みんなのすごい!奪い合いから分かち合う社会へ
<< 2018年04月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最新記事
運営者プロフィール
blackcoffee11さんの画像
blackcoffee11
会社員 広報が仕事です。 趣味ははっきりいって多いです。 が…、どれも浅いです。 それでも楽しくやってます! コーヒーとJAZZと読書 カメラ・パソコンいじり
プロフィール
運営しているサイト

2018年04月14日

シリア空爆で「ロシア人200人死亡」、米CIA長官が発言

シリア空爆で「ロシア人200人死亡」、米CIA長官が発言

http://www.afpbb.com/articles/-/3171101

【4月13日 AFP】米国の次期国務長官に指名されている中央情報局のマイク・ポンペオ長官は12日、米軍主導の有志連合が今年2月にシリアで実施した空爆で、ロシア人傭兵(ようへい)およそ200人が死亡したと認めるような発言をした。
≫続きを読む

AFP

via AFPBB News アクセスランキング http://www.afpbb.com/

April 14, 2018 at 08:45PM
posted by blackcoffee11 at 20:46 | Comment(0) | AFPBBNEWS

シリアの首都ダマスカスで爆発音、軍基地と化学研究施設に攻撃

img_0ad09e9d1755fdffb768c3ce7f44c2e380395.jpg
シリアの首都ダマスカスで爆発音、軍基地と化学研究施設に攻撃

http://www.afpbb.com/articles/-/3171182

【4月14日 AFP】(更新、写真追加)在英のNGO「シリア人権監視団」は、米国などがシリアの首都ダマスカスとその周辺で14日未明に、シリア軍の基地と化学研究施設を攻撃したと明らかにした。
≫続きを読む

AFP

via AFPBB News アクセスランキング http://www.afpbb.com/

April 14, 2018 at 03:44PM
posted by blackcoffee11 at 15:46 | Comment(0) | AFPBBNEWS

アサド政権の化学兵器使用が疑われる理由

img_26ae46fe477819ea7ea33a12ea94d78e112180.jpg
アサド政権の化学兵器使用が疑われる理由

http://www.afpbb.com/articles/-/3170863

【4月12日 AFP】シリアのバッシャール・アサド政権が7日、首都ダマスカス近郊の東グータ地区ドゥマで化学兵器を使用したとの疑惑について専門家らは、同市郊外で包囲された反体制派側の最後の地区を奪還するために、政権側が最終戦術として用いた可能性があるとみている。
≫続きを読む

AFP

via AFPBB News アクセスランキング http://www.afpbb.com/

April 14, 2018 at 02:43PM
posted by blackcoffee11 at 14:51 | Comment(0) | AFPBBNEWS

米英仏がシリアに軍事攻撃開始、トランプ大統領が発表

img_185c2ee7bc15bf32c3c8c1ffee10d749167253.jpg
米英仏がシリアに軍事攻撃開始、トランプ大統領が発表

http://www.afpbb.com/articles/-/3171181

【4月14日 AFP】ドナルド・トランプ米大統領は13日午後9時(日本時間14日午前10時)からホワイトハウスでテレビ演説し、米英仏が共同でシリアのバッシャール・アサド政権への軍事的攻撃を開始したと発表した。
≫続きを読む

AFP

via AFPBB News アクセスランキング http://www.afpbb.com/

April 14, 2018 at 12:43PM
posted by blackcoffee11 at 12:46 | Comment(0) | AFPBBNEWS

アフリカから欧州へ通い続け…コウノトリのつがい、遠距離恋愛16年目に

img_6ce485a4379938348449b937767b9a2b117185.jpg
アフリカから欧州へ通い続け…コウノトリのつがい、遠距離恋愛16年目に
http://www.afpbb.com/articles/-/3171148

アフリカから欧州へ通い続け…コウノトリのつがい、遠距離恋愛16年目に

2018年4月13日 23:51 発信地:ブロドスキーバロシュ/クロアチア

【4月13日 AFP】クロアチアで、体の不自由な雌鳥の元へ毎年、アフリカから遠距離をものともせずに通い続ける、誠実な雄のコウノトリがいる。


 越冬地であるアフリカ南部を飛び立った雄のコウノトリ「クレペタン(Klepetan)」は今年の3月後半、クロアチア東部の小さな町ブロドスキーバロシュ(Brodski Varos)に16年連続で戻ってきた。


 その地でクレペタンは、こよなく愛する雌のコウノトリ「マレーナ(Malena)」と再会を果たした。このつがいはすでに62羽ものひな鳥をかえしてきたといい、その誠実な遠距離恋愛ゆえにクロアチアで有名になった。


 地元の学校で管理人を務めていたスチェパン・ボキッチ(Stjepan Vokic)さん(71)は1993年、ハンターに羽を撃たれたマレーナを池の近くで見つけ、それ以降マレーナの世話を続けてきた。


 マレーナは冬の間、暖房器具と水槽を備え付けられ、ボキッチさんが「即席のアフリカ」と呼ぶ倉庫で過ごす。


 春になるとボキッチさんはマレーナのために、倉庫の屋根に大きな巣をつくる。


 その一方、父親のクレペタンは8月に入ると、アフリカ南部へ飛び立つのを前に、ひな鳥たちに飛び方を教える。


 その後クレペタンは最終的に、マレーナが暮らす町から約1万4500キロメートル離れた南アフリカ・ケープタウン(Cape Town)の近くまで、1か月以上かけて移動するという。


 アフリカに行けないマレーナは、ボキッチさんと過ごす。ボキッチさんはコウノトリの生息地である湿地から離れているために、マレーナを風呂に入れたり、乾燥しないよう脚にクリームを塗ってあげたりする。


 ボキッチさんはAFPに対し、「マレーナをアフリカへ連れて行ってあげることはできないから、釣りに連れて行っている。テレビを一緒に観ることさえあるよ」と語った。(c)AFP

AFP
via AFPBB News アクセスランキング http://www.afpbb.com/
April 14, 2018 at 08:43AM
posted by blackcoffee11 at 08:51 | Comment(0) | AFPBBNEWS
カテゴリアーカイブ

アクセスアップのために
1.内部リンクは張りましたか?
2.外部リンクは張りましたか?
3.キーワードは入れましたか?
4.タイトルは魅力的ですか?
5.画像は入れましたか?
6.twitterで拡散しましたか?
7.Facebookに通知しましたか?
8.pingは送りましたか?