みんなのすごい!奪い合いから分かち合う社会へ
<< 2019年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最新記事
運営者プロフィール
blackcoffee11さんの画像
blackcoffee11
会社員 広報が仕事です。 趣味ははっきりいって多いです。 が…、どれも浅いです。 それでも楽しくやってます! コーヒーとJAZZと読書 カメラ・パソコンいじり
プロフィール
運営しているサイト

2019年04月19日

大聖堂にガソリンとライター持ち込んだ男を逮捕、米NY市警

img_3c9d58fb3e4f1dcd7b51a2f256910d96225497.jpg
大聖堂にガソリンとライター持ち込んだ男を逮捕、米NY市警

https://www.afpbb.com/articles/-/3221468

【4月18日 AFP】米ニューヨークの聖パトリック大聖堂(St. Patrick's Cathedral)に17日夜(日本時間18日)、ガソリンが入った缶2個やライターなどを持ち込んだ男が逮捕された。

 ニューヨーク市警(NYPD)のジョン・ミラー(John Miller)副署長によると、男は自分の車の燃料が切れ、近道をするため聖堂内を通ろうとしたと話しているが、供述は一貫性がなくあいまいだという。ミラー氏は「どういうつもりだったのか、動機が何だったのかはか分かっていない」としている。

 15日にはフランス首都パリのノートルダム大聖堂(Notre Dame Cathedral)が火災に見舞われ、甚大な被害が出たばかり。(c)AFP

AFP

via AFPBB News アクセスランキング http://www.afpbb.com/

April 19, 2019 at 04:22PM
posted by blackcoffee11 at 16:30 | Comment(0) | AFPBBNEWS

ノートルダム大聖堂、再建資金の寄付者を狙った詐欺行為が横行

ノートルダム大聖堂、再建資金の寄付者を狙った詐欺行為が横行

https://www.afpbb.com/articles/-/3221404

【4月18日 AFP】大火災に見舞われた仏パリのノートルダム大聖堂(Notre Dame Cathedral)の再建のために寄付をしようとする人を狙った詐欺行為が横行しているとして、フランス遺産基金(French Heritage Foundation)は17日、注意を呼び掛けた。

 同基金にはこれまで、ノートルダム大聖堂の修復のために個人の寄付者らから計1300万ユーロ(約16億4000万円)以上が集まっている。寄付金の窓口はウェブサイト(don.fondation-patrimoine.org)、フェイスブック(Facebook)、ペイパル(PayPal)、パリ市内の地下鉄駅にあり、フランス在住者には携帯電話のメッセージサービスを通じて行う選択肢もある。

 一方で同基金は、「フランス内外でわれわれを装った多数の詐欺事件が発生している」と警告。電話、手紙、電子メールでは一切寄付を募っておらず、そのような手法はすべて詐欺だと警告した。

 フランク・リーステール(Franck Riester)文化相は16日、ノートルダム大聖堂修復のための寄付金を募るウェブサイトには注意を払うよう呼び掛けた。

 エマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)大統領は夏季五輪がフランスで開催される2024年までに、ノートルダム大聖堂を再建することを約束した。(c)AFP

AFP

via AFPBB News アクセスランキング http://www.afpbb.com/

April 19, 2019 at 01:25PM
posted by blackcoffee11 at 13:26 | Comment(0) | AFPBBNEWS

【特集】ノートルダム大聖堂 AFPの写真で見る火災の前と後

【特集】ノートルダム大聖堂 AFPの写真で見る火災の前と後

https://www.afpbb.com/articles/-/3221413

【4月18日 AFP】大規模な火災に見舞われた、世界的に有名な建造物ノートルダム大聖堂(Notre Dame Cathedral)の過去と現在をAFPの写真でまとめた。

 

 ノートルダム大聖堂は15日夜、大火災に見舞われ尖塔(せんとう)と屋根が崩落。火災は大聖堂で行われていた大規模な修復作業と関連があるとみられている。(c)AFP

AFP

via AFPBB News アクセスランキング http://www.afpbb.com/

April 19, 2019 at 11:18AM
posted by blackcoffee11 at 11:20 | Comment(0) | AFPBBNEWS

【図解】天皇陛下の日常

【図解】天皇陛下の日常

https://www.afpbb.com/articles/-/3219341

【4月18日 AFP】30日に退位される天皇陛下の日常を図解でまとめた。(c)AFP

AFP

via AFPBB News アクセスランキング http://www.afpbb.com/

April 19, 2019 at 10:21AM
posted by blackcoffee11 at 10:30 | Comment(0) | AFPBBNEWS

ペルーのガルシア元大統領が自殺 逮捕直前に銃で頭撃つ

img_e1cdf22c49213b0b186e5a0408ac1f13244951.jpg
ペルーのガルシア元大統領が自殺 逮捕直前に銃で頭撃つ

https://www.afpbb.com/articles/-/3221289

【4月18日AFP】(更新)ペルーのアラン・ガルシア(Alan Garcia)元大統領(69)が17日、収賄の疑いで逮捕される直前に自宅で銃を使って自らの頭部を撃ち、搬送先の病院で死亡した。APRA党のオマル・ケサダ(Omar Quesada)幹事長が明らかにした。

 警察は午前6時半(日本時間17日午後8時半)、首都リマの高級住宅地にあるガルシア氏宅で同氏の拘束を試みた。スレマ・トマス(Zulema Tomas)保健相によると、ガルシア氏は緊急手術中に心停止を起こし、3度にわたり蘇生させられたものの、最終的に息を引き取った。搬送先の病院は、ガルシア氏が頭部に銃弾を受けていたことを認めた。

 1985年〜90年と2006年〜11年の2度大統領を務めたガルシア氏に対しては、ブラジルの建設大手オデブレヒト(Odebrecht)をめぐる広範囲の汚職スキャンダルでのマネーロンダリング(資金洗浄)容疑で逮捕状が出されていた。

 ペルーのマルティン・ビスカラ(Martin Vizcarra)現大統領はツイッター(Twitter)で追悼の意を表した。(c)AFP

AFP

via AFPBB News アクセスランキング http://www.afpbb.com/

April 19, 2019 at 12:26AM
posted by blackcoffee11 at 02:06 | Comment(0) | AFPBBNEWS

2019年04月18日

大規模火災の前と後のノートルダム大聖堂

大規模火災の前と後のノートルダム大聖堂

https://www.afpbb.com/articles/-/3221224

【4月17日 AFP】大規模な火災が見舞われた、世界的に有名な建造物ノートルダム大聖堂(Notre Dame Cathedral)の過去と現在をAFPの写真でまとめた。

 ノートルダム大聖堂は15日夜、大火災に見舞われ尖塔と屋根が崩落。火災は大聖堂で行われていた大規模な修復作業と関連があるとみられている。(c)AFP

AFP

via AFPBB News アクセスランキング http://www.afpbb.com/

April 18, 2019 at 07:20PM
posted by blackcoffee11 at 19:25 | Comment(0) | AFPBBNEWS

ポルトガルで観光バス事故、29人死亡 犠牲者は全員ドイツ人

ポルトガルで観光バス事故、29人死亡 犠牲者は全員ドイツ人

https://www.afpbb.com/articles/-/3221294

【4月18日 AFP】(更新、写真追加)ポルトガルのマデイラ(Madeira)島で17日、観光バスが事故を起こし、医療当局によると29人が死亡した。マルセロ・レベロデソウザ(Marcelo Rebelo de Sousa)大統領は、犠牲者は全員がドイツ人だったと発表した。

 地元サンタクルス(Santa Cruz)のフィリペ・ソウザ(Filipe Sousa)市長はこれに先立ち、事故により女性17人を含む28人が死亡、21人が負傷したと述べていた。医師が記者らに語ったところによると、さらに女性1人が搬送先の病院で死亡した。

 現場からの映像には、道路外に飛び出し、坂の下にある住宅に突っ込んだバスが捉えられている。バスは数回にわたり横転を繰り返したとみられる。(c)AFP

AFP

via AFPBB News アクセスランキング http://www.afpbb.com/

April 18, 2019 at 01:26PM
posted by blackcoffee11 at 13:26 | Comment(0) | AFPBBNEWS

ノートルダム大聖堂の尖塔再建、デザインを世界中から公募へ

img_1ffb6582ae86f1273d37a0bd958c1ffb98956.jpg
ノートルダム大聖堂の尖塔再建、デザインを世界中から公募へ

https://www.afpbb.com/articles/-/3221265

【4月17日 AFP】大規模火災で壊滅的な被害を受けたフランスのノートルダム大聖堂(Notre Dame Cathedral)について、エドゥアール・フィリップ(Edouard Philippe)首相は17日、再建予定の尖塔(せんとう)のデザインを、世界中の建築家から公募する計画を発表した。

 フィリップ首相は首都パリで会見し、目指すのは「今日の技術に見合い、課題に対応する新しい尖塔をノートルダム大聖堂に建設すること」だと述べた。(c)AFP

AFP

via AFPBB News アクセスランキング http://www.afpbb.com/

April 18, 2019 at 10:22AM
posted by blackcoffee11 at 10:32 | Comment(0) | AFPBBNEWS

ノートルダム火災に空中消火機、トランプ氏提案に仏消防当局「笑える」

ノートルダム火災に空中消火機、トランプ氏提案に仏消防当局「笑える」

https://www.afpbb.com/articles/-/3221192

【4月17日 AFP】フランス・パリのノートルダム寺院(Notre Dame Cathedral)で発生した大規模火災で、消火活動に空中消火機を投入するよう提案したドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領のツイッター(Twitter)投稿について、フランスの消防当局幹部らは16日、「笑える」などと一笑に付した。

 15日に発生したノートルダム寺院の火災について、トランプ氏はツイッターに「空中消火機が消火に使えるかもしれない。すぐに行動しなければ!」と投稿。

 しかし、空中消火機を投入していたら寺院の崩壊を招いただろうという指摘がフランスの消防当局幹部たちから相次いでおり、英国の専門家もこの指摘に同調している。

 フランス消防当局は、トランプ氏の提案について「笑える」と表現し、「建物すべてが崩壊していただろう」との見解を示した。

 消防当局は森林火災の消火で空中消火機が投下する1回分の水の量は「3トン分のコンクリートを時速250キロの速さで落としているのに等しい」と指摘し、「建物にボウリングのボールを当てるようなものだったはずで、(崩落を免れた)南北の塔も倒壊していただろう」と語った。

 また水の投下は現場にいた消防隊員らの命を危険にさらしただろうと苦言を呈した。(c)AFP/Isabelle TOURNÉ with Olivier LUCAZEAU in Marseille

AFP

via AFPBB News アクセスランキング http://www.afpbb.com/

April 18, 2019 at 08:21AM
posted by blackcoffee11 at 08:26 | Comment(0) | AFPBBNEWS

木材準備に50年、ノートルダム大聖堂の「伝説的」屋根 再建への道のり

img_880774f8560e03da2442aab92c63c486251500.jpg
木材準備に50年、ノートルダム大聖堂の「伝説的」屋根 再建への道のり

https://www.afpbb.com/articles/-/3221149

【4月17日 AFP】大火災に見舞われ焼け落ちた仏パリのノートルダム大聖堂(Notre Dame Cathedral)の屋根は、かつて「中世を仰天させた」伝説と呼ばれ、今なお大工の名匠らを魅了してやまない存在だった。「シャルパント・コンセプト(Charpente Concept)」のトマス・ビュヒ(Thomas Buechi)氏がAFPのインタビューに応じ、屋根建設の様子や再建への道のりを語った。

■大工にとっての屋根の意味とは?

 フランスの大工にとって、おそらく最高傑作の一つだ。今回の火災は、画家にとって「モナリザ(Mona Lisa)」が燃えたようなものと言える。

 屋根の構造は、いくつかの理由で伝説になっている。非常に複雑な造りが中世を仰天させた。

 まず、木材の準備に50年を要した。原木の伐採は1200年ごろから始められ、約1500本が切り出された。

 切り落とされた木は1年間、地球のエネルギーに合わせて並べて置かれた。次に、皮が剥がされ、カビや昆虫から木材を守るため沼に25年間沈められ、1225年頃に水中から取り出された。その後、のこぎりで切って梁(はり)が作られ、さらに25年間乾燥された。

■火事で崩壊した尖塔を建てたのは誰か?

 フランス革命後、ノートルダム大聖堂は廃虚となったが、19世紀半ばに尖塔の再建が決まった。

 仏建築家ウジェーヌ・ヴィオレルデュク(Eugene Viollet-Le-Duc)の他、神童と呼ばれた大工の名匠アンリ・ジョルジュ(Henri Georges)も再建に携わったが、その存在は忘れられている。

■再建の課題は?

 石材がどの程度被害を受けたのかまだ分からない。建物がいまだに立っているのは奇跡だ。大聖堂の再建には木材分野のあらゆる専門家が関与するだろう。

 シャルトル大聖堂(Chartres Cathedral)の再建時のような行為は避けるべきだ。シャルトル大聖堂の屋根は19世紀に火災に見舞われ、鉄の骨組みに置き換えられてしまった。

 フランスにはカシの木が豊富にあり、木材の調達に問題はない。(仏中央部の)トロンセ(Troncais)の森には、いくつか樹齢数百年の樫の木がある。

 1200年のような方法で木材の準備をすることは不可能だ。だが、今日の技術を使えば作業期間は短縮できる。今から2年後に梁が完成し始め、5年後には屋根の再建が可能だ。(c)AFP/Marie WOLFROM

AFP

via AFPBB News アクセスランキング http://www.afpbb.com/

April 18, 2019 at 07:17AM
posted by blackcoffee11 at 07:22 | Comment(0) | AFPBBNEWS
カテゴリアーカイブ

アクセスアップのために
1.内部リンクは張りましたか?
2.外部リンクは張りましたか?
3.キーワードは入れましたか?
4.タイトルは魅力的ですか?
5.画像は入れましたか?
6.twitterで拡散しましたか?
7.Facebookに通知しましたか?
8.pingは送りましたか?