みんなのすごい!奪い合いから分かち合う社会へ
<< 2019年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最新記事
運営者プロフィール
blackcoffee11さんの画像
blackcoffee11
会社員 広報が仕事です。 趣味ははっきりいって多いです。 が…、どれも浅いです。 それでも楽しくやってます! コーヒーとJAZZと読書 カメラ・パソコンいじり
プロフィール
運営しているサイト

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2019年04月15日

ウッズが復活のマスターズ制覇! メジャー15勝目を逆転で飾る

ウッズが復活のマスターズ制覇! メジャー15勝目を逆転で飾る

https://www.afpbb.com/articles/-/3220779

ウッズが復活のマスターズ制覇! メジャー15勝目を逆転で飾る

2019年4月15日 9:44 発信地:オーガスタ/米国

【4月15日 AFP】男子ゴルフ米国ツアーのメジャー第1戦、第83回マスターズ・トーナメント(The Masters Tournament 2019)は14日、米ジョージア州オーガスタのオーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブ(Augusta National Golf Club)で最終日が行われ、タイガー・ウッズ(Tiger Woods、米国)が逆転優勝を飾った。自身5着目のグリーンジャケットと、メジャー通算15勝目を獲得し、現役続行も危ぶまれたスキャンダルと負傷からの完全復活を果たした。

 2017年に腰椎を固定する手術を受ける前は、ツアーで勝つどころか日常生活にも支障をきたすほどの腰痛に悩まされ続けていた43歳が、2008年の全米オープン選手権(US Open Championship)以来11年ぶりとなるメジャーのタイトルをついに獲得した。

 マスターズ制覇は2005年以来自身5回目で、ジャック・ニクラス(Jack Nicklaus)氏の史上最多メジャー18勝にもあと三つに近づいている。また、3日目を終えて首位以外からの逆転メジャータイトル獲得も、ウッズにとっては初めての経験となった。

 雷雨が近づく中で時間との戦いとなった最終日、米ゴルフ界有数の名舞台では選手たち自身がしびれる雰囲気をつくり出し、ギャラリーも好ショットが生まれるたびに繰り返し歓声をあげた。

 全英オープン(The 147th Open Championship)覇者のフランチェスコ・モリナリ(Francesco Molinari、イタリア)と2打差の2位タイから出たウッズは、2オンに成功したパー5の15番でバーディーを奪い、通算13アンダーの単独首位に浮上すると、続くパー3の16番でも1.2メートルのバーディーパットを沈め、2ホールを残してリードを2打差に拡大した。

 そして17番をパーとして迎えた18番では、十重二十重に囲んだギャラリーが祝福の拍手を送りながら待つグリーンへ歩み寄る中でも、厳しい表情を崩さなかったが、タップインボギーで仕事をやり遂げると、ガッツポーズと歓喜の雄たけびでスポーツ史に残る奇跡のカムバック劇を喜んだ。

 最終ホールのグリーンを下りたウッズは、1997年の初優勝時に今は亡き父親のアール(Earl Woods)さんとしたように、母親と抱擁を交わし、息子を抱き上げてボルトを入れた腰でしっかり支えた。ギャラリーがウッズの名前をチャントする珍しい光景も見られ、クラブハウスの入り口ではライバルたちが優勝を祝福した。

 ウッズはこれで、ニクラス氏が持つマスターズ最多6勝に迫るとともに、サム・スニード(Sam Snead)氏が持つ米ツアー最多記録にもあと一つに肉薄する、ツアー通算81勝目を飾っている。

 最終日にスコアを2ストローク伸ばしたウッズは、通算13アンダーでフィニッシュ。1打差の2位タイには、メジャー3勝のブルックス・ケプカ(Brooks Koepka)、世界ランキング2位のダスティン・ジョンソン(Dustin Johnson)、ザンダー・シャウフェレ(Xander Schauffele)という米国トリオが並んだ。(c)AFP/Jim SLATER


AFP

via AFPBB News アクセスランキング http://www.afpbb.com/

April 15, 2019 at 10:23PM
posted by blackcoffee11 at 22:26| Comment(0) | AFPBBNEWS

自分の精子使った不妊治療医は「49人の父親」 オランダ

img_a76e29543ac398243a6a073571002b60157670.jpg
自分の精子使った不妊治療医は「49人の父親」 オランダ

https://www.afpbb.com/articles/-/3220635

【4月13日 AFP】オランダにあった不妊治療クリニックの院長が自分の精子を治療に使用していた問題で、少なくとも49人が院長の血縁上の子どもであることが分かった。このクリニックで生まれた子どもとその親を代表する団体「ディフェンス・フォー・チルドレン(Defence for Children)」が12日、DNA鑑定の結果として発表した。

 クリニックの院長だったヤン・カールバート(Jan Karbaat)氏は2017年に89歳で死亡。また、クリニックは不正が報じられた後、2009年に閉鎖されている。

 同団体は、カールバート氏は女性らがロッテルダム(Rotterdam)にあった同氏の不妊治療クリニックを訪れた後に生まれた子ども49人の父親だと説明。この結果により、同氏がクリニックでの体外受精で、選ばれた提供者の精子ではなく自分の精子を使っていたことが確認されたと指摘した。

 オランダの裁判所は今年2月の判決で、カールバート氏との血縁が疑われる子どもと母親らが独自に比較鑑定を行えるよう、同氏のDNA鑑定結果を子どもらに開示することを命じた。

 カールバート氏は生前、クリニックの院長だった時代に約60人の子どもをもうけたことを認めていたとされる。

 日刊紙NRCハンデルスブラット(NRC)によると、ほかにもカールバート氏は、さまざまな提供者の精子に自分の精子を混ぜたことや、提供者に関する書類不正を行ったことを認めていた。

「カールバート・チルドレン」と疑われる子どもらはカールバート氏の遺族を提訴。金庫にしまい込まれていたカールバート氏のDNA情報を開示するよう求めていた。(c)AFP

AFP

via AFPBB News アクセスランキング http://www.afpbb.com/

April 15, 2019 at 12:20PM
posted by blackcoffee11 at 12:23| Comment(0) | AFPBBNEWS

ネパールの小型機がヘリ2機に衝突、3人死亡 エベレスト玄関口の空港で

img_e8bb0783354cd78c4cc5055cf75a3809291818.jpg
ネパールの小型機がヘリ2機に衝突、3人死亡 エベレスト玄関口の空港で

https://www.afpbb.com/articles/-/3220757

【4月14日 AFP】世界最高峰エベレスト(Mount Everest)の周辺エリアの玄関口となっているネパール・ルクラ(Lukla)の空港で14日、離陸中の小型機が滑走路を外れてヘリコプター2機に衝突し、3人が死亡、3人が負傷する事故が起きた。当局が明らかにした。

 同空港は、世界でも離着陸が困難な空港として知られている。

 ルクラの空港当局者がAFPに語ったところによると、サミットエア(Summit Air)が運航する首都カトマンズ行きのL410型機の副操縦士1人と、地上にいた警察官1人の死亡が現場で確認された。

 警察当局の報道官によると、別の警察官1人がカトマンズの病院に搬送されたものの死亡したという。

 先の空港当局者は、「小型機が離陸中にヘリコプター駐機場の方向にそれ、ヘリ2機と衝突した。負傷者は治療のためにカトマンズに搬送された」「事故の原因は分からない」と述べている。

 ルクラの空港は毎年、エベレストに向かう大勢の登山者に利用されており、春の登山シーズンが始まる4月は特に混雑する。(c)AFP

AFP

via AFPBB News アクセスランキング http://www.afpbb.com/

April 15, 2019 at 06:20AM
posted by blackcoffee11 at 06:23| Comment(0) | AFPBBNEWS
カテゴリアーカイブ

アクセスアップのために
1.内部リンクは張りましたか?
2.外部リンクは張りましたか?
3.キーワードは入れましたか?
4.タイトルは魅力的ですか?
5.画像は入れましたか?
6.twitterで拡散しましたか?
7.Facebookに通知しましたか?
8.pingは送りましたか?
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。