広告

posted by fanblog
美容 美肌 美スタイル専門街 >  しわ > バネの役目のコラーゲンを強化しシワを遠ざけるスプリングケア

2014年04月06日

バネの役目のコラーゲンを強化しシワを遠ざけるスプリングケア

シワの原因は乾燥。乾燥もシワの原因ですが、コラーゲンもシワに深く関わっているのです。コラーゲンの一番重要な役目は肌をしっかりと重力から支えてくれていること。

シワは重力により皮膚を支えられなくなり皮膚が次第にたるんでくることでできてしまうのです。保湿はもちろん大切ですが、保湿だけではシワはなかなか解消しないのが現実でしょう。

コラーゲンの役目

真皮層に含まれているコラーゲンの主な役割はシワを効果的に解消し、肌のハリと弾力を保ってくれることです。肌のバネの役目を果たしているコラーゲンは真皮内でらせん状ような形成をし、肌の弾力を支えています。

コラーゲンが加齢によるシワを救う

コラーゲンは加齢により減少して、スプリングの形を変形してしまい、やがてベッドのスプリングの弾力のような機能を崩してしまうのです。スプリングが壊れると元の形に戻ることは難しいので肌でいうとシワが形成されるのです。加齢によりコラーゲンが減少しますので、コラーゲンを増やし肌の弾力を向上させることで、シワ解消に導いてくれることになるでしょう。

小ジワ段階であればコラーゲンで改善が可能

小ジワのレベルはまだスプリングの修復が可能である範囲ですので早めのセルフケアで解消しましょう。肌のコラーゲンが破壊されたらシワは元に戻れませんですので早期解消が適切でしょう。ダメージがまだ小さい状態の時に早め早めの攻めのケアで5才若返る美肌、美容を作ることが大切です。



コラーゲンの機能を向上させてくれるレチノール

レチノールはビタミンAの一つではありますが肌のターンオーバーを促進させて、ハリに関係のあるコラーゲンを増加させる働きを持っています。効果が期待されるシワは、目元周辺の小ジワや浅いシワ。

いずれも浅い小ジワに有効的だといえるでしょう。深いシワにも有効的ではありますが、見た目以上の効果はわかりにくいことが多いようです。レチノールは小ジワに対して期待できる効果が非常に高いので、人気成分の一つにランクインされています。

レチノールを利用する前のワンポイント

肌の角質が硬く厚くなっている角質肥厚が気になる場合には、ピーリングケアを行った後にレチノールを利用することで浸透率がグンと高まるでしょう。








posted by 神埼 優衣 at 16:08 | Comment(0) | しわ
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

認証コード: 必須項目

※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

最新記事
記事ランキング
  1. 1. ハイドロキノンが目の周りの色素沈着を効果的に改善!茶クマもケア
  2. 2. no img 美肌に生まれ変わらせるたんぱく質(プロテイン)
  3. 3. 正しい体の洗い方|ゴシゴシ洗いは禁物
  4. 4. 目の下の色素沈着をつくらない方法2つの基本
  5. 5. no img 美肌を保つための4つの毛穴解消食品
  6. 6. no img スペシャルケアにお勧めする厳選エッセンシャルオイル6種
  7. 7. 簡単に続けられるダイエットはシンプルが一番!お風呂上がりにお手軽ケア
  8. 8. アンチエイジングの絶対条件!プロテインは必須
  9. 9. no img だんだん濃くなる色素沈着の悩みにはハイドロキノンで美白ケア
  10. 10. no img 目の周りの色素沈着はハイドロキノン成分が効果的
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
神埼 優衣さんの画像
神埼 優衣
人間は約60兆個の細胞でできています。 その細胞を外面、内面の双方からサポートする・・・一番理想のケア方法です。永遠の美しさ、肌の命に着目したスキンケアを行い素肌を咲かせてみてはいかがですか。
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。