みんなのすごい!奪い合いから分かち合う社会へ
<< 2019年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最新記事
運営者プロフィール
blackcoffee11さんの画像
blackcoffee11
会社員 広報が仕事です。 趣味ははっきりいって多いです。 が…、どれも浅いです。 それでも楽しくやってます! コーヒーとJAZZと読書 カメラ・パソコンいじり
プロフィール
運営しているサイト

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2019年04月17日

ノートルダム火災、これまでに判明している被害状況

ノートルダム火災、これまでに判明している被害状況

https://www.afpbb.com/articles/-/3221139

【4月17日 AFP】フランスの首都パリにあるノートルダム寺院(Notre Dame Cathedral)を襲った火災では、炎に包まれた現場から貴重な文化財の多くを救い出した消防隊員らを称賛する声が上がっている。ただ当局によれば、寺院内にあった作品には危険な状態にあるものや、火災によって完全に焼失してしまったものもある。

 ノートルダム寺院は、建物自体が中世建築の傑作とされているのに加え、寺院内には西洋美術の名作や聖遺物も収蔵されていた。救急隊員と教会関係者らは15日夜、バケツリレー方式を用いてできるだけ多くの文化財を救い出した。

 以下は、これまでわかっている被害状況。

■聖遺物

 イエス・キリスト(Jesus Christ)が十字架刑に処される際にかぶっていたとされる聖遺物「いばらの冠(Holy Crown of Thorns)」は無事運び出され、現在はパリ市庁舎で保管されている。消防隊はさらに、後に聖人となった13世紀の国王ルイ9世(Louis IX)が着用していたとされるチュニックも救い出した。

 15日の火災で崩落した尖塔には、いばらの冠の一部と、パリ市民の間で広く尊ばれている聖人2人、聖ドニ(Saint Denis)と聖ジュヌビエーブ(Saint Genevieve)の遺物があった。

■パイプオルガン

 15世紀に製造されたオルガンは数世紀かけて拡張され、現在では8000本近いパイプを有するフランス最大級のオルガンとなった。ノートルダム寺院に3人いるオルガン奏者の一人で、同寺院で35年にわたり演奏してきたフィリップ・ルフェーブル(Philippe Lefebvre)氏は、オルガンに火の手は及ばなかったものの、オルガンの構造が損傷を受けた恐れがあると説明。オルガンの一部ががれきやほこり、水に覆われたと話している。

■ステンドグラス

 同寺院が誇る「ばら窓」3つは、ステンドグラスで作られた円形の窓で、13世紀の建造以来、数回にわたり修復されてきた。16日時点で、南側の窓と、西側正面の2つの鐘楼の間に位置する窓の計2つが無事となっている。フランク・リーステール(Franck Riester)文化相は、ばら窓は「破滅的な損害を受けなかったようだ」と語った。

■聖母マリア像37体

 寺院内には37体の聖母マリア像が設置されている。リーステール氏は、寺院内の文化財については安全が確保され全面的な調査が可能になった際により詳しい状態が分かると述べている。

■絵画作品

 パリの金細工師組合は1630年から1707年の間、毎年5月1日に絵画作品1点をノートルダム寺院に贈呈した。76ある作品のうち、13点が寺院内の複数ある礼拝堂に展示されていた。

 リーステール氏によれば、絵画は炎による被害は受けなかったものの、煙と水で損傷。19日にルーブル美術館(Louvre Museum)に運ばれ湿気の除去と修復作業が行われる予定だ。

■13トンの鐘

 同寺院で最も古い約300年前に鋳造された鐘は「エマニュエル」の名前で知られ、重さは13トンにも上る。寺院には2013年、9つの鐘が追加された。これらの鐘は火災を逃れたとみられている。(c)AFP/Stuart WILLIAMS

AFP

via AFPBB News アクセスランキング http://www.afpbb.com/

April 17, 2019 at 06:22PM
posted by blackcoffee11 at 18:26| Comment(0) | AFPBBNEWS

ノートルダム寺院火災 「爆撃のよう」屋根に穴 内部はがれき

img_4a8948a4669b2dd136ce24245bc2f688298743.jpg
ノートルダム寺院火災 「爆撃のよう」屋根に穴 内部はがれき

https://www.afpbb.com/articles/-/3221125

【4月17日 AFP】中世の貴重な窓から割れ落ちたステンドグラスの破片、尖塔が崩落し聖歌隊席付近の屋根にできた大きな穴、天井から焼け落ち床に散乱したがれき… フランスの首都パリにあるノートルダム寺院(Notre Dame Cathedral)を15日夕に襲った火災は消防隊が鎮火にこぎ着けたが、一夜明け日の光に照らされた現場から、その被害の規模が明らかになった。

 開け放たれた大きな扉の一つからは、寺院内部に焼け焦げたがれきが山になっているのが見える。被災後の寺院内に最初に足を踏み入れた人の一人、ノートルダム寺院のフィリップ・マルセ(Philippe Marsset)司教総代理は、「爆撃を目にしたような感じがした」と語った。

 しかし希望の兆しを示すものもあった。寺院奥にあった金色の十字架が無傷で残り、闇の中で毅然(きぜん)と輝いていた。損壊を免れたステンドグラスや彫像もある。

 被害を受けずに済んだものも多く、石造部分の大半と2つの巨大鐘楼が無事だった事実は、安堵(あんど)をもたらした。マルセ氏は「ただあぜんとしている。奇跡的という以上に、畏怖の念さえ覚える」と話している。(c)AFP/Camille BOUISSOU and Michel MOUTOT

AFP

via AFPBB News アクセスランキング http://www.afpbb.com/

April 17, 2019 at 03:18PM
posted by blackcoffee11 at 15:21| Comment(0) | AFPBBNEWS

ノートルダム「5年以内に再建」と仏大統領 各界から寄付880億円

ノートルダム「5年以内に再建」と仏大統領 各界から寄付880億円

https://www.afpbb.com/articles/-/3221132

【4月17日 AFP】エマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)仏大統領は16日、大火災に見舞われたパリのノートルダム寺院(Notre Dame Cathedral)を5年以内に「さらに美しく」再建すると表明した。欧州を代表する建造物の一つである同寺院の再建に対しては、仏富豪や企業、行政機関が相次いで支援を表明し、寄付金の総額はおよそ7億ユーロ(約880億円)に達している。

 ノートルダム寺院は15日夜、大火災に見舞われ尖塔と屋根が崩落。火災は寺院で行われていた大規模な修復作業と関連があるとみられている。マクロン大統領は翌16日、エリゼ宮(Elysee Palace、仏大統領府)から国民向け演説を行い、「寺院をさらに美しく再建する。5年以内に完了させたい」と表明。2024年のパリ五輪までに再建完了を目指す意向を示唆した。

 寺院の再建に対しては支援の輪が広がっている。寄付活動の先鞭(せんべん)をつけたのは、グッチ(GUCCI)やイヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)などの高級ブランドを傘下に置くグループ「ケリング(KERING)」で、15日夜に1億ユーロ(約126億円)の寄付を表明した。

 これに続いて16日、ケリングのライバル企業であるLVMHモエヘネシー・ルイヴィトン(LVMH)と、その創業者でフランス一の富豪であるベルナール・アルノー(Bernard Arnault)氏の家族が2億ユーロ(約250億円)の寄付を表明。さらに仏化粧品大手ロレアル(L'Oreal)を創業したベタンクール(Bettencourt)家が2億ユーロ、仏石油王手トタル(Total)が1億ユーロの寄付をそれぞれ表明した。

 支援は国外からも寄せられている。米アップル(Apple)のティム・クック(Tim Cook)最高経営責任者(CEO)は「かけがえのない遺産を次世代のために」再建するべく支援を行うと発表した。支援額については言及しなかった。

 ドイツ・イタリア両政府も寺院再建の支援を表明。ロシアのウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領は「国家遺産修復の経験が豊富なロシア最高の専門家たち」を派遣するとの提案を行った。

 だが専門家らは再建の完了までには多くの年月がかかると指摘。1000年前に建設された仏ストラスブール大聖堂(Cathedral of Strasbourg)の修復を手掛ける財団のエリク・フィシャー(Eric Fischer)代表は、ノートルダム寺院の再建には「数十年」が必要との見解を示した。(c)AFP

AFP

via AFPBB News アクセスランキング http://www.afpbb.com/

April 17, 2019 at 02:21PM
posted by blackcoffee11 at 14:26| Comment(0) | AFPBBNEWS

【写真特集】パリのノートルダム寺院

【写真特集】パリのノートルダム寺院

https://www.afpbb.com/articles/-/3220949

【4月16日 AFPBB】仏パリ中心部の観光名所ノートルダム寺院(Notre Dame Cathedral)で15日夕、大規模な火災が発生した。ノートルダム寺院は国連教育科学文化機関(UNESCO、ユネスコ)の世界遺産にも登録されている、ゴシック建築を代表する建造物。季節ごとに表情を変える外装や、ステンドグラスやパイプオルガンが印象的な内部の様子を写真で紹介する。(c)AFPBB News

AFP

via AFPBB News アクセスランキング http://www.afpbb.com/

April 17, 2019 at 02:21PM
posted by blackcoffee11 at 14:26| Comment(0) | AFPBBNEWS

ノートルダム寺院の火災が鎮火、パリ消防当局

ノートルダム寺院の火災が鎮火、パリ消防当局

https://www.afpbb.com/articles/-/3221087

【4月16日 AFP】(更新)フランスの首都パリの消防当局は16日午前、世界的に有名な建造物であるノートルダム寺院(Notre Dame Cathedral)で発生した火災が鎮火したと発表した。

 消防当局者は、出火から約15時間が経過した同日午前10時(日本時間午後5時)ごろ行った記者会見で「火全体が消し止められた。現在は調べを進めている段階だ」と述べた。また、木製の屋根によって火が「非常に速く」延焼したことも明らかにした。

 さらに、同日朝に消防隊が重点を置いたのは寺院の2つの巨大な鐘楼で、損傷がないよう留意したと説明。

 現在の任務は建物を監視し、再燃の危険性がある場所をつぶしていくことだと語り、消防隊員約100人が終日現場にとどまると述べた。

 一方、パリ検察は16日、捜査当局が今回の火災を放火ではなく事故として扱っていることを明らかにした。

 パリ検察のレミ・エーツ(Remy Heitz)検事は、「意図的な行為であることを示すものは何もない」と述べるとともに、火災をめぐり、現場で働いていた作業員らに事情聴取を行っていると明かした。(c)AFP

AFP

via AFPBB News アクセスランキング http://www.afpbb.com/

April 17, 2019 at 01:18PM
posted by blackcoffee11 at 13:21| Comment(0) | AFPBBNEWS

220キロ沖合で泳ぐ犬を無事救出、助けた作業員が里親に タイ

img_53878e7397ecb6a5431e8275f15c8b52198757.jpg
220キロ沖合で泳ぐ犬を無事救出、助けた作業員が里親に タイ

https://www.afpbb.com/articles/-/3221112

【4月16日 AFP】タイ沿岸から220キロ離れた沖合で、疲れ切った様子で泳いでいた犬が、石油掘削作業員らに発見され救出された。助け出した作業員の一人が里親になる予定で、犬は元気を取り戻しつつあるという。

 救助した人々が「ブーンロッド(Boonrod、タイ語で宿命を生き延びた者の意味)」と名付けた茶色の犬は、タイ湾(Gulf of Thailand)で波間から頭を上下に振っているところを作業員に発見され、12日に海から引き揚げられた。

 どういった経緯で流されたのか、どれくらいの間漂流していたか、手掛かりはないという。

 一方で地元メディアは、ブーンロッドが漁船から転落し、石油の掘削施設を目指して犬かきをしていたのかもしれないと推測している。

 16日にAFPの取材に応じた動物慈善団体によると、ブーンロッドは南部ソンクラー(Songkhla)県で獣医師による手当てを受けており、現在は快方に向かっているという。

 米石油大手シェブロン(Chevron)の作業員の一人は、フェイスブック(Facebook)への投稿で救出について語り、「(ブーンロッドが)石油プラットフォームに着いてから、叫んだりほえたりすることは全くなかった」「海水で体内の水分をたくさん失ったようだった」と振り返った。

 この作業員は16日に書面でAFPの取材に応じ、今月末に陸地に戻り次第、今や有名になったブーンロッドを引き取るつもりだと話した。

 ブーンロッドは掘削施設で二晩を過ごした後、別の船に乗せられ、15日朝にソンクラー県の港に到着したという。

 動物保護団体「ウオッチドッグ・タイランド(Watchdog Thailand)」が投稿した動画には、ブーンロッドが岸に到着すると、港湾職員らから黄色の花輪をかけられて歓迎され、首をなでられる様子が捉えられている。

 フェイスブックユーザーの一人は、「これまで漂流していた小さな命の価値を分かってくれてありがとう」とコメント。

 ブーンロッドの世話をしている地元の慈善団体「スマイル・ドッグ・ハウス(Smile Dog House)」はAFPに対し、「これまでのところ、ブーンロッドの健康状態は良好だ。現在抱えているのは皮膚の問題だけだ」と話した。(c)AFP

AFP

via AFPBB News アクセスランキング http://www.afpbb.com/

April 17, 2019 at 12:21PM
posted by blackcoffee11 at 12:31| Comment(0) | AFPBBNEWS
カテゴリアーカイブ

アクセスアップのために
1.内部リンクは張りましたか?
2.外部リンクは張りましたか?
3.キーワードは入れましたか?
4.タイトルは魅力的ですか?
5.画像は入れましたか?
6.twitterで拡散しましたか?
7.Facebookに通知しましたか?
8.pingは送りましたか?
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。