みんなのすごい!奪い合いから分かち合う社会へ
<< 2020年12月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最新記事
運営者プロフィール
blackcoffee11さんの画像
blackcoffee11
会社共同経営。 広報が仕事です。 趣味ははっきりいって多いです。 が…、どれも浅いです。 それでも楽しくやってます! コーヒーとJAZZと読書 カメラ・パソコンいじり
プロフィール
運営しているサイト

広告

posted by fanblog

2009年02月23日

アンケートサイトの意外な使い方 その2



↑ CyberPanelに登録してアンケート謝礼をGET!CyberPanelは株式会社日本リサーチセンターのWEBアンケートシステムです。登録すると各種アンケートへのご協力依頼がメールでお手元に。それにご協力いただくと図書カードなどの謝礼を差し上げています。

マクロミルの知らなかった活用法:アフィリの初心者ブログという記事でアンケートモニターの意外な活用法があることを書きました。

今日も続きを書いてみます。

1.調査があるところ、マーケットがあるということ。

どのような調査があるかで、かなり早くどのような商品やサービスがこれから投入されていこうとしているのか知ることができます。

これはかなりアフィリエイトには有益です。「一歩先を行く」ことのメリットは計り知れません。一番わかりやすいのが、「キーワードの仕込み」です。仕込みは早い方が断然有利です。ネットでは古くから存在するということは価値があることなのです。それだけ、信頼性が高いということです。(これは、考察するに値するテーマですが、今回はメモを残すだけにしておきます)

2.競合商品やサービスを知ることができます。

設問には大体、競合商品やサービスについて聞くものが含まれています。丁寧にmemoを残しておくと、あとで役立ちますよ。クルマとかドリンク剤、清涼飲料水など、私自身かなりくわしくなりました。

こちらも参考に 

アンケートモニターサイト情報

さらに続きます。

3.狙っているターゲットについて明確にしることができます。

商品開発するときにはターゲティングというのを行うわけですが、これから開発される商品あるいは新発売された商品の開発会社のターゲティングを明確にしることができます。

4.調査の項目の作り方がわかります。これは前の記事にも書きました。実は設問をつくる作業はかなり熟練を要しますが、それを知ることができます。なんども答えるうちには、わかってきますよ。

5.自分がわかる。 これも前の記事に書きました。

6.一回の調査は30円くらいですが、それは予備調査で、本調査に進むと500円くらいの調査が送られてきます。属性にもよりますが、月に1,2度は来ますので、まあまあの収入が得られます。

7.さらに市場調査について知りたいときは、インタビューに応じると一度で7000円から1万円が支給されます。グループ面談の場合はクライアントが鏡の向こうで見ているのですよ。勉強になります。



・・・・・・・・・・・

「風花心伝」 <・・クリックするとサイトにいけます。











---------------

メールマガジン「ゆっくりじっくりセミリタイヤを目指しましょう!」も発行しています。いろいろな情報を載せていますのでぜひご購読ください。

【このカテゴリーの最新記事】
カテゴリアーカイブ

アクセスアップのために
1.内部リンクは張りましたか?
2.外部リンクは張りましたか?
3.キーワードは入れましたか?
4.タイトルは魅力的ですか?
5.画像は入れましたか?
6.twitterで拡散しましたか?
7.Facebookに通知しましたか?
8.pingは送りましたか?
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。