広告

posted by fanblog
美容 美肌 美スタイル専門街 >  しわ > シワの解消に知っておくべきシワが形成されるメカニズムと重要な美容成分

2016年10月01日

シワの解消に知っておくべきシワが形成されるメカニズムと重要な美容成分

シワは目元や口元から現れ、やがて大きなシワを作り出してしまいます。

真皮層にはコラーゲンという丈夫なタンパク質の繊維があるのですが、加齢とともに徐々に硬くなって弾力を失ってしまうのです。

肌は弾力を失うと、もとに戻ろうとする復元力が低下し、シワとなって現れるのです。

またコラーゲンの量も減少しシワができてしまうのです。

シワを解消してる女性.jpg


シワができるメカニズム

表情が豊かな方ほどシワはできやすいのですが、表情を繰り返すたびに同じ場所を皮膚が収縮します。

表情シワとも言われてますが、加齢ごとにコラーゲンが低下し、うっすらと表情シワが残ってしまうのです。

これを繰り返してしまうため、常にシワが存在してしまうのです。



コラーゲンはシワの解消に作用する大切な成分

コラーゲンはハリを保つための大切な成分。

コラーゲンを作り出す繊維芽細胞は20代ころまでは活発に動くので、肌の弾力はしっかりと保たれます。

しかし活性酸素や紫外線によりコラーゲンの生産性が減少してしまうのです。

また年齢を重ねるたびに生産性が低下しシワを作るのです。

シワの原因はコラーゲンの減少に関係があるのです。



シワの解消に有効な成分

シワはコラーゲンの減少によりできてしまうことがわかりました。コラーゲンを効果的に増やす代表的な美容成分を紹介します。


ナイアシン(ビタミンB3)

シワに働きかけるナイアシンは、コラーゲンを合成を促進させてくれる成分。

肌トラブルを心配する方がいるようですが、刺激がほとんど無く美容液に利用されています。

肌に優しくシワを防ぐ効果に期待がもてますが、効果は緩やかですので実感するまでは個人差が生じます。

ナイアシンは小ジワの他、シミや毛穴の開きにも作用します。


レチノール

美容液に利用される成分で、シワのない肌を司るコラーゲンを増やしたり、活性酸素から守ってくれます。

ナイアシンより効果が期待できる成分ですので、まれに肌に刺激を感じる方もいるようです。

紫外線を肌が浴びることでシワに作用する効果が低下しますので、夜に利用しましょう。

ナイトクリームに配合されてることが多いです。



シワの解消に心がけたいこと

シワを作ってしまうのはコラーゲンが減少するからなのです。

紫外線に注意を払い、コラーゲンを増やす成分を利用して弾力を取り戻しましょう。

また睡眠はしっかりと取り、バランスの取れた食事を心がけることも大切でしょう。










posted by 神埼 優衣 at 17:39 | Comment(0) | しわ
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

認証コード: 必須項目

※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

最新記事
記事ランキング
  1. 1. ハイドロキノンが目の周りの色素沈着を効果的に改善!茶クマもケア
  2. 2. no img 美肌に生まれ変わらせるたんぱく質(プロテイン)
  3. 3. 正しい体の洗い方|ゴシゴシ洗いは禁物
  4. 4. 目の下の色素沈着をつくらない方法2つの基本
  5. 5. no img 美肌を保つための4つの毛穴解消食品
  6. 6. no img スペシャルケアにお勧めする厳選エッセンシャルオイル6種
  7. 7. 簡単に続けられるダイエットはシンプルが一番!お風呂上がりにお手軽ケア
  8. 8. アンチエイジングの絶対条件!プロテインは必須
  9. 9. no img だんだん濃くなる色素沈着の悩みにはハイドロキノンで美白ケア
  10. 10. no img 目の周りの色素沈着はハイドロキノン成分が効果的
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
神埼 優衣さんの画像
神埼 優衣
人間は約60兆個の細胞でできています。 その細胞を外面、内面の双方からサポートする・・・一番理想のケア方法です。永遠の美しさ、肌の命に着目したスキンケアを行い素肌を咲かせてみてはいかがですか。
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。