広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
美容 美肌 美スタイル専門街 >  ヘアケア > 傷み始めた髪を初めてケアする方が注意したいこと

2014年11月14日

傷み始めた髪を初めてケアする方が注意したいこと

髪が傷んでしまうことでパサついてきたり、ツヤがなくなってきたりすると、真っ先にトリートメントなどで補修をと考えている方が多いようですが、果たしてそれだけで解決するのでしょうか?

髪が傷んでくる原因は必ずありますし、これから紹介する髪のケアの注意点を知っておくことでずいぶんと髪の状態は違ってくるでしょう。

この記事では髪が傷み始めた方が、最初どのようなことに注意すればよいのか髪が傷んだ原因を含めて紹介します。


髪の傷み




髪が傷む原因3つ

ブラッシングによる摩擦

毎日、ブラッシングは欠かせない事と思いますが、安いブラシですと、髪を傷めたり、切れ毛の原因にもなってしまいます。

また、タオルドライの後、濡れた髪をブラッシングするときに毛先から先にとかして、徐々に根元をブラッシングするように注意しないと髪にストレスを与えてしまうのです。

強い勢いでブラッシングを行ってしまうと髪を傷付けてしまいます。

髪が傷付くことでダメージを受けてしまうとキューティクルが剥がれて傷むのです。



ドライヤー

髪を乾かすのに欠かせないドライヤーは、髪に近づけ過ぎたり、長時間あてることにより、髪の傷みをさらに進行させてしまいます。

ドライヤーの熱風は100℃以上と高温ですので、使い方を誤ると髪にストレスを与えることになり、髪が傷む原因になってしまうのです。





紫外線

紫外線は髪の内部まで届くので、髪が傷む原因の一つでしょう。

紫外線の浴び過ぎは、キューティクルがますます傷みだし、最後には剥がれてしまうのです。

髪が傷み始めてコシを失う原因は、紫外線の影響も考えられるのです。



傷んだ髪のケア

髪が傷む主な原因を3つ取り上げてみました。

髪のダメージはほとんどが【ブラッシングによる摩擦】【ドライヤー】【紫外線】なのです。

心当たりがある方は気を付けて次にあげる注意点をまもり、髪の傷みを和らげたり、髪の修復へと導きましょう。



髪が傷み始めたら注意したいこと



髪の傷みが広がらないように注意

髪の保湿不足はキューティクルが剥がれ落ちてしまうので、保湿成分がたっぷりと含まれているシャンプーを利用することが望ましいでしょう。

しっとりと髪が潤っていることで、髪の傷みも効果的に抑制してくれることでしょう。



ドライヤーの熱に注意

ドライヤーは熱風乾燥器といわれるほどですので、超時間利用したり、髪に近い位置で利用すると大ダメージを受けてしまいます。

ドライヤーの使い方には十分注意を払いましょう。

髪もドライヤーにより、ヤケドをしてしまいます。



毛穴の汚れに注意

毛穴のつまりは髪が育ちにくい環境ですので、髪のエイジングケアにプラスして、毛穴ケアを取り入れましょう。

キレイな髪が健やかに育つような頭皮環境を作ってあげることが大切でしょう。

頭皮に爪を立てないように注意しながら、毛穴の汚れをやさしく取ってあげましょう。



まとめ

髪の生まれ変わりは4〜5年と言われています。

髪が生まれ変わる時、外的要因に負けないように、強い髪質補修をしておくことが大切です。

まずは外的な原因を取り除き、美髪へ導く準備を心がけておくことが大切でしょう。









posted by 神埼 優衣 at 00:25 | Comment(0) | ヘアケア
最新記事
記事ランキング
  1. 1. ハイドロキノンが目の周りの色素沈着を効果的に改善!茶クマもケア
  2. 2. no img 美肌に生まれ変わらせるたんぱく質(プロテイン)
  3. 3. 正しい体の洗い方|ゴシゴシ洗いは禁物
  4. 4. 目の下の色素沈着をつくらない方法2つの基本
  5. 5. no img 美肌を保つための4つの毛穴解消食品
  6. 6. no img スペシャルケアにお勧めする厳選エッセンシャルオイル6種
  7. 7. 簡単に続けられるダイエットはシンプルが一番!お風呂上がりにお手軽ケア
  8. 8. アンチエイジングの絶対条件!プロテインは必須
  9. 9. no img だんだん濃くなる色素沈着の悩みにはハイドロキノンで美白ケア
  10. 10. no img 目の周りの色素沈着はハイドロキノン成分が効果的
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
神埼 優衣さんの画像
神埼 優衣
人間は約60兆個の細胞でできています。 その細胞を外面、内面の双方からサポートする・・・一番理想のケア方法です。永遠の美しさ、肌の命に着目したスキンケアを行い素肌を咲かせてみてはいかがですか。
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。