みんなのすごい!奪い合いから分かち合う社会へ
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最新記事
運営者プロフィール
blackcoffee11さんの画像
blackcoffee11
会社員 広報が仕事です。 趣味ははっきりいって多いです。 が…、どれも浅いです。 それでも楽しくやってます! コーヒーとJAZZと読書 カメラ・パソコンいじり
プロフィール
運営しているサイト

2020年02月08日

新型ウイルス、絶滅危惧の「センザンコウ」も媒介か

img_2db3e365c1fc202e67d388c83aca48a9139711.jpg
新型ウイルス、絶滅危惧の「センザンコウ」も媒介か

https://www.afpbb.com/articles/-/3267275

【2月7日 AFP】新型コロナウイルスについて研究している中国の科学者らは7日、絶滅が危惧されているセンザンコウが、中国国内でのウイルス感染拡大に関わった可能性があると指摘した。

【動画】インドネシア当局、生きたセンザンコウ101匹を押収 男2人逮捕

 華南農業大学(South China Agricultural University)は、うろこのある哺乳類センザンコウが「中間宿主」になった可能性があると発表。ただ詳細については明らかにしていない。

 中国中部・湖北(Hubei)省武漢(Wuhan)の野生動物市場で昨年発生したとされるこの新型ウイルスの感染源はコウモリだと考えられる一方で、研究者らは、人への感染を媒介した「中間宿主」がいた可能性を示唆していた。

 国営新華社(Xinhua)通信は7日、同大の研究班が1000以上の野生動物の検体を調べたところ、センザンコウと人間の感染者から検出されたウイルスのゲノム配列が、99%一致することを突き止めたと伝えた。

 国際自然保護連合(IUCN)によると、センザンコウは世界で最も不正取引の対象になっている動物で、アジアとアフリカで密猟された数は過去10年で100万匹以上に上っているという。

 密猟されたセンザンコウは中国とベトナムに送られ、うろこは伝統薬の材料として用いられ、肉は闇市場で売買されるという。

 中国当局は先月、新型ウイルスの流行が落ち着くまで、野生動物取引の一時的な禁止を命じている。(c)AFP

AFP

via AFPBB News アクセスランキング http://www.afpbb.com/

February 8, 2020 at 11:26AM
posted by blackcoffee11 at 11:52| Comment(0) | AFPBBNEWS
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: 必須項目

※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

カテゴリアーカイブ

アクセスアップのために
1.内部リンクは張りましたか?
2.外部リンクは張りましたか?
3.キーワードは入れましたか?
4.タイトルは魅力的ですか?
5.画像は入れましたか?
6.twitterで拡散しましたか?
7.Facebookに通知しましたか?
8.pingは送りましたか?