広告

posted by fanblog
美容 美肌 美スタイル専門街 >  色素沈着 > 目の下の色素沈着をつくらない方法2つの基本

2014年09月07日

目の下の色素沈着をつくらない方法2つの基本

目の下の色素沈着

目の下は非常に繊細で、ちょっとしたことで色素沈着を作ってしまいます。

間違ったケアをするほど余計に濃くすることになりますので、色素沈着をつくらない正しいケアを取り入れましょう。

目の下の色素沈着は見た目を非常に老けさせてしまうのです。

いつまでも目の下の透明感を保つために、色素沈着をつくらない方法を紹介します。

室内でも紫外線ケアは必要

室内やオフィス内にいれば安心だと思っている方もいるようですが、目に見えない紫外線はガラスを通してみなさんの肌に届いているのです。

週末はゆっくりとご自宅で過ごすかたもいますが、UVケアはしっかりと行うことをおすすめします。

目の下は紫外線により肌の内部にまで刺激を受けているのです。

目に見えない部分で色素沈着が進行するため、解消する場合は時間をかなり費やします。



スキンケアは優しく

一日の肌の汚れを落としたいばかりに、目の下をゴシゴシと洗ったり、メイクオフに必要以上時間をかけることはタブーです。

摩擦、刺激によるダメージを肌が受けてしまい、数年後、目の下に色素沈着が現れてくるかたが非常に多いのです。

化粧水や乳液、美容液を利用する際にも摩擦、刺激には十分注意を払いましょう。



まとめ

刺激や摩擦はみなさんの未来の肌にトラブルを引き起こします。

一日のほんのわずかな肌へのダメージが、目の下の色素沈着を引き起こすのです。

目の下の色素沈着がひどくなるとパンダ目のように見えることもあります。

また、質の悪い製品を利用したために炎症を引き起こし、その結果、目の下に色素沈着を導いてしまうケースも以外に多いようです。

点でできたシミの【かたまり】が色素沈着だということは意外と知られていないようです。今、目の下の色素沈着が気になるようでしたら、シミに着目している製品にこだわりましょう。

今の目の下のケアが数年後の美肌を作ってくれるのです。


更新:2014/01/14







posted by 神埼 優衣 at 22:09 | Comment(0) | 色素沈着
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

認証コード: 必須項目

※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

最新記事
記事ランキング
  1. 1. ハイドロキノンが目の周りの色素沈着を効果的に改善!茶クマもケア
  2. 2. no img 美肌に生まれ変わらせるたんぱく質(プロテイン)
  3. 3. 正しい体の洗い方|ゴシゴシ洗いは禁物
  4. 4. 目の下の色素沈着をつくらない方法2つの基本
  5. 5. no img 美肌を保つための4つの毛穴解消食品
  6. 6. no img スペシャルケアにお勧めする厳選エッセンシャルオイル6種
  7. 7. 簡単に続けられるダイエットはシンプルが一番!お風呂上がりにお手軽ケア
  8. 8. アンチエイジングの絶対条件!プロテインは必須
  9. 9. no img だんだん濃くなる色素沈着の悩みにはハイドロキノンで美白ケア
  10. 10. no img 目の周りの色素沈着はハイドロキノン成分が効果的
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
神埼 優衣さんの画像
神埼 優衣
人間は約60兆個の細胞でできています。 その細胞を外面、内面の双方からサポートする・・・一番理想のケア方法です。永遠の美しさ、肌の命に着目したスキンケアを行い素肌を咲かせてみてはいかがですか。
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。