教育せよ」とのスローガンが赤い文字でくっきり書かれている。子どもたちは登校時、有刺鉄線が張り巡らされた門を通り、顔認証システムのチェックを受けなければならない。

 かつてここに立っていたモスクは「美しい建物だった」と近くの市場の露天商は語った。「人も大勢いた」

 AFPが調査したこの地域の人工衛星画像を、非営利団体「アースライズ・アライアンス(Earthrise Alliance)」が分析したところ、2017年以降、36のモスクと宗教施設が解体されるか、ドーム型の屋根や尖塔(せんとう)を撤去させられていたことが分かった。

 今も閉鎖されていないモスクに礼拝に行くには金属探知機を通らなければならず、建物内部には監視カメラも設置されている。

 弾圧を恐れて匿名で取材に応じたあるウイグル人は、「モスクにはもう行かなくなった」「恐怖を感じる」と話した。

 古代シルクロード(Silk Road)の街だったカシュガル(Kashgar)に、夜明け前の礼拝を呼び掛ける声が響き渡ることもなくなった。

 地元のウイグル人たちは5日、イスラム教の断食月「ラマダン(Ramadan)」明けの祭り「イード・アル・フィトル(Eid al-Fitr)」を祝うため、中国政府の公認を受けている国内最大級のモスク「エイティガール(Id Kah)」に列をつくって静かに入っていた。建物を当局者が取り囲み、私服警官があらゆる人の動きに目を光らせていた。

AFP

via AFPBB News アクセスランキング http://www.afpbb.com/

June 16, 2019 at 01:25AM
posted by blackcoffee11 at 01:29| Comment(0) | AFPBBNEWS
カテゴリアーカイブ

アクセスアップのために
1.内部リンクは張りましたか?
2.外部リンクは張りましたか?
3.キーワードは入れましたか?
4.タイトルは魅力的ですか?
5.画像は入れましたか?
6.twitterで拡散しましたか?
7.Facebookに通知しましたか?
8.pingは送りましたか?
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。