みんなのすごい!奪い合いから分かち合う社会へ
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最新記事
運営者プロフィール
blackcoffee11さんの画像
blackcoffee11
会社員 広報が仕事です。 趣味ははっきりいって多いです。 が…、どれも浅いです。 それでも楽しくやってます! コーヒーとJAZZと読書 カメラ・パソコンいじり
プロフィール
運営しているサイト

広告

posted by fanblog

2019年08月31日

錦織は全米16強ならず「エラー多すぎた」、豪の20歳に苦杯

錦織は全米16強ならず「エラー多すぎた」、豪の20歳に苦杯

https://www.afpbb.com/articles/-/3242240

錦織は全米16強ならず「エラー多すぎた」、豪の20歳に苦杯

2019年8月31日 8:56 発信地:ニューヨーク/米国

【8月31日 AFP】全米オープンテニス(US Open Tennis Championships 2019)は30日、男子シングルス3回戦が行われ、大会第7シードの錦織圭(Kei Nishikori)はアレックス・デミノー(Alex De Minaur、オーストラリア)に2-6、4-6、6-2、3-6で敗れた。

 2014年の全米オープンで準優勝に輝いた錦織は、今季の四大大会(グランドスラム)では3大会すべてで準々決勝に駒を進めていたが、2017年のウィンブルドン選手権(The Championships Wimbledon 2017)後では最も早いラウンドでの敗退が決まった。


 錦織は試合後、「各ゲームを取るのを自分で難しくしてしまった。アンフォーストエラーが多すぎた。いつもより安定感がなかった」「相手のプレーも良かったが、自分のプレーがまずい場面もいくつかあった」と振り返った。

 また、前哨戦で1勝も挙げられていなかった錦織だが、今大会への影響はほとんどなかったと強調し、「この大会に入ってくるまでは、まずまずだった。良い練習ができていたし、自信もあった。きょうはとにかく彼が良いプレーをしたと思う」と付け加えた。

 一方、20歳のデミノーにとっては、これがトップ10選手から記録した初勝利。グランドスラムでの16強入りも初めてとなった。4回戦ではグリゴール・ディミトロフ(Grigor Dimitrov、ブルガリア)とラッキールーザーのカミル・マイフシャク(Kamil Majchrzak、ポーランド)の勝者と対戦する。(c)AFP/Martyn WOOD


AFP

via AFPBB News アクセスランキング http://www.afpbb.com/

August 31, 2019 at 01:18PM
posted by blackcoffee11 at 13:19| Comment(0) | AFPBBNEWS
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: 必須項目

※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

カテゴリアーカイブ

アクセスアップのために
1.内部リンクは張りましたか?
2.外部リンクは張りましたか?
3.キーワードは入れましたか?
4.タイトルは魅力的ですか?
5.画像は入れましたか?
6.twitterで拡散しましたか?
7.Facebookに通知しましたか?
8.pingは送りましたか?
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。